FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

ツールド奥津

今日は、辻本さん企画「ツールド奥津」行ってきました。



朝6時過ぎ出発で、8時ごろ津黒高原到着。全体で60人くらい参加で結構集まりましたねー。最初は、大谷峠へのヒルクライムレース。前半から結構がしがし行ったら思ったより距離長くて終盤ばてました。結果は、エリートライダー小野さんに負けて2位でした。まだまだ修行が足りませんな。



そこから、FREESPEEDメンバーで津黒山から森林公園へ抜ける快走路を走り、人形峠を越えて奥津温泉、再び津黒山へ戻るコースを、結構いいペースで走りました。





最後の登りは正直しんどかったです。M隈君ががっちり着いて来ていて、成長に驚きました。最後かなりたれてしまったので、ゴールしてからもう一本大谷峠を登って獲得標高2000メートルにしておきました。



がっつり走った後は、奥津温泉入って大阪戻りました。



久しぶりにFREESPEEDメンバーと楽しく走れて、いい一日でした。



左側のフォトアルバムに写真アップしてますので、ダウンロードしてくださいね。











スポンサーサイト



岡山で練習

今日は神崎さんと二人で練習。事故でチェーンリングが曲がっていてどうなることかと思ったがお兄さんのハンマーテクで見事に修復。さすがお兄さんです。 今日は久しぶりに金山登りました。気持ち的には23分くらいでのぼるつもりでしたが頂上着いたら21分10秒くらいでした。御津から空港線登り61号下って吉備路通って帰りました。神崎さんと走ると良い練習ができます。その後もいろいろとお世話になりありがとうございました。明日はボチボチ頑張ります。

バイオリズム

最近はバイオリズムが上向きなのか、仕事してても結構良いことが起こる。日本の景気と一緒でデフレ脱却ってところでしょうか。結構、日本株式相場とわしの気分は結構連動しているような気がしていて、株価下落局面では、わしの気分も下落局面なのである。いまは株価上昇局面でわしの気分も上昇局面である。



ただし、気分は上昇してても体力はあまり上昇していないんですけどね(涙)



まあ最近は仕事も帰るのが早くなって、21時頃には家に帰れていることが多い(それでもまあ遅い方なんかもしれませんが)。ちょっと前までは、23時から24時くらいが当たり前やったから、仕事なんぞで人生無駄使いしてたなーと思うわけです。ワークライフバランスって大事ですよね。



週末は奥津行きます。沖縄に向けて調子に乗って2周くらいしちゃろうかなんて思ってみたり・・・。嫁がサポートカー出してくれますので、皆さん荷物、補給食、サボり(?)にご利用ください。





24

最近またドラマ「24」を見始めた。最高におもしろい。エアロバイクのおかずにもってこいやね。



今日の朝8時ごろ保険会社から家に電話があった。当然わしは、家を出ているので不在。



まず携帯に電話しろと言っているのに、家に電話してくるとはどういうことか。家に電話して普通のサラリーマンが朝の8時過ぎに家にいるわけないだろう。そもそも、朝の8時という忙しい時間帯に電話するのは失礼だろう。朝、電話対応した嫁には携帯のほうにかけますって言っておいて、かかってきたのが夕方の17時30分。何考えてんだこのバカ保険会社は。



しかも兵庫の事務所から電話してきて、大阪の病院に通院するといったら大阪に引き継ぐとか訳のわからないことを言ってくるから、また腹が立ってきた。土日に自転車が使えるようにすぐに自転車屋に見に行けとだけ強調して言っておいたが、この約束が果たされなかったら徹底的に攻めてやる。



怪我も重傷ではないし穏便に解決してやろうかと思っていたが、気が変わりそうです。









電話ないとはどういうこっちゃ。

事故から空けて月曜日。土曜に救急の医師から月曜に何があっても病院に来るように言われた。わし「仕事があるので来れるかどうかわかりません。」医師「普通は来るもんだ。それが当たり前じゃないの。」なんて腹が立つことを言われたので無理矢理仕事の合間に、南大阪から高速を飛ばして宝塚の病院まで行く。2時間も待たせた挙句、診察は1分。事故係りが説明するからと待つこと20分。事故係りとか言う若い兄ちゃんがどうでもいいような説明をされて腹が立った。来た意味ないじゃないか。ほんとひどい病院で腹が立った。しかも診察受けてるのに駐車場代びた一文割引ないとはどういうことやねん。2度と行きたくないので、近くの病院に紹介状を書かせておさらばした。



