FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

桃谷練



ディープサウスのかくれた名店ツアーに先輩方のご好意で参加させて頂きました。



やかんに入ったマッコリが絶品にうまい。出て来る料理がすべて本気で美味しい!大満足の桃谷練でした。



人生の先輩型の色々なお話が聞けるのもシルベストのおかげであります。なかなかこういった機会って会社生活だけでは得られないし様々なお仕事の話が聞けたりして非常に勉強になり幸せな時間をすごすことができました。




皆様ありがとうございました。次の機会もよろしくお願い致します。



それにしても皆さん私より遥かに忙しい立場であられるのにきっちり時間通りに集合されてホントすごいかたばかりです。わたしもこういう社会人にならねばと思った次第です。



スポンサーサイト



モーニング西田橋

4時間45分起床。 5時7分に家を出て5時30分西田橋着。

レースで使用する機材に問題がないか確認がメインで今日はカーボンホイールを着用。

いつも重たいパワータップホイールなので決戦仕様になると別の自転車みたい。

西田橋からきつ過ぎずゆる過ぎずのペースで勝尾寺まで。分岐通過が7分30秒。思ったよりタイムが出そうなので最後は頑張って11分20秒。ワット数がわからないのが残念。

10分台も近々出そうな予感。

高山と霊園を流し気味に走って忍頂寺経由で帰宅して6時50分。

今日はこれから桃谷練にいってきます。

健康診断

身長169.1cm 体重58.0キロ 体脂肪率7.3% 血圧115-67

22歳を体のボロボロのピークにして年々改善してここ数年はほとんど同じ数字。

健康診断が終わると高カロリーなものが食べたくなりラーメンを食べる。

普段はあまりたべないのにつけ麺の大など注文してみた。

ひと口目、美味しい。 二口目も変わらぬ美味しさだけど五口目くらいからしんどくなってきて大を頼んだこと後悔。

ラーメンは単調なので途中で飽きてしまう。食べれば食べるほどスープは冷めてしまって美味しくなくなるし。

やっぱご飯はまず味噌汁。

副菜食べて、主菜食べて、そして米。このローテーションが大事なのだ。

寝返り





娘が寝返りしたー。



っていま岡山に居るので見れなかったのが残念。



子供の成長ってホント幸せを感じますね。



今日はローラー1時間。



アップしてから220wで40分。心拍は140〜150くらい。



蒸し暑くてローラーは精神的にきついですなー。



銭犬アタック

本日9時から雨予報につき、降るまで走るかと思って7時頃出発。



勝尾寺経由で箕面に行こうかと思って出発。しかし、昨日の疲労でまったく前に進まず。



西田橋の交差点まで来て、勝尾寺登ってたら時間的に箕面に到着できそうもないので、直接箕面に向かう。普段は35分くらいで到着するところが45分かかってしまったわ。



箕面に着くと、キャプテンと初めてお目にかかる方しかおらず。全員雨に逃げたな・・・。



しかしまあ昨日と違って足がスカスカです。



1st 7分2秒 313w 159bpm 



2st 3分47秒 321w 167bpm



3st 5分19秒 303w 170bpm



3stに向かう途中で結構雨が降ってきたので、高山では止まらずそのままキャプテンと霊園登る。霊園の中は濃霧で30m先も見えない状態。天狗を下って帰ろうかと思ったけど、茨木側は雨がもちそうなので、泉原から上音羽(8分265w152bpm)登って、見山の郷を抜けて銭原へ(8分273w157bpm)。



そして銭原から上音羽に抜ける道ですが、私初めて通ります。キャプテンからこの道は犬が出るで〜というけど、まさか本気で出ないだろうと思ってた・・・・



ひたひた150wぐらいで走ってたら、「うわ!来た!」ってキャプテンが言う。振り返ると後ろから野放しの犬がおいかけてくるじゃないの。一気に500wまで出力あがりましたわ。これが噂の銭犬か!びっくりしたわ。



その後上音羽で強く雨が降ってきて、泉原まで下ると止んで、家着く直前にまた降ってきてとまあ致命的に濡れずに走れましたわ。





ジオング

この朝6時に起きて朝錬へ。



171号を渡って茨木川沿いを走っていると、後ろからプレッシャーが。赤い彗星がジオングに乗ってやってきた。ニュータイプ専用モビルスーツはやはり違うらしい。



箕面でチームTTの練習に行く大佐を見送って、いつも通りの朝錬へ。今日はたくさんクライマーがいますな〜。



第一ST 序盤からペースを作っていく。西田橋の後遺症で引き足を使うと右足の裏側が攣りそうだわ。中盤からアジアチャンプのやべっちが先頭を引いてくれる。私後ろに下がって待機。やべっちの引きで皆切れて行って終盤前に出て交代。最後はギレン総帥がジークジオンって叫んでトップを取っていった。



