FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

戦い終わり

岡山県ヒルクライムシリーズも終了し、ちょっと早いが今期の総括。

今年はロードレース、ヒルクライム系の飛躍の一年であった。
西日本チャレンジに始まり、ツールド沖縄佐伯りんご園まで右肩上がりにシーズンを終えることができたので良かった。
特にヒルクライム能力の向上は予想以上であった。要因は・・・秘密特訓のおかげですな。

かたやMTBはどうもロードレースに比べると、不完全燃焼であった。蒜山のパンク、吉井川のハンガーノック、吉備高原の落車等々何かしらトラブル続きであった。要因は・・・テク不足ですな。もっとトレイルを走らないとせっかくのNRSが泣くなー。冬錬にトレイル走行を取り入れたいところです。

さてさて、来期の課題。
?筋力アップ。
ヒルクライムシリーズの写真を見ても、明らかに上半身の筋肉がついてきていない。なぜだがりんご園が終わり腕が筋肉痛だし。今年は骨折から復帰の年でもあったので筋トレはほとんどしていなかったが、今冬から積極的に取り入れて生きたい。
?ダンシング。
勝負どころでダンシングをすると、失速する。わしの場合、実は、シッティングの方が速いのである。ゴールスプリントで負けまくったのはこれが弱いからだと実感。勝負ポイントで爆発的な力を発揮するためにこれは要練習です。
?心臓
燃費の良い心臓にしなければならない。いまの心臓は高回転で燃費悪いのである。


このあたりを中心に冬トレである。ご一緒できる方はどんどんお声がけください。


PS
沖縄の優勝者レポートが出ていた。あと一つで自分のインタビューが乗ってたかと思うといまさらながら悔しさがこみ上げてくる。

スポンサーサイト



佐伯りんご園を登る

今日は岡山県ヒルクライムシリーズ最終戦に出場してきました。

朝8時に神崎さんとサンクスで待ち合わせをして出発・・・と思ったが、駐車場で思いがけない人物発見。浦上さんが車の中で死んで・・・いや寝ていらっしゃった。神崎さんが発見して救出。昨日の忘年会はどうやら、血みどろだったようだ。某アンセム氏が自爆テロを起こしたらしい。うむ、今日レースがあってよかった。

9時過ぎに到着し、受付を済ませる。予想通り過去にない強豪ぞろいのメンバーだ。こりゃ今日は無理だな。
アップを済ませ、まずは1本目。
いきなりシルベストのヒトや岐阜から来たヒト、野上さんがハイペースで登っていったので、なんとなく追いかけてみた。すぐにペースダウンすると思ったが、なかなかたれてこない。野上さんは少し疲れて後退したが、シルベストのヒトと岐阜のヒトはわしの20秒から30秒くらい前をずーと走っている。前半わしはオーバーペース気味だがこの差がなかなかうまらない。わしの後ろには大御所のグランデパールのNさんがいる。_016
そのままレースが進み、後半にはいると、グランデパールのNさんはあっさりわしを置き去りにして前の二人に追いついていった。そして前と20秒から30秒差ぐらいのまま4位で激坂区間突入。しんどいなーって思ってると、後ろからチーム岡山の中西さん登場。激坂であっさり抜かれて、ヒーローにやられる雑魚キャラのように粉砕された。結局一本目5位でフィニッシュ。タイム17分05秒。

ちょいと休んで2本目。今度は距離が長い。
1本目明らかに後半たれたので、2本目は後半たれないようにちょっと前半を抑え気味でいこうかとスタート。またもやハイペースではじまり、今度は少し後ろの方からスタート。早くも大御所グランデバールのNさんはとんでもないスピードで消えていった。続いてチーム岡山の中西さんも前の方も走る。そして一本目と同様シルベストのヒトと岐阜のヒトが少し前を走る。わしは、途中からグランデパールのK田さんと一緒に走り、前を走るヒトを少しずつ交わしていく。中盤あたりでK田さんと青いジャージのヒトとパックになり最後の激坂区間に突入。グランデパールのK田さんが前に出て行き、青いジャージのヒトがたれていって、わしは最終コーナーでK田さんを交わしそのまま逃げ切りゴール。_017
1本目と同順位の5位。タイム21分39秒。前の4人は一本目と同じメンバー。2位、3位、4位はわしより2枚くらい上手。1位のNさんは別格で、どう練習してもあんなスピードでは登れないだろう。格の違いを実感しました。

とはいえ、総合順位5位で今回は充分満足。
神崎さんはMTBでビギナーの部3位。さすがでごわす。

最終戦が終わり、今の自分のレベルがわかり、課題がたっぷり見つかった。
来季に向けてのいい材料だ。

ロードバイクはこれから冬季練習仕様に換装予定。

今年、残すはあと一戦。






しまなみツーリング

23日は、フリースピードツーリング企画しまなみサイクリングに行ってきました。
今回は総勢11名と大所帯。朝5時に集合し6時ごろ出発。
朝8時くらいに尾道到着し、ツーリングへ出発。
_003

