FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

あと2ヶ月

今年の実業団レースは残り2ヶ月。いよいよ終盤戦に入る。



残されたレースは、



9月2日 全日本実業団(ランクA)



9月16日 舞洲(ランクD)



9月30日 飯田(ランクC)



10月6日 富士SW(ランクD)



10月7日 富士HC(ランクC)



10月14日 播磨(ランクC)



10月20日 白浜クリテ(ランクD)



10月21日 白浜ロードレース(ランクC)



残り8レースある。すべて出ると大変なので飯田は止めようと思ってます(去年のリベンジはしたい気持ちはありますが・・・)。



現在BR−2ランクは2位。シルベストのJグランプリ順位は4位。



個人的には、残りのレース取りこぼしのないように集中して走ることが第一の目標。



何より今はJグランプリを上に引き上げたい。トップのボンシャンスに溝を開けられてしまったが、まだ逆転のチャンスはあり。



そのためには今週のAランクの全日本が鬼門。何せポイントが大きい!



ここで何人が10位以内に絡めるかがポイントか。心強いチームメイトがいるので、うまく引き出し合えれば、何か起こせるか。



身を粉にして走るつもりです。

























スポンサーサイト



夏にやられる


大阪で世界陸上やってますねー。昔陸上選手だった私はついつい見てしまいます。男子マラソンで世界のトップアスリート28人がリタイアって・・・この街がいかに過酷なのかよくわかりました。


長居の競技場は昔よく走りました。反発の良いタータンなので記録が出やすい競技場なはずですが、全体的に記録は低調気味。これもこの暑さのせいなんでしょう。

いま思えば、私は夏に弱い方で毎年夏は記録が低迷し、真夏のインターハイなんてろくな思い出がありません。何度涙を流したかわかりませんわい。唯一夏で良かったのは、北海道の全日本中学選手権。100Mで自己ベストが出てリレーで京都新記録が出た。まあそれは北海道だったからでしょう。


毎年夏が明けるとどんどん調子が良くなってきて9月〜10月頃になると毎年記録のラッシュ。


秋に行われる大会はいい思い出ばかり。


自転車本気で乗るようになってやはり夏に弱いことを感じた。10年経っても変わらなかった。


明らかに体しんどいし、疲れの抜けが悪い。思うように走れない。


早く涼しくならんかな〜。


今週は全日本実業団。年間でもっとも大きなレース。

どうやら暑さにやられたまま当日を迎えることになりそう。


蒸し暑いくらいなら本気で雨のレースを期待している。

体のスペック

2005年6月15日に今の体脂肪計で測り始めた。



その時の数字と今の数字(今晩、夕食前)比較(朝はもうちょっと脂肪があります)





        過去               現在



体重      61.7キロ      →   59.6キロ
基礎代謝  1528キロカロリー →   1508キロカロリー
体脂肪率   10.5%       →    6.2%
筋肉率     37.0%       →   38.8%
BMI値     21.9%        →   21.2%
体幹脂肪率  7.4%        →    5.0%
体幹筋肉率  32.9%       →   34.2%
足の脂肪率  12.5%       →    8.3%
足の筋肉率  55.0%       →   58.2%
腕の脂肪率  10.9%       →    6.1%
腕の筋肉率  44.7%       →   47.4%
体年齢     23歳        →     19歳



我が家の体脂肪計(オムロン)の数字は、はっきり言って怪しい。



体脂肪率がそんなに低いわけがない。



でも2年間でかなり絞れたことは事実。



当時とは練習量も食事も違う。人間の体は進歩する。



自転車乗ってて良かった。



でも、健康診断ではメタボ予備軍です・・・。







      



小川村レポ

遅くなりましたが行ってきました実業団in小川村。

BR−2は一周標高差約500Mを4回登るド山岳コースで実業団で一番しんどいコース(斜度もかなりきつい)。 しかも先頭から10分遅れると打ち切られるサバイバルレースで完走率は毎年30%くらいなのである。


出走リストを見てTREKの松本駿選手やスワコの小坂選手など有力選手が数名。10分足切りがきつそうな感じ。

BR−2、3は同時スタートでパレード後早速一回目の登り。心拍185〜190くらいでひいひい言いながら先頭集団で登る。一周目から切れるわけにはいかん。それにしても暑い・・・暑すぎる!ずーっと登ってると熱が体に篭って死にそうだ。こんなのを4回繰り返すと思うと先のことが思いやられる。なんとか一周目は耐えて山頂を8番ぐらいで通過。


山頂通過するとご褒美の下り。対向車が来ない下りは最高に楽しい〜!アウトインアウトでコーナー抜ける度にドーパミンでまくり!