6分4秒 356w 174bpm 



第二ST 序盤はヒラタさんが鬼のようにダンシングして引きまくってくれた。途中一度先頭を引いただけだったような。



3分25秒 348w 177bpm



第三ST ローテの順番で先頭に出たところから計測開始。結局やべっちと二人でローテ。終盤に小味さんがアタックしたのを利用してもがく。



5分43秒 330w 179bpm



こうやってみると、第一〜第三にかけて出力は落ちて心拍は上がって行ってますな〜。



さて、セミロンどこに行くかって話になって私は美山に行きたかったけれど熊野組に却下されたところで、善峰寺キーホルダーをヒラタさんが取りだす。



チームTTの練習をしている大佐に渡しに行かねばとセミロンは三田へ決定。



冷やかし・・・いや応援ツアーは10名以上の大人数で移動。



途中、堀越峠も大阪峠も杉生変電所もクライマーたちが頑張って引いて、最後は総帥がソーラーレイを発射して全員粉砕。私はクライマーと総帥の間のブリッジの仕事をしていました。



杉生のコンビニで休憩して、西峠越える。



西峠は私が淡々と290w(体重の5倍基準)で引く。最後斜度がきつくなるところで小味さんが前に出てくれて出力アップ。



12分30秒 306w 176bpm



10数名で三田ループに到着して、大佐と合流し、善峰亀は無事に大佐の手に渡る。



さて冷やかし・・・いや応援も終わったところで帰るかと思ったら、チームTTを走るからキトウ君の代わりに加われと。



3名のTT仕様のバイクに大して、私バリバリのロープロのパワータップホイールなんですけど・・・。



しかし大佐の命令には逆らえないので、参加する。みんなも着き位置で着いてきて観察をしているという。



とりあえず走っていくと、途中でブラックデビルトラブルで離脱。3人しんどいやん。右足攣りそうやし。



チームTT 7分16秒 296w 172bpm





復路ももう一回やるらしい。一回目のローテで右足が一度攣った。とりあえず迷惑をかけんように走って、なんとか役目をはたしてチームTT錬終了。



まじでハードなオプションやったわ。



そういえば、着き位置で冷やかしで着いて行くと言っていたメンバーがいのきんさんしかおらんぞ。全員逃げたらしい・・・。



その後、TTバイクに引っ張ってもらって茨木まで帰宅。



150キロ NORMPOWER241w 142bpm





















2011-05-21 08:43:58


赤い彗星専用キーホルダー



3日連続

今朝もモーニングへ。 4時35分に起きて5時出発。



5時25分到着。



今日は、ハヤトコバヤシかまやん参戦。まもなくフラウまりねえもカツ・レツ・キッカを連れて現れるか。



そして、シルベストのブラックジャックHC本先生現れ、我々を置き去りにして高山までの単独逃げを敢行!



大佐も時間通りに3倍のスピードで現れる。



丹下段平改め、シルベストのギレン総帥N村氏の「ジークジオン!」の発声で出発。



私は、膝の調子が良くないので早々に着き位置宣言をして静観。



序盤から総帥の引き。



分岐まで総帥と大佐が二人で引いてくれる。途中で大佐が「いまの私にガンダムは倒せん」と言い残して撃墜されて、総帥と二人に。



分岐で8分5秒292w。昨日が7分45秒で321w。20秒の差を差し引いて15wぐらいは後ろが楽ってことか。



分岐からは総帥命令で前を引く。



4分10秒 300w。



合計 12分15秒 296w 161bpm 



高山までは、回転系であげていこうと、早い目にペースアップし大佐と切り合い。



6分43秒 339w  169bpm



霊園登って、下りの練習して、茨木川沿いでスプリント。976w。



3日連続モーニングは達成感あります。



しかし、身体はボロボロです。



明日は寝ます。





 





