救急は病院選べないですからね。これもまた運。



今日は相手側からの保険会社の電話を待っていたがかかってこず。どういうこっちゃ。電話かかってきたら、誠意ある対応を見せてもらおうか。



保険会社対応のノウハウは詰まってますので。







涙そうそう

昨日の事故の後遺症はほとんどなし。軽い打撲と、足が軽い肉離れ気味(これは練習しすぎ)なくらいなもんです。皆さんご心配おかけして申し訳ありません。



今日も練習行こうかと思っていましたが、嫁から絶対ダメ指令が出たので今日はおとなしくしとりました。で、10時くらいまで寝て、昼から映画を見に行く。ツールド沖縄に向けて気持ちを盛り上げるべく、「涙そうそう」を見に行った。やっぱ沖縄はええなー。沖縄いきたくなった。タコライス食べたくなった。沖縄絶対がんばって、うまいものたっぷり食って帰ろうっと。涙そうそうはよかったですよ。





懲りない男

今日は、シルベスト朝練に参加しました。



相変わらずBR−1組にはまったく着いていけずぼこぼこにされました。アタックかかると瞬間でさようならなんですね。BR−1の方は引き出しの数が多いというか、アタックかけれる回数が半端じゃないんですよね。通常朝練のあとも、セミロングでシルベスト最強男に引きずりまわされて、かなり強度の高い練習になりました。最後は4人になって練習。



そして山岳ばかり走って100キロに到達しようとするとき今日の事件はやってきます。



激坂トレーニングで団地の激坂を引きずり回されていたときである。細い道に入る90度の見通しの悪い狭い登りコーナーでわしは当然最後尾(一番弱いですから)でコーナーに入る。そしたら前方から黒いRX−7がかなりのスピードでコーナーに入ってきた。前を走るI君に「車!」と注意を促さたが、わしゃもう既にコーナーリングに入っており慌てて、アウトに逃げようとしたが間に合わず、車の右前方と接触。わしは軽く吹っ飛んで、体の右側から落車。メンバーの方が警察に電話してくれて人身事故として処理し、またもや救急車に乗った。幸い怪我は、打撲と打ち身と軽い擦り傷程度で大した事無く良かった。



自転車は傷があるので、シルベストに入院。山崎店長がわざわざ事故現場(宝塚)まで来てくれて自転車回収してくれました。ほんと一緒に練習してくれた方、店長にはご迷惑おかけしました。



病院に嫁が迎えに来てくれて、大変心配おかけしました。ほんと事故は気持ちのいいもんじゃありませんね。それにしてもヘルメット被っててよかったです。ちょっと頭打ちましたしね。もっと公道を走るとき(特に住宅街や細い道)は注意力を働かせないといけませんな。また反省です。



自転車がしばらく戻ってこないので来週ツールド奥津いけないかもしれません。



通勤

懲りずにまたチャリ通勤してみた。今回は激重ホイールに激重タイヤの鉄下駄号である。



やっぱ信号が多いし、車多いんよね。なんとかならんのかね。道を変えてもそんなにいい道はないしなー。スーパーマリオのスターみたいになんでもぶっ飛ばせる無敵になるアイテムないんかね(なんのこっちゃ)。



まあとりあえずやらないよりはましでしょうか。





新トレ

普通の練習をしてたのでは練習時間が少ないわしは勝てないので練習メニューを考え直しています。



昨日は新メニューをやってみた。おかげで今日は結構筋肉痛。筋肉と心臓鍛えております。



飯田のDNFは力がなかったから。力ないものは淘汰されるのみ。力をつけるしかないのである。どんなことがあろうと強い選手は強い。どんな条件でも結果出すのが、本当の意味での強いということだ。ぜってー強くなってやる。



なんて、気持ちは盛り上がってても、今日も日付変更線まで飲み会で練習できなかった。



いや、できなかったのではない。しなかったのだ。やろうと思えばできたはず。



なんて書いてる暇があったら練習しろって話ですな・・・。



来週はツールド奥津行きます。



あの道はええですからなー。





チェーンカット

通勤号(今は嫁の通勤号になっている)のチェーンが油でぐちゃぐちゃで汚れまくっていたので、交換した。先週チェーンカッターでチェーンを切るところまでは良かったのだが、アンプルピンがなくて結局接合が出来ておらず、今日、アンプルピンを職場近くの自転車屋で仕入れてきて、早速接合。なんだかチェーンカットの感触って気持ちがいいですねー。そしてぴかぴかのチェーンは気持ちがいい。



