FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

分析

今日は日本海ライドに参加・・・



できるはずもなく、家に居た。



昼から練習しようかと思ったが、15分で腰が痛くて撤収。その後散歩ならできるかと思って歩いて出かけたが、10分で腰が痛くて撤収。



結局ベッドの上でぼけーとツールドフランドルのDVDを見てた。



弱っていく我が体を黙って見ているしかない。腰痛はすべての運動ができない。悔しいがしょうがない。動けるようになったら一からやり直すしかない。





溜まっていたポラールのデータ解析をやってみた。



数字で出る兆候を追ってみる。



数字上の調子のピークは美山ロードレース。平均心拍173、最大心拍197で過去最高的な数字で熊野より更に調子は上向き。結果も納得できるものだった。



その後が悪かった・・・ここで休まずにトレーニングを続けたことで6月に入ってガタガタになっていく。その第一の兆候は、乗鞍HCレース。なんと最大心拍がわずか183。平均心拍164でHCレースではありえない低負荷。精神的なものもあるが、これは何かの兆候と気づくべきだった。



ここからのトレーニングは心拍が180をなかなか超えなくなる。



それでも練習不足だと感じていたので、追い込みきれないトレーニングを続ける。6月23日、ついに腰がバースト。一週間で直るはずが、中途半端に練習再開してしまい更に悪化して直らず。いまだ回復の目処立たず。



前途多難。腐るな、腐るなと言い聞かせる。



6月の走行距離は600キロくらいになってしまった(涙)



心臓だけは弱まらないようにしたいのだけど、なんかええトレーニングありませんかね。











スポンサーサイト



悪化

今朝起きると腰痛が激しく再発。昨日のUSJのアトラクションが悪かったのか、夜の練習再開がまずかったのか、ただ単に寝相が悪かっただけなのか・・・



あまりに痛くて中腰になれない。一触即発でまた電気が走りそう。



あー、老人みたいになっとる。情けない。いつになったらこの満身創痍状態から抜け出せるのか。



しかし、これも試練、試練。



これを乗り越えることで勝ったときの喜びがよりいっそう強いものになるはず・・・。



いや、レースの世界に復帰できるのだろうか。



USJ

嫁と一緒にUSJに行ってきました。



USJってご存知の通りユニバーサルスタジオジャパン。



私はじめて行って参りました。



「JAWS」や「ウォーターワールド」とか「ターミネーター」なんかは見てて楽しくていいですね。パレードなんかも華やかで、一生懸命笑顔で踊ってるヒト見てるとプロ魂みたいなのが見えてきて尊敬できます。こういうなのは、好きです。



乗り物系のアトラクションは箕面の山を自転車で走り回ってるほうが楽しいですね。



USJの乗り物がダメとか言うのではなく、私的に振り回される系の乗り物はあんまり好きじゃありません。



わざわざお金払って、長時間並んで機械に振り回されなくても、自転車で山を登れば下りはジェットコースターみたいなもんですからねー。しかも自転車は自分で操縦できるし、こっちのほうが楽しいやんと思うのは、感覚がおかしいんでしょうかね・・・。



色々と最先端の技術とか見れたし、遊園地もたまには気分転換にいいかな。













ギックリ腰3日目

今日から会社。なんとか乗り切った。意外にいけるもんだ。



久しぶりに整骨院に行ってみた。体の歪みがまた異常に出ていた。ありえんくらい歪んでて右半身がごわごわになってた。



私が行っている整骨院のおっさん。日本に40名ほどしかいない施術師らしく、不思議な力で体をちょいちょいいじって、体のゆがみを直す。まったく痛くもかゆくも無いし、ただ単に関節周辺をいじってるだけ。