西田橋=泪橋



今日も西田橋へ。



4時30分起床で4時55分出発。



5時20分に着いたので今日も5分ほど登っておく。



赤い彗星はララアのところに行ってしまったので現れず。



泪橋のマスター丹下段平とN井少佐と3人。



5時30分出発。



今日はおっつあんのモーニングアタックはなしで、私の後ろから「踏め!踏むんだジョー!」ってプレッシャー。



1分349w



3分323w



5分323w



分岐通過7分45秒 321w 165bpm



11分48秒 325w 171bpm



一定ペースで淡々というところで昨日よりかなり楽。でもおっつあんが後ろから監視しているからさぼれず。



分岐以降は昨日も今日も約4分ですが出力が14wくらい違うな〜。



走っていて結構風向きによる影響はありそうな気もします。



高山までは疲労で足が動かず。



6分46秒 306w



ひとりで霊園越えて、泉原から忍頂寺経由で帰宅。



大岩のアップダウンでアタックの練習2回。



950wと961w。全力で上半身も使って踏むと少し鎖骨に違和感あるな〜。



さっ寝るぞ。



モーニング西田橋



誰が名づけたが西田橋変態クラブ。



正式名称は、チームサンシャイン西田橋だったような。



名前はともかく3年ぶりに西田橋復帰。



朝4時20分に目が覚めて、5時前に出発。



西田橋には結構飛ばして23分で到着し、5時15分。誰もいないので一人で5分間登ってアップ。



ポジションを直したりしてY田司令官とN井少佐現れ、



5時28分 西田橋の丹下段平N村氏現る。



5時30分 西田橋の赤い彗星シャドマン大佐通常の3倍速で現る。



5時30分信号出発。



丹下段平の「立て!立つんだ!ジョー!」ばりのいきなりのオープニングアタックで幕開け。



最初の1分間440w。やり過ぎです。



いきなりちぎれかけるも、せっかくなので着いて行って、前に出る。



3分 380w これは続かないぞ。



5分 367w 明らかにオーバーペース



7分28秒 分岐通過 354w。 後ろ見たらだれもおらんがな。



分岐後。「おっつあん、やっぱこのペース無理だぜ。」とつぶやく矢吹ジョー状態。



分岐後明らかに失速してたらたら走って11分30秒ゴール。343w 176bpm。



後半の4分間は317w。



去年ジャパンカップ前に11分00秒で走った時よりなぜだか出力高い・・・。



もうちょっとゆっくりあげてみんなではしったほうが練習になるかな。



勝尾寺下って高山まで。 すでに足つりそうです。 高山まで大佐とローテ。



5分320w 178bpmでした。



高山でF元帥現る。



霊園登って東福井に下りたら、はたぼーさん登ってくる。



朝から賑やかな北摂の山々でした。



そういえば、高山でまた明日という声が聞こえたような聞こえないような。



3年前はこんなにきつくなかったような・・・。



























短時間高強度

今日も8時30分に出かけなければらならないので朝の6時から8時までの2時間錬。



短時間高強度がメインメニュー。



心拍の上がりもいまいちで体調は良くないけどこういうときはパワータップの数字が何より目安になる。



家から東福井までアップで



15min13sec 201w 134bpm



東福井から天狗の登り口まで



20min05sec 269w 159bpm



さて、来てしまったのでやるしかない。地獄のインターバル。3min休んで呼吸整えてから開始。



コースは泉原側から登って、タルミ峠入口の12%の傾斜看板スタートで天狗途中の斜度が一番きついヘアピンコーナーてっぺんまでの670m上昇90m程度を利用してやります。平均斜度は13.4%。



1set 3min 358w 168bpm



2set 3min 343w 164bpm



3set 3min 344w 168bpm



4set 3min 324w 166bpm



5set 3min 343w 168bpm



6set 3min 323w 166bpm



7set 3min 340w 166bpm



1set目は余裕でこなすが、当然セット数が増えるたびにきつさはどんどん増してくる。4set目と6set目の出力が低いのは精神的な要素が大きい。いわゆる中だるみってやつ。



終盤は乳酸で体が動かないのを無理やり動かす。あまりにきつすぎて帰り道はへろへろだった。



45キロぐらいしか走ってないけど狙い通りのトレーニングできたので良いかな。















シルトラ練

大事な予定があり朝8時までしか時間ないため5時45分くらいから2時間くらい。

東福井から天狗岩へ250wくらいでゆっくり登って箕面まで下ってシルトラ練にすこしだけ参加させて頂いて勝尾寺経由で帰宅。

トライアスロンは是非やってみたいです。

呼吸困難

朝5時起床。モーニング行ってきました。



5時25分出発。



5時40分東福井到着(当然誰もいません)



