FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

全滅

海外チームが多数参加した今回の熊野。カザフスタンナショナルチームをはじめ本当の海外チームが多数参加し昨年より間違いなくレベル高い。

昨日は750MのTTのみで顔見せ的な感じ。

今日からいよいよ本番の赤木川清流ステージ。

大雨の中パレードが進み約20キロ走ったあとレース開始。序盤からとにかくスピードが尋常ではなく早くうちのチームの面々は早くも集団後方の定位置へ。

雨でコーナーでの減速が大きいせいか立ち上がりの一列棒状が半端ではなく中切れがいたるところで発生し集団後方はカオス状態。

私もいつものごとく前に上がれないので出遅れ、中切れ修復に踏み倒し地獄。

一周目の後半で下林さん、イワオさん、キャプテンが次々遅れ私とハイランダー君の二人が集団に残る形に。

2周目が終わって三周目に入ったところで集団が真っ二つに割れるかなり大きい中切れ。80Mくらい開いてしまい30人くらいが後方に取り残される。

ここを埋めるべくおそらくカザフスタンの外人が一人でペースをあげる。

ありえないスピードでの引き倒し。私まったく前にでれませんでしたが分断された後方からはそれに食らいついた5人くらいだけ復帰できました。

やれやれなんとかことなきを得たと思った瞬間、集団中程で落車発生。 それが連鎖して私の前までやってきて私も落車に思いっきり突っ込んでジエンドとなりました。もっとテクニックがあれば回避できたのかもしれませんが雨でブレーキもまったく効かなかったため吸い込まれるように突っ込みました。

ハンドルが曲がったのでニュートラルで修復してから再出発となり単独で集団に追い付くわけもなく後ろから来たちぎれ集団で走って4周目の終わりで下ろされました。

5周回以上走らないと次のステージに進めないため私の熊野は本日をもって終了となりました。


そしてクラブシルベストのメンバーは全員5周目に入れなかったためこれにて我々のツールド熊野は終わりました。

スポンサーサイト



燃えるもの


一足先に熊野に着きました。



横浜から泣きが入るほど遠いっす。8時間ほどかかりました。



この2週間仕事が忙し過ぎたり心が折れる事件があったりでもう無理かと思ってましたがなんとか今年もスタートラインに立てそうです。



現地に着いて山崎運動公園から風伝峠まで軽く走ると一気にやる気が出てきました。 山崎運動公園に戻って来ると犬の散歩中のおじさんに声をかけて頂く。大会の係の方のようで毎年札立峠の山頂に立っているそうな。天気の話やらうちのチームの話やらして頑張ってと声をかけと頂きました。



それだけでも嬉しいのですがおじさんが再び犬を連れてその場を立ち去られた後しばらくして戻って来られて「四つ葉のクローバー見つけたから持っておきなさい。きっといいことがあるよ。」って下さいました。



都会の冷たい人間関係に慣れてしまった私はこの心温かさに感動しました。毎年熊野が盛り上がるのはこういった皆さんの支援があってこそのものですよね。やはり熊野大好きです。



昨年より準備不足は否めませんが明日からやれるだけ頑張ります。



目標は総合20位です。



あと4日

今日は、それなりに練習しようと思ってましたが、朝から雨でテンションダウン。



まあ今更何をやっても熊野の結果は変わらんので、疲労をためない程度の強度でローラー100キロして終了。



昼から近所の喫茶店でお勉強。



某英語の試験で一定点数以上取らないとダメなんですと・・・。



10年ぶりに英語の勉強。



まったく読めん・・・。一応中学校は卒業してるのですが、私の英語レベルはアイライクバイシクルのレベル。



開始1時間で喫茶店で爆睡。



先は長いね。



夕方家に帰ってたまには料理でもしようかとホームベーカリーでフランスパン焼いて、冷蔵庫のあまった野菜を適当にぶち込んだハッシュドビーフもどきを作ったりしました(我が家は貧乏なので牛肉が買えないのでササミで代用してます)。