それで終わってみると不思議なくらいに体がまっすぐになる。だまされてるだけかもしれんが、鏡で見てもわかる。



体がまっすぐになると、普段使っていない筋肉が使われるため、疲労が出たり発熱が出たりするらしい。ほんまかいなって思ってたら、夕方くらいに異常にしんどくなってきた。



これを続けてると、足を組む癖がなくなるし、変な疲労が溜まりにくくなる。



まあ、またしばらく続けてみるかな。







ギックリ腰2日目

とりあえずひたすらベッド上安静。



土日両日とも家の中に居るなんて何年ぶりだろう?こんなに家に居るのが辛いなんて思わなかった。そして、体を動かさないことがこんなに不安になるとは思わなかった。



埋もれる時はこうやって埋もれていくんだろうなと思う。



まだ埋もれるつもりはないので必ず復活する。



50歳を越えても頑張るおじさんたちを見てると、まだまだ戦わなければならない。



次のレースまであと1ヶ月以上あるんだから大丈夫大丈夫。







今日は、北海道旅行のプランニングをして一日が終わった。



百名山3つ登頂と、トレーニングと大自然満喫ツアー。



もちろん札幌や函館の都会は行きませんよ。奥地へ奥地へ進みます。





ギックリ腰

やってしまいました。



朝練始まってわずか3分。突然腰に電気が走ってストップ。間違いなくギックリ腰。



一昨年沖縄の帰りになってしまいましたが、やっぱ痛くてなんもできない。



原因は疲労かな。それと出発直前にサドル高を上げたのも要因でしょう。



今日は一日中、ベッド上安静。ひたすら漫画読んでDVD見てました。





せっかくの梅雨の晴れ間の練習なのに、無駄な一日になってしまた。このまま今シーズン調子が戻らずに終わりそうな気がします。







やっと

今日は早く帰って、たっぷり練習しようかと思ってた。で、嫁にもヘルシーご飯作ってもらってた。



しかし、某上司が大事な話があるので皆で飲みに行こうとか突然言い出した。



「ちっ、練習できねえじゃねえか。こっちは晩飯あるんだ、バカ野郎。もっと早く言えよ。」



と内心つぶやきながら、サラリーマンな私はにこにこ着いていく。



しかもカロリーたっぷりの中華。我が家のヘルシーご飯の3倍ぐらいカロリー取ることになりそうだ(食べなければいいんだけど、そんな我慢は体に毒だ)。あー、最悪だなあと思いつつ、某上司が切り出した話題はどうでもいいような話で、ぶん殴ってやろうかと思ったが・・・サラリーマンな私はにこにこ。



最後まで適当に話を合わせて、電車に揺られながらほろ酔い気分で23時帰宅。



今日乗らなかったら今週練習0になってしまうので、意地で1時間乗った。



周回コースを3周。1時間と決めると集中して走れて、スピードも伸びる。心拍も上がる。



久しぶりにシャキッとした走りができて満足。練習はこうでなきゃなー。



でも、やっぱ朝練体質に切り替えるべきなんだろうな。





だる〜

2日間練習サボり。今日こそはと思ったが、足が動かん。



なんだか、だるくて負荷をかけれない感じ。アーいつまで続くんだろう、このだるさ。



シャキっとした走りがしたいなー。今は乗ってても楽しくない。



さっこんなときは寝るべ。



後半戦に向けて

松村さんに教えていただいた自転車雑誌「バイシクル21」買ってきました。松村さんありがとうございまーす。



チラリ(ほんとにチラリ)と他人の記事に乗っかって写真と名前がありました。チラリでもうれしいですね。



BR−1と2、3の注目度は当たり前のことながら違うなって感じます。やっぱ、BR−1にあがって何ぼですよね。



今日、発表された実業団ランキングでは、栂池終了時点でBR−2ランキングトップ。BR−1が手に届く位置に来てます。



シルベストのチームランキングも現在ランキングトップ。ポイントの大きい西日本実業団出れなかったのは残念ですが、後半戦はフル参戦する予定です(富士山だけは登りたくないですが・・・)。



