FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

8月28日

ついにこの日がきた。
事故から今日でまる一年。忘れもしない2004年8.28事件。
無事に走れるようになったし、まったく無傷ではないが大きな異常はない。
事故によってメンタル的に得たもの数多く、体も事故前より現在の方が強い。
いまとなっては事故もいい経験だったなと。
ただ、もう一度は勘弁である。


今日ついにツールドフランスを見終わった。ロードレースはやはり面白い。
ランスアームストロングの見事すぎる7連覇であったが数々の印象的なドラマがあった。

・プロローグでランスに抜かれるウルリッヒ
・チームTTでのマイヨジョーヌザブリスキーの落車
・故郷への凱旋レースでのゴール前600メートルでマンジャンの落車
・ボーネン、マキュアンらのスプリンターたちのゴール前での戦い
・ラスムッセンの山岳の逃げ、そして、個人TTでの悲惨すぎるトラブルの続発
・ペレイロの果敢な山岳での炎のアタック。そして、念願のステージ優勝
・ランスを振り落とそうと必死にアタックするバッソ、ウルリッヒ。まったく動じずにすべて封じ込めるランス
・アシストでありながら、ステージ優勝するディスカバリーのヒンカピー、サボルデッリ

そして今回のツールを一番盛り上げてくれたのはヴィノクロフ。間違いなくこのツールを一番熱くした男だ。

山岳ステージの積極的なアタックとステージ優勝。最終ステージでのスプリントポイントの獲得と、ゴール前でスプリンター達を抑えてのシャンゼリゼでの優勝。常にこのヒトがレースを動かしていた気がする。山岳の前半での遅れがなければ、もっと盛り上がったのにな。来年の活躍が楽しみである。









スポンサーサイト



吉備高原へ

吉備高原にMTBコースにお兄さんとカンザキさん親子とダックスの今田さんとで行ってきました。

久しぶりの吉備高原にNEWセッティングでインプレッションです。
ハンドル周りは大分、良くなった。ただ、どうもハンドルを短くしすぎたな。

まず一周目。タイヤの空気圧高すぎで下りが恐ろしすぎます。ゆっくり下ります。

2周目は大分空気圧を落として下ると大分楽に下れた。3周目にもう少し空気圧落とすと下りは良くなったが、登りが重くなった。うーむ、適正空気圧難しいぞ。

それにしても、お兄さんも、今田さんも下り速すぎるぞ。わしはまったくついていけません。というより、わしが遅すぎか。あの下りホント怖いです。それにカンザキさん登りも下りもバランスよく早いぞ。恐るべし。

久しぶりのクロカンは、駄目駄目な感じで、来週のモチベーションはいまいちあがらず。来週はとりあえず完走できればよいのかなと。クロカンは冬場にもっと練習せにゃいかんな。

後半になると、腰痛が激痛になってきてなんとも力が入らなかった。クロカンの細かい振動が、腰によくないのか、ポジションがいまいち決まっていないのか?ロードで100キロ走っても腰はなんてことないのにな。

今日の走行距離
20キロくらい



新しいポジション

中国山脈越えの疲れも大分取れて、昨日は久しぶりに実家に帰った。といっても実家の滞在時間はわずかで、すぐに岡山に戻ってきた。親に顔見せをして、おみやげを渡して元気やでということを少しアピールして帰ってきた。少しばかしの親孝行に帰ったようなものである。

京都から帰ってきて、来週の吉備高原MTBレースに備えてお兄さんのところにポジションセッティングに行く。
今回はハンドル回りのパーツ交換である。ステムを20ミリ短くして、バーエンドを外し、グリップを交換。そしてステムの位置をスペーサー一枚分低くした。大分乗りやすくなったように思う。
セッティングのフィーリングを確かめに、百間川沿いを走りトレイルへ出発。アスファルトの登りを10分30秒ほどで登り、いざトレイルへ。

が・・・この時期のトレイルは草木が生い茂り、クモの巣が張りまくっていたので100メートルほど走ってあえなく退散。無念。そのまま下って帰宅しました。

走行距離 35キロ





中国山脈と戯れる旅

水、木と会社を休んで行ってまいりましたFREE SPEED裏企画 温泉ツーリング。
当初は、戸田君が手の怪我をしておらず、カンザキさんも含め4人で中国山脈を越えて、日本海側まで走る予定だったのですが、残念なことに戸田君が手を骨折し、カンザキさんも休みが取れずで、結局、戸田君のサポートカー運転体制の下、わしとお兄さんと二人で自転車をこぐことになってしもうた。