料理も気分転換には良いですな。









3点バランス

趣味−家庭−仕事をどのようにバランスさせるかってサラリーマンにとってすごい重要な問題。

どれか一つに特化し過ぎると他が破綻し、最終的に特化したものもダメになり全てがダメになるってのがセオリー。


横浜に来てもうすぐ一年。ここ数年は趣味にシフトを置いたバランスの取り方をしていたけどこれからは少し考えていかないといけないのかなと。


今月末のツールド熊野がその一つのタイミングかな〜とか思ったりしてます。


4日間走り終わった時に何か答えが見えるんじゃないかな。


今日は2時間20分ローラー。心拍は110基準。

限界・・・

今週は順調に来てましたが今日はどうやっても動けない日でした。



気合で1時間我慢しましたがそこからは心拍80以下で最後は心拍50になって、もうどうやっても漕げんと諦めた。結局45キロで燃え尽き。



昔はこんなことなかったけど、最近はこんな日が週に2,3日はあります。



外も走らずローラーばっかり回していると段々気が狂いそうになってきますな。



こちらの環境では外走るのも気が狂いそうになるので、もう八方塞がりですな。



追伸



モチベーションアップのためこれ欲しい。





今週は順調

最近は練習記録をまったく書かなくなってしまいましたが、とりあえず会社に行く日はローラー台で60キロを目安に走ります。



ローラーの60キロは大体心拍120で32〜33キロ巡航なので2時間弱くらい。



朝出勤前に40分程。帰って1時間20分が標準的でしょうか。





私は根性なしでしんどいのが大嫌いなのであげてもメディオまでしかあげられません。だからしょぼいのですが、ローラーでもがきまくってマックスまで追い込むほどの気力はありません。



先週はしんど過ぎて一日1時間乗るのも辛かったのですが、今週はなんとか1日60キロペースを維持。



土曜も出勤なので休日は日曜しか乗れないけど、熊野前にそんなに走り回っても疲れるし丁度ええかな。



今年はどの程度走れるかな〜。









大会は開催されるのか!?

例のインフルエンザの関係でイベント系はことごとく中止路線。

大会主催者側からすればそんなリスクは取れないわな。

我社でも関西のお店はセミナー関係すべて中止。

この勢いでいけば熊野や美山なんかのレースも中止になるんじゃないかな〜。

サラリーマンである以上インフルをどこかでもらって会社に持ち込むことは職業人としてタブーなのでリスクには充分備えないとね。


今日は昨日と違って体がよく動いた。ローラー合計で2時間以上回して75キロ。

ターマックSL2



今年はこれで走ってます。



丁度1ヶ月で2000キロくらい乗りましたのでインプレなど。



スペシャライズドターマックSL2サクソバンクカラー





今までGIANT→LOOK→ORCAと乗り継ぎこいつに行き着きました。



まずはこのフレームさすがクイックステップ、サクソバンクという超メジャーチームが乗っていることもありレースを走るためにあるようなバイクでしっかりしたつくりです。



LOOKに比べてメンテナンス性も良いです。



このフレームの特性はなんといっても反応の良さでしょう。坂でググっと踏まなければいけないときにダイレクトに素直に反応してくれます。 細かいアップダウンのコースには最適です。



そしてまたスプリントのような踏み倒しの場面でもフレームがまったくたわむことなく踏んだ分だけ進む推進力はすさまじいですね。直角コーナーの立ち上がりのような場面でも軟いフレームに比べて楽にトップスピードに乗せれます。



ヘッド回りがかなりぶっとくてしっかりしたつくりなのでダンシングがしやすく、くだりでの安定感は抜群ですよ。下りのスピードが速くなった気がします。



フレーム重量は測ってないのでよくわかりませんが、重量を特段重く感じることはなく、むしろフレームの特性からかひょいひょいと登っていける気がします。



値段的にもヨーロッパ系に比べると格安なのが嬉しいところ(といっても高いですが・・・)



ロードレース走るならこのバイクで決まりでしょう。まず間違いはないです。



私のバイクはサクソバンクカラーでSAXOBANKのロゴが入ってますが、SAXOを消してSUMITOMOに変えて、我が社からスポンサーを受けてます・・・・(ウソ)



欠点をあげるとすれば、1000グラムを割るフレームが全盛の時代において超軽量ではないということでしょうか。それとあまりの剛性から乗り始めは足が踏み負けるということかな〜。



スペシャは日本人が乗る小さいサイズもしっかりつくっているのが良いですね。







体が動かん

今日もローラーの上にいたが、体が動かん。あと10キロがどうしてもこげなくなって挫折した。

熊野まであと10日。

これでいいのか!?