6時05分上音羽ピーク到着。(家から40分)



忍頂寺経由、大岩通って下山し、渋滞避けてシャドマン街道で帰宅。6時50分。40キロ。



東福井から上音羽のピークまで



25分22秒 290w 172‘bpm



途中から鼻が詰まり、喉に痰が詰まり、呼吸困難状態になり、異常にゼーゼーハーハー言いながら登頂。酸素が入ってこないので無酸素運動みたいになって乳酸君との戦いで、後半激タレでした。



明日も同じくらいのスケジュールでオプションを付ける予定。









かからず

1時間の予定がスカスカでかからず25分130wで終了。

明日から3日間は毎朝モーニング予定。

オーバーヒート

5時過ぎ起床。



20分166wでアップしてから40分216w



蒸し暑くて、終盤は完全にオーバーヒート状態。220w程度の出力で心拍が最大165まであがった。



このオーバーヒート状態でこぎ続けるのは正解なのかどうなのか・・・?



心臓には高い負荷がかかっているけれども筋肉には大した負荷はかかっていない。どうなのよ、これ。



トレーニング終えてから汗が止まらなくなり、スーツに着替えたら汗でびしょびしょになってしまった。



これから迎える梅雨や夏が怖い。



クーラー購入の認可がおりますように。



20分


モーニング東福井には起きられず、朝ローラー。



予定通りのスカスカ。



20分 131w



汗だくになって終了。



GW走り過ぎたので休養も必要です。



こんな日は娘と遊ぶ。



休む


トレーニングなし。



帰りが0時超えのため明日もたぶんなし。



弱る



今日も朝錬へ。



箕面までの道中でその日の体調が分かりますが、今日も最悪です。131wしか出てません。



1st 淡々と300wで集団先頭を走る。7分14秒 304w(遅すぎないか・・・)



2st ここも淡々と先頭を走る。3分18秒 340w。誰か最後アタックしたような気がしますが忘れた。



3st 久々に5分間350wをやろうかと思って野菜売り場前から単独で踏み始める。途中一度甘えてドラフティングに入った時に250wくらいまで下がってしまい、これではいかんと再び一本引き。終盤疲れてきたところで所長が後ろからアタックをしてくれたので、それに便乗して下がりかけたパワーをもう一度戻すことができた。



5分356w 体調的にいまいちの割には結構がんばったか。



今日はキャプテンの新車赤い彗星善峰号の変速系の調子が悪いため春のサイクリング大会は中止になり、天王峠方面へセミロング。



天王峠麓のローソンまで NORM POWER 239w



普通のローテーションですが、なんだかやけにきつかった。



ローソンで休憩中に素晴らしい一本杉があることに気づいてパシャリ。



ローソンで休憩して再出発したら、足が急に重たくなってとても走れるような足ではなくなってしまった。短い丘越えでも千切れそうで、ローテもきつい。



そんな状態で母子峠。私の気持ちが切れると、知らん間にガーミンの電源も切れてるし。



ガーミンの電源入れて一瞬頑張ろうと思ったけど足が動かず、ゆっくりちんたら登る。登り始めから山頂まで12分230w。その後の短い登りが相当辛い・・・。



三田ループまで下ったところで、とても前を引けるような状態ではないので残り区間は全部着き位置で皆さんに引いて頂いて帰りました。わずか数メートルの登り坂も辛いし、微妙にペースが上がると千切れそう。



帰り道の2時間はNORMPOWER143wでまったくのスカスカ状態でした。



まったく走れなくなっているのでしばらくは練習しないほうがよいかもしれません。



朝錬



昨日は飲み会があって帰りが0時を越えたけど、なんとか朝錬へ。



あまりに体調が悪くて、行く途中でウコンの力を1本。



箕面は、まったく力が入らないのでふらふらと流し気味に置いて行かれないように着き位置で登って高山まで。走っていてまったく進んでいないのを感じます。この体調の悪さ大丈夫か・・・。