チームランキングのことも考えるとできればBR−2に居たいような気もしつつ、チャンスがあればBR−1に上がってしまいたいような、複雑な気持ちであります。





まあまずは、後半戦一発目の勝山HC,丸岡ロードレースでがっつり頑張ります。そのために6月、7月は練習練習であります。





八塔寺ふるさと村

親族の法事で久しぶりに帰岡できました。



ビアガーデンで久しぶりに岡山の皆さんと楽しい時間を過ごさせていただきました。初めてメイドなるものを見れたし・・・。でもビアガーデンとメイドは合わないですね。



岡山は生まれ故郷じゃないですが、何か故郷に帰ってきたような感じがします。将来はやっぱ岡山に住みたいですね。ホント自然溢れるいいトコロなんですよ。







さて、今日は11時から法事。



最近の体調不良から練習しないつもりでいたが、なんだか、広島で行われているレースのことを考えると、落ち着かずに、軽い強度で走ることに。



法事終わってから久しぶりに岡山を一人(嫁車伴走)で走ってみました。赤磐→佐伯→塩田→英田→八塔寺→犬伏峠→上郡って感じです。



ほとんど信号もなく、舗装も綺麗で、車どおりも少なく、適度なアップダウン。練習環境としては最高ですね。



初めて八塔寺ふるさと村にいってみました。



英田の国際サーキットのふもとのアゼリア館から少しサーキット方面に登ったところの細い道を左折し、標高差300mくらい登る。車一台分の狭い荒れた路面をうねうねと登る。なんだか秘境に突入したような感じで、うっそうとした森の中をひた走る。森の中なので気温も低くて涼しい。誰も通っていないような道なので、不気味さも残るが、大自然の中で気持ちいい。途中野犬が2匹出てきて、びっくりしたが、噛まれなかった(ほっ)。



視界が開けたと思ったら、八塔寺ふるさと村についた。初めてきたけど、すごいところですね。隣のトトロの世界そのまんま。Cimg58361
いつの時代で止まってるんだろうってところでした。都会生活に疲れた方は是非行ってみてください。Cimg58401
練習コース的には結構いいルートだと思うので国体コースのオプションに使ってみてください。県道90号側(南側)は道幅も広くて綺麗な道ですし、気持ちよいダウンヒルができます。







それにしても、うまく走れなくなってます。今日も緩めの強度で走ったけど、パワーが出てこない感じ。早くも夏ばてかな。明日は休むべさ。





なんだかなー

今日はシルベスト朝練へ。 梅雨の合間の晴れってこともあり人数多かったですね。


レギュラー組も結構足が揃ってました。明日西実参加のてっちゃんとシャドマンさんは調整なのでわたしゃ今日は頑張って引きますたい。

いい感じに追い込めてゴールの高山公民館へ。最近インターバルやってないので朝練3本の高心拍がやたらにきつかった。


今日は所長とポッキーさんとセミロングへ。


堀越峠登ったあたりで足がだるくて、ひいらき峠の下りでお二人に置いていかれしばらく一人旅。心拍がうまくあがらず全然踏めない。

途中天引峠のトンネル出口から天王峠ふもとのローソンまで個人TT。

わたしゃ5分21秒。所長殿5分12秒で負けたー。

最後は西峠を越えて猪名川沿いを走って帰宅。ここでも所長に瞬間でちぎられてしまい一人旅。所長殿足を引っ張ってばかりで練習相手にもならず申し訳ありません。

途中ボーとして道間違えたり、手旗信号忘れたり、メカトラあったりでなんか集中力がない練習でした。


疲れが溜まってるのか、精神的なものか、ただの練習不足かよくわかりません。


明日は岡山で法事です。

厨房ですよ

色々ありまして久々に料理を作った。



実は、一人暮らし時代にずーと自炊してたので結構得意だったりします(しました)。



昔は一人でよく中華鍋振ったりしてました。



でも、社会人になってからはまったく厨房に立たずで今日久しぶりに包丁握りました。



作ったものはハンバーグ。得意料理の一つでその辺のファミレスや洋食屋よりも自分が作ったものがよっぽどうまいと自負していた。まあハンバーグまずく作るほうが難しいですが・・・。



