FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

ジロデ鞍馬(本番)

下見も終わったしコースも決まったしやりましょう。ちなみにものすごいコースになりました。



日程は7/5(土)OR7/6(日)で行きます。



参加者皆様ご都合教えてくださいませ。参加者が多い日に開催します。



サポートカーが出ますが、サポートメンバーも募集中です。



13日は大台ケ原、20日はけいはんな、27日は小川村、8月2日は丸岡があるから今週しかないんですよ。しっかり追い込んでおきましょう。







スポンサーサイト



チーム西田橋任命式

3月から私とキャプテンと二人で始めたモーニング西田橋。



まもなく4ヶ月を経過し、着々とメンバーを増やし続けており、一大勢力となりつつあります。



一部からはただの変態集団と呼ばれていますが決してそんなことはございません。



時間のないサラリーマン達が自転車競技で結果を残そうとなけなしの時間で頑張っているのです。



その活動をさりげなく日記で残してきているわけですが、「誰が何号かよくわからん」とか「私の名前がないやんけ!あんこら、どないなっとるじゃ!」とかって怖いお姉さんの声が聞こえてきます。



ってことで正式に任命します。会員各位は心して聞かれよ。



ちなみに階級を設定しますが、これは私の独断と偏見で、個々人の朝練参加率、走力、変態指数を階級化したものです。順番は最近の動向を見つつやり直しました。





1号 シャドマン大佐



2号 うっし〜♪大佐(現在産休中)



3号 まつけん中佐



4号 をくだ少佐



5号 かまやん大尉



6号 しらい大尉



7号 Tはら中尉



8号 ま○ねえ中尉(闇の大将)



9号 ふっちー少尉



10号 きり少尉



西田橋参加一回メンバーは、HCもと先生、UENOさん、所長、いまへさん



ちなみに会員認定後は階級は少尉から始まります。



昇格はシャドマン大佐の昇級試験に合格すれば昇格します。



2週間不参加は一階級ずつ降格していきます。





当面の目標は黒い3連星の撃破です。







ジロデ鞍馬(下見)

まもなく開催予定のジロデ鞍馬の下見に行ってきました。下見なのに命知らずの変態が10名集まりました。皆さんドMですね〜。 さて前半は日吉ダムをショートカットして勝尾寺越えて亀岡経由で京北のサンダイコーまで。前半から上げ上げで勝尾寺、泉原、忍頂寺、477の登りすべてをくだ君、いまヘさんがあげあげでマックス近くまで上がってました。

サンダイコーで休んでいよいよ本日のメインディッシュ花背峠へ。峠までのアプローチのローテがかなりきつく前半に足を使い過ぎたことを後悔しながら花背へ突入。

登りはじめてまもなくキャプテンとイシマ君と私の3人の先頭パックになる。クライマーのをくだ君といまへさんが早い段階で切れた(二人とも前半足を使い過ぎか)。

さてキャプテンとイシマ君をどうやって引き離そうか考えていたが今日のキャプテンはめっちゃ強かった!ずっとアウターでゴリゴリ登っている。ついていくので必死だ。中腹の花背山の家を過ぎた辺りで私の足が止まりはじめる。

いかん着いていけない・・・ちぎれた。

ここは本番ではきっちり取りますからね。

花背を下って百井峠方面に行くはずが分岐がわかりにくく鞍馬まで下ってしまいショートカットになりました。

鞍馬から雲ケ畑を経由して持越峠を越える。ここでは序盤からまったく足が動かない。早々に切れて一人旅。何やってんだが。

次の御経坂は大事マンブラザーズを頭の中でリピートしながら「負けないこと♪投げださないこと♪・・・」気合いを入れて越えてみる。いい感じに踏めた。


ここから京都市内を経由して最後のデザート善峰寺へ。市内走行は道を間違えたり走りにくいところを走ったりして申し訳ありません。本番では通りませんので。

さて善峰寺ですが上昇2000M近く登って、150キロ以上走った足で強烈な激坂。私は序盤から「負けないこと♪・・・」をリピートしながらあげあげで昇る。いまへさんがずーと着いて来てましたがお寺を越えたところで力尽きて足を着いた様子。私は地の利を生かして最後まで気合いで踏み切った。10名のチャレンジャーのうち半分以上が力尽きて足を着きました。自分自身走りながら最後にこれはやりすぎたなと反省しました。本番はもちろんカットです。