出発は、朝7時。お店に集合しお兄さんのキャラバンにせっせと荷物を詰め込み、戸田君が運転し市街地を走ることを避けるために福渡へ向かいます。今回はこのキャラバンがツーリングに伴走してくれたのはすごく助かったのであります。疲れたらすぐに自転車を乗せれるし、重たい荷物を持って走る必要がないのは大変助かります。そして戸田君が随所随所でドリンクや写真などいいサポートをしてくれます。感謝感謝であります。

さてさて、8時30分。福渡から自転車で出発。交通量の多い国道は通らずに、裏の細い県道70号を通っていざ第一チェックポイントの久米の里のZガンダムへ。序盤からいきなりアップダウンきついです。標高300メートルぐらい上がった気がします。そしていきなりサポートカー行方不明です。道を間違えたらしくはぐれました。そして序盤からなぜだか全開モードです。わしとお兄さんと二人という組み合わせは危険で、同じくらいの力なのでペースを落とす必要がなく、青天井でペースがあがります。

最初の峠で息も切れ切れ。峠が終わり下ると、後ろからサポートカー到着。
そして第一チェックポイントZガンダムに到着です。
_003


記念撮影のあと、いよいよ津山を越えて中国山脈へ突撃です。
中国山脈ひたすらアップダウン繰り返します。しかし、登りなのになぜだが、30キロオーバーなペースです。もはやツーリングではありません。過酷なトレーニングです。
_009

わしがペースを落とせばいいのだけど、ついついいつもの調子でいっちゃいました。ずーと登っていよいよやってきました午前中の山場、カテゴリー一級の山岳「上杉越」。初めて登りましたが、異常な斜度です。サポートカーもタイヤが空転してます。いきなり斜度がきつくなり、異常な斜度が結構続きます。やっと山頂目前というところで、お兄さんに後ろから抜かれ山岳ポイント獲得ならずです(涙)。そこから津黒高原まで一気に下ります。下り終わったあたりでハンガーノック気味でパワーがでません。津黒高原で昼飯休憩しとんかつ定食がっつりたべてパワー充電です。

昼の1時30分、昼の部いよいよスタートです。これまで獲得標高差1000メートル超えているので、足がパンパンです。しかし、津黒高原からスキー場をさらっと通過し、さらにカテゴリー超級の津黒山を登ります。おそらくこの道標高1000メートル超えてます。ずーとひたすら登ります。心拍は170から180くらいのペースなので結構早いです。そして大谷峠へ。そこから美作北2号林道爆走です。車も一台もきません。中国山脈を見下ろす快走路でめちゃ景色がきれいです。岡山ナンバー1お勧めルートですな。ただし結構アップダウンありますよ。
_020


美作北2号林道を豪快にさっと下り今度は県立森林公園へ。また登ります。もう足限界です。死にそうです。またも山頂付近でお兄さんに交わされ着いていけず、そのまま下りで置いていかれます。よーし後は人形峠に向けて下るだけだーと思っていたのもつかの間、やってきました最後の登りが・・・。もうこぐ気力ありません。死んでます。なんとかふらふら登り無事に人形峠に到着。そこからは、岩井の滝を見に行くのでキャラバンに自転車を詰め込んで、いざ岩井の滝へ。

_031

お兄さんが滝の中に飛び込んだのでわしも突っ込んでみました。いやー冷たかったです。そして気持ちよかった。
帰りに岩井の水を汲んで、ボトルに詰めます。子宝の水らしいです。
_036

わいわいやってると16時30分くらいになったので自転車は今日はここまで。そのまま宿へレッツゴーです。
車の中では疲れからか睡魔が・・・こてっ・・・気づいたらお兄さんに予約していただいた東郷温泉到着してました。
すいません。