UCIレースはこんな甘ちゃんが走れるほど甘くない。


残された時間でできることをやるのみ。

ローラークルクル

今日はしらびそ高原に行かなかったので朝は10時ごろまでゆっくり寝てました。



朝起きてレーダー降水ナウキャストを見ていると南アルプスはとんでもなく大雨っぽい。



そして南アルプスの山並みと富士山が雨雲を遮って神奈川県は雨が降っておらず、昼以降もしばらくは降りそうもない。



なので11時ごろからボチボチと走りにいく。遠くに行くと雨に打たれて帰れなくなるので近所のアップダウンを走るのですが・・・やっぱりつまらん。ってか危ない。2時間30分我慢して走って帰宅してお昼ご飯。



外は雨が降り始めたので15時からローラー。1時間を3セット。



近所走るよりもローラーの方がマシだな。













200キロ

明日は雨確実なのでレースには行かないことにしました。



今日はとりあえず伊東まで片道102キロの往復。



往路はまったくやる気が起こらない。



車が多い国道1号を走りながら、なんでこんなことやってるのかわからなくなってきてもう自転車辞めようとずーっと思いながら走ってましたが、伊豆半島に入って登りでダンシングしてたら少し楽しくなってきて、心拍も上がってきたので引退決定は免れた(笑)。



往路102キロ アベ27.8キロ 平均心拍111 上昇560m



伊東のコンビニで補給。



ここで買ったチョコメロンパンチョコクリーム入りなどというものを食べたら物凄い胃もたれ。



このパンとおにぎり1個を食べて最後に余計に買った好物のみたらし団子食べたら、気持ち悪くなって吐き気がしてきた。このほかにパンやらおにぎりの補給食を大量に買ったが胃もたれで結局復路は何も食べずに背中のポケットに入れて運搬しただけだった・・・。