下見でしたがかなり強度の高い練習で、最近レースばかり走ってたので練習のしんどさを改めて感じました。

本番はまもなく開催します。お楽しみに。

草稿距離173キロ 上昇2435M

休養中

今日は雨予報。朝方は大雨でしたね。



7時30分に起きたら雨が止んでいたので、8時30分から一人でぶらぶらと走りに行く。



昨日の疲れでまったく踏めないのでサイクリングロードを流して宇治まで走行。宇治の辺りも色々とコースが取れそうですね。



走行距離79キロ 上昇360m



宇治で嫁とふっちー&きりさんと合流し一緒にランチして、私のわがままで伊賀のモクモク牧場ってところまでドライブ。



モクモク牧場おもしろいですね〜。牛の乳搾りしました。たくさん食べ過ぎて死にそうになりました。



次回はツールドモクモクってのが企画されるかもしれません。



今日はええ感じの休養日でした。ふっちー&きりさんありがとうございました。



勝った

昨晩は前半戦の反省会。



今朝のモーニング誰も現れませんでしたね。ふふっ。酒にも負けず走ってやったぜ。



明日は予定通り鞍馬まで行きます。



夕方から雨のようなので少しでも早く戻れるように、高山登らずに向かうルートを検討中です。



セカンドシーズンスタート

2007/12/5の記事に掲げたレースの目標と結果を振り返っておきます。



「西チャレ先頭集団30位以内完走」→○



「実業団群馬先頭集団完走」→○



「栂池HC決勝進出」→○



「富士山HC50分切り」→○



「西(東)日本実業団完走」→○



というわけで、前半戦は半年前に掲げた目標すべてクリアってことになりました。



目標書いたときは無理やろうって思ってましたけど人間やればできるってことがよくわかりました。



努力は無駄じゃない。小さな積み重ねが結果につながる。



自分に限界を作らず後半戦もチャレンジあるのみ。まだまだ強くなれる要素はたくさんある。



後半戦の目標はまた後日。





ジロデ鞍馬のご案内

ツールド佐々里の呪いからはや2ヶ月。



よりグレードアップして帰ってきます。今度はよりきついコースを作ろうと思ってます。



お楽しみに。



とりあえず今週土曜に下見に行こうと思います(雨天の場合はまた書き込みします)。



実業団戦士のみなさ〜ん!一緒に下見に行きましょう〜。



(下見という名の練習です)



とりあえず、いつも通り8時箕面集合予定です。



西日本実業団

前半戦の山場「西日本実業団」走ってきました。

6月1日の全日本選手権で走った広島空港を9周。あのコースを9周も走ると思うだけで嫌気がさすのですが全日本で10周走ってるからなんとかなるやろう的な気持ちはありました。

天候は雨。今回はカーボンホイール使わずアルミホイールにミシュランプロ3装着。



9時30分レーススタート。一周目からペース早くかなりしんどい。本気で足が重くて切れそうで、絶好調といえるような感じではない。タイム的には全日本のときのほうが早いが雨なので単純比較はできない。

2周目相変わらずめっちゃ早い。ありえないぐらいしんどくて3段坂の途中で後ろをみたら誰もいなくなっていた。えっ・・・すでに集団は20人くらいなんですけど。

3周目まったくペース緩まない。殺人的にしんどくて前半のアップダウンで切れてしまいそう。先頭集団内にまだビチノコの伊藤君やグラデパのナガラさんらホビー面子がチラチラいるので先に切れたくないので必死で限界を感じながら耐えていた。 だが3段坂のてっぺん直前で完全に力尽きて見事にブッチ切れた。

このとき完全に燃え尽きてもう完走は無理って心理状態。早く下ろしてくれと内心思ってた。

下りを一人でダラダラゆっくり走って後続を待っていると我社の下林さん&奥田君を含む10名程度の結構いい面子の集団がやってきた。しばらくこの集団で走ってたが最初の3周で力を使い過ぎており登りがまったく登れず3段坂でこの集団からも脱落。

もう気持ちは萎え萎え。もう自分から下りてやろうかと思いながら走ってたら、後ろから「まっちゃん!!」って激が飛んだ。

キャプテンが大集団を引き連れてやってきた。

集団の中に入り休憩。程よいペースだ。だがこの集団も先頭から既に3分以上の遅れ。5分遅れればタイムオーバーで失格である。集団内では足がある有力どころが前を引いてタイムオーバーにならないように粘る。しばらく走ると下林さんらのグループを飲み込む。 このとき先頭から4分20秒遅れぐらいでまずい状況。ここで我社の下林さんが狂ったように先頭を引いて一気に先頭とのタイム差を3分台に戻す。さすがいい仕事をされます。この引きのおかげで結果的に後方集団の多くは完走まで辿り着きました。

私はラスト9周目で最後の仕事(第2集団の頭をとる)をしようと3段坂を必死に耐えてゴールスプリントに備えたが、最後のゴール前の登りで足が動かなくなってしまい24位でのゴールとなりました。

悔しかったのがBR−1のチームランクが一つ上のコムレイドの選手が同じラストのスプリントで4人も前にいたこと。チーム力で完敗です。


後半戦でチームランク10位以内目指してみんなで沖縄いくぞ〜!