走行距離 102キロ
消費? 2800キロカロリー

東郷温泉は湖畔にある豪快な温泉です。今回とまった宿は、結構きれいだし、ごはんも美味しかった。でも従業員はいまいちな感じでした。温泉旅館は心地よいもてなし大事ですね。夜の東郷をぶらつくも何もなし。なので部屋で麻雀をして楽しく時間を過ごしました。えー、結果は見事に負けちゃいました。麻雀でもオーラスにお兄さんにさされました(笑)。

夜の12時くらいに就寝。電気消した瞬間爆睡です。


そして二日目。朝7時前に起きて、露天風呂へ。お湯の温度高過ぎでつかれません。勘弁してください。
朝9時ごろ宿出発。20世紀梨記念館に梨を買いに行きます。えらい立派な建物でした。

そして車で人形峠を越えて、本日の自転車出発地点恩原高原へ。
またもや林道を走り出したのですが、途中で未舗装路になってしまった。お兄さんは戸田君のMTBに乗り換えて楽しそうにダート道登っていきます。
_047

戸田君とわしは、キャラバンでお兄さんを追うのですが、どんどん道は悪路になっていきます。そしてついにキャラバン止まります。道が悪すぎて路面グリップしません。そして、ついにエンジンかからなくなります・・・。やばいです。あせります。
この山中で遭難か・・・と思いきや、なんとかエンジンがかかり、バックでダートを戻ります。そこで自転車は断念し、今度は車で粟倉へ。車の中またもや睡魔が・・・こてっ・・・気づいたら粟倉着いてました。
粟倉にきたのは、ツールド武蔵でお世話になった河野パパママさんにお礼をするためです。相変わらず面白いパパさんでありました。

粟倉まで来たのでせっかくなのでベルピールの丘登ります。今回は戸田君も説得(?)し、今回の旅ではじめての3人ライドです。そして戸田君いきなりアタックで、わしとお兄さんを引き離しにかかります。元気やがな。こりゃいけるで。しかし、斜度がきつくなってくると段々たれてきます。それにしても、この坂かなりきついし、長いです。さすがに参りました。
_059
戸田君も含め必死にこいでいよいよ山頂に到着。ベルピールから見える景色は、爽快です。

_066

が、戸田君は死んでました・・・

_065

ベルピールを一気に下り、今回の旅は終了。
帰りの車の中でも、またもや睡魔が・・・こてっ・・・。いかん、いかん寝てばっかりやがな。お兄さん戸田君ごめんなさい。

充実した二日間に大満足。いやー本当に楽しかった。この数年で間違いなく一番楽しかったぞ。人生こういうことがないと、生きている意味がありませんな。また、近々行きたいです。

















いざ鳥取へ

明日から会社を休んで、鳥取東郷温泉へレッツゴーである。

お兄さんと一緒に走り、戸田君に車でサポートしてもらう予定。

中国山脈を越える山岳中心のツーリング。
山好きなわしには、なんとも楽しみなツーリングである。

いやはや、どんな旅になることやら。


昨日はエアロバイクでLSD1時間

祝 優勝!!

CIMG1070
昨日はミッドナイトエンデューロin岡山国際サーキットに参加してきました。

今年は、去年より1時間スタートが早い19時スタート。
土曜にも仕事をこなされるメンバーの皆様に先駆け、週末暇人のわしは早い目に行ってピットを確保する重大ミッションを授かり出発。行く途中で、鍋を買ったり、食料を買ったりして、走行後に食べるトン汁の準備を進める。
14時30分到着。さっとピット内にシートで場所取りして、野菜を切り皆さんの到着を待つ。
17時過ぎくらいにぞくぞくとFREE SPEEDの皆さん到着。

今回は、日中バイクと車がサーキットを使っており、試走はなし。なのでアップもピット裏を少し走っただけ。
4時間走ることを考えるとそんなに疲れるほどのアップはしたくないので、ストレッチ中心であまり体力を消耗しないようにした。それとチョコレート中心にエネルギーを大量に補給し、マグネシウムやアミノ等のサプリを大量にとり、気休めかもしれないが万全の準備をする。補給として今回はエネルギーゼリーを4本持ちダブルボトルで挑む。補給は最初の1時間経過時点と以後40分おきに一本ずつゼリーを摂取。ボトルの中身はクエン酸のアクエリアス割とスポーツドリンク一本(H2O)である。ドリンク補給は一周あたり一口を心がける。