みんな足を休ませながら下ってるのに一人で調子に乗って集団先頭で下ってしまって2回目の登りへ。

登りはじめてまもなくあまりのしんどさに集団からちぎれてマイペース走方へ切替。あと3回登るんだからここで無茶はいかんと自分に言い訳をして撤退。心拍も180〜185に落とす。この辺りが気持ちの弱さってやつですね。

2周目マイペースでたらたらと登る。オーバーペース気味な方がポロポロと前から落ちてくるのを拾いながら山頂へ。ペースを落としたおかげでそんなにしんどいことはない(それでいいのか!?) 山頂ではボトル補給が許されるが今回補給班は誰もいない。まさかこんなに消耗戦になると思わなかったし・・・2回登って既に2本のボトルはあと200CCくらい。

「誰か水くれー」っと走っているとお一人親切な方がいらっしゃった。ボトルを差し出して下さったので「いいんですか?いただきます」と受け取った。どこのどなたか存じあげませんが命を救って頂いてありがとうございます。これがなければ走り切れなかったでしょう。心から御礼申し上げます。


その水も瞬間で飲み干してしまって3周目の登りへ。なぜだが優勝候補のTREKの松本駿選手と抜きつ抜かれつの展開になり再び山頂へ。

ボトルは再び空で「水くれー」って叫びながら山頂を通過したが山頂はBR−3のゴールでゴタゴタしていて、トップから遅れた選手など誰も構ってくれなかった。そりゃそうだわな。ってかオフィシャルの補給ってあってもいいんじゃないの?って後から思いました。


山頂通過後まもなく足にピクリと電気が・・・痙攣の予感。

あー脱水っぽいなー。

でもあと一回登ればいいんだし耐えようと4回目の登りへ。登りに入るところでうっし〜♪さんと中西さんから現在15位との情報が入る。

なんとか完走はできそうか。

4回目の登りはまさしく地獄。水なし、足なし、体力なしのヘロヘロ状態。20位以内の31P目指すのみ。

いったん引き離した松本選手に追い付かれ、抜かれていくがとても追う気にもなれない。この辺りの体力はさすが王滝チャンピオン。わたしゃヘロヘロになりながらひたすらインナーロウで回すのみ。


更に何人かに抜かれるがこれ以上走れないものは走れない。もう順位はどうでもいいから早くゴールに辿り着かせてくれとその一心。(情けない・・・)


最後は干からびたミイラのようになってゴールラインを越えてゾンビのように水を求めてさまよった。

今までで一番きつかった。 「暑さ」と「長い登り」に耐え切った満足感はあるけどレースと呼べるようなものではなかった。もっと走りこまないと戦えない。

その後BR−1のサポートをさせて頂きました。

我々のレースよりも更に気温が上がり過酷な環境の中、みんな最後まで諦めない熱い走り。ボトルを渡すのも燃えました。下林さんの10位ゴール見応えありました。

BR−1はオーベストの西谷店長が優勝。 シマノの狩野選手、野寺選手を一番厳しい5周目で振り切って優勝し、多くのフルタイムワーカーに勇気を与えてくれました。

たくさんの人に

昨日の夜は、気分転換に嫁とスーパー銭湯へ。



サウナで汗を流して、帰ってきてじっくりマッサージをしてもらう。



そして今日の朝練・・・少しましになったかまだしんどい。あーまだダメか。



今日の昼。定食屋でも飯食いに行こうかと思って、会社を出たら偶然正面から神様(?)がやってきた。



道端でばったりお会いした神様に、「しんどいですねん」と言ったら特上鰻丼をご馳走いただいた。



今日の15時ごろ。とあるお客様のお医者さん宅で、不思議などんな病気にも効くというスペシャルドリンクをいただく。帰りに一本1750円もするスペシャルドリンクをおみやげにもらう。



お医者さん宅でスペシャルドリンクの効能について実験を受けた。



スチールたわしをお茶につける。スチールから鉄分や汚れが漏れ出してお茶は数分で真っ黒に。



逆にスペシャルドリンクにスチールたわしを入れてもまったく色は変わらない。



このスペシャルドリンクを先ほどの真っ黒になったお茶に入れると、なんとお茶の色が元通りになるのだ。



先生曰く「これが浄化作用」ですと。



怪しいもんだが、なかなかおもしろい。





で、今日の夜練。おっ昨日の状態がウソみたいに体動くやん。



嫁のマッサージのおかげか、鰻丼のおかげか、スペシャルドリンクのおかげか・・・。



沢山の人に支えられて私生きてます。





感謝、感謝。















体動かず

疲労か夏ばてか・・足がまったく動きません。頑張っても拍135までしか上がらんのです。今までで一番ひどいかもしれません。



週末は実業団で一番きつい小川村。





ただでさえ完走も危ういのに、この体調では一周で終わりだな〜。



それはそれでしょうがないけど、凹むだろうな〜。



まっ今日は寝るか。



社会復帰

天川で外界と謝絶された生活を過ごしていたので今日はポケーっとした一日だった。ボーと自転車のことばかり考えていた。


天川での3日間、エースてっちゃんから様々なことを教わった。日常生活、食べるもの、休憩時間の過ごし方、バイクコントロール、ダンシンクの力の入れ方、筋肉の使い方、ペダリンクスキル等々数え上げたらキリがないくらいに教わることは多かった。とても十代とは思えない意識の高さ、考え方の深さに感動し、尊敬した。自分が高校生だったときにそこまでのことができていたかと思うと恥ずかしくなる。


