FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

鈴鹿5ST ?

? 第3ステージはチームTT



5.8キロ×4周回で行われるチームTT。チーム総合成績も個人総合成績もはっきり言ってこれで決まるので一番重要なレース。



私はチームTTも初めての経験なので、レース前に実際の公道でローテをして所長にレクチャーを受ける。登りはゆっくり下りは早くというのがポイントだそうだ。



私は個人TTに続いて、ギブリにエアロヘルメットを使わせてもらう。



10秒間隔で各チームがスタート。



私は一番後ろに入ってチームTTスタート。序盤からかなり早い。半周程で10秒前にスタートしたチームをとらえる。



おー、行ける行けるこのままいけば好タイムと思っていたが・・・・



所長のチームTTでは下りで踏みまくるという考えが、見事に裏目に出る。序盤のハイペースでキャプテン、かまやん、Kとう君、をくだ君がかなり消耗してしまい、その状態のまま下りに入ったところで所長が鬼踏み開始。



ここで、私以外の4名が切れてしまい崩壊。後ろが切れたことに気付いた私が所長に「早い、待て」と叫びまくったが、運悪く今日一番風が強く、しかもエアロヘルメットのため声が届きにくく、まったく聞こえちゃいない。やっと横に並んで緩めることが出来たが、合流するまでにタイムロスと体力ロスをすることとなった。



そしてホームストレートに入ったところでをくだ君とKとう君が復帰。あとは先も長いしキャプテンとかまやんの復帰を待つかと思っていたが、所長から「OK」の声。この一声が、完全に勝負の分岐点。日本で27番目に早い男の我らがTRライダーのキャプテンと平坦に強いかまやんを切り捨ててしまった。



追いつくのに体力を使ってしまったをくだ君とKとう君は完全に消耗しきってしまい、残り3周をほぼ所長と私の二人でローテーション。をくだ君が何度か入ってくれたが、相当消耗している様子だったので早い目に前に出るようにして最後まで一定ペースを保てるようにフォロー。



最後の周回は私も苦しくなってきて、ラストの下りは所長が完全に棒引きで引っ張ってくれて、をくだ君とKとう君を引き連れて4名でゴールへ。



やはり、ペースが無茶苦茶だったためタイムは伸びず、8秒差でチーム縞馬に遅れを取り、2位になってしまいチーム成績トップから陥落。このメンバーで走ってホビーレースで負けるなんて正直思わなかった。



チームTTは全員が力を出し切る展開に持ち込まないといけないんだろうけど、キャプテンとかまやんの力をほとんど使うことなくレースを終えてしまったのが、なんとも残念。



チームTT奥深いな〜。これはもう一度リベンジしたい。



レース終了後、チームは険悪な雰囲気で崩壊・・・なんてことはなく、いつもの練習通りの千切り合いをやってしまったぜとゲラゲラ笑っているのは、ご愛嬌。



夜も楽しく、妊婦さんを取り囲んで明日の作戦会議。



チーム総合で7秒差。個人総合で18秒差を逆転しないといけない。



出てくる作戦は無茶苦茶な作戦ばかりだったな〜。各人が2分ずつ捨身のアタックをして自爆するとか・・・。



2日目に続く。











スポンサーサイト



鈴鹿5ST ?

第一ステージが終わって、しばし休憩。



各チーム毎にちゃんとリザルトが配られるのがうれしいですね。



リザルト見て第一ステージは集団ゴールでタイム差なし。



途中のスプリントポイントで稼げる秒差が結構重要なんだと初めて知った。無駄に足使って暴れまわるんだったら確実にポイントを取りに行くのが賢明だったかな〜。



?さてさて、第二ステージは個人TT。



一周2.2キロのショートコースを1周。大体3分くらいのTTなので、タイム差もそんなにつかんだろうとパワータップ使って3分間の出力計測でもしようかと思っていた(完全に舐めていた)。