しまなみ海道は景色が良くてアップダウンも少なく素晴らしい道です。思わず走りながら写真とりまくってしまいました。
_012_015_024_041

前半は落車や道間違える等のトラブルを乗り越え無事に昼飯ポイントへ。海の幸うまかったなー。
_045_046

昼飯を食べてさらに進み、今治を目指すがどうも今治発フェリーに間に合わない。無理をするよりも手前の島で船を待つ。・・・が船には自転車が乗らないらしい。どうしよう・・・。とりあえず来た道戻る。みんなもうしんどそう。我社期待の新人k君もヘロヘロ。みんなで励ましながら橋を登り、途中からわしと戸田君で先行して車を取りに行くことになったが、結局全員車の力を借りずに自走で完走。みんなすごいよー。

尾道に帰ってきて、ラーメン食べて帰りましたとさ。

走行距離132キロ。
MTBブロックタイヤでの走行は、まじでしんどかったです。






爆発

連休もついに終わってしまい久しぶりに会社に行く。

1週間かけてしっかり熟成された特製爆弾がいたるところで爆発し、今日は一日爆弾処理に走り回った・・・死んだ。
ブランクがなかなか戻らずに悪戦苦闘し、最後はギブアップして退散した。
一週間休むときは、間に一日くらい出社した方が精神的によろしいな。

明後日はしまなみツーリング。我社の期待のエースのK君も参加し、楽しみなツーリングだ。

そして今週末は佐伯りんご園に戦いに行くことにしました。
まだ一度も登ったことありませんが、結構強豪の方々が参加されるという噂なのでもんでもらおう。





深山公園MTB

いよいよ今日で連休最終日。締めは深山公園MTBレースに参戦してきました。
沖縄の帰りにやらかしたぎっくり腰の完治もままならぬまま、一週間ろくに練習もせずに何とかなるだろうと根拠のない自信だけで出場することにした。こんな天気のいい日に出なかったら多分後悔するだろうし・・・。

会場に8時ごろ到着して早速アップ開始。
このコースいきなり登りから始まるんですね。早速登る。登りってこんなにしんどかったけか・・・。一週間休んだらこんなにしんどくなるんかーって痛感。お兄さんも神崎さんも速い・・・わしは遅すぎて2周目はお兄さんと神崎さんの背中見えなくなった。後半もタイトなコーナーが多くて、びくびくしながら走り、ノーテクなわしは激遅。登りも下りもダメダメでこりゃやばいなーとブルーな気分に浸ってしまうアップであった。

「まあ、腰の調子も悪いから怪我しないように走ろうっと」とエンジョイモードに気持ちを切り替えて、まずはタサキちゃんの応援。_004

タサキちゃんめちゃ早いです。惜しくも準優勝でしたがもう少しで優勝しそうな勢いでした。彼女は底知れぬパワーを持っています。

そして30歳以上の部にわれらがエース神崎さん登場。30歳以上は岡山の強豪たちがひしめくクラス。今日はこれを見に来たようなものである。スタートから激しく飛び出し、一周目帰ってきたときにトップ集団。集団内はJライダーばかり。さすがだ!パパさん熱いよ!2周目も集団で帰ってきて勝負は3周目で決する様子。Jライダー達に一泡吹かせれるか期待に胸がふくらむ。3周目帰ってきたー。惜しくも4位かーー。でもあのメンバーで4位ってすごいですよ。
_010

神崎さんの熱いレースに触発されて気分が盛り上がってきたぞ。

さて次はわしとお兄さんの出番。
このクラスは人数は少ないが、沖田君、細井さん、大力さん、山本さん、そしてお兄さんと強豪がひしめく。細井さんは桁違いの強さで走っているのを何度か見ているので当然ついていけるはずがない・・・あっ今日はコスプレ参戦!?沖田君もヒルクライム使用の軽量マウンテンで参戦し、登りは多分置いていかれる。まあとりあえず走ってみるかーってことでスタート。沖田君いきなりアタック。速いよー。まったくついていけません。わしはスロースタート。周り見ながらゆっくり走る。坂の途中からばらけだしたので、前を走る山本さんについて走る。一周目がとにかく一番しんどかった。足に乳酸たまりまくりで心拍も一周目が一番高かった気がする。そして沖田君はどんどん行っちゃった。一周目は山本さんの後ろを走り3位で2周目突入。2周目は坂で山本さんが疲れてきたので、前を行かせてもらって2位浮上。沖田君はもはや見えません。2周目の登りは、抑え目のクルクル系で乳酸溜まらんように登る。山本さんとの差を確認し後ろを振り返りお兄さんがどの辺走ってるか確認。もう沖田君に追いつくのは不可能なので、この調子で2位なら上出来だと「2位キープ、安全第一作戦」で行くことにする。3周目も2周目同様、後ろを確認しながら追いつかれないように逃げ、そして休む。3周目はそれほど心拍もあがらずに、後半に入ると段々腰が痛くなりだして我慢の時間を過ごしたが、結局34分41秒で2位でゴール。お兄さんは山本さんに続き4位でフィニッシュ。