19時前になり、召集がかかりスタートラインへ。19:00カウントダウンで一斉スタート。最初はママチャリやマウンテンが前を走りなかなか前に出れない。先頭集団は早くも形成されさっさと前に行ってしまう。1周目のバックストレートに入り集団が結構前を走っているのが見えた。ここから一気に出遅れた後方集団をつれてペースアップ。一周目のホームストレートでなんとか集団に追いつく。このとき心拍186で、かなり追い込んでしまった。おかげで集団に追いつけ、しばらく大集団の中で走ることができた。集団に入り心拍も150前後に落着く。集団にはやはりお兄さんも入っておりいい位置を走っている。集団の中は体力的には楽なのだが危険も多い。前の選手がいるので前方が見えにくく、車椅子や子供を避けるのにかなり神経を使う。避けきれずに落車する選手も何人かいた。明日はわが身である。

そのまま1時間、2時間と経過する。集団の真ん中あたりのポジションをキープして走り続ける。チームの選手がピットに入ったり、集団から千切れる選手もおり、どんどん集団の人数が減っていく。2時間経過あたりで同じ4時間ソロの選手はわしとお兄さんともう一人。この時点でフリースピードの表彰台二人のりは何事もなければ確実になる。お兄さんともう一人の方はばてている様子はない。ここで色々考える。「このままゴールまで行くのだろうか?とするとゴールスプリントか?それは嫌だなー。どうせなら清々しくゴールしたい。それならば自分の足を使ってかき乱すか。それとも、どっかでアタックをかけて、逃げ切りを狙うか・・・。プローのレースを見てても2時間の逃げはなかなか決まらんなー。必ず最後に集団に吸収される。うーむどうしよう・・・」などと色々作戦を考える。結局、2時間から3時間にかけては、ひたすら集団内で我慢の走り。3時間が経ち、集団の前方から後方に回ろうと思ってペースを落とすと意外に集団の人数が減っており8人程度になっていることに気づいた。おそらく集団が2分したのではないだろうか。しばらく集団の最後尾から前を伺う。お兄さんは大丈夫そうだが、もう一人の選手は少したれているような気がする。少し前走者との間が開くようになっている気がした。バックストレート前の登りで微妙にペースアップ。そして、バックストレートで下ハンを握って、一気にペースアップ。後ろについてくる影はなし。よしアタック成功。とはいえこっちの足もすでに3時間走りくたくたになっていたので残り50分逃げ切れるか心配である。ここで10時間チームの選手がいいペースでわしを抜いていったので、チャンスとばかりにこれに便乗させていただいて後ろを走らさせてもらう。かなりのハイペースで足が悲鳴をあげたが、ここまできたら行くしかないので必死についていった。そのまま、なんとか先ほど分断したと思われる10時間の先頭集団4人に追いつく。その集団にうまく入り込み、残り30分もがく。泣いても笑ってもあと5周ほどである。集団からちぎれないように、足がつらないように、注意をはらって走る。お兄さんともう一人がどこを走っているかわからないので不安である。迫りくる後続の恐怖と戦いながら周回を重ねる。ラスト2周で最後の力を振り絞り集団を引き連れて走る。ラスト一周に入り、猛然とラストスパート。最後は10時間の先頭集団の方々にお礼を言って、4時間のゴールに向かい、ゴールラインに飛び込んだ。

初タイトル獲得である。いやー気持ちのいいもんだ。なんともいえない達成感である。
お兄さんも、後続を振り切り単独2位でゴール。FREE SPEEDワンツーフィニッシュ成功である。それもまた格別にうれしいものであった。表彰式では、たくさんの景品をもらい表彰台の天辺は気持ちのいいもんであった。カンザキさんも見事に37周というMTBで驚異的な記録で優勝しFREE SPEED大躍進な一日であった。

レース後トン汁を食べて夜の3時過ぎに帰宅。いやー充実した一日であった。

走行距離 151キロ(41周)
平均速度 37.4キロ
消費?  2420キロカロリー
平均心拍163
最大心拍186

それにしても10時間ソロの選手はすごかった。わしらよりもハイペースで走りあと6時間走るのだから鉄人である。
まだまだ彼らにはかなわない。もっと体力つけなきゃな。




ミッドナイトに向けて

明日はいよいよミッドナイト4h耐久。

去年は4h無事に完走し、初の表彰台にあがった大会である。最後の1時間30分くらいからトイレに行きたくてずっと我慢してた記憶が強い。結局優勝者からは2周遅れの38周回でゴール。最後は完全にだれていたので、今年は最後までたれないように40周走りたい。