レース前になって、てnち殿からディスクホイール使ってよいよという魅力的なお誘い。しかもギブリ。おまけにキリさんからエアロヘルメット使ってよいよと優しいお言葉。どちらも初体験だったので喜んで経験させてもらいました♪



ウォームアップからギブリのブンブン音が爽快。ディスクホイールってこんなに違うのか。反則やな〜とか思いながら、招集へ。



結構TTマシンで参加している人がたくさん。



5秒ごとにスタートしてさて私の順番。最初の登りをブンブン登るけどシッティングに入るとどうも安定しない。DHバーをつけてないし、ハンドルに肘を乗せるエアロポジションを取るけどスピードがいまいち乗りきっている感じがしない。走りながらまじめにDHバーが欲しいと思った。なんかいまいちだな〜と思っているうちにあっという間にゴール。結構しんどかったので、それなりに力は出したつもりだけど、経験不足でロスが多くうまく前進するパワーになってない感じでした。



それでも2分53秒で全体の11位のタイムだったのは、ギブリとエアロヘルメットのおかげでしょう。てnち殿、きりさんありがとうございました。



さて、チームの上位3名の成績でチーム総合が決まるのですが、この個人TT終了時点でうちのチームはなんと1位。



TTフル装備の所長とKとう君がきっちり好タイムを出してくれたのが効きました。



さて、一番重要なチームTTを最終でスタートできることになりました。



このときは、このメンツでチームTTしたら余裕で圧勝だろうと思って油断してましたわ。



続く。





鈴鹿5st?

鈴鹿5STのレポートです。



今回のクラブシルベストチームメンバーは、シャドマンキャプテン、をくだ君、かまやん、所長、Kとう君という、TRが3名、BR−1が2名、ジュニア選手1名の豪華布陣。



朝4時会場到着。レースが7時45分なので、コース試走。



ハイランダー君に借りたディープリムホイールにまず感動。確かに伸びるし高速巡航が楽な感じ。いつも激重パワータップで走ってるいる私には、衝撃的でした。ハイランダー君ありがとう。



鈴鹿のコース初めて走りましたが、結構アップダウンあるんですね。サーキットコースだけあって、自転車にとっては下りもイージーだし、激坂もないのでロードレースではばらばらになりにくいコースだなと。



?第一ステージ



1周5.8キロ×5周ロードレース



チームオーダー・・・・かまやんゴール狙い、キャプテンと所長がアシスト。残り3名フリーで逃げをつぶすまたは逃げる。



ってことで私は最前方で少しでも飛び出そうとする選手がいると全部チェック。メンツ的に一緒に行けそうな選手なら協働での逃げを打つというスタンス。



・・・結局、をくだ君と二人であほみたいにすべてのアタックに反応していたら2周で結構消耗した。前で走るってのは辛いのね。いつもTRで耐えるレースしかしてないから、こういうのに慣れていない。



3周目すこし休んで、4周目も前でチェックのお仕事。



そして最終周回のシケイン後のアタックに反応して、3名での逃げを成功させる。



しかし、足が揃っていないので一人が早々に切れる。二人で回すが結局タイム差7、8秒くらいしかつけられず、後ろが組織的追走に入ったため、半周ほどであえなく吸収。結構踏んだつもりだったけど、逃げるってのは難しいもんだ。