_021_022

アップの時は、今日は無理だと思ったが、走り出したらそれなりに走れたので満足。
_067


地元ローカルレースで色々景品もついて素晴らしい大会でした。
来年は出れるかなー



サイクルモードin大阪

今日は朝からお兄さんとサイクルモードinインテックス大阪に行ってきました。

朝8時30分集合でいざ大阪へ。

会場到着するとすでに長蛇の列。世の中自転車好きが多いですな。
入って早速試乗しまくってきました。

・RIDLEYのカーボンバイク。やわらかくてラグジュアリでいいですね。
・ピナレロドグマFP。これを乗りたかったのよ。乗り味硬目で踏んだ分だけ進む感じ。推進力は申し分なし。カーボン乗りなれてると硬く感じる。。ゴールスプリントには強そう。ただ、重いのが気にかかる。
・TIMEのファーストエッジ。固めのカーボンでいい感じ。特に欠点なし。さすがTIME。上位モデルが気になる。
・LOOKの555、565、585 LOOKいいです。今回の中で一番良かったです。特に585の軽さは最高です。カーボンもいい硬さのカーボンです。気に入りました。買うならこれだ。
・CANNONDALEのランプレSIX13。これもいい自転車ですね。LOOKに比べるとやわらかめのカーボン。登りにも強そうです。この自転車もいいですねー。
_078_094_092

他にもMTB数台乗ったり、MAVICやパナレーサー等見学してきました。
やっぱり、カタログ見るより自分の目で見る方が、いいですね。実際に乗ってみると思っていたのと違っていたりと、自転車は奥が深いです。うーむ物欲が止まらないですなー。

後半はスペシャライズドのブースで竹谷選手に色々ご指導をいただきました。竹谷選手面倒くさがらずに我々に熱く語ってくれました。本当に熱いです。感動しました。これからもがんばってください。

_097

あっという間に16時前になり、ぽちぽち帰宅。お兄さんと二人でお好み焼き食べて、ビール飲みながらカタログ見て帰りました。
各社の戦略が良くわかって大変勉強になりました。
また来年も行こうっと。


剣山を登る

今日は、朝から徳島県剣山に向かう。

腰の具合もぼちぼち大丈夫そうなので、これ以上家にいるのは耐え切れないと瀬戸大橋を渡り、いざ徳島県へ。
高速までは好調であったが下道に入り、紅葉撮影をしながら現地に向かったため時間がかかり結局3時間30分かかってしまった。丁度良い具合に紅葉していて、心和むドライブであった。日本の秋はやはりこれです。
_066_069

13時ごろ現地でそばを食べて13時30分ごろ剣山登り始める。登り始めの気温4度。うむ、さすがに標高1400メートル寒い。剣山の山頂への道は3本。いつもなら一番険しい道をたどるところだが、今日は腰にまだ不安があるので一番楽な道を行く。大山や蒜山に比べるとやはり楽勝である。ただし、この時期の登山は寒い。山頂は氷点下であった。山頂山小屋でチョコ食べたりしてしばし休憩。下りはスキー用具を導入してなんとか寒さを乗り越えた。
_022_033_039

下りの途中からは、足と腰に負担をかけないようにリフトを使い下山。今日はおとなしめトレッキングであった。
剣山を17時頃あとにして、冷えた体を温めるべく温泉を求め、徳島市内へ。車を走らせること2時間。剣山から徳島市内へ向かう道は素晴らしい大パノラマであった。自転車で走ると気持ちいいだろうなーとよだれを垂らしながら、山を降りる。
前回の四国カルストのあたり、石鎚山近辺、剣山をコースに盛り込んだ、ツールド四国を企画したら楽しいのではないかと考えたり、剣山にはスーパー林道(87キロ)があって、そこで大滝100キロの練習もできるなーなどと、密かに四国合宿を企てるのであった。

山を降りて徳島市内を通過し鳴門市内の温泉に入り体温める。寒いときの温泉最高です。体も温まりせっかく鳴門まで来たので鯛めしを食いたいと、20時30分から店探し。この時間になるとなかなか店がない。鳴門海峡近くの料亭みたいなところに鯛めしを期待して入ったが、メニューになく、作ってくれとお願いしたが時間を30分以上くれと言われたのであきらめた。とはいえ、美味しい懐石を頂いて帰ってきた。

楽しい休日であった。





Zガンダム

朝起きて、近所の病院に腰の治療に行って腰を伸ばしたり、低音波治療したりして、腰痛体操の指導を受ける。
一回330円だからまあ激安である。

今日はZガンダム第二部を見てきた。

第一部よりリメイクが増えていてよろしい。どうせなら全部リメイクしたらいいのにな。ストーリーは切れ切れで初めてみるヒトは理解できるんだろうか・・・。まあ、とりあえず見たという感じ。第3部も見に行かなくては・・・。