前半戦の山場

今週末の西日本実業団で一応前半戦が終わります。



4月〜6月までの集大成ともいえるレースなので、しっかり結果を残したいと思います。



特に実業団のレースは3戦終わって全部不完全燃焼なので、今回こそ納得のいく走りがしたいっす。



具体的には20位以内を目標に走りたいと思います。



毎秒が生きるチャンス

先日、富士山の車中でうっし〜♪さんと話していたこと。



「毎秒が生きるチャンス」



良い言葉だと思う。



もし自分の命があとわずかだとわかったら自分は時間をどのように使うだろう?



間違いなく1秒1秒を大事にする。だらだらするようなことは絶対しない。



いまの自分は、一日のうちで無駄な時間が多い。何も生み出さない時間が多すぎる。



それは、追い込まれてないから、平和ぼけしてるから。



時間がないと思えば、最短で目標に達する選択ができる。



そもそも生きるってことは選択の連続だ。毎秒選択してる。



朝起きるのも、会社に行くのも、練習に行くのも、追い込むのも、楽をするのも選択の連続。



自分に厳しい選択が何回できるかが勝負。楽な選択はいくらでもできる。



その選択の積み重ねが力になるんだな。



今日は、通勤のみでした。



二人

今朝のモーニングはをくだ君と二人。皆様いずこへ?



談笑でアタックを封印して勝尾寺までメディオペース。



そのまま霊園までメディオペースを守って終了。



今日の仕事は重さ10キロのブツを担いで街中を歩いたため腰に激しくダメージが・・・。



あと3日で治すぞ!



走行距離85キロ 上昇975m









イタリア式

今朝は通勤号でモーニング。





てっちゃんに教えていただいた心拍トレーニングで80%(メディオ)と90%(ソリア)を意識して走ってみました。



結果は9号のアタックで一気に95%・・・。違う練習になってしまった。





走行距離88キロ 上昇975m



復調の兆し

やっぱり腰は痛い。



富士山はアドレナリンとテーピングで誤魔化していた・・・。ふっち〜さんありがとうございます。



今日の通勤は久しぶりに心拍が150を越えた(一瞬だけ)。そのとき時速は43キロ。



滅多にみない心拍にスピードである。調子に乗って夜はそのまま60キロくらい走り回ってしまった。



明日はモーニング。早く寝ようっと。



走行距離80キロ 上昇530m



富士山HCレポ

たくさんの方に腰のことを心配頂きました。ありがとうございました。本当に恵まれた環境で走っています。



そして皆様の治療のおかげで無事に登れました。感謝、感謝であります。



前回の栂池の反省も踏まえ、今回は序盤あせらずゆっくり作戦。馬返しを超えてからの激坂勝負と言い聞かせて出走。



10時レーススタート。



最初は作戦通りにゆっくりスタートする。序盤はうっし〜♪さんがいい感じにペースを作ってくれて、たいした遅れもなく3キロ地点を通過。



3キロ手前で溝端さんに追いつく。ここから馬返し手前までは溝端さんに引いていただく。馬返しで、10位〜20位くらいの集団を前に捉えさらにその先を走る下林さんを捉える。ターゲットロックオン!



馬返しからの最初の激坂で前との差を詰める。心拍は187くらいを記録しているがそんなにしんどくない。ここまでものすごくいい感じや。このまま最後まで行きたい。



今日はいけるかと頭をよぎる。残り5キロの看板。



マツキタイマーが青から黄色に変わる。心拍が182くらいまで下がり始める。くっそまずい。



残り4キロ。マツキタイマーが黄色から赤色へと変わりそうだ。心拍は180まで落ちた。



残り3キロ。マツキタイマーが完全に赤へと変わった。このときやはり時間にして30分くらいか。マツキタイマーは30分で切れるのである。



残り3キロで溝端さんが後ろから単独で追いついてきた。「あと3キロがんばりましょう」と声をかけて頂いたのですが、もう体内ではブザーがぶーぶー言ってオーバーヒート気味。心拍も180割れをおこしている。