最後はかまやんのアシストに入ろうと前に上がろうとしたけどもう少しのところで前まで上がれず、お仕事ができなかった。ごめんなさい。



最後は流して集団ゴール。81位/250くらいだったかな。



チームはかまやんがスプリントで5位。



優勝はサカタニの戦車みたいにごっついヒトでした。

















鈴鹿

夏のお祭りシマノ鈴鹿に行ってきました。



今回は5ステージ(ロードレース3回、個人TT、チームTT)に参加させていただきましたが初体験なことが多くて、非常に勉強になりました。



何が初体験って、



? 初チームTT



? 初個人TT



? 初ディープリム



? 初ディスクホイール



? 初エアロヘルメット



? 初鈴鹿



? 初チーム総合がかかったステージレース



いままでヒルクライムとロードレースばかり出てましたが、個人TTとチームTTをやることで自転車というスポーツの奥深さを感じましたわ。



そして、機材の効果ってのはすごいなってのを身を持って体感しました。



やっぱエアロ効果を追求するとか空気抵抗を減らすってのは大事ですな。



今回、結果的に2秒差で総合が取れなかったのですが、原因はすべてそのあたりの準備不足ってことで・・・。



明日またレポートします。

















結構深刻・・・

今週は木曜になっても疲労抜けず。結構深刻だ。



って、もうただの夏バテか。。。



足がだるくてまったく練習なんかする気になれず、鈴鹿に行く準備をして寝る。



明日は定時で帰って、いざ鈴鹿へ。



土曜のレースが7時45分だから、SA車中泊で早朝到着予定です。



予定など

今日は1450kj。



メニューはなく、テンポレベルの維持のみ。



最近は土日に追い込んだ疲れがなかなか抜けず、月火水は練習にならず、木金と調子が上がってきて、土日でまた無理に追い込んで、また月火水がボロボロというサイクルが続いているな〜。



今週末は鈴鹿があるし、木金はおとなしくしておこうかな。



初めて出る5ステ。どんなだろう。



9月の予定は、修善寺の全日本実業団ロードと何かローカルレースに出てみようか物色中。



10月11日は久しぶりに岡山への帰省も兼ね、天満屋ハッピータウンカップで5時間耐久ソロで沖縄に向けた調整。



10月24日 ジャパンカップ



11月14日 ツールド沖縄



ラスト2レースにすべてを捧ぐ。









駄目だ。

かからん。7分49KJで終了。いくらやっても無駄だ。



寝よう。。。





休養

今日は練習なし。



二日連続3000kj越えは結構足にきているので、無理しない。



食べるのも練習のうちと割り切って今日はドカ食い。



休むのも練習なのではよ寝よ。





















富士山麓錬

都心は暑い・・・。大阪に比べたら東京の暑さはマシだと思っていたが、今年は異常だ。



ってことで、涼を求めて標高が高いところでトレーニング。



距離的に一番近いのは富士山近辺なので車で移動。



標高900mくらいに車を止めてトレーニング開始。



標高が1500mくらいまで上がると涼しいを通り越して寒いし、標高500mまで下ると暑い。1000mくらいが丁度良い感じ。



なるべく山の中の涼しそうな林道ばかり走ったが、林道の道がよくわからなくなって危うく迷子になり青木が原樹海の藻屑になるところであった。舗装が悪過ぎてスピードが上がらずまったく距離は乗れず。



