FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

総括

日曜の疲労も大分取れて、今日は体調がよし。まだまだ若いな。

夜にエアロバイク40分
平均心拍 150
最大心拍 170
消費カロリー 350キロカロリー

今日の体重 61.7キロ 体脂肪率 15.6%

明日から6月。蒜山が終わると梅雨に入るためしばらくレースは休み。前半戦の最終戦として蒜山はがんばろう。

5月の走行距離 約600キロ(エアロバイク等含む)


スポンサーサイト



一夜明けて

昨日は、日焼けの火照りでなかなか寝られず、夜中にのどが渇き何度も目が覚めた。

一日明けて今日はなんだかものすごくだるい。別に大して筋肉痛なわけでもなく、なんだかだるい。唯一腰だけは痛い。
というわけで今日は一日まったくやる気なし。

こんな日は、仕事サボってZガンダムでも見に行ってやろうかと思ってネットで上映時間を検索していたら、色々と社内でごたごたがあって結局笠岡まで外勤するハメになり一日ドライブでつぶれた(涙)。

夜になって昨日のリザルトが辻本さんのホームページに投稿。
うううう・・・なんと、チームの部があと一つで表彰台の6位ではないか!!!
やるじゃないの。いやーもっとがんばりゃ良かったかいな。河野さん、中山さん楽しい時間をありがとう!!

ソロの方は見るまでもなくぼろぼろ。というより完走したことが勲章。いやいや、わしよ、よくがんばった(笑)。
というのは、いつもレースが終わった次の日は、「もっとついていけばよかった」とかー、「あそこでもっとアタックしてればなー」とか結構「たら、れば」を考えるのだけど、今回だけは途中で止まったことは正解だったと思う。それくらいに深刻に限界だった。あとからどう考えてもあれ以上走るのは不可能だったろう。
前半、必死で藤巻さんみっちーさんについていったことも無謀なオーバーペースだったかもしれないが、玉砕覚悟で勝ちに行ったいい作戦だったような気がする(結局まけたら意味ないけど)。自分の生き様的には、後からじわじわと追い上げていくのはあまり得意ではないので、今回の玉砕は名誉ある玉砕ということにしておこう。

今日は夜に回復走。いつもの半分の重さでエアロバイク30分。
サウナでストレッチ。

今日の体重 62.3キロ 14.5%

昨日の走行距離 76キロ
消費カロリー 2000カロリー





吉井川MTB大会

_031


朝5時起床。体調は風邪気味でくしゃみと鼻水がとまらない。
天気は快晴。熱すぎるくらいの天気で、路面状況は極めてドライ。吉井川沿いは砂埃がものすごい。
コースは川沿いのフラットなダート道で1周2キロ走ればよいコースでテクニックは何もいらない踏み倒したものが勝ちのコース。といっても路面状況はぼこぼこで石にタイヤをとられるようなところもありラインどりはきっちりしないとタイムロスにつながる。

今回はチームとソロのダブルエントリー。
チームは中山さんと河野さんの3人でチームを組んで頂いたのである。


午前9時になりチームの部レーススタート。わしは、第一走者でゴリゴリ前に行く。一周はゆっくり走り、一周走ったところで
ローリングスタート。このローリングスタートでは先頭のポジションでスタート。ソロもあるから、抑え目に行くつもりがなぜだが朝からエンジン全開モードですっ飛ばしていく。結局3周走り4位くらいでバトンを河野さんに渡す。河野さんから中山さんにつなぎ、またわしの出番だが、また気持ちとは裏腹に一周4分弱のペースで快調にぶっ飛ばす。あーこんなにがんばったらあともたんなーと思いつつ、がしがしこいでしまう。そして3回目のバトンをもらい出発。今回は冷静に走る。だが、抜かれたところでエンジンに火が入り、またがんばってしまった。結局4回走り合計11周走り結構がんばった。チームとしてもそこそこの順位じゃないのかい?