ラスト3キロ。たくさん抜かれました。。



そしてラスト500mで3人にいかれました。根性が足りません。



ってことで32位でポイントはただの完走ポイントになってしまいました。



しかし、栂池で沈没していた体が復活しているのを確認できたし、去年のタイムを考えると大幅に進化しているので、その点は合格としておきましょう。



何よりヒルクライムの苦手意識を払拭できたのは大きいです。乗鞍につながったとほっとしています。







次は前半戦の山場の西日本実業団です。









栂池レポ

まずは一週間前に行われた栂池HCの内容を簡単に。



BR−1のレースを走るときはどんなレースであれ30位以内が目標。栂池ももちろんそのつもりで挑みました。



予選は標高差約1200mのヒルクライム。序盤から前の方を意識して走る。最初は決して早いとは思わなかった。だが開始1キロくらいでなんとも言えないしんどさ。オーバーペースだったんだろうか、ただのアップ不足か。ペンション街に入る手前で、下林さんとうっし〜♪さんが後ろからやってきた。うっし〜♪さんと目があい「ついてこい」と目が言っていた。しばらく後ろにつかせていただいたが、ペンション街を抜けてスキー場に向かう途中で体が動かなくなって、つくこともできなかった。



そこから地獄の始まり。心拍がどんどん下がっていく。順位もどんどん下がっていく。スキー場から中間地点ぐらいまでは軽く20人以上に抜かれました。もうこのとき、「今日は駄目だ。予選落ちやな。」と腹を括りました。



しばらく心拍160ぐらいで走っていると奇跡的に復活してきて後半なんとか持ち直して予選通過。74位だったかな。



決勝は一気に巻き返しを狙ったが、前半で30秒前スタートの選手に追いつき、半分手前ぐらいで1分前スタートの選手に追いつきかけが、そこまででした。そこからまた力が入らなくなり、ずるずると後退。決勝は58位。



走行距離 60キロくらい。 上昇2500m



富士山

なんとか登れました。

タイムは去年より3分縮めて48分14秒。

順位が微妙な32位。ラスト3キロで力尽きてたれまくって刺されまくったのが相当悔やまれます。


栂池のヘナヘナはいったい何だったんだろう?

2008-06-14 15:01:28




何もしなかった一週間

この半年間で一番動かなかった一週間でした。いや動けなかったというのが正しい。



今朝もいつもの時間に目が覚めたが腰痛がひどいのでモーニングに行かず、布団の中。



とりあえず通勤だけは走っておくが、まともにこげやしない。楽しくもなんともなくイライラがつのるだけ。



富士山は現地まで行ってDNSも有り得ると思います。



まっ大阪にいてもまともに走れないと思うのでとりあえず行くだけ行きます。



しょぼい

朝は腰が痛くて練習どころではなく、ゆっくり通勤。



最近の通勤は、ずっと心拍100以下でママチャリによくぶち抜かれます。周りからはしょぼいローディーだと思われてることでしょう。(実際しょぼいですが。)



栂池でいらんもん(腰痛)を持って帰ってしまったと反省しっきりです。同じこと繰り返して馬鹿な自分に腹が立つばかり。



富士山はただ走るだけになりそうですが、現状で出来る限りのことはしたいと思います。



腰痛

結構激しく痛んでます。 ちなみに昨年の6月はギックリ腰で終わりました。去年の二の舞は嫌だな。

腰痛対策でハンドル高さ変更しました。ついでに富士山に向けてアウターも外してていただきました


距離80キロ 上昇1030M

火が付いた

熊野が終わって一ヶ月。



熊野前と後では、モチベーションが大違いでだらだら練習した1ヶ月でした。



その癖美山は不摂生を重ねたにも関わらず2位に着ってしまったりして、どんどん油断してしまい・・・全日本でボコボコにされて、栂池では更にズタズタになってしまいました。



全日本はプロチーム以外の完走がたったの二人で、アマの中ではかなり粘ったほうだったので「まあしょうがないか」という甘えた気持ちがありました。しかし、今回はまったく言い訳ができないヒルクライムでヘナヘナ走ってしまった自分自身が許せず、こんなんじゃいけないと真剣に思えてきました。走ってるときも腰が痛いのを言い訳にして何度も辞めようと後ろ向きなことばかり考えて、気持ちからして負けとるじゃないか。