今日は杉生越えて西峠、三田ループ。



杉生前の丘越えのキャプテンが驚異的に強かった。みんなぶちぶち着き切れしおそらく400w以上で3分以上走ってはりましたで。。。



西峠は淡々と300wで12分。



帰りの道中でパワータップの電池が切れる。



心拍計も故障でなし。



データが取れないのはおもしろさ半減ですな。



帰宅してパワータップの電池交換。



電池を売っている店が近所になかったり、カバーを開けるのにありえないくらいのエネルギーを使ったりでかなり時間をとられてしまったわ。



前回は大阪に来る前に交換しているので半年以上交換していない。まったく練習不足ですわ・・・。





バラ園



練習後に娘を連れて近所のバラ園までお散歩。



アイスクリーム食べてベンチで昼寝。



外で寝るのが気持ち良い季節になってきましたな。



娘は日々成長しておりますが・・・パパのところは居心地が悪いようでよく泣きます。







サイクリング大会の下見



春の楽しいサイクリング大会の下見にいってきました。



GWなのに車も通らないようなとても静かで気持ちの良い道を時速10キロ以下のサイクリング。



なぜだかケイデンスが40くらいでパワーが300wを超えていたというようなことはありません。



BABY FACE PLANET


こいつを一気に完食! 重量1キロ以上だそうです。



サイクリング〜

今日は箕面を健康にサイクリング。



「春の風を感じながら気持ち良いサイクリングでした」と書く予定でしたが、、、、



「春の花粉と舞い散る黄砂で鼻水とくしゃみが止まらず、合宿からはじまった風邪のような症状は更に悪化し逆に体調が悪くなって帰って来てしまいました」ということになりました。



毎年この季節は辛いです。



明日はいけるかな。。。











宮津合宿二日目



朝5時30分に起きて、荷物を車に詰め込み。



実は昨晩の宴会の途中からどうも喉が痛い。今朝起きて更に悪化。



なんか寒気もするし風邪か。出発まで布団にくるまって体を温めるがどうも寒い。



こういうときは上り坂で体を温めてと・・・。



最初に登った坂戸峠 6min 291w 登るとちょっと元気になったか。



後方では強烈なグルペットが形成。さぼったらあかんよ〜。





さて昨日悶絶した坂戸峠を逆に下りる。下ったらめちゃくちゃ長いなこの道。



由良川沿い平和なローテーション。



10min40sec 194w



その後の丘越えはそこそこ上がって



3min38sec 308w



まったりと下って綾部のファミマまで。時間的にはあっという間に着いてしまったが強度は緩い。



これじゃ練習にならんと、綾部からのアップダウン区間は着火する。



着火に釣れてきたのは、やべっち、I尾さん、武羅王さん、Iこまさん。



こういう細かいアップダウンはロードレース的で結構好き。先頭交代の中からアタックで何度か足を削って、緩斜面のアタックで止めを刺す。中盤以降はやはりやべっちと二人になり踏切ゴールまで。



12min6sec 309w 



川沿いをローテで進むが途中から集団が分裂していたような・・・。



9min40sec 250w



そこから所長が登りで誰も前に行かせないようにして引いて、前回コースミスしたところで、今回もまたコースミス・・・。先頭は・・・・・・誰でしょう?



ここから園部のコンビニまで所長主導のサイクリング状態。



のんびり走るのも良いけど今回は合宿なのでやべっちと二人先行して園部まで。



そこから、このまま行くと早く豊中店に着き過ぎるのでどこ行く?なんて話をしてましたが、結局ひいらぎ越えて一庫コースに。



ちょいと物足りない感がありましたが、一庫まで限界まで追い込んで逃げれば負荷も掛かって結構楽しいかもな〜♪なんて思って出発。



デカンショ街道までローテーション。



ひいらぎ峠の登りに入るところで所長とI尾さんが気づけばアタックしてる。



先を越された・・・・。



ひいらぎ峠は完全に距離を読み間違えていてやべっちと二人で早くに仕掛けて集団を崩壊させておけばよかったけど、踏み始めるのが遅くて思ったよりも後ろと差がつかなかったのは読み違い。



ひいらぎ峠山頂をやべっちと二人のローテで越える。もちろん二人で逃げる気満々。



ひいらぎ峠は踏み始めから 4min28sec 335w



下りも二人で回してビュンビュン行く気満々でこのために足を残していたのに、最初の信号が目前と青から赤に・・・・。



信号待ちで追いつかれてしまう。つまらん・・・。



結局その後全ての信号につかまり、皆追いついてきてしまった。



一庫までの下り基調は普通にローテをしていても、いまいちおもしろくないので登り箇所でかけて人数絞るのを虎視眈眈と狙っていたけど、結局ローテの順番的に出れなかったりして最後のトンネル越えてしまう。