チームが終わり、一休みして11時45分からソロの部スタート。チームで結構消耗したためスタート前からかなりしんどい。
しかし、岡山の強豪たちが集結するここでがんばらないわけにはいかない。

11時45分レーススタート。
今回もまたローリングスタート。そこそこ前の方で先頭集団についていく。2周目くらいからペースが徐々に上がり、後ろと大分差が出てきた。2周目でダックスの濱崎さんが飛び出している。わしは濱崎さんを追う第二集団に潜み走り続ける。3周目、4周目と経過。まだまだ足もあるし、全然いけるで。5周目くらいで濱崎さんを吸収。まわりはパンブロのみっちーとふじまきさんと強そうなヒト二人。今日はもしかしたら、大番狂わせを起こせるか!!6周目枯れ場でちょっと遅れ、先頭集団から落ちる。集団から落ちると追いつくのは困難でじりじりと後退。このときシャカリキの鳩村君の「勇気ある撤退」の言葉が頭をよぎる(笑)。単独で走っていると後ろからダックスの山本パパさんとやちょこさんが抜いてきた。やちょこさんが「後ろについて休んで」って言ってくれたのでお言葉に甘えて休むことにした。そのまま、やちょこさんと山本パパさんに引っ張られて5周くらい走る。55分経った頃、折り返し地点で遅れ、山本パパさんとやちょこさんにおいていかれる。一度離されたものをもう一度追いつく力はなく、またもや勇気ある撤退(笑)。そして1時間経過。

そして半周ほど走ったそのとき、歴史は動いた!!!

足がとまった。MAXスピード15キロ以上にあがらない。心拍数が180オーバーから一気に150まで低下。タコメーターが回らなくなりエネルギーダウン発生。エンジンがついにつぶれた。というよりガス欠。俗に言うハンガーノックっていうやつなのか。そういえば、この一時間、前についていくのに必死でほとんど補給してなかったな。まあ補給してても多分結果は一緒だったろう。足はまだつっていないし動くのだが、体を動かす元気がない。あーやばいと思っているうちに後続がどんどん抜いていく。いままで蓄えた貯金を一気に安売り大放出。ダックスのおきち君にあっさり抜かれ、先頭集団の後ろに入ったお兄さんにものすごい勢いで抜かれ、淡々と走る神崎さんにさくっと抜かれ、撃沈。ああ終わった。わしの耐久レースはこれにて終了。気持ちが切れると段々腰が痛くなってきて、もう最悪状態で罰ゲームをしているような気持ちになってきた。もう復活する元気もないし、これはリタイアだと思って、ピットに入った。

そして地べたに座って死亡。ドリンクを飲んで一服。ふー腹減ったなー。

近くにあったチョコレートをものすごい勢いで貪り食う。すると、いままで死んでいた体が少し復活した
チョコレートパワー恐るべし。
こりゃほうれん草食ったポパイみたいな、ジャムおじさんに顔を交換してもらったアンパンマンのように元気が出てきた。

近くのダックスのテントでも濱崎さんが時を同じくしてピットインしており、再びレースに戻っていく姿を見て、「わしも行くかー」と思ってレースに戻った。

レースに戻ってもそれほどペースは上がらなかったがとりあえず残り40分走った。なんとか走りきれた。
いやーリタイアにならずに良かった。それだけが今回唯一良かった。

今回もまた毎回のことながら前半のオーバーペースがたたり後半死亡。今までにない死にっぷりに当の本人も驚きである。
トップ選手はペースが落ちない。むしろ後半ペースアップしてたんじゃないのか。
やはりわしは弱いわけで、体力つけないと歯が立ちません。
練習せんといかんです。


レースが終わりみんなでBBQ。レース後には最高でした。
T.T.Tの皆様方ありがとうございました。





ソフトボール大会

今日は銀行協会のソフトボール大会。

こういった大会は当然人数の多い地銀さんには色々なスポーツ経験者が多く、地銀さんが圧倒的に有利なのである。
案の定、支店内に男性が数えるほどしかいないメガバンク軍団はほとんど一回戦負け。当然うちの銀行も一回戦まけ。

支店に男性が12人くらいしかおらず、そのなかで野球経験者はわずかに2人。勝負になるわけがない。
結局20―0で見事に完敗。わしもまったく打てず守れずでいいとこなし。