明日に向けて特段特別な準備はしていないが、補給は多めに持って走ろう。何より楽しく4時間走るのが大事なので、途中で倒れないように補給はきっちりとり、メカトラ、パンクがないように気をつけよう。

今日は軽くエアロバイク30分回し終了。さあ寝よう。

調整

エアロバイク50分。消費?330キロカロリー。

昨日の金山のせいか少し体が重かった。
明日と明後日は、休養してTIに備えるとしよう。






ナイト金山

夜、金山へ向かう。

闇の中、ライトの光を頼りにわさわさと山を登る。夜なので涼しい。

地蔵前3分10秒、第一ヘアピン5分55秒。いつもより少し遅い目。ここから第2ヘアピンから第3ヘアピンまでのきつい斜度のところまで、アウターで引っ張る。斜度がきつくなると、インナーでくるくる回して登る。エースセンター前15分45秒。前回より遅い。こりゃ24分30秒くらいかと思って、エースセンター前を通過。前半を抑えてたので、後半思ったよりもたれずに山頂に到着。23分26秒。10秒自己ベスト更新。
夜で涼しかったし、体も軽かった。平均心拍も178で、いつもよりも余裕のある心拍で登れた。全開で登れば、22分30秒くらいでるかもしれないぞ。

帰宅後体重 60.1キロ
体脂肪率 9.7%
走行距離 35キロ

昨日の練習は、エアロバイク45分とランニング+ウォーク45分 距離30キロ



パンク?

昨日寝る前にパンク修理し、買ったばかりのチューブを挿入して修理完了。

今日は、朝5時に起きて早朝練習のはずであったが結局起きたのが9時。情けない・・・。どこに走りに行こうか色々考え、小豆島の山登りも悪くないと思いつつ、結局いつもどおり御津方面へ向かった。

旭川沿いを北上し早々とカバヤに到着。そこから裏53号を通り建部のコンビニへ向かう。前半は軽くAV33キロ程度で流していたが、裏53号の後半あたりから走りが重くなってきた。建部のコンビニで補給を買って出発しようとして後輪タイヤを持ったら空気が抜け取る!!!まただ・・・。やっちまった。そりゃ走りが重いわ。今回は昨日の反省を踏まえて、パンク修理キットを完璧に持ってきている。しかし一日でまたパンクというのは、もしや、タイヤに穴があいているのではないかと思い、タイヤをチェック。このタイヤも7月に買ったばかりの決戦用のタイヤである。慎重に少しずつ見ていると、タイヤに亀裂発見。なんてこった穴あいとるがな。そういえば昨日、空き缶を踏んだときに嫌な感じはしたんだよな。タイヤの亀裂あたりのチューブを見ると、やはりやられている。チューブ交換の用意はしていてもタイヤ交換の準備はしていない。とりあえずパンクしたチューブと分厚いIRCチューブと入れ替えて、タイヤの内側と外側にパンク修理の時にチューブに貼るシールを貼って応急処置をした。

そこから、またパンクするのが怖いので引き返すかどうか迷ったが、かなり距離を進んでいたこともあり、またパンクしたらしょうがないと思い、さらに先へ進んだ。建部からR53を走り、旭川を渡りR484へ。R484はわしの大好きな道で、きれいな小川沿いを緩やかに吉備中央町方面へ向かう道。途中なんども後輪の空気を確認しながら進む。道沿いに流れる小川があまりにきれいなので、途中で水浴びをしてリフレッシュした。そこから、奥吉備街道を通り、吉田牧場の横を通り、R429へ抜ける。道の駅かもがわ円城でソフトクリームを食べて休憩。ここのソフトクリームはうまい。たぶん蒜山のソフトクリームよりもうまい。R429を下り、宇甘渓を通りすぎて金川へ。宇甘渓は家族連れがたくさんBBQをしていた。