4h53min 220w 上昇2516m 129km



翌日も暑そうなので車泊して、軽い合宿。 



2日目は富士五湖を全部回る比較的平坦中心コース。



朝の4時45分日の出からトレーニング開始。気温は21度くらいで絶妙な気温。



最初の3h  215w AV35km 上昇680m



35キロで淡々と走る。平坦で信号さえなければ35キロ巡航は丁度良いスピード。



220w維持=35キロ巡航って感じでしょうか。



3h経過時点で若干ハンガーノック気味。途中の補給1回だけでは無理だったか。



ラスト1hはすこし垂れながら3000kjにして朝9時に練習終了。



TOTAL 4h17min 210w 143km 上昇990m



その後すぐに帰宅して11時前に家に帰宅。横浜はクソ暑い。



この中で練習は嫌だし、なんだか勝った気分♪









2010-08-22 07:06:25




朝錬

昨日は朝に



15min 172w 123bpm



30min 202w 140bpm



夜にもう一度やったが、足が重たくてまったく回せず20分で終了。



20min 130w 103bpm



こういうときはすぐにやめて寝て、翌朝やるに限る。金グリ飲んで早々に寝る。



で、今朝は結構かかりが良かった。



20min 160w 121bpm ウォーミングアップ



10min 303w 166bpm



10min 155w 135bpmレスト



10min 306w 168bpm



5min 135w 133bpmレスト



5min 300w 163bpm



10分の300w走を3セットの予定が、ラストはすこし時間が足りなくなって5分早く切り上げた。



まだまだぶっ倒れるレベルではなく、余裕のある水準なので負荷の目標値を320wぐらいにあげても良いのかもしれない。



今朝の体重58.0キロ。結局このあたり前後1キロから動かない。









半分以下

今日は夜飲み会あるのでトレーニングなしの予定だったが、予想以上に早く帰れた。



予定外の練習を1時間くらいやるかと思ったが、まったくかからず25分150wで止めた。



「かからんときはやらん。」って割り切りができるようになったのも精神的な進歩か。



練習量は一番やっている時の半分以下になっている。



体のレベルをパワー計である程度測れるので、闇雲に走らなくても良いやと思えるようになった。



最低限の努力で最大の効果を上げるかって最大効率を追求する。



これぞサラリーマンの永遠のテーマ。











メディオ60分

ミドル負荷でじっくり踏む。



20min 166w 123bpm



60min 252w 156bpm



10min  101w 115bpm



7月15日に行った練習とまったく同じ出力に心拍。



1か月前とまったく進歩しとらんのか・・・。



中途半端な練習ばっかりじゃ強くならんな。





いざ沖縄!

今日は流しのみ。



60min 160w 121bpm



ツールド沖縄の締切が迫ってきました。



やはりロードレースはこの大会に出ないとシーズンは終わった気がしないし、この大会を走るためだけに練習している気がする。



今年もレベル高そうだし楽しみ。



ただ、今年は嫁が来れないし、関東で一緒に行く仲間もいないので一人さみしい沖縄旅行になりそう。1泊弾丸ツアーになるかな〜。



参加される方いらっしゃいましたらお声がけくださいませ。

















体に悪いぞ〜



今日は永田さんと二人で道志みちトレーニング。



しかし、まあ暑い・・・。何℃あったんだろうか。間違いなく35℃は越えていた



道志みち入口から私の先頭固定で240w〜250w維持で引き続ける。



途中、あまりの暑さに永田さん力尽きる・・・。



山伏峠を目指してこぎ続けるが、明らかに出力も出ないし、心拍も上がらん。



何か違うところにエネルギーが吸い取られているような・・・。



帰り道、相模川沿いで捨身のメディオ10分。アベ40キロ260wぐらいで燃え尽きた。



家に帰って体重計乗ると55.9キロ。2キロ減ってるぞ。



明らかに脱水だ。



5h20min 158キロ 185w



絶対に体に悪いことをしている気がする。



このクソ暑い中練習することは精神修行ですな。





帰ってきて、ご褒美にリリエンベルグって由緒正しきお菓子屋さんにザッハトルテってお菓子を買いに行ってきました。





































サイクリング〜

最近ロードバイクを購入された方からサイクリングのお誘いを受けたのでおじさまとそのお子様含めて合計6名で三浦半島一周サイクリングに行ってきました。



もちろんレースなんて無縁な方ばかりで、途中掟破りのアタックなんてありゃしません。



本当の大人のサイクリング。アベは20キロくらい。平均出力は100w。



こんなまともなサイクリングは生まれて初めてかも。。。。これなら嫁や初心者もたくさん参加できたな〜と。



昼御飯に三崎でマグロ食べて、途中休憩もたくさん入り、朝7時30にスタート地点を出て17時に戻ってきて100キロ。



前に出るとペースを乱してしまいそうなので、常時最後尾でゆっくり走って、だんだん物足りなくなってくると片足ペダリングでごまかしたりしつつ、たのしくサイクリング。



シーズンオフはこういうのが良いかもな〜。



ちなみに家から集合場所までの単独走行は・・・45キロ、アベ30キロ 平均出力210w。



→やっぱこっちの方が性に合ってるか。





2010-08-14 11:54:42




2010-08-14 09:39:38




気合いでかける。

朝にローラー30分



夜にローラー1時間30分



なんだか疲れているけど5分のインターバルをやる。



20min 161w 127bpm(warm up)