自分の甘い点を見つめ直し吸収できる点は吸収し今後に繋げていきたいと思う。 まだまだ出来ていないことはたくさんあるし、チャレンジできるだけチャレンジしてみたいと思う。

天川合宿

3日間奈良県の天川に合宿に行ってきました。



自転車漬けの3日間。それ以外のことは何も考えずに、ひたすら、乗って、食べて、寝るのみ。



いくつ越えたかわからんぐらい峠を越えた。



どれだけ食ったかわからんくらい中華を食べた。



一人では決してできないトレーニングも、皆が集まればできるってことがよくわかりました。



3日間の色々な経験を通して、肉体的にもメンタル的にも自分の非力さが痛いほどによくわかりました。



お世話になった数多くの皆様本当にありがとうございました。



総走行距離 415キロ



総上昇 6950m









2日目終了



走行距離170キロ 上昇2400M



後半足が回るようになってきました。



明日も頑張ります。



合宿一日目

走行距離130キロ 上昇2400mくらい。

暑さにやられた一日でした。

明日は超級山岳ステージ。

走れるんかいな。

高野山通過




明日から合宿

明日からシルベストの天川合宿に行ってきます。



奈良の奥地の山岳に篭る3日間。



上昇は3日間で7000m!距離にして400キロくらい?



走りきれるんかいな。



これを越えれば新しい境地に辿り着ける・・・かな。



少しでも強くなって帰ってきたいです。



間に合った

今日JINさんからツールド沖縄の締め切り近いよとコメント頂いて、これはいかんと、早速スポーツエントリーで申し込み。ふー間に合った。



年々、満員になるのが早くなってる。それだけ人気でリピーターが多いってことか。



これでシーズン最後のフィナーレの準備はできた。後は行くのみ!



皆さんちゃんと申し込みましたか?



















沖縄

丸岡では相当筋肉に負担をかけたようで2日経った今もまだ足の所々に違和感が残ってます。負荷をかけた練習が6月からできてなかったので、体が順応できてないようです。次は実業団レースでもっともきつい小川村。標高差500Mを4回。地獄のようなレースだと思う。

いまの自分の体力でどこまで走れるんだろう?正直完走すら危うい気がしてます。


しばらく我慢のレースが続きそうですが腐らず諦めず最後まで全力で戦います。

そして今年最後のレースはやはりツールド沖縄に決めました。

昨年の雪辱を晴らすべく130キロで出る予定です。(まだエントリーしてません) まだ200走る力もないしレースが続くためそれに見合う練習ができそうもない。200は私のサイクルライフの最終目標なので来年以降のお楽しみにとっておきます。


ツールド沖縄は最高のレースですよ。少しでも行きたいと思う気持ちがあるならエントリーして下さい。 絶対に行って良かったと思える大会ですから。

丸岡レポ

忘れてしまいたいレースですが、今後のために残します。





夜中の1時30分師範と一緒に丸岡へ向かう。4時15分到着。



コースは、平坦→ゆるい登り(220m上昇)→下り→平坦で一周25キロを3周。



スプリンター向きのコースです。



色々トラブルがあってバタバタしてたら、もう7時前。



慌てて並びに行ったら、既に遅く5列目くらい(この時点でもう負けは決まっていた)。



7時レーススタート。ものすごいゆっくりの序盤。サイクリングみたいなペースだ。



後方スタートからじりじりと前に出て行くと、開始早々から逃げが決まったそうな(それさえも気づいていない愚かさ)。



「このコースで逃げたってどうせ捕まるんだから追う必要なし。」←これが集団内全員の暗黙の了解だったと思う。



プログラムを見て、有力と思われる選手はみんな集団内に確認していたので、焦る必要なし。



序盤の登りもゆっくり登る。楽すぎるペース。どうせ頑張ったって無駄足になるんだから、集団中ほどでのんびり走行(こういう考え方が未熟で、自分でレースを作ろうとする意思などない、あほ)。



このコースの最大の敵は落車。コースが広くなったり狭くなったりするところに一気に集団で走るもんだから、後ろが詰まって落車するパターンが一番多い。これに巻き込まれないことに一番神経を使う。