鬼監督がいたら、「おめえなんか辞めちまえ!!!」って言われてもおかしくないような走り。高校時代の顧問なら間違いなく言われてると思います。



次は富士山。一週間で立て直すのは無理かもしれないが、8月の乗鞍までにはヒルクライムができる体にしないと、うっし〜♪さんや下林さんのアシストにもなりゃしない。



やる気が出てきた。



でも体はものすごく疲労を蓄積している様子。



去年完全に体が動かなくなった6月だけに今年は慎重に行きます。





走行距離52キロ 上昇300m







栂池決勝

予選の建て直しを目指しましたが後半に失速。

トータル64位でした。

これが実力だと思います。もっとヒルクライム走れるかと思ってましたが自分のしょぼさにがっかり。

私が登れるのは標高差300Mくらいが精一杯のようです。

栂池予選

まったくダメダメのタレタレでした。中盤で力が入らなくなり心拍160を割るような場面もありましたがかろうじて決勝進出。

明日は栂池

長野県白馬まで遠征中です。

明日はJツアー第2戦の栂池ヒルクライムです。予選で100位以内に入ったら決勝進出です。

今日一本試走してきましたが・・・激しく腰が痛い。最後の方は腰痛がキツすぎてこげなくなって心拍120くらいになってしまいました。

明日はアドレナリンが腰痛をごまかしてくれるのを祈るばかり。


走行距離30キロ上昇1020M

睡魔

今朝は起きるのが本当に辛かった。4時20分の目覚ましは不快さ満点。


今日は金曜だしみんな来ないだろうし・・・レース2日前に頑張って追いこんでもしょうがないし・・・最近毎日帰宅が23時以降で疲れてるし・・・などと二度寝する言い訳が頭の中を駆け巡る。

最後は梅雨の晴れ間を見逃すなと晴れてるうちに走るべしと決心して起きた。

練習はキャプテンと一緒にフルコース走ってきました。 走行距離87キロ 上昇950M

2008-06-05 23:47:24

今朝は3人でモーニング。



勝尾寺登ってから天狗を2本。



走行距離81キロ 上昇1200m



眠いので寝ます。



まだ戻らない

月曜、火曜で40キロしか乗らず。



今日は、疲労が抜けて体が軽いかと思ったが、まだダメでした。結構ダメージが体に残っているみたいです。



モーニングもまったく踏めてなかったし、心拍もあまりあがらない。



こういうときはゆっくり乗るしかない。



走行距離113キロ 上昇1080m





迷わずいけよいけばわかるさ

アントニオ猪木さんいいこと言いますね。



迷わず行くとします。





今日も通勤片道のみ。



昨日自転車を置いて帰ったら、ハブダイナモの電気がつかなくなった。



前も一度電球の交換したのですがシマノに注文すると電球一つで800円。



あの〜電池式のライトと全然ランニングコストが変わらないんですけど・・・。





全日本から一夜明け

気が抜けた。



どうしようもない実力差を感じてどうしたものかと考えてます。



まあ、やることをやるしかないんですがね。





今日は通勤片道だけです。梅雨入ると練習量落ちますね。



全日本選手権レポート

ロードレースの日本チャンピオン決定戦「全日本選手権」に出場してきました。 当然私のようなホビーレーサーが勝負できるようなレースではなくプロ同士のガチンコバトルの場です。 私らは完走さえもままならないようなレースです。 シルベストからは私と軍手マンの二人の出場。

岡山から多数の友人がサポートに来て下さりすごく心強く嬉しかったです。そして熊本からくまちよさんも来て頂いてサポートして頂きました。皆様本当にありがとうございました。

さてレースのほうですが、ものすごい報道陣と観客。梅丹とシマノの応援団がすごかったです。序盤から18分前半でラップを重ねてきっつい展開。5周走らないと補給がとれないのでメイン集団で頑張る。2周目で16名くらいの逃げが決まって40秒から1分10秒差を維持して周回を重ねる。5周完了時点で時計みたら西チャレのときより早いやん!私は相変わらず集団後方をフラフラしているわけですが後ろを見る度に人数が減っていき気付けば最後方。 いかんまずいまずいと思って迎えた運命の8周目。メイン集団が逃げを吸収するべく異常にペースアップ。スタート地点から緩まることのないもがき倒しの地獄絵図。後ろが一人二人と消えて行き、三段坂手前の直線で私も燃え尽きて切れました・・・。メイン集団は17分台でラップを刻んだようで私の力では対応できませんでした。ってか8周も走ったら既に足パンでどないしようもなかったです。情けない。って熊野の3日目と同じ感じですね。

そこから単独で2周して10周で降ろされました。単独になってからは足がスカスカで、16周全力で走りきる足なんてまったくない自分の非力さが情けなくてしょうがなかったです。 これがいまの実力なのでもっと頑張らないといけませんね。サポート応援頂いた皆様本当にありがとうございました。

ちなみに優勝はスキルシマノの野寺選手。4人でのスプリントを制しての優勝はめっちゃかっこ良かったです。