復路は少し頑張るかと思って伊豆から小田原までメディオ



40キロ アベ33キロ 平均心拍149 上昇390m



小田原から藤沢までは交通量と信号が多くペースが上がらんのでアベは一気に30キロまで落ちる。



最後境川サイクリングロードで15キロくらいメディオをして終了。



復路 102キロ アベ30.4キロ 平均心拍138 上昇590m



復路は信号ストップ以外は一度も止まらず。



帰宅時体重58.8キロ。 



ひとつ言える事は間違いなく精神的にも肉体的にも弱っているということです。



萎えるな〜

週末は雨予報。

しらびそ辺りは結構降る様子。

ホビーレースで雨は辛いけどヒルクライムならなんとかなるか。

いまの私の状態で雨の中参加すると絶対良からぬことが起きる気がする。

明日の朝の天気予報次第ですな〜。

ヘッドハンティング

今朝いつも通り仕事をしていると一本の電話が。



「○○生命の人事担当のものですが、ヘッドハンティングを担当しております。一度お会いして当社の話を聞いて頂きたいのですが」



私みたいないい加減な人間が○○生命(誰もが知っている会社です)でやっていけるはずはないので丁重にお断り。



それにしても個人情報が厳しいこの時代でもどこからか私の情報が流出しているってことですな。



電話を切ったあと情報の出所を聞かなかったことを後悔。



不満を言い出せばキリはないが、結局、色々なことを総合して考えると今の会社はかなり恵まれているほうだと思うので転職する気持ちは今のところあんまりないですな。



会社生活8年目。今年で30歳。これから働き盛りってわけで遊んでばかりもいられんな〜と考える次第であります。



30代は仕事に埋もれていくサラリーマンになるんだろうかな。



ちなみに今日の練習は一時間だけ。



また・・・燃え尽きた

GWで燃え尽きてしまって、この3日間は廃人状態。



まともに歩けず、自転車どころではなく、毎日ひたすら食べるのみ。



今週末はしらびそ高原にヒルクライムに行くのですが、とてもレースができるような状態ではございません。



そしてマシンも・・・・なので。



とりあえず南アルプスの景色を楽しみに行こう。









無事に帰還

シルベスト梅田店を3時過ぎに出発して、9時過ぎに横浜の自宅に到着。思ったより早く帰れました。



9日間の休みで走行距離1100KM。遊んでいただいた皆様ありがとうございました。



大変楽しいお休みでした。



4日の中山4時間耐久以降、日が経つにしたがってどんどん疲労で弱っていくのを感じました(笑)。



最終日の今日は、せっかくシモバヤシさんと一緒に練習できる機会なのにもうヘロヘロで力が入らず、まったく走れませでした。



せっかく参加させて頂いた御堂筋パレードからも千切れそうでした。



こんなので大丈夫か。。。



一週間お仕事でもして体を休めるとします。







2009-05-10 14:15:50




2009-05-10 14:13:37




パレード




地獄の3丁目錬

京都から箕面まで走ってシルベスト錬行ってきました。



今日の練習は周山方面へと勝手に決めました。



序盤はゆっくりペースで平和な走行。



園部のマツモトで補給してそこからぐいぐいとペースが上がり途中で引き返すヒト等もありどんどん人数が減っていく。



神楽坂トンネル手前で私は相当厳しい状態。今日は疲れているのかまったく乗れてません。



美山に入ってからもまじで千切れそう。



そして到着したのは地獄の三丁目交差点(Naeさん命名)。



周山街道を行くか、ササリ方面へ突撃するかの選択。



みんながササリ方面へ二の足を踏んでいると、キャプテンがササリ方面へ単騎突撃。お供するのが私の役目なので追いかけていく。師範とかまやんとおくNさんも地獄へ片足を突っ込む。常識人の皆さんは周山街道へ突撃。



まずはササリまでのアプローチ。めっちゃながい一本道。車が通らず微妙な登りで踏めと言わんばかりのシチュエーション。どんどんペースが上がる。ってかキャプテン強すぎ。



足が揃っているのできれいにローテが回ってまったく緩むことなく常時心拍170状態へ。



ササリの登りに入ると、私とキャプテンを置き去りにして師範独走。



このおじ様本当に50歳超えているのかと疑う(笑)。



TRライダー2名がチンクワンタに撃沈されたとなると、また大変なので追走開始。



ギアかけて追走したときにMAX心拍190まであがってしまい、今年一番の地獄を経験しました。



ササリからも地獄のローテーションは続き、へなへなになって京都に帰還。



250キロ アベ30.7キロ 上昇2000mでした。



明日は御堂筋で個人TTができるらしいです。





くっそー

今日は大学時代の後輩とサイクリング。



彼とは5年前に一緒にツールド大山のコースを一緒に走った。その頃の私はまだ自転車乗り始めてまもない頃で彼と一緒にひいひい言いながら大山を走って死にそうになった。



個人的に大山は久しぶりに行ってみたかったので今回もまたツールド大山のコースを一周。



いやー久しぶりの大山。すごく良い。ホント良い。最高だ。景色、コース、どこを通っても文句なし。



ただ、5年前の私と現在の私は別次元の人間になってしまっていたようで、終始ゆっくりペースに合わせてのサイクリング走行。ちょっと疲労も溜まって膝に違和感も出始めたしちょうど良いかなと。



大山のすばらしさに感動し、帰り道気分良く中国道を走っていると、後ろに怪しい車が近づいてい来る・・・。



ちょうど下り坂でメーターを見ると相当出ている。うっまずいぞ・・・免停、多額の罰金コースか。



慌てて減速して左斜線へ。車の上で赤いランプが光出しやがった。国家権力がやってきやがった。先日の○○のツケが回ってきたか。。



ご丁寧にしっかりと私の前に入って手で合図が。。。止められた。



また免停かと思いつつ大人しく覆面パトカーへ。



私が覆面パトカーをギリギリで察知したらしく、スピード計測時点では先方の思惑をはずしたスピードしか計測できなかったらしく、スピード違反は警告だけにしてやる。ただ、追越斜線をずーと走っていたためそちらで減点1点と6000円の罰金で済ませたると。なんだか、良いように言いくるめられてしまった。



要は、捕まえやすそうな車だったし捕まえたってことか。



まあ免停と思ってたのが6000円で済むならなんでもいいやと思ってさっさと済ませた。



道路交通法違反の私が悪いとしても、せっかくの大山が台無しだぞ。









雨が降っても

濡れるだけ〜♪



ってことで雨の中一人で黙々と走る。家にいてもしょうがないしね。



雨の中の走るのってそういえば沖縄以来やね。その前は熊野か。



京都の実家をスタートして山の中を走ってひいらぎ峠まで行って湯の花通って、9号線通って帰宅。



帰り道の9号線で雨でブレーキが効かなくなっていたために危うく大事故寸前まで行く事態があり、ものすごい冷や汗をかきました。無事にギリギリ体を使って大事故を回避してとりあえずマシンは無事ですが・・・。