でも、久しぶりに作ったら、失敗だった。タネ作りも、焼き方もダメだった。



外はかりっと中はジューシーにはならず、べちゃっとしたハンバーグだった。



「☆!一つです・・・」



嫁はせっかく作ったものだったから美味しいとは言ってくれたものの、自分では納得いかず、またリベンジを誓うのであった。でもリベンジは何年先かなー。



包丁も久しぶりに握ると、ダメです。この世界も継続が大事ですね。





今日食べたもの、朝飯カレー、昼飯ラーメン、晩飯ハンバーグ、とてもダイエットをしてるアスリートの食事ではありませんな。



軽量化



頭を10年ぶりに丸坊主にしてみた。気持ちええなー。今までも丸坊主に毛が生えた程度でしたが・・・。





坂登れば・・・

会社生活、嫌なこともたくさんあります。



理不尽なこともたくさんあります。



何でサラリーマンやってるんだろうって思うときも沢山あります。



職業選択間違えたと思うこともしばしばです。





でもね・・・坂登ってたら嫌なこと全部忘れてしまいます。



そして、山頂から街を見下ろせば、街の中にはたくさんの人が居て、人の数だけ悩みがあって、自分が悩んでることなんてちっぽけなことだと思えてくるんです。



自転車いい趣味ですね。気分転換大事です。















筋肉痛

今日は心地よい筋肉痛。



朝起きた時に体がばきばきになるような筋肉痛ではなく、なんとなく違和感を感じる程度の筋肉痛。昨日の夜のストレッチとマッサージと金グリコのおかげやな。





昨日山を登りながら色々考えたこと。



当たり前のことだけど、



「練習したことはできるようになるけど、練習してないことはできるようにはならない」



登りだって練習しないと早くならないし、スプリントだって練習しないと早くならない。



持久力だって練習しないと身につかない。



「練習は嘘をつかない」なんて言葉がありますけどまさにその通り。



自分は練習が足りんということです。



才能がないという言葉で片付けたくなるときもありますが、人間の体はそんなにやわじゃないし、限界はもっと先にあるはず。



まずは、努力を。





















登り練

雨もすぐ止んで、練習行って来ました。雨降ってたのは、うちの周りだけだったみたいで、1キロも走ったら路面も濡れてなかった・・・。不思議。



今日の練習はひたすら登り。



結局130キロ走って上昇3150m。よく登りました。少しは登り嫌い直ったかな。





久しぶりに練習らしい練習をした気がします。やっぱこの充実感がないとねー。練習後のご飯がうまい。



でも、クラブ練の方が圧倒的に強度が高い。クラブ錬に勝る練習はなかなか一人ではできません。





やっちまった

国家試験舐めてた。



面接試験だったのですが、後半で間違った解答をしてしまいドツボにはまってしまった。



後から考えたら、なんでもない内容だったのに・・・。あー後悔。



でも終わったことはしょうがない。



さっ、結果はどうあれ試験は終わったので久しぶりにちゃんと練習いこうっと。



上昇3000m目指して大野山でも行こうかな。坂登ってる時が気分転換やしね。





と思って出発の準備をしていたら、大雨が降ってきた。ふざけんなー!













悪循環

上司が転勤した。



転勤→歓送迎会→栄養価の低い料理→更に2次会、3次会→帰宅が遅くなる→夜更かし→練習できない→太るってな感じが数日続き、悪循環。



お世話になっている方なので、行かないわけにもいかず、サラリーマンなわたくしであります。



今日も久しぶりに朝練をさぼった。雨予報だったってのもありますが。



10時30分まで寝てしまって、昼からシルベストサイクル豊中店に先日壊れたホイールを直してもらいに行って、そのまま少し走ったけど、何か体がおかしい。



心拍が150以上に上がらず全然体が動かない。この2,3ヶ月で一番不調や。



5月にピーキングをしたつけが回ってきたのか、レース続きで疲労のピークなのか。まったく走れる気がしません。こんなときは練習しても気分が悪いだけなので勝尾寺まで走ってもういいやと思って帰って来ました。