やっぱ自分である程度いじれるようにならんとと思って、今までお兄さんに甘えっぱなしだったのを最近ちょっとずつ自分でやるようにしてます。まあ小さなことからコツコツとってところでしょうか。



今日の練習は昨日の悔しさもあり、結構燃えた。3日坊主にならんようにせんとな。







飯田ロード

戦ってきました。はるばる長野まで。



前日受付なので、前日の朝9時に出発して12時過ぎくらいに飯田に着いた。意外に早いねー。受付を済ませて早速試走。・・・こりゃきついわ。ラストの1キロの直線以外はすべてアップダウンというハードコース。一周11.5キロ、標高差250メートルで一部激坂区間あり。BR−3は4周。BR−1は10周もするんだからえらいこっちゃ。



一周たらたら走って、もう帰ろうかと思ってたら駐車場でシルベストの皆さんがこれから試走に出発するとのことで1周一緒に走った。試走で足がパンパンになっちまった。



さて試走が終わると、今日の宿であるが、貧乏金欠夫婦の我々は旅館に泊まる金はない。例のごとくテント生活者なのであるが、テントはもう寒そうなので、今回はバンガローにした。さっくりキムチ鍋など作って温まり、4畳半くらいの部屋に裸電球一つの部屋で、持参の寝袋と布団で寝る。もちろん就寝は9時前でいつものごとく熟睡である。自然の中のほうが良く寝れるのである。



さて翌日は8時ごろに起きて(寝すぎ)、朝飯食って出発。会場に到着するとBR−1、2のレースは既に始まっているのである。異常なスピードで先頭集団(アンカー田代、シマノ野寺等)が走るので後続集団は次々とDNFなのである。そんな中で、シルベストの若手二人がなんと15位と20位に入る大健闘をやってくれたわけであります。いやこれまじですごいです。走ってるのは、日本代表する選手ばかりですからねー。まあ、わしが練習で殺されるのも納得なわけです。



 



レース観戦しつつ、久々にすね毛など剃って気合を入れてみたりした。





さて13時過ぎ、BR−3のスタート時間。今回も並ぶのに失敗し、真ん中ぐらいのスタート。チーム岡山の中川君は最前列で気合十分や。やるなー。



走り出して、最初の平地から登りに入る。何だか足が重い。まずいなー。もちろん先頭集団の中で走る。道幅の広い登りから激坂のりんご農園の農道のような狭い登りに入る。ここで既に今回のレースは終わった。道幅の狭い道に入ると集団が細長くなるので前のほうで入らないといけないが、集団中ほどで入った。案の定、わしの数列前のヒトが中切れを起こして先頭集団から切り離されてしまった。わしはもう、こんなところで切れたら終わりやないかと必死にもがいたが、追いつけずである。最初のあー情けない。



第2集団で登り返しと下りを走り、2周目に入る。2周目に入ってホームストレートを追い風に押されて集団で50キロ超で走っていた。そして最初のコーナー。思ったよりコーナー角度が深くわしはなんと曲がりきれずにガードレールに激突。ってかガードレールを蹴って止まった。そんなことしてたら、第2集団はさようなら。2回目のあー情けない。



第3集団に吸収されて、登り始める。同じシルベストの井上君が第3集団にいたので、少し心理的には楽になった。しかし、体調は最悪で、呼吸が異常にしんどいし、足が全然回らない。登りの途中で本当にやめたくなり「心の中でDNFで構わないから止めてくれ」とものすごい後ろ向きなことを考えていた。3回目のあー情けない。



2周目の後半でわしと井上君が第3集団を引っ張り、第2集団に追いつく。



そして3周目。激坂区間で、体が動かなくなり始め、下り前の登り返しで完全に足が止まり、集団からちぎれた。もう完全にグロッキー状態。4回目のあー情けない。



3周目の後半でシルベストの井上君と再び合流し、二人で4周目に突入。もう足は、死んでいる。登りはヘロヘロりん状態。なんとかここまできたら完走だけは・・・と思って走る。激坂区間もなんとか井上君と二人で乗り切った。あと6キロや。そして下りに入って、最初の登り返しで後続から一人がビューンと抜かしてきた。井上君はそれに反応して着いていった。わしは一瞬遅れた。これが命取りとなった。その直後にあった打ち切り関門で、井上君と後ろから来た選手は通過し、10メートル離れて到着したわしは、止められてDNFとなった。



究極に情けない。先頭集団ゴールどころか完走もできないなんて・・・。一度でもDNFで構わないと思った心の弱さに罰が当たった。DNFのルートを下りながら、自分の弱さに腹が立って、ハンドルを叩いた。長野まで来て何してるんだってすごく情けない気分になった。



くそー!この悔しさ忘れません。もっと練習します。



しかし、わしの前で最終関門を通過した井上君(30位に入った)からは、「松木さんのおかげで完走できましたー!」と喜びの声が!アシストも悪くないなー。来年は昇格組で頑張れ!