帰りにファイテンショップに行って、腰にテープを貼ってもらい、店員さんと陸上話で盛り上がり、気分を良くしてアップジェルを一本買う。

ファイテン貼って腰の痛みもだいぶん楽になってきたのでちょっくらMTBをこいで、百間川沿いを流す。
うん、大丈夫大丈夫。まあ、なんとかなる範囲。この分なら深山は行けるかな。

明日は登山にでも行ってやろうかな。

お休みなのですが・・・

いま実は会社を1週間連休中。
うちの会社は、盆休みがない代わりに1週間の休みと2日連続の休みと3日連続の休みが取れるという制度になっています。それで今が、その1週間休みなのですが、沖縄帰りのぎっくり腰のせいで、自宅でおとなしくしとります。

天気もいいし、本来ならまた京都まで自転車こいで帰ろうかとか色々走ってみたいところがあったのに残念。
秋の紅葉登山にも行きたかったのにーー。
やっぱりわしは、アウトドア派だ。家の中にいるのが非常に辛い。
今日は沖縄から帰ってきた自転車のパンク修理したり洗車したり、ストックファームで草まみれになっていたMTBのお掃除(いまさら・・・)をしたりでなんとか時間をつぶした。

昨日から整形外科に通院しとります。運動は当然やめてくださいということで、食っては寝るの繰り返し。
ついでに去年骨折した腰のレントゲンも見てもらったわけですが、「きれいにくっついてる」と言われたのでそれはそれでひと安心。

この調子だと週末の深山MTBの出場も微妙なわけです。
とはいえ、これ以上の自宅療養はつらいので出撃も充分ありえます。

沖縄バカンスそして・・・

レースも終わり沖縄最後の夜。
パパイヤ料理の店でナシゴレンやタコライス、パパイヤ料理を食い漁りる。そしてダブルヘッダーで沖縄の地の魚を食いに居酒屋へ。刺身で何品か頂くかどれもうまい。魚のから揚げも絶品にうまかった。魚の名前は・・・忘れてもうた。どれを食ってもはずれなし。沖縄料理を悪く言うヒトもいるが決してそんなことはないぞ。ちょっと泡盛飲んで気持ちよくなってその日は帰ってすぐに爆睡。

最終日は、せっかく沖縄に来たのでマリンスポーツを!
11月になると沖縄といえど気温は下がるので海でまともに泳ぐのはしんどそうだなーということで、今回はシーカヤックにチャレンジ。海の上をボートをこぐわけです。しかも今回のシーカヤックはクリアシーカヤックってやつで、なんと足の下が透明のアクリル板になっていて海の中が見えるわけです。

恩納村ってところのマリンスポーツの店で、男前のお兄さんのレクチャーを受けて、まずは、こぎ方の練習。二人乗りカヤックで前のヒトと後ろのヒトとが息を合わせる必要があるのだが、勝田・中川組の息の合わなさは異常であった(笑)。ちょうど塩が引いている時間でビーチか100メートルぐらい水深30センチくらいの浅瀬地帯。そこでボートに乗って水深があるところへ。と思ったら、雨がぽつぽつ。そして波が強くなってきたー。ボートに大量に水が入ってかぎだすのが大変だー。しばらく波と格闘してみたけど駄目だー。結局最後は男前お兄さんの誘導で、カヤックを降りて浜辺散策へ。色々な海の生物をみながら子供のようにはしゃいだのでありました。
_061

海を一通り堪能した後、男前お兄さんに地元の美味しい店を聞いて、昼飯へゴー!
行ったお店は、地元で取れた魚を時価で食べさせてくれるお店。本日の魚のバター焼き定食を早速注文。
出てきた魚はばかでかい。そしてパクリ。うんうまーい。沖縄の魚がこれほどうまいとは!!!4人ともぺろりと平らげた。気になるお値段は時価で1800円。その価値は充分ありました。写真を撮ろうかと思ったが気づいたら夢中で食ってたので写真はなし。

その後、那覇に向かい首里城をチラッと見学。
_077

そして那覇空港へ向かい、伊丹に帰還。
伊丹に戻って荷物を運んでいたそのときに、今回の旅最後の不運がやってきます。
空港の荷物を運ぶ手押しのカートを押していて、上に乗っていたかばんがずり落ちそうになったので、それを止めようと手をのばしたそのときであります。腰に「ぴきーーー!!!!」と衝撃が走りました。いままでなったことないけど、なった瞬間にこれがそうだと感じた。ぎっくり腰です。ぬお痛い・・・。もうまともに荷物もてません。

帰りの車も背筋をピンと張って、腰に負担かからんようにゆっくり帰りました。
今回の沖縄旅行最後までトラブル続きでしたとさ・・・とほほ。レースが何事もなかったのが何より。