更に明日は、朝から国家試験なので今日は勉強しないといけない。明日も朝練いけずです。



追伸



ハブダイナモ号の重量を測ってみました。10.22キロ。MTBと変わらんですね。練習には丁度良い重さです。







ガードレール

に突っ込んだ・・・



いつものごとく闇練途中。



天狗岩に向かう16%の激坂手前の短い下り坂で、思い切り「ぶり」つけてアウターで登ってやろうと、勢いよくコーナーに突っ込んだら、コーナー途中に紙切れが・・・紙切れでタイヤが滑ってガードレールに突っ込んだ。



幸い軽い擦り傷で済んだのだが、足が激しく攣った。



マシンは・・・後輪ホイールが激しくふれた。



普通なら気持ちは萎えてしまい引き返すところだが、懲りずに天狗岩登った。あほ・・・。



闇練の鉄則の一つ。「下りはゆっくり」をつい調子に乗って破ってしまった。



油断大敵とはこのことか。





乗鞍HC

実業団レース乗鞍HC行ってきました。



大阪から乗鞍まで約5時間。乗鞍着いて早速試走へ。



スタート地点標高は約1700m。ゴール地点標高は約2700mで上昇1000mほど。平均斜度は7%。



普段は何でもない坂が、この標高になると・・・異常にきつく感じるのです。特にわたしは、心臓の弱さが折り紙つきなので、普段にましてぜいぜいはあはあ。あー明日はイヤだなあと思いつつ2200m地点まで試走してみました。



夜は、17畳のお部屋に11人でお泊り。なんだか修学旅行みたいな感じでした。ご飯もしっかり食べて、師範親子に平湯温泉に連れて行って頂き、21時頃就寝。



当日の朝は5時に起きて、6時ごろ現地到着。8時からレーススタート。



シルベストは現在BR−2、3のランキングトップなので、最前列に並ばせてもらえた。このときばかりは気持ちいい瞬間。



さて、レース開始。最前列でスタートしたにも関わらず、一瞬で後ろへ。500mくらいでトップ5人ほどがパックになって抜け出ていく。これに着いて行かないと上位入賞はなさそうなので、必死に追いかけていく。・・・が、ぜいぜいはあはあ異常にしんどい。心拍見てもまだ180。いつもなら190くらいまで行ってそうな感じだけど、これが標高の壁ってやつか。



1キロもいかないうちに前の5人から千切れてしまい、ずるずると後退。どんどん抜かれ始め、抜かれるたびに気持ちが萎えてしまい、半分くらい行ったところで15番手くらいまで落ちたところで完全に気持ちが切れてしまい、心拍も160くらいになってしまって・・・ぐだぐだや。



森林限界を超えたところあたりで後ろからBR−3のトップに抜かれ、シルベストのI江さんMばたさんに抜かれました。お二人ともかなり強くて、涼しい顔して登ってました。I江さんは、4位に入賞されてすごいです。



途中BR−2で同じくダラダラ登ってるヒトがいたので、おしゃべりしながら、景色を見つつサイクリング。それにしても乗鞍山頂近辺景色きれいですね。終盤は心拍150くらいになってしまって、最後はゴールの位置がよくわからず、だらだらと何の達成感もなくゴール。ただ走っただけの55分間。高いお金払って何やってるんだろうって感じでした。



何しに乗鞍まで来たのだろうと自問自答しながらむなしさだけが残りました。



結果は20位。幸いにギリギリ20ポイントゲットでグダグダだった割には、ポイントは多くてこれが唯一の救いでした。



今回のレースで心肺機能の弱さが良くわかりました。熊野が終わってから全然練習に身が入ってなかったので、一からやり直そうという気持ちになりました。



そして、やはり・・・「デブは坂を登れない!」という結論を持って帰ることになりました。



ダイエットを始めるとします。



これまでの前半戦は舞洲、群馬、熊野、美山と平坦中心のレースだったので体重よりもパワー重視でやってきましたが、これからは広島、小川、飯田、富士山と登りのきついレースが続くので体重絞っていかないといけません。

























あー心臓が・・・




乗鞍試走してみました。



標高が高いのでやたら息が切れてしんどいです。



心臓が着いていきそうもありません。



みんな条件は一緒だけど心臓が弱いわしゃダメですわ。






-----