今回出走136名。完走32名のハードなレースでした。わしは打ち切り組優勝という不名誉を頂きました。



沖縄では完全燃焼目指します!







屈辱のDNF

最終関門でわしの前の選手まで通過できて3秒後に通過したわしは完走できませんでした。涙が出るほど情けなかったです。走り出して明らかに絶不調でしたができることはもっといっぱいあったはず。帰ってレポートします。

行ってきます

これから長野県の飯田に向けて出発します。



目標一発昇格!・・・て無理か。



実業団最難関コースらしいので集団から切れないように走ります。



久しぶりに緊張してます。



またレポートします。



東城〜三田トレ

昨日LSDしたので、今日はまともに走るつもりだった。



だが・・・朝起きると雨。はー萎えるなー。今日で休みは終わりなのに。嫁を職場まで車で送り、ネットで天気予報を見る。大阪はたぶん夕方まで雨臭いなー。気象庁レーダーで雨雲を確認すると、西のほうは雨降ってない様子。雨降ってないところに行こうと思って、車に自転車積んで西に西に走った。三田ぐらいまで来ると雨は止んだ。しばらくドライブして三木の辺りのゴルフ場密集地域をウロウロして道の駅「とうじょう」に車を止めて、練習スタート。



東城湖近辺の山々を抜けて、篠山へ抜けて、柴田ファームの登りを裏側からのぼる。あの坂は、きつかった。まったくギアが足りなかった・・・。なんか登りがどんどん弱くなってる気がする。そして柴田ファームの下りもまた怖かった。異常な斜度にウェットな路面で滑るなーと思ってたら途中野生のキジが出てきてびっくらこいだ。



三田市街を通り抜けて、再び三木、東城方面へ帰る。アップダウンばっかりの85キロでした。



はー疲れた。明日は仕事や。



2007モデルのNEWマシンの購入を検討中。TCRはコンフォートなのは良いがやわらかすぎて、剛性が足りないのが難点。実業団でゴールスプリントするためには、硬いフレームが欲しい。って機材に頼るのは良くないですなー。



候補は・・・





サイクリング!?

天満屋カップが終わって、皆とお別れした後、われわれ夫婦はどこに行こうか迷った。明日は平日なのだが休みを取っている。なので小豆島サイクリングにでもいこうかと思っていたが・・・。



時間は18時。これから疲れた体でテント張るのもしんどいし、どっか適当に泊まろうにも金ないし、嫁の実家は今日は泊まれないし・・・。



ってことで、小豆島あきらめて大阪に帰ることにしました。高速使わず下道で。まあ岡山から約4時間で着きました。途中バイパスがあるから快適にぶっ飛ばせます。渋滞しての4時間だから、実際は3時間ってところでしょうか。帰って家のベッドで安眠しました。



さて翌日、今日は天満屋カップで疲れた体を癒すべくゆっくりLSDサイクリングとした。嫁と二人でMTBに乗って、摂津峡という片道20キロくらいの渓谷に向かった。ペースは20キロくらいのペースでだらだらと漕ぐ。わしが弁当やら飲み物やら財布やら全部持って、嫁は身一つでサイクリング。往路は国道171号を走ったが車が多くて大変だった。摂津峡は少し山の上にあるため、最後は若干ヒルクライム。嫁は登りになるとすぐばてる。ってかわしらが異常なだけか。



舗装路が砂利道に変わり渓谷に到着。野生のリス が見れたりして自然あふれるところだった。 渓流の中の石の上で弁当を広げて、もぐもぐ食べる。やっぱ自然の中で食うのはええですね。腹いっぱいになったら昼寝。あー気持ちいい。最高や。



渓流沿いを散歩したりして摂津峡を満喫。



ふと横を見ると良さそうな感じのダートの登り道発見。トレイル探検隊の血が騒ぐ。しかも今日はNRSで来てるし、嫁に行ってみようと言って行くことにした。 結構良さそうな感じ。おっと階段を登らないと進めない。わしはもう探検モードで階段をてやーと登って、藪を掻き分けて突き進む。が・・・嫁は、なんでこんなところ行くのさって顔で切れ気味だった。まだまだ突き進みたいところであったが、嫁の怒りが怖くて撤退することにした。 北摂トレイル探検は冬の楽しみにとっておこう。



さて、摂津峡を後にして、帰路に着く。171号は車が多いので、迂回ルートを帰る。結構アップダウンが多くて、嫁はバテバテでした。



走行距離 43キロ













3連休?