ツールド沖縄レース編

前日のトラブルからあまり寝られなかったが、目覚めは良く6時30分ごろ起床。
7時ごろにホテルの朝食を食べて、レースの準備をする。寝不足からかあまり食欲がなく、モチベーションがあがらない。
朝7時30分ごろ曇りだしたと思うと豪雨が降り出して、さらにモチベーションを下げる。
8時過ぎになると雨は止んだ(沖縄の天気はすぐに変わる)ので、いよいよスタート地点に向けて出発。勝田さんと二人で、レースコースを走り、17キロほど先のスタート地点へアップもかねて出発。当然レーススタイルなので、パンク修理グッズ等の重いものは持っていかない。沿道では、沖縄の地元の人々が、選手の応援のために出てきており、アップで走っている我々にもがんばれーと声をかけてくれる。勝田さんと二人で沿道のヒトに手を振りながら、気分よく沖縄の海岸線を走る。

二人で気分よく走っていると、事件は起こった。わしの自転車の後輪がパンクである!!!しかもタイヤごとやられている。まさかこんな平らな道でパンクするとは想定しておらず、しかも沿道の応援のヒトがいなくなった田舎道に入ったところで空気が抜け始めた。スタート地点まであと9キロくらいあるし、このままパンクタイヤで走れる距離ではない。「あーー終わったー、せっかく昨日夜遅くまでかかってディレイラー直したのにーー(涙)」なんとかパンクしたタイヤで少し走り、大会のTシャツを着たおじいさんを一人発見したので、車を呼んでもらうように依頼したが、いまいち日本語が通じず、この先にある商店に行ってくれといわれた。

近くの商店に飛び込み、大会本部に電話して至急車で迎えに来て欲しいと嘆願したが、自走でなんとか行ってくれと断られた。商店のおじさんも、役場のヒトに電話してくれたり色々と手を尽くして下さったが、どうにもならない。「あーもう駄目だーどうにもならんわー。ここまで来てDNSか・・・」と落胆していた。
それでもあきらめずに駄目もとで商店の近くにいた大会Tシャツを着た軽トラのおじいさんに嘆願して、スタート地点まで連れて行ってくださいと土下座でお願いした。おじいさんも結構渋ったが、最後は荷台にわしと勝田さんと自転車を積んでくださり、スタート地点まで送っていただいた。おじいさん本当にありがとうございます。このご恩は一生忘れません。おじいさんは軽トラで80キロくらいでぶっ飛ばして行ったので、荷台は振り落とされそうでとんでもなく怖かった。なんとかぎりぎりにスタート地点到着。すでに選手が200人くらいスタートラインに並んでおり、出発準備万全状態である。到着して器材車にお願いして、ホイール交換をお願いする。ホイールはシマノのホイールでキシリウムSLの1.5倍くらいの重さがありそうだ。おまけに歯数が違う。それでも走れないよりはましだと思い、ホイールごと交換。あせってうまくはまらなかったが、時間かけて無事にはまり、ちょっと試走。いきなりチェーンが外れた・・・。もうめちゃめちゃやがな・・・。こりゃ完走もできんだろうなーと思い、とぼとぼ列の一番後ろに自転車を置いてスタートを待つことにした。

スタート時間は10時05分のはずであったが、市民200キロの選手が通過してからスタートするとのことで、スタート時間を遅らせるらしい。遅らせている間に雨が降り始める。雨がだんだん豪雨になり始め、あまりの寒さに震えていると、200キロの選手達が通過。通過後スタートを待っていると前方の選手が動き始めた。おっ、やっとスタートかと思って準備すると、知らぬ間にピストルがなっていたらしくレースが始まっていた。当然一番最後に準備したわしは、最後尾からのスタートで、とぼとぼと出発。このメカトラブル続きでは完走できないだろうけど、土産話の一つでも作ってやろうと前半からがんがん行ってやろうと開き直り、先頭集団めがけてスパート。スタートとともに雨足が強くなり、前も見えないほどの豪雨がうちつける。この雨が幸いしたのか、集団のペースがいまいち上がらずに、最後尾から出発したにも関わらず、なんとか先頭集団が見える位置まで最初の10キロで順位をあげることができた。ホイールを交換したためスピードメーターが使えなかったので何キロくらいで走っていたかはまったく不明である。

