FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

また戻る

今日の体重58.7キロ。



一気に落ちた。って別に何か特別な断食をしたわけではなく、普通に生活しているだけで2日で2キロ減。意味がわからんぞ。そしてやはり体調は確実に回復している気がする。



人の体重なんてあてにならんのだ。



って体重ぐらいしか書くことないな。







スポンサーサイト



疲労と体重

今年に入ってから毎日朝晩体重測ることを続けているのだが・・・。



傾向がわかってきた。



疲労が溜まって足が動かない時は、体重が重い。



逆に調子が良いときは体重が落ちていく。



筋肉の状態と体の水分量が相当関係している。



それにしても日曜に58.5キロだったのが、今日の夜には60.5キロ。



自分の体重が何キロと質問されても3日単位で2キロも動くと答えられんがな。







進歩

朝起きてランを20キロ。1キロ5分ペースで1時間40分ほど。



帰ってきてスイムをしにジムへ。



スイムはノンストップで1キロ泳げた。



スイムのコツみたいなのが少し掴めて来た気がする。



泳ぎ始めた頃は、インストラクターのお兄ちゃんの言ってることがよくわからなかったが、ようやく意味がわかってきた。



1キロ泳いだ後に、50mを全力で2本。よく進むようになってきた気がする。



といっても素人も素人なので、溺れたような泳ぎ方ですけど。



ジムに通い始めた2月1日に6ヵ月後の目標を「1キロノンストップスイム」と書いていたが20日間で達成。6ヵ月後の夏ごろには5キロノンストップ泳ぎたい。



昼からは勉強をせねばならんので、じっくりお勉強。











前に進む

今日も土曜出勤。



仕事がさばききれんのだ・・・。まっ仕方ない。



それでも前に進んでいるのだから決して不毛な時間を過ごしているわけではない。



最近は水泳を一日20分くらいやるのですが、最初は50mしか泳げなかったのが20日間で500mまで泳げるようになってきた。



3日に一度程度鉄棒で懸垂をやるのも10回3セットが普通にできるようになってきた。



ランでメディオができるようになってきた。



やればできる。少しずつでも前に進んでいる感覚があれば、モチベーションにつながる。



頑張るぞっと。















多摩川マラソン

なんとなく勢いで年末くらいに申し込んだ10キロのマラソン大会。いまはランもまともにできてないけど折角エントリーしているので出るだけは出るのだ。

多摩川のグラウンドを一周走ってサイクリングロードを往復するだけのコース。

10キロは2年前に走った万博公園クロスカントリー以来でそのときは45分くらいでえらくしんどかったな〜。


よーいドンでスタートしてマイペースで走る。

最初の1キロ3分55秒

次の1キロは3分45秒

そこからキロ表示がなくて5キロの折り返し地点で19分30秒。

8キロ地点で31分45秒

ゴールは39分39秒。 平均心拍182。

走っていてこれはヒルクライムとまったく同じだなと感じた。 ずーっと高い心拍の維持でひたすら耐える。気持ち良いけど何か味気ない気がする。河川敷は景色が単調なせいかな。その辺りトレイルランは景色の変化とアップダウンに遊び感覚があって楽しい。


それにしても1キロ4分ペースってのが思いのほかきつかった。

短距離選手として陸上部に在籍していた当時、長距離部門では5000mを15分切るような仲間がゴロゴロいたけど彼らの偉大さを自分で走ってみてしみじみと感じる。

それにしても同じ持久系スポーツでありながら自転車とランはリンクするようでしない。

サブスリーへの道は果てしなく遠い。

今日のペースで4倍の距離だからな〜。

できることをできるときに

食後に時間があったのでラントレだと思い立って走ってみる。



最初は気分よくゆっくり走っていたが30分経った頃から気分が悪くなりそのままトイレにピットイン。



なんか病人みたいになってきたぞ。



明日もお仕事に行ってまいります。







沈まぬ太陽映画

先日読み終わった「沈まぬ太陽」の映画が渋谷でまだやっているという情報があったので、早速行ってみる。



全5巻の長編小説の映画化は3時間30分もの長い映画であった。



原作を知っていると結構ストーリー展開に無理があった気がするが、良い映画であったと思う。



それにしてもこの話、色々調べてみると事実の部分が多い。



小説ゆえのフィクションや架空の設定はあるが、組合分裂政策やストライキ、不当解雇、官僚との癒着、再建に来た鐘紡会長の苦悩等々のブラックな部分はあながちウソではない。



冷静に考え、まともに飛行機を飛ばして適正な料金を取っていれば、JALとANAしかない日本の航空産業においてJALだけがつぶれるわけはない。



色々考えさせられますな。





さて、帰りに渋谷まで来たのだからとクリスピークリームドーナツなる行列ができるドーナツ屋さんに行ってみる。



しばらく並んで、3つドーナツを食べてみたが一口であまりの脂肪分の多さと甘ったるさに度肝を抜かれた。



運動もせずにこんなもん食ってたら、体がおかしくなるぞ。







たった3キロ

昨日大阪から電話を1本頂いた。



元気をもらって嬉しかった。



朝3キロだけロードバイクに乗った。



たった3キロだけど感動した。



なんて楽しくて気持ちの良いスポーツなんだ。



ランもスイムもよいが自転車に比べれば、やはりつまらん。





今は腐らずじっくり根をはやします。















沈まぬ太陽



最近移動中に読んだ本。



心打たれた。



利益優先の航空会社。保身に走る上層部に官僚。



色々なところから歪みが生じ御巣鷹山の墜落事故・・・。涙なしには読めなかった。



フィクションであるが、事実上の倒産であるJALの実態とかけ離れていないのではないだろうか。



サラリーマンとして信念を貫く難しさを感じた。



心折れそうになっても信念を曲げてはならんのだ。