最後の短い坂でちょうど先頭に来たので、やけくそお約束アタックしてみたけどまったく振切れず、しょぼさを実感しただけでした。ちなみに800wしか出てなかったです。



うーん、ってことでせっかく最後に残してた足をあまり使うことなくちょっと不完全燃焼か。



そして一庫でボーっとしていると、段々頭痛が出始める。こりゃやっぱ風邪か。



豊中店までの帰り道は頭痛との戦い。頭痛までやべっちと共有してしまいサイクリングペースの集団の最後尾でやべっちと二人で違う悶絶をし、結局すべての体力を使い切りました。



豊中店についてまったりしていると頭痛も治まってきて、締めに吉野家でキャプテンのNEWバイク「善峰号」の話で盛り上がり合宿終了となりました。



楽しい二日間をありがとうございました。



それにしても、今回は先頭付近でやべっちと二人でローテしている時間が多かったけど、強い!強すぎます!ここまで力の差があると凹むくらいに私は手も足も出ませんでした。



クラブチームの選手としては間違いなく関西最強ですし、プロの中に入ってもほとんど互角にやれると思います。ヒルクライムなら表彰台も狙える位置です。



私では力不足でまともに練習相手にもなれなくて非常に申し訳ないのですが、せめてプロツアーで結果を残してもらえるようにサポートさせて頂きたいと思います。



西日本、栂池、富士山と楽しみですね〜。



皆さん応援しましょうね〜!!!



私も練習相手になれるようにボチボチ頑張ります。





















宮津合宿一日目

5月2日、3日とシルベスト実業団合宿に行ってまいりました。



冒頭に今回の合宿を企画して頂きましたキャプテン様、てnち様大変ありがとうございました。非常に充実した楽しい二日間を過ごすこと出来、大満足です。



車を出して下さったサトー様、途中車を運転して頂いた皆様、熱い走りでたくさんの刺激を頂いた皆さま大変ありがとうございました。



5月2日朝7時30分家出発。



キャプテンと安威川沿いで7時40分待ち合わせして、呉服橋へ。



ずっとキャプテン列車に乗っかって、快適に呉服橋へ。途中、私がトイレストップしたため5分ほど遅刻して申し訳ありませんでした。



呉服橋で皆と合流し、ゆっくり移動開始し一庫ダムへ移動。ここは所長が牽いていたか。



一庫ダムからいざ本格スタート。非常に緩い登りがひいらぎ峠まで続く道。



デカンショ街道の合流地点まで 



30min 242w 



大人数でのローテの割には出力高い。この時点で全員の足はほぼサラ足だしね。ここで平坦組と山岳組に分かれててnち殿きりさんとはお別れ。



その後、すね毛道を通って八木のファミマまで。きつい登りもない緩いアップダウンなのでほぼ全員でローテして到着。



15min 214w



ファミマで補給して、最初の山岳ポイント紅葉峠へ向かう。



そうそう、今日は出発時から心拍計が無反応で、コンビニで電池を買って入れ替えてもまったく反応せずで、心拍データは合宿中一つもとれませんでした。残念!



さて、紅葉峠(3.8キロ260m上昇)へコンビニから8分30秒で到着。



紅葉峠の入口でガーミンのスイッチをオン。やべっちにヨーイドンって言ったらかっ飛んで行く。ここはお付き合いせねばと、くっついて走るが・・・



3分経過時点で平均出力驚異の400w。



この数字を見て、「私お付き合いできません・・・」とずぶずぶと沈没。ここから楽しい紅葉峠は、足中乳酸まみれのただの悶絶峠に変わる。



結局10min46sec 330w でした。これが後々にボディーブローのように効いてくる。



紅葉峠を越えて、477号を下り京北町のサンダイコーへ。



サンダイコー前の峠で、再びヤベッちアタック。



誰も行かないのでキャプテンを引き連れてシッティングで追走。一度ヤベッちをパスしたが、山頂手前でやべっち復活し刺される。



追走開始から刺されるまで2min17sec 406w



サンダイコーに下って昼食30分間。



サンダイコーから深見峠まで緩い登り。最初は全員のローテで進んでいくが、、、一人、二人とローテがきつくなり、気づけばやべっちとキャプテンが先頭で後ろは中切れ状態。そっと中切れを詰めてやべっちと先頭交代。何人か追いついてくれたけど、結局二人で地味にローテ。しんどいやん・・・・。トンネル手前でやべっちダンシング加速。さすがに強い。そういえば気づいたらキャプテンが集団にいなかったような・・・。