今日は炎天下の中5時間近く太陽の下にいたため体がかなり疲れた。
明日の吉井川MTBレース大丈夫かな。

今日の体重 61.8キロ
体脂肪率 15%


体調不良

今週もばたばたしてるうちに終了。
明日は会社のソフトボール大会があり、明後日はいよいよ吉井川MTB大会である。

ソフトボール大会は怪我のない程度にぼちぼち適当にやって、日曜に備えなければ。

今週は今ひとつ体調がよくなく、練習もさぼり気味で暴飲暴食が続いた。
水曜日にウォーキングを40分。
今日は少しばかしは運動しなければとエアロバイクを40分。
平均心拍141、最大心拍163

今日の体重 62.3キロ 体脂肪14.9%
また62キロに戻ってしまった・・・




回復走

美山の興奮冷めやらぬうちに昨日はレポートを書いて夜更かしをしてしまったので今日は眠たくて仕事にならず。
写真は美山の一周目終了時点の写真。

CIMG0526

美山の反省は次のロードレースに生かすのである。
次は中山サーキットのロードレースかな。広島空港にもう一回行ってみたい気もする。

今日は、回復走として40分LSD心拍120程度で回し、どうももの足りなくなったので15分ほどは165程度に心拍をあげて回した。ラスト15分はまたLSD心拍に戻して合計70分こいで練習終了。
平均心拍130
消費カロリー500キロカロリー
練習後体重 61.0キロ
体脂肪率 15.1%

61キロ15%の壁がなかなか破れないのである。

美山ロードレース本番

朝5時45分に起きる。朝ごはんはうどんとおにぎりで炭水化物を中心に摂取。
天気はあいにくの雨で気分的に少し萎える。雨は落車の危険も大きくなるべくなら避けたい。

6時30分出発で美山に向かう。7時30分会場到着。路面はウェットだが雨はやんでいる。時間もあまりないので一周だけアップに出発する。やはり九鬼が坂峠はしんどいが、昨日よりは体は動く。昨日と一緒の20分くらいで一周走りアップは終了。そそくさと着替え、受付テントに向かい適当に自転車を置いてサインシートに名前を記入。ものすごい人数がスタート付近にたむろしている。はーこりゃ凄いレースだな。こんなに一緒にスタートしたら危ないなーとか結構うしろむきなことを考えながらストレッチをしてスタートを待つ。いよいよ8時40分になり公道を封鎖。公道のスタートラインに並ぶ前に整列することになるが適当に置いておいた自転車がなぜだが前から2列目でラッキーにもいい位置が取れた。

8時50分いよいよレーススタート。出走者は約200名で後ろにずらーーと列ができている。美山市長のピストルでレーススタート。スタート直後いきなりメカトラ発生。フロントギアがインナーからアウターにあがらない。4回くらいガチャガチャしてやっと入った。くそーディレイラー交換しとけば良かった。もうインナーは使わんと心に決めて再出発。そんなことしてるうちにせっかくいい位置でスタートしたのに大分と後ろに下がっちまった。公道を埋め尽くした集団に囲まれながらなかなか前に出れない。全体のペースもそれほど速くないのでしばらくは集団の中でゆっくりレース展開を伺うことにした。
初めて経験する数十人の集団は走り応えがあって楽しい。コーナーの前はみんなで声を掛け合って「右コーナー気をつけて!!」などと声をかけながらレースが進んでいく。みんなこけたくないという利害関係は一致しており危険はお互いに避けながらレースが進んでいく。路面がウェットであるためタイヤも滑りやすく選手間のこういった配慮は大変大事だと感じた。選手間の自転車の衝突も頻繁にあったが幸いに転倒もなく順調にレースは流れていく。

1周目の九鬼が坂峠におそらく80人くらいの集団で突入していくのだが、全体的に様子見の雰囲気でわしも集団の後方から飛ばしすぎずに登っていくことにした。山頂付近になると若干ばらけて、横に長かった集団が縦に長くなる。わしはおそらく40位くらいで一周目の山頂を通過したと思う。そのまま一気に坂を下り平地へ。平地でも長いたての列車を走り一周目終了(あとから見たリザルトでは一周目の順位36位、タイム16分37秒、AV38.62キロ)。
一周目が終わった段階でまた大きな集団が形成され50人くらいの集団で2周目の前半が進む。誰かが飛び出すわけでもなく、たんたんと35キロくらいのスピードでレースが流れる。集団の真ん中あたりで足を休ませながら呼吸を整える。集団の真ん中にいると落車のリスクは大きいが体力的にはかなり楽である。2周目も中盤に差し掛かり相変わらず40位くらいの順位で九鬼が坂峠の手前まで来る。一呼吸入れるためにドリンクを飲む。そして九鬼が坂峠に突入。