12キロ地点からいよいよ「シャカリキ」で有名な普久川ダムへの登りの始まりである。開き直っているわしは、テルみたく普久川ダムだけでもせめて取ってやろうと、やけくそにアタックをかけてやることにした。
山に入ったところで知らぬ間に120キロの部のメイン集団が一緒になっていて、わしの前には人だかりである。コースの一番端を「左からいきまーす」と叫びながら、わさわさと80キロの部(青いゼッケン)の先頭の人間を探しながら登る。途中で120キロの部(黄色ゼッケン)の先頭集団にうまく入り込み、120キロの選手をペースメーカーとして登る。山頂が近づいてくると120キロは山岳賞があるため、にわかにスピードが上がる。80キロは山岳賞はないが、わしも後先考えずにやけくそでついていく。気づいたら80キロの選手が周りに2人しかいない。そして山頂間近の一瞬の下りで豪雨でタイヤをすべらした80キロの選手に落車が発生し、先頭集団が崩壊。わしは運良く落車に巻き込まれずに、そのまま単独で普久川ダム関門を通過。山岳通過何位かわからんかったが山頂にいた大会ボランティアの方が1位だと教えてくれた。このとき「憧れのツールド沖縄で山岳取れたー。もう悔いはなし。土産話もできた。」とすでにレース終了モード。山頂でボランティアの方からボトルを受け取るが、ボトルゲージには自前のボトルがあるため、どうしようか迷ったが一口飲んで放り投げた。ごめんなさい。下りに入るとさらに雨が強くなり、登りでサングラスを外していたためもう目を開けていられないくらいの豪雨で、おまけにさっきの下りで落車を見ているので怖くて、ゆっくりこけないことだけを考えて下った。下りで120キロの選手に何人か抜かれ、山を降りたところで、80キロの選手が何人か追いついてきた。ディレイラーの方は驚くほどの変速性能を発揮していて、今までにないほどバシバシ入り、スタート前は一体なんだったんだろうと思うほどであった。

山を越えたら今度は細かいアップダウンが延々と連続していく。ここではペースがあがらずにどんどん後ろから120キロの選手や、200キロの後続選手が追いついてきて、80キロの選手も6人くらい追いついてきて、大集団が形成された。わしも時々先頭交代のローテーションに加わりながら、レースを進める。120キロの選手のアタックが何度かかり、すぐに集団に引き戻されるというのを繰り返した。そしていきなりやってきましたスプリントポイント。いきなりペースが上がったかと思うと目の前に小さいゲートがあり、スプリントがかかった。先頭集団の中の80キロの選手(5人くらいだろうか・・・)がいっせいにアタック。わしは一瞬出遅れたため、前の選手に追いつかずにスプリントポイント2位で通過。「くそー悔しい!!」スプリントポイントとった選手におめでとうと声をかけて、再び集団に戻った。

大集団のまま、残り25キロ最後の勝負どころ標高200メートルの登りが始まる。ここまでアップダウンばかり走っているのでさすがに足にきている。ここが正念場である。坂に入るやいなや集団がばらけ始める。120キロの部の1位と2位の選手はここでうまく抜け出していったようだ。わしもなんとか力を振り絞り、先頭集団に喰らい付く。もう足が限界である。後ろに重たいホイールなのでいつもよりなんだか走りが重たい気もする。山頂の直前で一瞬ちぎれかけたが、最後は気合で持ち直し、先頭集団のまま山を降りる。山を降りたときに先頭集団に残っている80キロの選手はわし含め3人(ひげのおっさんと若い爽やか青年)。120キロの選手が10人くらい(120キロの部の3位争いの集団)同じ集団で降りてきて合計13人ぐらいの集団で残り10キロゴールを目指す。わしは、120キロの選手に促されて先頭交代のローテーションに加わるが、あとの二人の80キロの選手は集団の後方に控えて前に出ない。くそーずるいなーと思い、前に出させてやろうと後ろに下がろうとしたら、120キロの選手に「後ろに下がるんじゃねー、先頭引かない選手はゴールスプリントに参加する資格はないぞ!!」とごもっともな罵声を浴びせられ、先頭を引く。先頭を引かない二人にもあとの二人にも同じこと言って頂戴よ。残り5キロの看板があり、いよいよ大詰めである。残り2キロの地点で爽やか青年がアタック。すかさずわしとひげのおっさんが反応。3人並んで残り1キロの看板を通過。爽やかお兄さんがフェアに勝負しようということで握手を求めてきたので軽く手を合わせ、いよいよラスト800メートル。わしは、ボーネンに習って、ラスト150メートルからスプリントしてやろうと二人の後ろで控える。そしてラスト200メートルひげのおっさんが猛烈にアタックした。わしもちと早いが反応。全力で踏むが全然追いつかん。爽やか青年はあきらめた様子。おっさんー、速いぞー。わしのスプリントは駄目駄目じゃー。あーー前でひげのおっさんがガッツポーズしとる。わしゃ2位だーー。終わったー。がっくしってな感じでゴールインしました。
ひげのおっさんはそもそも優勝狙いでゴールスプリント用にホイールをディープリムにしてきたらしく、それがはまったと豪語していた。うむ、最初からやけくそのわしが勝てるはずがない。

結局完走もできないだろうというつもりで参加したが、やけくその普久川ダム通過で先頭を引いてしまいそのまま最後まで行ってしまったという感じで、最後にはゴールスプリントに参加して表彰台にも立てたので悔いはなし。トラブル続きでどうなることかと思ったが、お兄さんや勝田さんや沖縄のおじいさん達に支えられて無事に完走できたのでそのことでゴール後は感無量でありました。勝田さんも20位に入り、お互いの健闘を讃えあったのあります。
_034


表彰式は今までにないくらいビッグなもので、わしみたいなしょぼい選手が表彰台にあがるのが申し訳なかった。チャンピオンクラスで優勝したアンカーの田代選手と一緒のところで表彰してもらったのはうれしいのです。ただ、ひげのおっさんがもらっていた黄色のチャンピオンジャージがマイヨジョーヌみたいで欲しかった・・・。
_046

ツールド沖縄は、今までのレースの中で一番楽しかった。やはり公道レースは最高だ。また来年も出てみたいのです。
来年は120キロで表彰台目指すぞーー!!