5min 299w 156bpm(max170bpm)



5min 310w 162bpm(max172bpm)



5min 310w 165bpm(max175bpm)



5min 313w 167bpm(max175bpm)



5min 315w 168bpm(max177bpm)



20min 127w 124bpm



1セット目であまりにしんどすぎて途中で270wまで下がり、今日もダメかと思ったが気合いで一気に299wまで戻した。これで何かが吹っ切れた。



2セット目からは普通に300w以上の強度がかかるようになった。



数字が正しければ去年よりも強いぞ。。。







中2日

今日は振替休日で、外で走る。



しかし・・・日曜の高強度錬から中2日まったく回復してませんでした・・・。



なんとアベが23キロ・・・。



途中で暑いしもう嫌になって、帰宅したけど、帰路でようやく300wがかかるようになってきた感じ。



ラストの相模川 13min 274w 156bpm 



最後の丘で一回スプリント976w。



こんな体では1000wは出ない。。。。



それにしても回復ができん体になっとる。



なんせ週に一度しかメディオ以上の強度ができん体ですので。





これはいかんと、ムサシのNIと金グリとプロテインを購入。



回復、回復。







沖縄・・・

昨日のトレーニングの疲労で今日はぐったり。



一応積極的休養ってことですこしローラー。



45分、何も見ずにぼーっとこぐ。ただ汗をかくことが目標。



100Wが出ていない。



沖縄まで残り3か月。



3か月あれば相当の準備ができる。あとは気合いの問題。



沖縄だけはエントリーしておくことお勧めします。











西伊豆高強度錬





今日は、シルベストのかつての実業団選手永田さんと二人でトレーニング。



早朝に永田さんを車でピックして、朝8時から西伊豆でトレーニング開始。



100%私の先頭固定でローテはなしなのですが、二人で練習するってのは一人の練習に比べてまったく集中力が違います。おかげ様でかなり負荷がかかりました。



コースは天城峠を越えて西伊豆に入りひたすら西伊豆のハードな海岸線アップダウンを繰り返すロードレース的なトレーニング。



5h03 156.5キロ AVS31.0キロ AVP218w 上昇2057m



登りは淡々と270w程度の出力でクリアし、下りも平地も淡々と一定ペースで踏み続ける。



3時間くらいからだんだんとパワーダウンしてくるのがわかり、終盤のアップダウンが相当つらく、最後の海岸線の平地は200wも苦しいぐらいに足にきていた。



まだまだロングが走れていないので、持久力がない。



それにしても永田さんは、とても週一の練習量とは思えない強さだった。



実業団復帰お待ちしてます。









1250kj

出勤日につきローラーのみ。



57.1キロ。



やっとこさ

すこし踏めたぞ。



20分のメディオ2セット(15分アップ レスト10分 クールダウン15分)



20min 258w 158bpm



20min 263w 165bpm



1000kjで終了。



これ以上の負荷で毎日やらないといけないのだけど、どうも暑さで体調管理ができてない。



松川のレース前もダイナソアの社長さんにメンバーの中で筋肉の状態は一番ひどいねと言われ、やはりそうなんだろうなと思う。



今日も足のむくみ方が半端ではなく、ズゴックみたいになっていたので、じっくりマッサージなんかやってみたりした。自分の筋肉の状態の管理もしないといけないな〜と思う今日この頃。