金川を通り抜けてR53を走り、カバヤへ。そこから金山に少し登ろうかと思ったが、のぼりに入って後輪に体重がぐっと乗ると、明らかに空気が減っているのがわかったので普通に旭川沿いを走って帰った。

2日連続パンクで大変な思いをしたが、パンク修理のノウハウは得た。これからは、ロングライドの際は多少重くても、パンク修理キットはもって走ろう。

今日の走行距離 95キロ
消費?1550キロカロリー
帰宅後体重 59.6キロ




パンク

今日は片鉄ロマン街道を走りに行く。

朝6時30分頃からLSDペースでまったりと気持ちよく走ったが、復路の半分くらいでパンク。
昨日フリーダムで買ったスーパー空気入れを早速使うが、何を思ったかチューブ交換をせずに空気を入れてしまい、パンクしたチューブに空気をいれるのにエアタンクを使い切ってしまった。あほだ・・・。案の定すぐに空気が抜けて、万事休す。

結局最終的には、車で回収してもらい事なきを得たが、わしのようなあほは充分すぎるくらいのリペアキットが必要だ。備えあればうれいなしである。やっぱりポンプ買おう。
それにしても今年はパンクが多いぞ。決戦用などど言って、軽量チューブをどんどん導入したが、すべてパンクで全滅した・・・。軽量チューブは若干ながらコギが軽くなり使い方を間違えなければ効果はそれなりにあると思うが、わしの使い方が悪い。いいもんそれなりに繊細な使い方ってもんがあるわけです。正しい使い方を知ってから使いましょう。

というわけでこれからのチューブ選びは、パンクしないことを一番に考えて選びます。MTBはそろそろチューブレスの導入やな。

今日の走行距離60キロ


朝練

ついに実現した平日早朝練習。
今日は4時30分に目覚ましをセットしたが、起きたのが4時45分。

カロリーメイトとヨーグルトを食べてロードバイクを引っ張り出して出発しようとするが、ポンプが見当たらない。
探したがみつからないのでパンクしたらしょうがないとあきらめて出発。走り出すとどうもペダルと靴がしっくりフィットしない。靴を見てみると、クリートを止める金具が一つなくなっていた・・・(涙)。部屋に戻りクリート金具を探したが見つからないので、MTBで行くことにした。そんなこんなでバタバタしているうちに5時30分を過ぎていた。ロードなら金山に行こうと思ったが、MTBではしんどいので百間川沿いを走った。
MTBブロックタイヤではやはり30キロオーバーを維持することがしんどい。往路は踏ん張って33キロくらいで巡航したが、復路はバテて30キロ弱くらいのスピードで帰ってきた。久しぶりにMTBで全力で走ったがどうもポジションがしっくりこない。ハンドル位置が高い気がするし、ステムを短くした方がいいような気もする。吉備高原までにベストポジションを探していこう。
今日は平地のみを走ったが、平地をスピード維持して走るより坂を登るほうが楽。最近どんどん平地が駄目になってきているような・・・。

それにしても朝の川沿いは、結構ヒトが多かった。健康志向でランニングしているヒトがかなりいた(年配のかたがほとんどです)。みんな偉いです。


さあぽちぽち会社でも行くかー。

走行距離 25キロ
消費カロリー 450キロカロリー
平均心拍 140 最大心拍 175
今朝の体重 60.6キロ


2005-08-11 23:49:07

今週の練習
日曜 鬼の城ヒルクライム 8キロ
月曜 MTBで百間川沿いを15キロ
火曜 エアロバイク60分 マフェトン心拍 30キロ
水曜 エアロバイク30分 15キロ
木曜 エアロバイク90分 45キロ

体重 60.8キロ 体脂肪率10.0%
今月は1000キロ目指すと意気込んだが、前半はいまいち乗れていない。
ほとんどがエアロバイクで8月入っての総合計は240キロほど。週末の距離稼ぎも今月はできそうもないのでいよいよ朝練が必要か。明日あたりチャレンジしてみようか・・・。



うらじゃ

鬼の城の公式リザルトがでた。
結果は14分5秒でビギナー2位。総合6位。鬼の城についてはタイムも結果も満足だが、なぜだか最近ヒルクライマーになりつつあり、山は登れるが平地では筋肉に乳酸が溜まり伸びないという状況。この分だと、TIは駄目かもしれないぞ。
とはいえ、今年も4hソロでエントリー。去年の38周を上回る成績を残したい。