中切れ詰めるところからトンネルまで6min02sec319w



トンネルを抜けてゆっくり下って後続をまったけど追いついてこず、そのまま九鬼が坂へ突入。九鬼が坂思ったより短いやん。ここも山頂手前でヤベッちアタックに若干離される。



九鬼が坂峠 2min20sec 391w



交差点で全員合流し、大野ダムから和知までのアップダウン区間。



ここはシルベスト名物サバイバルローテーション。



NEWブラックデビルが2台、楽しく暴れる区間。ブラックデビルのアタックがバシバシ入るけど、単独での逃げは不可能な区間なので3人以上で行かれそうになったら反応すると決めて、あとはローテは飛ばさないようにしてそれなりの負荷を維持して走ったって感じでした。これまでの細かい山岳での負荷が確実に足を削っており、この区間が足的には結構厳しかったですわ。



大野ダム区間 20min17sec 256w



和知から綾部までは、ほぼゆっくりなローテでボチボチ進む。途中のアップダウンでてnち隊と合流。合流するところがゴール地点になっていてなんかしらんけど皆でフルもがき。



綾部のファミマで休憩18分。



綾部から向かい風の中、ローテーションで峠をひとつ越えて由良川沿いへ。



由良川沿い区間もアタックポイントで橋までの掛け合いごっこ。最後は気づいたらブラックデビルとてnちがアタックして先行しており、それを追いかけるやべっちがいて更にそれ追走するキャプテンの後ろに着いてやべっちに追いついたけど、最後はやべっちが再び息を吹き返して先頭ゴール。



由良川沿い区間9min28sec 249w



由良川を渡って、最後の難関、坂戸峠へ。



ここはとにかく緩い登りが長く、最後に少し斜度が上がるやらしい峠。

























序盤からすでに足がまずい状態。



きついのをごまかしながらローテを回して進んでいく。丁度半分くらいのところでゆるゆると斜度が出てくるところでヤベッちアタック。これは一緒に行くぞという意思表示だと解釈して二人で逃げに入る。



二人のローテで進むが、後ろから二人追いついてくる。



誰かと思えば・・・てnち殿とM端さんのスタッフ2名。これには驚き!



4名になったところあたりから先頭に出るのがきつくなってくる。大したワット数も出ていないのに足が言うことを聞かん。きつい状態だとこの峠こんなに長かったけかと思う。



最後斜度が少し上がるところでM端さんが切れる。そこでやべっち悪魔のダンシング。これはやり過ごすが、その後少し斜度が少しきつくなり、インナーに落としたところで完全に売り切れ完売し終了となりました。てnち殿はその後少しやべっちに喰らい付いたが最後はやべっちの独走に。残り1キロくらいは250wをどう絞り出しても出せない状態になり、へろへろで山頂へ。ここまで出し尽くしたの一体いつ以来か。



逃げだしてから12min30sec 280w



売り切れてから山頂まで 5min7sec 240w



あとは、宮津の富田屋さんまで下るだけ〜と思いきや、小さい峠がひとつあったのだった。



この峠がもう何も残っていなくてまったく登れない・・・。そして異常に長く感じる。



へろへろ状態で峠越えて無事に16時にお宿に到着。



お宿に入って、二人しか入れないお風呂に素晴らしいローテーションで入って、お待ちかねの晩御飯。



これが実業団の合宿かってぐらいのお酒。



そして皆追加注文で食べまくる。しかし、うどん一杯262円、カレー一皿315円、かしわ焼一皿315円の破格のお値段なので懐に優し過ぎるお会計でした。



楽しい夜でしたね〜。





























フリーダム錬

30日の土曜日は、久々に岡山に帰省してフリーダム錬へ参加してきました。



思い起こせば8年前にフリーダムでMTB買ったのが自転車ライフの始まりでした。



今まで8年間続けてこられたのも、お兄さんのおかげってもんです。何年経ってもお店に行くのが楽しみで、行くたびに様変わりしているのを見るのも楽しみだったりします。



土曜の午前中にお店をお休み頂き練習会をして頂きました。



コースは、岡山から旭川沿い〜西大寺〜牛窓〜虫明方面のアップダウンが続く道で、走っていて懐かしく、なんか感慨深いな〜と思いながら走らさせてもらいました。



自転車始めたころは、玉野まで40キロ走って帰るのもかなり辛かったな〜とか、金山一本で死にそうだったな〜とか思いつつ今の自分があるのもここで練習したからだと原点に帰れました。