ぐったり

日中からふらふら過ぎて練習どころではない・・・。



いつになったらまともな負荷がかけれるのやら。



スカスカ

昨日アクティブリカバリーしたので今日は、メニューをする予定であったが、体がまったく動かずメニューできず。



20min 174w 129bpm



10min 249w 153bpm



10min 154w 127bpm



撃沈



途中で300Wをかけたが5分で撃沈。10分経過時点では250wまで下がってしまった。



自転車初めて2カ月。



練習した日の半分はこうやって力が入らず挫折している気がする。



モチベーションはあるが、どうも体がついてこないのが夏。



秋まで我慢だな。







進む

昨日のレースの反省はたくさんありますが、色々と宿題ももらってまだまだ強くなれる要素がたくさんあるぞと思えてきた。





TRのレースは走る前と走っている最中はつらいけど、終わってみると得るものがたくさんあっておもしろい。



昨日走った感じでは一発のアタックへの反応力とか平地の巡航スピードとかそのあたりは、去年のそれとあんまり変わらない気がするけど、それを繰り返す能力とか長時間耐える能力は著しく劣化している。



それは単純に絶対的な走りこみが足りていないからに他ならんなと。



やはり週に2度は5時間〜6時間の走り込みをしておきたいところ。



そもそも今年は自転車乗り始めて2か月弱。月間走行距離1000キロ強くらいの軟弱な練習量で、TRのレベルで走ろうとすること自体が間違っている。



とにかく進むべき道が見えてきた気がする。うまくやれば、去年よりもはるかにパワーアップができる可能性も感じる。



ってことで、沖縄市民210キロエントリー。



最終局面が細かいアップダウンに変わったような感じだが、このコース変更で誰が有利になるか。





今日はアクティブリカバリー1時間 



60min 162w 122bpm























実業団松川

現在帰り道中央道渋滞30キロ。

八王子まで3時間ですと・・・

まったく進まんのでレポート。

TR復帰第一戦レース。

巷の噂では比較的イージーなコースだと噂されていたが行ってみてびっくり。登って下ってコーナー立ち上がりもしんどそうでまったくイージーではないじゃないの。。

ってことで走る前から負け戦モード。結果的にはこの心理状態がよろしくなかったです。

レースは序盤はそれほどペースは早くなく早々と逃げが6名だったかができる。

集団はまったり進んで4周目くらいまではおとなしく進む。5周目の上りで鈴木真理選手のペースアップがあり一気に20名くらいにリストラされたがここは普通に処理できた。しかしその後の5キロ誰も引かなくなり、サイクリング状態になって愛三やらマトリックスやらがどうするよなんて話をしている。。

そして次の周回の登りで一気にペースアップで集団大崩壊。たぶんJツアーリーダーの畑中選手のペースアップだったと思う。

私はこの登りの途中から力が入らなくなり大失速であえなく遅れる。。。やっぱ走り込みが足りない証拠。終わったと・・・この時点でもう気持ちが切れてしまった。

下ったところでキャプテン合流。

このとき先頭から3分30秒のタイムギャップ。

私は愚かにも5分のタイムギャップで下ろされると思い込んでおり完走は100%不可能と完全に諦めてしまったが実際は10分だった。

次の周回キャプテンと一緒に走ってタイムギャップは4分30秒まで広がり次の周には6分30秒まで広がった。クソ暑いしもういいやって気持ちにもなり、下りる気満々でゴール過ぎると下ろされない。あれれ? 一度切れてしまった気持ちは持ち直せずグダグタでもう一周して終了。

私は途中で諦めてしまいましたがキャプテンは最後まで諦めずに踏み続けて見事に完走。キャプテンの気持ちの強さに感銘を受けると同時にたくさんの方に支えて頂いているのに途中で諦めてしまった自分が恥ずかしく情けない。

足もあまり残ってなかったので結果として無理だったのかもしれないけどやるだけのことをやらないと何も残らないなと感じた次第であります。


その前にもっと厳しいトレーニングやらないとこのレベルでは走れんぞ。

また来週からやり直しだ。


キャプテン完走お疲れ様でした。