昨日は、昼から岡山市役所あたりにうらじゃ祭りを見に行った。うらじゃの音楽にあわせて、岡山のメイン道路を封鎖して老若男女問わず踊る踊る。みんな顔にペイントをして良い顔して踊る。見ていてなかなか気持ちのいいもんだ。岡山県民も良いなー。
それと祭りといえば屋台で立ち食い。食いすぎた・・・。

今日から会社は早帰り週間。今日は6時30分に帰って、40分ほどマウンテンバイクで百間川を流した。







鬼の城ヒルクライム

今年も無謀なチャレンジをしてきました鬼の城ヒルクライム。
去年は、マウンテンで登って見事に玉砕した大会で今年はロードでリベンジを狙うのである。

7時30分に集合しお兄さんの車に乗せていただき二人で鬼の城へ向かう。
8時30分頃に到着し、いそいそ準備をし、アップに行くが9時に召集らしいのであまりアップの時間もない。
とりあえず、激坂区間の始まるあたりまで下りてそこから、アップを始める。
アップを始めて、2分くらいで少しアスファルトのデコボコのところを踏んだ瞬間、「パンっ!!!」とピストルを撃ったような音がしてチューブが破裂した。そういえば、朝、空気圧高目に入れてたな・・・。そこから修理しようとしたが、ポンプがなく、そのまま歩いて山頂まで登ることに。お兄さんにも手伝っていただき、担いで二人で歩いて登った。お兄さん本当にご迷惑をおかけしてすいません(汗)。二人でたらたら歩いて登っていると、後ろから救世主がやってきた。タイミング良く中山さんが車で現れて、自転車を積んでくれた。ふー助かったーー。山頂でパンク修理して、少しだけアップしてそのまま、下山してスタート地点に。

今年もスタートは1分間隔でスタート。
ビギナークラスのわしは、エキスパートの後ろからスタート。
山本パパさんの合図で、出発。前半は作戦通り抑えて、心拍180から185程度で走る。激坂区間に入る前にすでにインナーロウを使いきる。激坂は、気合で踏み倒す。激坂に入ると心拍も常に190オーバーで、足も重い。ケイデンス40程度でぎしぎし登る。去年はふらふらと蛇行しまくったが、今年は蛇行はしない。前走者にも追いつき、激坂区間は終えるが、激坂での消耗が激しく、ここから足が回らない。しばらくインナーロウでシャカシャカ回して、最後の坂を一つギアを上げて、ダンシングで踏んで締めくくった。確かにしんどかったが、ぶっ倒れるほどでもない。心地よいしんどさで少し余裕があった。ゴールして3秒くらいしてポラールを止めると14分8秒。
去年より実に4分も早いではないか。わしも強くなったもんだ。

このタイムならビギナークラスチャンピオンかと思ったが、一人13分台のヒトがいて、結果は2位。うーん悔しい。
(計測があいまいであったため公式リザルトは不明・・・)でもヒルクライムレースも悪くないですな。達成感があります。
レース後しばらく、色々な方とお話をして楽しかった。よく聴く言葉が、「FREESPEEDさん最近凄いですねー。」って感じで、最近確かに目立ってます。お兄さんの元で我々がんばっております。

次はTIで目立ちたいのである。


ハーフ金山

昨日は、岡山花火大会。
今年は後楽園の幻想庭園の中から鑑賞。木が邪魔で花火の見えはいまいちだったが、雰囲気は良かった。
それにしても祭りは楽しいが人ごみはやはり疲れる。遠くからダラーっとゆっくり見るのが一番だな。

昨日の夜遅くまでツールのDVDを見ていたら今日は早起きできず、昼まで寝てしまった。外はくそ暑いので、夕方から少しだけ練習に向かう。明日は鬼の城ヒルクライムがあるので抑え目でゆっくり走り、金山へ向かう。ふもとで少しストレッチ。とりあえず今日はエースセンターまで登ることにした。最初はゆっくり走り出して登りに入るとしばらくアウターダンシングでわしわしとこぐ。地蔵前2分30秒。第一ヘアピン5分30秒。なぜだかベストタイムと同等タイム。そこから少しギアを落としてケイデンス60から70でシャカシャカ回して登る。心拍も180から185程度をMAXとして無理しすぎないよう登る。エースセンター前15分30秒で到着。ベストタイム時と同タイムだ。このまま走ったら、ベストタイム更新できたかもしれないが、今日は無理せず笠井山側を経由して帰った。ちょっとがんばったら22分台が見えるぞ。秋の楽しみにしておこう。