雨が降ったらやっぱり乗らない方がいいですね。特に交通量の多いところでは。。。



サラリーマンは命削ってはいけません。大人しくローラーが正解。



よくよく考えてみれば、昨年の落車は2回ですが、どちらも雨のレースです(沖縄と熊野)。



命あっての自転車ライフですから無理はいけませんな。





どんなことも練習

ほとんどのヒトが今朝は同じことを思ったでしょう。



「天気予報外れやがった・・・晴れやん。」朝錬行けばよかった。



9時ごろに起きだして、雨降らなかったことだし走るかと思って走り出す。



とりあえず気の向くままに亀岡方面へ。まったく足が動かず引き返したくなる気持ちを抑えて心拍110くらいでえっちらおっちら9号線で日吉まで。



日吉から前から走ってみたかった持越峠を登る。この峠最高。気に入りました。一車線林道峠でまったく車が通らない最高な環境です。



そしてこの車が通らない峠でとある練習を・・・。



走りながら○○をする練習。(○○は想像にお任せします)



感想・・・おっ意外にできるやん。



調子に乗ってくだり坂の路肩で足を止めながら○○をしていると、下り坂でどんどん加速してしまい、そのままコーナーへ。ガードレールぎりぎりで止まって危うく惨めな落車をしちゃうところでした。



(注意:色んな意味で決して犯罪にならないように細心の注意を払っております。)



まあ場所とタイミングを間違えなければレース中にもできそうかなと。そんな○○を成功したと喜んでいると、京北町辺りから本降りの雨に打たれて濡れてしまいました。



今日は90キロ 上昇950mでした。



練習後、烏丸の祖母の老人ホームにお見舞いに行って、そのままシルベスト京都店へお伺い。すごくきれいでゆったりしたお店構えでゆっくりしたくなる雰囲気ですね。私的には家から近いので大変助かります。



山中さん野口さん中山さんと楽しく談笑させて頂き、消耗品を購入して帰ってきました。また行きまーす。











2009-05-06 18:55:55




師匠帰還

シルベスト練に行ってきました。今日も足パンバンマンです。

今日はてnち殿と所長殿プロデュースの初心者講習会。改めて安全走行について考えました。確かにロードレースやるにしてもほとんどのヒトが何も知らずに走ってますもんね。私も誰かに教えてもらったわけではなく実戦の中で身を持って覚えたことがほとんどです。こういう機会に事前知識を身に付けてレースに出れば全然違うでしょうね。

さて講習会の途中でベルギーから帰国中のてっちゃん合流。色々海外での話を聞かせて頂いて勉強させてもらいました。

皆様と別れた後は久しぶりにてっちゃんと練習。てっちゃんは私のチャリンコ師匠。相変わらず美しいペダリングに走行フォーム。後ろで走らせてもらえるだけで大変勉強になります。

帰り道は熊野TRメンバーで地味にしんどいメディオペースでのローテ。ってかもうメディオ以上に心拍が上がらんぞ。

京都の家に着く頃にはフラフラ状態でした。


家に帰ってシルベスト梅田店に行ってみると思わぬヒトがレジの中に・・・これまたおもしろい。

赤い彗星




2009-05-05 14:07:42




チーム岡山錬

東日本実業団でたくさんのTRライダーに苛められ、オーベスト錬でニシタニさん、シマダさんにしごかれて、岡山まで14時間耐久徹夜ドライブの続きでドM錬をしてしまい、昨日は中山サーキットでのんびりホビーレースのはずがTRライダー岸本君とナガラさんに拷問をされ、そして今日は・・・。