ここがアタックポイントとみんなわかっているので一気にペースが上がる。負けじとわしもダンシングで追いすがる。ところが峠に登り始めたところで・・・バキっ!!という嫌な音がした。何事じゃーと思ったらボトルケージのねじボルトが吹っ飛び、ドリンクボトルが後ろに飛んでいった。なんじゃそりゃ!!いきなりのことで冷や汗をかいたがドリンクはあきらめて、続けて坂を猛然と登っていく。坂の前半で外側からぐんぐんと順位を上げていく。坂の中盤で先頭をいよいよ視界に捉える。一人が集団から10メートルくらい飛び出している。わしはアウターでかまわず踏み続け、野々村輝のまねで坂でシフトアップという暴挙をしてダンシングをして登っていく。山頂付近ではさすがにオーバーペースでの登りがたたり少しペースダウン。とはいえ一気に先頭に肉薄して15位くらいまで順位をあげて完全に先頭が捉えることができるポジションまで来た。ふと後ろを振り返ると完全に集団はばらけて少し差がついている。これはもしかしたらいけるかと思って下りセクションに突入。

下りに入りかけたところでさっきの異変の重要さに気づいた。留め具が一つになったボトルゲージがぶらぶらとぶら下がりペダリングするたびに足に当たるではないか。ええーいうっとうしい。かまわずボトルゲージを外してやろうとしたが、走りながらボトルゲージを外すのは至難の業ですぐにあきらめた。そこからぶらぶらぶら下がるボトルゲージと戦いながら下りを下っていく。下りはコンパクトドライブでは不利で時速70キロまでスピードをあげるが前に追いつかない。くそーなんで追いつかんのやーと悔しがりながら平地区間に突入。平地区間に入ってもいまいちスピードが上がらずに前に追いつきそうで追いつかない。足にはもう乳酸が溜まり思うように動かない。もっと練習すればよかった・・・。先頭は見えてるのに・・・。ペタッキみたいな足があったら・・・。あーーーゴール。結局先頭集団の最後尾でゴール。本当のトップはゴールスプリントがあったみたいで最後で3秒くらい離された。

結局リザルトは14位/196人中、33分03秒、AV38.84キロ、トップとの差3.78秒

うーん、ちょっと悔しいけどレースが終わったあとはなんともいえない爽快感があり気持ちよかった。
まあ次がんばればいいかー。やはりロードレースは奥が深いのである。整備はきっちりしないといけないなー。

二日間の走行距離44キロ

レースが終わったあとは応援に来てくれた兄貴と日吉温泉に入って、岡山に戻りました。


美山ロードレース試走

21日土曜日 東京から京都に戻りその足で美山町まで車を走らせ、コースの試走に出かける。
一周10.7キロの公道コース。高低差は110メートルでそこそこ。前半はゆるやかなアップダウンが続き中盤から後半にかけて九鬼が坂峠という峠をヒルクライム。試走ではシマノドリンキングの人に付いていくが坂であっさりちぎられた。峠を越えると一気に下り、下りが終わるとゴールまで平地のスプリント区間。試走ではAV29キロ程度で20分くらいで走る。これでも結構しんどかった。あんまり調子が良くないので試走は一周だけにしておいた。



パーチー

今日は表彰式に参加したのである。社長以下全役員参加で一生お目にかかることのない方々がごろごろ。

全国凄腕営業マンの集結で、皆さんやっぱり花があってオーラがあって凄いです。ラッキーパンチで表彰されたわしなんぞはかげでひっそり場違いを感じながら隠れる。やっぱりわしなんぞの田舎モノがくるところじゃねえな。
一人一人順番に社長から変なクリスタルをもらい表彰式は終わり。