一周目は、まったり走りすぎなくらいで終了。



二周目の登りでマークしてた選手の一人が前に出たので、わしも一緒に上がる。だが、一緒になって逃げようなんて思わない。登りでどうせ頑張ったって下りと平地で追いつかれるんだからと、半ば諦め的な中途半端な走り方。



登りの途中で、うっし〜♪さんから逃げ集団6名との差は40秒との情報が入る。



「こいつは時間の問題だな」これも集団内全員の暗黙の了解だったと思う。



しかし、この差が詰まらない。



集団前方のローテーションが物凄くぎこちない。完全な牽制モード。



逃げを送り込んでいる、ナカガワ辺りは当然先頭に上がってこない。



平地でも差が詰まらず、のぼりに入ってやっと視野に入ったが、差が詰まらない。私このとき情けないことに足を攣ってしまい集団前方に出れない。この程度で足が攣るなんて弱すぎるわな)。



結局、差を詰めきれないまま上り終わり、下りでも追いつかない。最後の5キロくらいの平地に入って、これはまずい。



業を煮やした私、集団内で叫びまくる「ローテーション回せ!」「前に追いつくぞ!」。だって、6人逃げられたら入賞ありえないし、私的には7位以下は50位でも100位でも一緒の価値。



意地でも捕まえたい。必死に先頭を引きに行くが、まともに呼応してくれるのは数人くらい。全然ペースがあがらんではないか。みんな完走できたらそれでいいのね。ってか私が無駄なあがきをしてるだけなの?



最終局面、もうしょうがないので引き倒す。足攣りまくりでも前を引く。もうちょっとなのに追いつかん。ラスト1キロの直線に入ると、いい加減足が終わってきた。100m先に5人が見える。ラスト700m集団先頭だったと思うが、横からどんどんかぶされてしまう。そんなスプリントする足があるならもっと早く使って欲しいですな。



ラスト500m。前を完全にふさがれる。まだ下ハンダンシングしてないのにこの状態は最悪だ。こういうときは横からすり抜けるしかない。



左に移動したら、前を走る二人がなぜだが意味不明に激しく絡み合って叫び声と共に舞い上がる。あーあ。結局こんなのに巻き込まれるのね。はい、ジエンド。



前で意味不明に転んだ人にも腹が立つが、そんな位置にしか居れなかった自分に腹が立つ。



後は外れたチェーンを直してたらたらとゴール。





それにしても落車が物凄く多いレースだった。延べ100人以上転んでたのではないでしょうか。NHKのニュースにもなってたし。来年は開催されるのかな。



まあ自転車乗りにしてみれば、普段の大会より少し落車が多いくらいだけど、自転車乗らない人がみたら、ものすごい悪い印象なんだろうな。



ってかスポーツなんだから、何らかのリスクがあるのは当然じゃないか。

























最低

丸岡終わりました。

最低のレースでした。

6人の逃げを許し、終盤で逃げを捕まえるために集団コントロールしようとしたけど失敗して無駄に足を使い、足が痙り、最後は番手を落としてしまい集団スプリントで落車に巻き込まれゆっくりとゴールラインを越えただけ。


すべてにおいて後手にまわり積極的なレース展開もなにもなくだだ走っただけ。良いところはなにもなし。 精神的に弱すぎるなと反省。

悔い改めよう。

祝!合格

6月に受けたFP1級の合否結果通知書がやってきた。


あまりに手応えのない面接だったのであーやらかしたと思ってほとんど忘れてた。


夕方に上司がにやにやしてでかい筒を持って現れたので何事かと思っていたら中身は合格証書だった。


うちの業界ではそれなりにはったりのきく資格なので素直に嬉しい。仕事とトレーニングの合間を縫ってこつこつやって良かったなー。今夜は祝杯と行きたいところですがレース前なので自粛。


この合格よりも丸岡の優勝の方が喜びは大きいはず。

頑張るで〜!やる気でてきた。


でも明日は一日研修(涙)

出頭

先日のオービスの件で豊中警察へ出頭して来ました。

まず写真を見せられる。ばっちりくっきりはっきり私。そして横で爆睡してる嫁まできっちりと・・・かなり鮮明な画像ですな。


あとはあーだこーだとしゃべらされ適当に調書作って終了。処分は1ヵ月から3ヵ月先だそうな。なんでそんなに時間かかるの?よくわからん世界です。


さて最近は毎朝4時30分に起きて朝練してます。北海道生活で早寝早起きに慣れたのでそんな苦痛もなく続いてます。


夏場のレースは朝が早いので体を朝型に順応させるのも狙いです。


今週末は丸岡ロードレース。段々体の調子も上向きになってきているのでここは一発狙っていきます。最近実業団ポイントがインフレになってる気がするので取れるところで取っておかないとね・・・・。