チーム岡山錬。



朝8時に集合場所に到着してまず目に入ったのは姫路ナンバーの車。



昨日に続き再臨最強ライダーナガラさん。今日は推定11キロのハブダイナモ練習用自転車のようですが・・・



続々とメンバーが集まり12名くらいだったかな。



私の足はスタート前からあの世へ行っておりましてとても練習どころではございません・・・。



とはいえせっかく中西さんにプロデュース頂いたのでがんばって走らねば。



約20キロの周回コースを4周。最初の一周目のアップからすでに千切れそう。



2周目から皆さん本気モードでスタート。



私、そんな急激なペースアップには対応できませぬ。どんなにもがいても心拍が160を超えないぞ。千切れると勿体無いので我慢して走っていると、気付けばナガラさんと二人に。今日も昨日に続きナガラタイムですか。。。サラ足でも着いて行くのが精一杯なのにこの足ではもう地獄です。



運良く信号待ちで後続を待って仕切りなおし。



練習のテーマは誰かがアタックをして集団で追いかけて吸収して、またアタックが掛かって吸収してを繰り返す想定だったのですが、3周目は気付けばナガラさんVSその他大勢の構図に。。。結局5人くらいでローテを回してもナガラさんにぜんぜん追いつかないのはなぜ。ものすごい脚力差。



4周目の最終周回はアタック合戦に後ろからそろーと合流して、ナガラさんの後ろに入ると気付けばまた二人に。二人での協調の逃げは今回は御法度なので二人でアタック合戦。着いていけるわけありませんがな。。。



足はぼろぼろでまったく動けませんでしたが久しぶりにチーム岡山の皆さんの練習と一緒にできて楽しかったです。また次回よろしくお願いします。



練習終わって大阪へ移動。明日はシルベスト下林錬ですか・・・。



中山耐久4時間

中山耐久4時間に出場しました。



今回は招待選手ということになり、チームMASSAの岸本君と一緒に表彰対象外ということで走りました。



中山サーキットは1周2キロと短く、そのほとんどがアップダウンという結構きついコース。



最初の1時間はチームやらソロやらのヒトの先頭集団のペースを作るようなイメージで走り始める。結構強い人も参加しておりしっかりとついて来られます。



1時間を経過して地獄の時間がやってきます。一匹の化物がコースに解き放たれました。



プロ選手がもっとも恐れるアマチュアライダーナガラさん。



二人チームで参加されていたため途中からの参戦。ここから地獄に変わります。



ナガラさんが先頭を引き始めると、後ろはもう悲惨です。次々と脱落者が・・・。しばらくするとナガラさんと私と岸本君の3人に。しばらく耐えたら、私も岸本君も千切れてしまいました。登りも下りも早すぎ。アベが一気に1キロ上がったよ。



恐怖のナガラタイムが終わると岸本君と二人でほぼ半周ずつ先頭交代をしながら周回を淡々と重ねる。そして2時間30分くらいでまたナガラタイムへ。2回目からは我々の疲労も考慮してかギリギリ付いていけるスピードで前を引いてくださるもんだから辛い試練。ナガラさんがいなくなり岸本君と二人になると平和な走行。



そしてラスト30分で再びナガラタイム。殺す気か!。さすがにこの局面でついていくことはまったくできません。



最後の一周まで岸本君と二人でローテしながらまわして、最後の一周は登りでアタックして締めました。



4時間結構辛かったすが、ナガラさん岸本君のおかげで大変良い練習になりました。



140キロ 上昇2265m



14時間

横浜から岡山まで帰ってきました。



金曜の夜はすぐに会社を出て帰るはずが、銀行特有の帰れない事情にはまってしまい、20時ごろ帰宅。20時にすぐに出発したが岡山到着は翌朝10時。



予定では7時間で到着のはずが・・・実際は14時間。



高速道路1000円効果なめてました。



夜中の2時から大渋滞。ひどかったのは京都から吹田まで。朝の3時に渋滞25キロにはまったときは地獄でした。



眠たかったけど普段は会えないメンバーばかりなので頑張って走りました。



虎柄君が「まつさん来てるのにサイクリングはありえない。思い出に残る練習がしたい」とドMな発言をしたばかりに、私もご期待に添えるようにがんばって走りましたです。はい。そして体はボロボロです。お付き合い頂いた皆様ありがとうございました。



明日は中山サーキットの4時間耐久に出場してきます。実は西の大御所が集結する様子。



しっかり練習してきます。



夜中なのに


現在4時



渋滞でまったく進まず 横浜から岡山まで一晩運転しても着きません。



高速1000円反対!



次のページ