今日はやっと3連休の最終目的天満屋ハピータウンカップに出場である。



今回は嫁と二人で、3時間MIXクラスに出場なのである。目標はもちろん、表彰台!ってか優勝!MIXならいけるだろうという甘い考え。そして今回のサブ目的、2時間ソロのメンバーと戦うのである。そして我チームのエース神崎さんのアシストである。そして沖縄に向けた練習。ってことで最初2時間はわしが走り残り1時間を嫁と交代で走る作戦。



スタートも当然前方位置をキープ。9時40分にレーススタート。最初は大人数なので、おとなしくしておく。20分位して落ち着きだしてから、集団前方位置をキープし先頭交代にも積極的に参加した。ずーと、前方位置をキープし、1時間50分経過。これまで集団後方に待機していた、2時間ソロの選手がゾロゾロと前に出てくる。まあそれも作戦か・・・。あと一周を残したところでアタックをかけて神崎さんのアシストに入ろうとするが、神崎さんの足が辛そう。ラスト一周。残り500メートルくらいでアタックが入る。神崎さんの場所を確認するが、アウトとインで遠く離れてしまいアシストできそうもない。しょうがないので、別に関係ないんだけど練習と思い2時間ソロのゴールスプリントに参加。着順5位だった(と思う)。やっぱ中西さんのスピードの伸びが一番だった。ラスト100メートルで離され2馬身差ぐらいついた。



そんなお遊びをして、自己満足したあと、再び集団に戻りピットが開くまで集団内で走り、2時間12分くらいで嫁に交代。嫁は重たいチャリ(わしの通勤車)こいでがんばってくれて予想以上に早いタイムで帰ってきた。順位は確認していないがたぶん一位だろう(先頭集団にいたんだからそうじゃないとおかしい)。そしてわしが走る。さっきゴールスプリントしたのでめちゃくちゃ足が重い。坂もダンシングしないと登れない。もう集団も近くにいないし、ダメじゃこりゃ。一周6分30秒くらいかかってるんだからかなりのペースダウン。3周走り残り14分くらい残して嫁に交代。2時間55分でピットは封鎖される、嫁のペースならピット封鎖されると思ってカメラなんぞ構えて終了モードでいたら、嫁がなんと、ピット封鎖よりも先に帰ってきた。慌ててヘルメット取りに行って、グローブつけて、ラスト一周走った。



最後どたばたしたけど抜かされてないだろうと思ってたら、きっちり抜かされてました。MIX2位です。あーちゃんと作戦立てりゃ良かったな。来年こそリベンジ。













3連休?

2日目は、神崎さんと久しぶりに練習。明日は、レースなので程々と言いつつ、なんだか気心知れたメンバーと練習できるのがうれしくてついついペースを上げてしまった。神崎さん思いのほか強度を上げてすいません。



コースは定番玉野コース。旭川沿いを追い風に押されて、40キロ前後で巡航。児島湾大橋を渡り海岸線を相変わらず35キロオーバーのペースで行く。登りも緩めず結構踏む。さすがは神崎さんで、まったく疲れを見せない。帰りは強風の中、間瀬峠を越えて農道を30キロ巡航して帰ってきた。町に戻った時点でAV31.7キロでええペースやった。やっぱ兄貴にもんでいただくといい練習になりますぜ。またもんでください。そしてコーヒーご馳走様でした。



15時ごろに嫁と合流して、キャンプの用意を始める。今日のキャンプ地は、大芦高原キャンプ場である。リンゴ園のほうから登り、テントを貼る。温泉のすぐ近くのキャンプ場でひなびてる感じが良かった。料金もお安め。17時30分頃からテントを貼ったが、最近はもうなれたもので素晴らしいスピードでテントを組み上げれるようになってきた。



さて今日の晩御飯は、うどんと五穀米と黒豆である。嫁の実家からいただいてきたうどんを鍋で湯がいて食べる。キャンプの料理はお手軽が一番。大人数になると、色々手の込んだものも作るんだけどなー。飯を食うと、高原温泉に入って一服。