そのまま立食パーチーに突入し、ホテルの高級バイキングをむさぼり食う。ひたすら超高級ローストビーフを狙い撃ち。
うまい。うまいのである。むしゃむしゃぼりぼり。あー明日レースなのにこんなに食ったらあかんでー。それでもとまらんのである。もぐもぐ。役員方々を無視してひたすら食う。社長とも一瞬しゃべりさようなら。こんなやつはもう呼んだらあかんでー。

食べながらいろんなひとと情報交換。ふむふむ、みんながんばってるし工夫してるなー。わしはやっぱだめだな。
今期もほどほどにがんばるかー。

東京へ

明日は社長賞授賞式のため東京に出張である。

プリンスホテルに泊まり、パーティーでうまいものが食えるらしい。

とはいえ片道3時間30分かけて週末をつぶし、高い交通費を払って、受賞式に行く意味があるのかやはり疑問である。
それなら、交通費と宿泊代をボーナスにプラスしてくれる方が時間も無駄にならないし、実益もあるのでうれしいのであるが・・・。まっ滅多にないしええかーー。

東京行っても京都にすぐに戻り美山ロードレースの準備をしなきゃ。
レース案内が到着したが勝負どころは一つ。1.7キロの登りである。ここで離されたら勝てないな。
コース的には広島空港に似ている。

今日は最後の練習でエアロバイク45分
平均心拍140
最大心拍175
消費カロリー383カロリー

明日は休養日で東京で休んで土曜にコースを試走して日曜のレースに臨みたい。

今日の体重 61.3キロ
体脂肪 15.5%




今週の勝負

今週末は美山サイクルロードレースなのだ。

初の公道レースでかなり楽しみだけど、中級者の部にエントリーしたのでレースについていけるか心配だなー。
しかも地図を見ているとかなりアップダウンがありそうなので登りに弱いわしは、たぶんちぎれるなー。

とにかく地元で凱旋レースなのでがっつりがんばるのである。

昨日は土日の疲れからか体がしんどくて何もせずに寝てしもうた。

今日はなんとか1時間がんばってエアロバイクこいだ。
Tシャツがしぼれるくらい汗かいた。
平均心拍 142
消費カロリー520キロカロリー
いつもより一つ重いギアでいつもと一緒のケイデンスで回しても心拍はそう変わらない。
筋力がついたということかな。

いつもエアロバイクをこぐときは雑誌か漫画を読みながらこぐけど今日はシャカリキを読みながらこいだ。
やはり熱い!!
ユタ監督の名言 ツールド沖縄で強い向かい風の中を走るテルに対して「お前は生まれながらの抵抗者(レジスタンス)だ。抵抗してみろ!!」
熱い言葉じゃないか!!
シャカリキ読むと燃えるのである。

今日の体重 61.2キロ
体脂肪率 15.8%



ばかたれが!!!

今日はフリーダムの練習会に参加。メンバーはお兄さん、河野さん、戸田君、中川君、僕。かなり熱いメンバーである。

昨日に引き続きロード自転車はないので、MTBで参加。このメンバーならロードがあったらさぞ面白かっただろうなー。
マウンテンはやっぱりマウンテンなんだな。

今日は先日お兄さんと話をしていた新コース。

東岡山→瀬戸→万富→山陽町→旭川沿いというコース。

皆さんロードでかなりかっ飛ばすのでマウンテンでは付いていくのが精一杯。特に坂道になるともうしんどくてしょうがない。みんな早いし・・・。でもマウンテンで追いすがるのも悪くないななどど考えつつ必死で付いていく。

そんな楽しい練習会をぶち壊すとんでもない輩が現れた。
万富の峠を登り佐伯峠に向かう途中、ばかたれは出現した。
対向車線から前の車を追い越そうとしてオレンジのセンターラインを飛び越えて正面からまっすぐに我々の列車に突撃してくるばかな車が現れた。予想だにしないものがすれすれを通過して全員仰天。特に後ろを走っていた僕と河野さんは気づくのが遅く中川君の急ブレーキにあわてて反応して急ブレーキをかけた。急ブレーキで中川君の自転車の後ろに若干当たったものの「これならとまれる。大丈夫だと」ふっと安心した瞬間に後ろから河野さんが突っ込んだので河野さんと二人で仲良く自転車ごと空中に舞い上がった。一瞬前回の事故が脳裏をよぎるが、今回はぶっ飛んだ瞬間に大丈夫だとわかる程度のぶっ飛び立ったので擦り傷程度で済んだ。正直後ろからだったのでどのような感じでぶつかったかよくわからないが当たり所は良かったようで自転車にも大きな傷はない。
河野さんも大怪我はなかったようなのでとりあえず安心。だが、ジャージがまた破けた・・・。買ったばっかりなのに・・・。へこむ。まあ命に比べれば安いものか・・・。