帰宅後体重 60.0キロ
消費カロリー 500キロ
走行距離25キロ
木曜日のエアロバイクは50分=25キロ

鬼の城に向けて

ツールド武蔵も終わり、次の目標はどうしようかと思案中。
お兄さんは吉備高原に向けて調整に入られたようだけど、わしはどうしようか。やはり、いよいよ募集の始まったツールド沖縄がメインイベントかなー。とりあえずホームページ見たけど、市民80キロの部に出てみようか検討中。一緒沖縄に行ける方募集してます。いまから仕事の都合をつけましょう。

さてさて、7月の走行距離は827キロ(エアロバイク含む)。よく乗れた方かな。
8月は1000キロ目指してがんばるべさ。

とりあえず7日の鬼の城ヒルクライムの出場を決めた。
去年は見事に玉砕して、いまからあの坂を登ると思うと怖いが練習と思って出ることにしよう。
もちろんビギナークラスです。

今週の練習
月曜 LSD55分
火曜 最大強度10分+中強度20分+LSD15分
水曜 30分中強度、5分最大強度

体重がなぜだか62キロ台に戻ったが、体脂肪が10%を割る一桁に落ちた。



ツールド武蔵

今年も行ってきましたツールド武蔵。

今年はFREESPEEDから8人の参加で、大所帯だ。
朝4時30分に起きてせっせと荷物詰めて、出発すると朝5時過ぎにお店に着いた。珍しく一番乗りである。

5時30分に英田に向けて出発。7時前に到着し準備し7時30分頃みんなでいっせいに出発。

前回は前半飛ばして後半ばてたので、今回はゆっくりと大原町役場まで走るつもりで出発したが、途中で心配していた雨がポツリポツリ。最初の峠にかかったときにいよいよ本降りになってきた。峠の下りでは、ブレーキがまったく利かないくらいに降り始め、去年の悪夢がよみがえる。夏でも、雨が降るとやはり寒い。途中雨宿りしながら第一チェックポイントを目指す。雨で体が冷えると気持ちも萎えてきて、段々やる気もうせてきたが、幸いに少し雨脚が弱まったので、第一チェックポイントから、雨を吹き飛ばすかのようにおにいさんとカンザキさんとで全力でアタック。ペース配分無視して、とにかく体を温めるために足を回しまくった。そして無事に大原町役場到着。
大原町役場では去年に続き河野パパさんとママさんに手厚い歓迎を受ける。オフィシャルのテントと間違えるくらいの用意をして頂き、珈琲やチョコレート、梅干等、補給食を頂いた。本当に感謝感激です。
大原町役場をスタートしてのぼりの始まり。体を温めるためとインテルジロ獲得(?)のために全力で登り、足を使いすぎて、足の裏が攣りそうであった。。山頂で再び河野パパさんの補給をうけさらに進み、下山したところで、またまた河野商店のサポートを受けて、至れりつくせりであった。
本当にありがとうございます。

河野商店を出発し、最初の峠でお兄さんのアタックがかかったので、後を追う。そこからは、お兄さんと二人でローテーションをしながら、ゴールを目指す。途中の峠は勝手に山岳ポイントとか一人で意味不明なことをいいながら、とりあえず、お兄さんより前で通過。気分はラスムッセンである。ツールドフランスの見過ぎだな。それでも今年は去年に比べると大分ペースも速いし、体も楽だなーと思いながら湯郷のチェックポイントを通過。そしてゴールに向けてラスト20キロお兄さんと走り出すが、ラスト10キロになって鉛のように足が重くなった。お兄さんについていけず、そのままふらふら走り、ゴールしてぶっ倒れた。

FREESPEEDのメンバーも、全員無事完走。良かった。良かった。

走行距離 111キロ
消費? 2300キロカロリー
平均速度 28.7キロ