テントに戻って21時ごろ今日も即就寝。・・・夜の12時過ぎに余りに寒くて目が覚めた。すごく喉が痛かった。風邪ひたいみたい。この時期にになると標高高いところのキャンプは厳しいなー。もっといい寝袋買わないといけないなー。



朝もすごい寒かった。5時に起きたが、暗いし寒いし行動起こす気になれなかった。おまけに夜露でテントはびっしょり濡れている。濡れてる状態でたたむのは良くないので結局後ほどテントを回収に来ることにした。



しかし・・・、この時期の大芦高原の朝は最高なんです。



そう雲海!そりゃーもう、朝日と共にきれいな雲海でした。また来年もこれで行こう。



















3連休?

この3連休は天満屋カップもあることだしゆっくり岡山で過ごすことにした。



1日目



自転車の積み込みやらテントの準備やらしてたら、昼頃に出発。途中赤穂ICで降りて、赤穂から和気・赤磐を通って55キロくらい自転車こいで帰ってきた(平均心拍147)。



今日は義父の誕生日お祝いってことで高島屋でお買い物。お目当てのものが見つからず結局お酒(ブランデー)を買っていった。夜に誕生日祝いを持参。家族集まって焼肉パーティーでおいしいお肉をたくさん頂いた。その後、嫁と嫁の妹と一緒に青江の「ほのかの湯」に入浴に行ってまったりした。あそこはなかなかええですなー。近場では一番です。その日は嫁の実家に泊まらせていただいてみんなで新婚旅行のんビデオ見たりしてまったりした。



思いのほか義父がツールドフランスに詳しいのでびっくりした。昔NHKで見ていたらしい。なんだかうれしかった。



家族っていいですねー。



許さん!

久しぶりに自転車通勤をしてみた。アウタートップ縛りで頑張ってみた。



やっぱり街中は信号が多くて面倒です。



さて、夜の9時頃帰ろうかと思って会社近くの近所のスーパーの駐輪場へ。



後輪がペッシャンコ。あーパンクかと思ったがよく見てみると、チューブがどう見たって人為的に裂かれている。30センチくらいに渡ってはさみで切られたような形跡がある。なんてこった・・・。



幸いにして、自転車の部品は何も盗まれなかった。わざわざ、チューブをタイヤから抜き出してはさみで切ったというある意味異常な精神の持ち主の犯行だと思われる。



ほんま、この町、治安悪いわー。絶対好きになれそうもありません。



海釣り

朝は6時30分に起きた。



昨日の晩御飯の残りの鍋を味噌ベースで煮込みなおして、朝ごはんを頂く。朝から鍋とは豪華である。仕上げに中華そばを放り込み、味噌ラーメンを朝から頂いた。うむ、大変満足であった。



9時過ぎにキャンプ場を出発し、兄達と別れ、今度は両親と道の駅名田庄で合流。今日は両親と海釣りに行くのである。うちの親父が行こうと言い出したのが始まりだが、両親で一緒に出掛けるなんてそうあることではないので、良いことだ。



日本海の高浜というところで、堤防みたいなところで釣りを始める。わしは釣りなんてもう15年くらいやってないし、うちの嫁も初めてだ。こうなると親父の独壇場で、竿の準備からえさの準備まで親父の貫禄大炸裂であった。今日の釣りは、誰でも簡単に釣れる、小あじ釣りである。えさをかごみたいなのにつけて海に落とすと、ものすごい勢いであじが寄ってきて、えさと似た形をした疑似餌にひっかかる。それを釣り上げるだけなので、ものの10秒くらいで釣れるのである。あまりに簡単に釣れすぎるので釣りの醍醐味はないが、わしらに釣りを楽しんでもらおうという親父の意気込みに恐れ入った。みんなで60匹くらい釣り上げたところで雨が強くなってきたので撤収。



撤収した後、昼飯にすることにした。うちの母親も家族イベントが相当うれしかったらしく、気合入れて四人分の弁当を用意してくれていた。雨降る日本海をバックに久しぶりの家族団欒も良かった。



その後、舞鶴の道の駅でとれとれ市場で海のものを物色し、家族で喫茶店に行ってパフェ食べて、両親と別れ大阪に帰ってきた。



帰ってテントやらを片付けた後、釣ってきた魚を早速調理する。小あじの南蛮漬けを嫁と二人で作ってみた。めちゃうめー。自分で釣った魚ってのがいいですなー。