軽傷で済んだにせよ事故というのはあまり気持ちいいものではなく帰りは若干へこみながらゆっくり安全運転で帰った。

今日の走行距離 52キロ
平均心拍 132
消費Cal 1122
練習後体重 61.5キロ
体脂肪率 16.5%






高倉山へ

今日はロードは実家にありマウンテンしかないのでどこへ行こうか色々考えたが、久しぶりに高倉山を登ることに決めた。いざ出発したが、スピードメーターが故障していることを思い出し、フリーダムへ向かう。

故障の原因はまったく不明で、どこの部品を交換するのかわからず結局新しいメーターに交換。

メーターを交換し昼飯に潮来うどんでエネルギー補給。

旭川沿いを走り高倉山に向かう。MTBだとどうもスピードが出ないので爽快感がない。やっぱりMTBはトレイルを走るから楽しいもんだ。アスファルトはロード自転車で走るもんだとぶつぶつ言いながら高倉山方面へ。高倉山に到着し登ろうかと思ったが、入り口付近の看板に「太子の滝」なるものがあるので見に行くことにした。2キロくらい山道を走り滝に到着。まあ小さい滝だけど新たな発見であった。こんなところにもあるんだなーと感心した。
気を取り直し高倉山を登り始める。うーんとにかくしんどい。相変わらず斜度は金山や空港線の比ではない。ぐりぐりと回転系で回して登っていくが前半の最後の神社までインナーは使わずセンターだけで登り切った。初めて登ったときはインナーロウを使っても足を着いていたが、今回はセンターで踏み倒した。おかげで神社到着時点でぶっ倒れるほどしんどい。しんどいのを我慢してトレイルに突入。足がパンパンで回らない上に藪のなかは虫だらけで、くもの巣みたいなものにいっぱいひっかかりへこみながらダート区間に突入。ダートもがたがたで横から植物がはみ出しているのでゆっくり安全に下り最後ののぼりへ。最後ののぼりはもうヘロヘロで足をつかないことと、インナーギアを使わないことだけを考えて登り切った。
最終的にはふもとから山頂まで28分くらいだったと思う。金山よりもしんどいな。

高倉山を降りて山陽町方面を一周し、東岡山の峠を越えて、作陽短大の峠を越えて旭川沿いを走り帰宅。

走行距離50キロ
平均心拍 137

先日からどうも心拍の調子がおかしい。というのは自分の感覚では180くらいの感覚でもポラールの数字は165くらいでポラールの数字が小さい。自分の心臓が強くなったのか、ポラールの調子が良くないのかよくわからない。もうしばらくこのまま使ってみよう。

なんやかんやで忙しいな

今週はなんやかんやで忙しかった。
週の前半は東京に研修で行っておりまったく練習できず、水曜からはGWと研修で溜まった仕事を片付けていると帰るのが遅くなり毎日最終退出。あんまり有意義な一週間じゃなかったなー。

とはいえ、少しばかしは運動。
水曜に30分ジョギングと筋トレ。木曜は30分エアロバイク。
エアロバイクの心拍を見ていると3ヶ月前と比べ一緒の重さで同じケイデンスで回しても心拍数がかなり低い。
心臓も少し強くなってきたかな。

ロードを実家に置いてきたので今週末はマウンテンで練習。
22日に地元京都で美山ロードレースがあるので腕試しでがんばるのである。

今日フリーダムでお兄さんと話していると、7月に苗場でマツダカップなるものがあるらしい。うーむ出てみたいのである。
出てみたい大会はいっぱいあるのでスケジュールを調整しなきゃな。