体調的には昨日ノーアップで全開強度ヒルクライムやったせいか筋肉疲労が結構ひどくてあまり力が入らず、心拍も160程度までしかあがってくれない状態でした。早いローテーションに実は若干千切れそうになっていたんですが、、、新しい力にも刺激され楽しく、岡山の道を満喫できました。



昔一緒に走っていたメンバーからガラリと入れ替わり、さみしさも感じますが、また新たなメンバーが加わり少しずつカラーも変わっていくのもおもしろいですよね。



皆、環境が変わり、変わった環境の中で乗り続けるというのは簡単なようで難しいですよね。



趣味なんだから楽しく皆続けましょう。イベントに参加して皆でワイワイガヤガヤやるのが楽しいじゃないですか。



私は趣味として出来る範囲で自転車遊びは続けていこうと思います。



岡山の皆さんまた遊んでくださいね〜。











波賀ヒルクライム

29日は龍野マウンテンバイク協会主催の波賀ヒルクライムにいってきました。



朝9時からレースなので5時30分に家を出発したけど、高速乗った瞬間から大渋滞。GWなの忘れてたわ。



宝塚抜けるまで90分以上かかり8時30分に会場到着。



慌てて準備してスタート地点へ。ノーアップでヒルクライムって無茶やがな。



5.6キロくらいのヒルクライムを2本登って合計タイムで表彰される形式です。



今回はFTPの測定と一応シーズン最初の大会だから幸先の良いスタートを切りたいところ。



さて一本目。



最初から男の一本引き。とりあえずFTP値の測定なので周りは気にしない。



最初の5分を330w。10分経過で323w。15分経過で316wくらい。段々と出力が落ちて来ている。



一本目19分14秒316w180bpm



FTP値は300Wに決定。



ところで、1本目の順位ですが・・・2位です。



予想外に強い外人選手が1名。スタートからゴール300m手前まで99%私の後ろをべた付きでゴール直前にアタックして私を置いて行った。まあ一応レースとはいえ、それはちょっとやり過ぎやで〜とレース後に突っ込んでおいた(笑)。



ラストもがく元気もなかったので9秒差もできてしまった。



外人さんについて、主催者の小野さんに聞いてみると、ハリーズさんという方でこのあたりのヒルクライムやエンデューロでは連戦連勝だそうな。



続いて2本目。



ワット数測定は辞めてレースモードに。負けて帰るのは何か気持ちが良くないしね〜。



今度はハリーズさんにも前を引いてもらうように要請。ハリーズさんもさすがに1本目はやり過ぎたと思ったのかちゃんと引いてくれて二人でローテしながらレース進行。



最初の5分は290wの入りで10分経過時も293wと一本目よりもかなり出力は低く、ローテをするとかなり体感的に楽。



二人で先頭交代しつつ進んで斜度がきつくなってくる後半から仕掛けます。10秒以上離さないと優勝にならんので、攻めるしかない。ハリーズさん苦しんでますが粘ります。



最後のゴール手前500mぐらいから再びアタックして少しハリーズさんが離れたのを確認してそのまま一気にゴールまで全部ダンシング。



結果ハリーズさんを10秒引き離してゴール。



ラストのデータを見ていなかったので、2本目は300w以下だと思っていたけど、家に帰って解析してみるとラスト7分の平均が330w出ていて、2本目全体の平均出力311wでした。



トータル1秒差という薄氷の優勝でしたが娘が見てる前でパパは負けるわけにはいかんのです(笑)。



で、、、おもしろいデータが取れました。



外人さんもパワータップ付けていたので、数字をヒアリングしてみました。体重は52〜53キロくらいだそうなので、それをもとに計算。私の体重は58キロ計算。



1本目 私316w(体重の5.49倍) ハリーズさん263w(体重の5.06倍) 



2本目 私311w(体重の5.36倍) ハリーズさん277w(体重の5.32倍)



1本目は私の方がパワーウェイトレシオが高いのに、ハリーズさんの9秒先行。



2本目は逆にハリーズさん出力上がったけど、出力の下がった私が10秒先行。



つまり、ヒルクライムとはいえ先頭を引くものにかかる負荷はかなりあるってことです。



非常に勉強になったぞ。ハリーズさんありがとうございました。



(注)私は39×25Tのギア比でゴリ踏みでしたが、ハリーズさんは34×27tのヒルクライムギア比で回転系で走っておられたので、出力は同じ基準では測れないかもしれません。