ツールド沖縄前日

行ってきました沖縄。
12日(土)朝8時に山陽ICから高速に乗り、伊丹空港へ。そこからジュワッチと那覇へ飛び、15時前に那覇空港到着。17時までに大会会場の名護に行かなければならないので、レンタカー借りて先を急ぐ。
車に乗りながら沖縄見学。沖縄の町並みは、無秩序にマンションやアパートが山間に乱立していて都市計画なんぞあったもんではなく、南国のいいかげんさがかもし出されていてよろしい。植物がやはり熱帯植物で生命力が強そうなのが多い。そして、一番目に付くのが墓である。沖縄の墓はでかい!!いたるところに家みたいな墓がいっぱいある。文化の違いを感じるのである。そして会場に向かう途中でジープに乗って現れたアメリカ兵。明らかにアメリカ兵が無茶な運転をしているのに、なにやらこっちに罵声を浴びせてきた。わけがわからんかった・・・。そりゃ沖縄県知事も総理に直訴するわな。

なんやかんやで会場の名護に17時前に到着し、受付を済ませる。ブースをうろうろしてるとディスカバリーの別府選手発見。握手してサインもらっちゃいました。サインカードはフリーダムに贈呈してあります。
_005

そしていざホテルへ。とりあえずコースの下見ということでコースを逆走する。コースはアップダウンが激しく平地がほとんどない。つらそうやでー・・・。
19時過ぎに本日の宿のJALプライベートリゾートオクマに到着。わしらがレースでスタートする沖縄本島北部は、宿があまりなく、このホテルに選手のほとんどが泊まっているのである。宿に到着後、すぐに晩飯を食べる。バイキングディナーで片っ端から沖縄料理を食い漁った。ゴーヤチャンプル、ミミガー、沖縄そば、ラフテー等々、すべてうまかった。
飯食って腹いっぱいになったところでお兄さんに送って頂いた、自転車の梱包を解く。お兄さんに丁寧に詰めていただいたので、組み立てはすんなりできて、早速ホテルの前を試走。うむ、特に問題なし。さあ風呂入って寝るかーと思って自転車をスタンドで立てたところでいらぬところに気がついた。フロントディレイラーがなんかぐらぐらしてる。これが誤ちへの出発であった。
ちょっとボルトしめておくかと思ってボルト締めたらワイヤーがパンパンに張って、こりゃー締めすぎたかなーと思ってボルト緩めたらフロントディレイラーが外れた!!「あああああああああ!!!やってもうたー!!!」冷や汗がどばーーーと噴出した。やばいーー、フロントディレイラーの取り付けやったことないでー。メンテブックもなしで携帯工具で悪戦苦闘しながらワイヤー外したりしてたら、ワイヤーの先がもろもろになってきてどんどん深みにはまりだした。真剣に焦りが出てきて、このままじゃあー沖縄まで来て出走できんじゃねえかーーと泣きそうになってきた。夜23時になり、どうにもうまく直らないので、お兄さんに電話をさせていただきました。夜遅くにも関わらず丁寧に解説していただきました。いや本当に、お兄さんが神様のように思えた瞬間でした。電話で的確に指示を頂き、途中何度も失敗しあきらめかけましたが、気合で夜中の1時に走れる状態になりました。お兄さんにメールでそーっと直りましたとご報告。なんと夜中にも関わらず起きていて下さりました。感謝感激です。ありがとうございました。

直ったといっても、自分で応急処置をしただけではいつ壊れるかなんだか不安で、修理の興奮がなかなか冷めずに夜は寝られませんでした。
レース編に続く。

沖縄に向けて

今日は朝から雨。
なので津黒高原HC参加せず、フリーダム練習会中止ってことでゆっくりお休みなのです。

11時くらいに起きて、雨の中ママチャリこいでシンフォニーホールの方へ行く。
ツールドフランスを追いかけているカメラマンの写真展がやっているというのを聞いたので、シンフォニーホールの裏のオランダ通りの中の画廊に出かけた。ワンフロアだけなので、そんなに大きくないが、臨場感あるツールの写真を見れて大変満足なのであった。いつか生でツールやジロを見に行きたいと感じさせてくれるいい写真ばかりであった。