お兄さんとも話を少ししたが、今月のファンライドの記事で自転車が車道を走れなくなる法案が国会に提出されるらしい。

自転車を愛する我々的には、はなはだ迷惑な法律ができそうである。原因はどうも事故が多いかららしい。
自転車というものは道路交通法上車両であるし車道を走ってしかるべきものである。
そもそも自転車が車道を走るのは、歩道の歩行者の安全を考えてそうなっているはずである。
それを歩道しか走ってならないとなると歩行者の安全はどうなるのか?確かに自転車と歩行者が接触したところで死亡にいたる大怪我になることは考えにくい。だが時速4〜5キロくらいで歩く歩行者と時速20キロ以上で走る自転車が同じくくりと縛られていいものか。スポーツ自転車についていえば、原付と同等以上のスピードで走るものなのだからリスクはそう変わるものではない。
車社会がこれだけ普及すると、車優先になるのはわかるが、環境的にやさしい自転車を車道から排除することは自転車人口の減少につながり、車社会の助長を促し、ますます環境にやさしくなくなるではないか。世界的にはエコロジーを考え車社会の見直しをしているのに、その流れに逆境すうような今回の法律はいささか疑問である。それなら車道に自転車レーンを作れという話である。欧米に比べ圧倒的に遅れた自転車文化しか持たない日本では、リムジンにえらそうにふんぞり返ったデブの中年官僚からはこのような貧困な発想しか生まれないのであろう。


保津峡へ

昨日より降り続いた雨も朝に上がり、東京に出発するまでの時間を利用してサイクリングへ。

地元京都は、地元の癖によく道は知らない。
というわけで、筋金入りのバイクのりの兄貴にコースをヒアリングして2時間程度で適当にアップダウンあるコースをおしえてもらう。

コースは自宅より嵐山を抜けて保津川くだりで有名な保津峡へ向かい保津峡から亀岡に抜けて、亀岡から老の坂峠を越えて自宅に戻るコース。昔バイクで一度走ったことがあるコースである。

コース的にはかなり山岳。最初の一時間はずっとのぼりぱなしだったような・・・。
どこまで登るんだろうかというくらいだらだらと登り、くだりに入ったと思ったら一気に山を駆け下りるジェットコースターみたいなコースだった。おかげで短い時間だけどいい練習になりました。

走行距離 50キロ
平均速度 24キロ
平均心拍 152

これでGWの練習は終了。雨さえ降らなければもう少し乗れたのになーと少し心残りもあるがまあしょうがない。
いまは東京の漫画喫茶でパソコンに向かっています。
今日から東京の府中で研修。あーーつまらなさそう。


家族と

今日は全身筋肉痛。
いやーかなり激しく筋肉痛。特に太ももやばいです。
100キロと200キロとはこうも違うものか。

これを毎日やるプロ選手は化物だな。

というわけで今日は一日だらだら。

夜は久しぶりに家族とディナーに出かけた。
家族団らんは、7年前に一人暮らしを始めてから一度もなかった気がするなー。

家族でわいわいがやがやも大事だなと感じた。
家族だけは切っても切れない縁だから大事にしないとなー。



京都〜岡山

あれはまだ自転車乗り始めの頃。GTのマウンテンバイクに乗って岡山〜京都を2日かけて移動した。
あの時は国道2号線を走り神戸で一泊して帰ったが初めてのロングライドだったのでどえらくしんどかった。

今回は一日で岡山〜京都(200キロ)を走破してやるのである。
マシンもパワーアップし、走力もあの頃に比べるとかなりついた(?)のでできるだろう!!

朝6時に起きてせっせと荷物を詰める。一日で走るからなるべく荷物は少なめに。もし走りきれなくてどっかで泊まっても大丈夫なように着替えも少し詰め込む。結局ウエストバッグにパンパンに荷物を詰め込んだ。朝7時に出発のはずが思ったより寒いのでいきなりアームウォーマーを取りに帰る。気を取り直して出発。

姫路までは前回同様2号線を使っていくのである。途中備前と赤穂で軽く峠があるがおおむねフラットな道。前回は気付いたら姫路の手前で2号線のバイパスに乗ってしまい時速80キロくらいで走るトラックに殺されそうになったので今回は間違ってもバイパスに乗らないように看板に気をつけていく。が・・・途中で道を見失い姫路の手前で迷子になってもうた。
気付いたら2号線がなくなって別の道を走っていて鳥取方面に走っていた。農家のおっさんに道を聞き、慌てて引き返したけど10キロくらいロスしてもうた。道を探しているうちに変な坂をヒルクライムしてしまい無駄に足を消耗。
なんだかんだで10時30分ごろ無事に姫路到着(約90キロ)。ここまでは平均時速29キロ、ケイデンス85くらいでいいペースである。

姫路からは京都の亀岡に向けて国道372号を進む。姫路のコンビニで軽くエネルギー補給をして先を急ぐ。
12時頃に兵庫県社町に到着。ここで走行距離110キロくらい。いつも110キロも走ったら足はパンパンだけど今日は回転系を意識しているので足を残している。社を通過した辺りから徐々に山岳に突入していく。さすがに100キロ以上走った後に山岳はかなり体に堪える。ひいこらと小さい峠をいくつも越えていく。山岳でペースが急に落ちて150キロ時点で平均速度27キロ、平均ケイデンスが78くらいに落ちる。

150キロを過ぎると京都の看板が目に付くようになる。兵庫から京都にかけても相変わらずアップダウンが続く。くそーーーーしんどいぞーー。のぼりはもうインナーロウでくるくると回してスピードをあげずに淡々と登る。そしてついに京都の亀岡に到着。亀岡では向かい風にさらされてヘロヘロになりふらふらと国道9号線に到着。ここでタイムの自転車に乗った青年と出会う。話し掛けてみると加古川から自転車に乗ってきたらしい。うーむ同類である。しばらく一緒に走るが、タイムのフレームにデュラを組み込んだすげ-マシンにのっとる。でも半年振りに自転車乗るらしい。そんないい自転車半年も寝かさないでくださいよ!!半年も乗っていないとのぼりはさすがにしんどそうだった。わし以上にかなり死んでた。
最後の老の坂峠を越えてタイムの青年とも別れ無事に実家に到着(16時30分)。いやーしんどかった。

なんとか完走。日没までに帰る予定が思ったよりも早く実家に到着してしまった。
思ったよりもいいペースで走ることができてなかなかいい練習になった。
おかげで足も腕も筋肉痛。おまけにパンパンに膨らんだウェストバッグをつけて走ったので腰痛になっちまった。


走行距離 201キロ
平均速度 27キロ
平均ケイデンス 78
消費カロリー 多分4300キロカロリーくらい(かなり混信していて数値上は5400キロカロリーだった)

帰宅後体重 60.0キロ 体脂肪率 12.7%(ほんまかいな?)



社長賞

5月2日の夕方ついに社内ネットワークに投稿されました。
社長賞受賞者発表!!

おっついにと思ってうえからさらっと見てみると、自分の名前はありゃしない。
まあそう簡単にもらえたらありがたみねえなー、まあしゃあないなーと思ってあきらめかけた。

が・・・よーく見てみると上の方にこっそり名前があるじゃないのー。
おーーー感動。いやーーーもらっちまった。
うんうん気分いいじゃないの。一人でこっそりパソコンの前で喜んでみた。

が・・・よくよく考えてみると
仕事サボってフリーダムに遊びに行ったこと数多く・・・寮に帰って遊んでたこと数多く・・・
こんな輩に社長賞渡していいのか・・・・まあそこそこがんばった気もするけどもっと苦労してる人いっぱいいるんだろうなー。もらえたのはやっぱり岡山のいいお客さんに恵まれたことと、周りの方々がたくさんサポートしてくれたからだな。
自分ひとりじゃどうもできないわなー。うん周りの人にお礼言わなきゃなと思ってみたが周りの人はわしが社長賞とったこと知らないようなので自分から言い出すのもなんか恥ずかしいので特にお世話になった方だけにこっそりお礼を言ってみた。
ホントありがとうございました。

まあこれで若干ボーナスも増えるかなー。
また自転車パワーアップできるなー(ニヤリ)。

あっ社長賞授賞式が東京で5月20日にあるらしい。わしはあんまり式と名の付くものは好きじゃないので、できれば行きたくないが、すげえローストビーフが食えるらしい。それに高級ホテルにとまれるらしい。うーんどうしよう。
5月22日に京都でレースあるしなーー。そっちの方が大事だなー。