その後その近くの店でカレー食べて(なかなかうまかった)、食後に丸善をうろうろして喫茶店に入り珈琲飲みながら1時間ほど読書。
小説を読み終えると雨が止んでいたので、チャンスとばかりに自転車用意して練習出発。出発したのが15時なので2時間玉野コース。旭川沿いを走り児島湾大橋渡り海岸線時計回りし、間瀬峠を越えて海岸線を周り児島湾大橋を渡り旭川沿いを通り帰宅。
走行距離 52キロ
平均速度 30.0キロ
消費? 1357キロカロリー
平均心拍 149
帰宅後体重 59.7キロ

練習終了後、自転車を沖縄に輸送するため、勝田さん中川君とともにフリーダムに自転車持参し、お兄さんに箱詰めしていただいた。個人でやったら間違いなく大変なことになっていたことだろう・・・。
お兄さんご迷惑をおかけしてすいません。きれいに詰めていただいてありがとうございました。
我々、全国区で「岡山にFREESPEEDあり」を証明してきます(笑)。

やらかした・・・

昨日、落合津山方面に外勤して、なかなかいい道を何個か発見したので、今日は県北紅葉サイクリングだと張り切って早く寝た。
朝起きると10時30分。やらかした・・・。しかも財布がない。やらかした・・・青ざめた。探し回ること2時間。結局会社の外勤車の中にありました。ふー助かったー。

結局昼から練習。県北に行く時間はないので建部まで車を走らせて、練習出発。
R484をひたすら吉備高原へ登る。この道はきれいでいいですねー。緩やかな登りが延々と続きます。さすが国道、いい税金の使い方してるぞ!吉備高原から高梁まで抜けようかと思ったが、日没が迫ってきているので、MTBコースの周りをぶらぶら走って、来た道を道を引き返す。途中R429からかもがわ円城まで登り、そのまま旭川ダムを通過しr30をアベレージ37キロくらいで爆走し、夕方17時に建部に到着。走行時間2時間30分。今日は沖縄を意識して一度も止まらずに走行。

走行距離 76キロ
平均速度 30キロ
消費? 1800キロカロリー
帰宅後体重 59.9キロ

3日のロングライドの疲れからか体が重く、心拍も170以上にあがらなかった。

明日は雨が降るみたいなので休養だな

ロングライド

今日は戸田君と二人でたっぷり練習してきました。

朝9時に新鶴見橋に集合し出発。戸田君が奥吉備街道の激しいアップダウンを体験したいということで、まずは建部へ。旭川沿いを北上。カバヤに向かって37キロくらいで爆走していると、なんか黄緑色のジャージのヒトが前を走っている。段々追いついて近づくと、なんとわがチームのジャージである。どうもおやっさんらしい。近づいてしゃべりかけようとすると、追い越してきた車に進路を邪魔されたおやっさんが、車の運転手に罵声を浴びせていた。まあまあおやっさん、そう怒らずに・・・そのままおやっさんと一緒に走ろうかと思ったが、カバヤについて後ろを振り返るとおやっさんが行方不明になった。来た道を戻ったがいない。おやっさんが蒸発してしまった・・・。どこに消えたんだろう?


気を取り直し、戸田君と二人で旭川沿いを北上し建部へ。コンビニで補給し、奥吉備街道突撃。やっぱりしんどいでー。戸田君は奥吉備街道満喫していただいたようで何より。ストックファームの付近から奥吉備街道を降りて、R484で建部へ戻る。R484は舗装もきれいで景色もよく斜度もきつくないので快走路でわしの一番好きな道なのだ。
建部からR484をさらに進み、赤磐方面へ。途中峠を越えて菊か峠で昼飯休憩。(ここで約70キロ)

菊ヵ峠からr90で塩田峠を越えてTIサーキットへ向かう。ここら辺までくるともう足が回らなくなってくる。戸田君は峠越えに拒否反応を示していた(笑)。TIサーキットから八塔寺ダム方面へ抜けて、和気方面へ。ここでAVスピードをなんとか30キロ代に乗せてやろうとかなり踏んでみた。平地を35キロくらいで巡航。

和気からは熊山駅の前を通り万富を通過し、瀬戸から東岡山の峠を越えて市内に戻る。
東岡山の峠を越えたところで浦上さんが車で現れて、しばし談笑。
市内に入ると体の疲労感がなくなり、足に溜まっていた乳酸も消えた。
・・・ついに「セカンドウインド」発動か!
そこから30キロ巡航で市内に戻り練習終了。

走行距離 142キロ
AV 28.8キロ
消費? 4025キロカロリー
帰宅後体重 59.4キロ

いやー久しぶりに良く乗ったでー。


走らねば

10月の走行距離は815キロ(実際の走行距離は約半分)

大会続きで距離伸びずであった。100キロ以上走った日が一度もない。
なんか物足りないなー。LSDしてー。

11月も大会続き。
メインはツールド沖縄。目標は表彰台・・・・は無理なのでとりあえず完走目指します。

段々脳みそが仕事モードになり自転車モードが冬眠しようとしている気がする。
転勤に対する覚悟ができてきた気もする。


体重60.3キロ