FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

鈴鹿第四ステージ

今朝はかまやんと二人で楽しくモーニング。 私は昨日走り過ぎたみたいで重たいのが踏めないので回転系。



26分30秒 270w 95rpm



鈴鹿のTTと昨日の練習でかなり腰に負担がかかったようで現在ひどい腰痛状態。明日はどうするか。



さて鈴鹿の4ステージ。



昨日のチームTTの完敗で、チーム総合も個人総合もどんなに頑張ろうと不可能な状態になってしまい、消化試合になってしまった。



とりあえずデータ収集しながらステージ優勝でも狙うかとホイールはパワータップに。



途中のボーナスポイントは無視してゴールスプリントのみに集中。競輪山岸選手の後ろをキープし、かつIこまさんにアシストに入ってもらう。



最終コーナー曲がって山岸選手が腰を上げるのに合わせる予定が山岸選手は位置どりが悪かったのかスプリントを辞めた。そこからIこまさんに発射台になってもらい踏み直したけど一人まくれず、またもや2位。



ガーミンの記録では1049wでした。



最後は第五ステージ。



スポンサーサイト



鈴鹿第二ステージ 第三ステージ

今日までお休みを頂いているので、午前中はトレーニング。



135km 2130mアップ 上音羽から亀岡通って嵐山経由の金蔵寺と天狗岩で締めておきました。。



さて、鈴鹿の第二ステージ、個人TT。



自分の力が一番未知数の競技で練習も一度もやってない。



去年はなめきっておりDHバーも着けずに出走して11位くらいだったか。



今年は一応持参のDHバーつけて、前輪にディープリムホイール、後輪に円盤ホイール、エアロヘルメットもお借りして、サドル位置も調整して、とりあえず形は整えた。



第一ステージ2位だったため、最後から2番目の出走。



5秒後ろから来るのは1kmを1分6秒の日本最速で走る競輪の山岸選手。その体つきは、まさしく競輪選手そのもので後ろから瞬殺されるとびびりまくりでした。





とりあえずやれるだけやるかと、最初から殆どダンシングせずにDHバーを握り締めて突き進む。登りはええ感じだったのか、二人前の選手まで追いつく。そして下りを踏んでいくけど、慣れない円盤ホイールで風にあおられてふらついてるし。。。その隙にさっき抜かした人に抜かされる。ラストの直線も足が一杯でいまいち伸びなくてでこりゃだめだと思っていると、タイム的には2分44秒で2位の成績だそうな。



山岸選手からも約4秒のアドバンテージで、1秒差で逆転に成功し、リーダージャージ獲得!



第一ステージでボーナスポイント獲得が効きましたな。



続いて、第三ステージ チームTT



鈴鹿の5ステはこの成績で個人もチームも決まってしまうのでもっとも大事なステージ。去年は1周目で崩壊して、大きくタイムロスしてしまったので、今年は皆の力を出し切って好タイムを出すことが目標。



序盤はゆっくり目で入って後半徐々に上げていく作戦でいく予定。



チーム全体の足のバラツキを抑えるために私は極力ペースを一定にして長い時間を牽くように心がけたつもりでしたが 、ところところで呼吸が合わないシーンがちらほらとあり、逆に皆さんに負担をかけたのじゃないかと思います。ホント申し訳ありません。



どうでもよい話ですが、途中で抜かれたホンモノのFDJのトレインは3人であり得ないスピードで抜かして行きました。ツール敢闘賞のジェレミーロアが入ってたんですね。



チームTTはホント難しい。今思えばあーすればよかったとか色々おもいますが、これもまた経験でしょう。



結果として、チームTTは3位に終わり、トップからのタイム差が39秒くらいになってしまい、個人もチームも逆転が物理的に不可能な状態になってしまいました。



続く



鈴鹿第一ステージ

今年も迎えた夏のイベント5ステージ。

昨年はチーム2位、個人はあと3秒足らずで優勝できずで、非常に悔しい思いをした大会。昨年はチーム一丸となって動き回ってホント楽しい経験ができたので今年は楽しんで、個人もチームも獲るのが目標。

さて第一ステージは5周回のロードレース。昨年はこのステージはノープランで走ってしまいここでのタイム差が最後まで効いてきたので今年は積極的にポイントをとりに行く作戦。

しかし朝から嫁子供と一緒に行動していると、アップする時間がほとんどなくいきなりレースへ。

2周目のポイント前でイコマさんがアシストに入ってくれてかなり長い時間ひいて下さる。更にかまやんも前を引いてくれて、絶対にボーナスポイントを取らなければならないお膳立てが整ったにも関わらず私の体がありえないくらいに動かん。かろうじて3位に入って1秒獲得するねが精一杯。


いかん。ありえんくらいに絶不調でその後も集団から切れそうになっている状態。

次の周もポイントがあったけどをくだ君があがっていくのを見て任せることにして回復に専念する。

次の周に入ってようやく足が動き始めて体が本来の動きに戻り始めた。次のポイントも獲るつもりで絶好の位置に入ったけどニュートラルが入り踏むのをやめる。リザルト見るとなぜかニュートラル無視してスプリントしたヒトにポイントが入ってたけど、、、。

気を取り直して最終周のゴールスプリントへ。

ここは自然に良い番手で入りラスト300mぐらいからスプリント体制へ。

私は大外からかけていきましたが、真ん中から一人が弾丸のようなスピードでゴールに向っていくのを確認。

私、まったく届きませんで2位ゴール。

1位は競輪S級の山岸選手。

ガチンコで勝てるわけないですがな。

とはいえボーナスタイムで7秒稼いだので2位発進で昨年に比べると順調な滑り出しの第一ステージでした。


シマノ鈴鹿 5ステージ

第一ステージ ロードレース 2位



第二ステージ 個人TT 2位



第三ステージ チームTT 3位



第四ステージ ロードレース 2位



第五ステージ ロードレース 不明(埋もれて絡めず)





昨年から合計10ステージ走ってますが・・・



2位が6回!



今年も競輪選手の壁に阻まれるなど、詰めの甘さを反省しております。



詳細は近日。





大トンテキ定食


鈴鹿が終わって四日市に移動して来ました。 四日市と言えばJINさんのブログにあった来来軒のトンテキ。



キャベツとタレだけでご飯が進む君ですな。 トンテキもまた格別。



来年も来ようっと。



鈴鹿のレポートはまた。



ローラー

朝目覚めて外を見ると弱い雨。走れそうだけど 無理することもないかとローラー。

65分 204w 780kj

明日は休足でよいかな。

すき焼き


4時40分自然覚醒。



今日は総帥と忍者かまやんと3人。



一緒に走る仲間がいるとまったく強度が違う。



タルミ峠入り口まで21分305w170bpm、ゴールで24分30秒300w171bpm



ケイデンスは89



総帥が後ろから監視して下さっていたので、見事なまでに最初から最後まで一定強度が維持できました。



銭原経由で帰宅。



今日は、仕事終わりに夏の御褒美すき焼きの会。 一生口に出来ないようなお肉をご馳走頂きました。 ご馳走様でした。また頑張ります。



明日は強度緩くカロリー消費のためだけに走りたいのですが・・・雨か。





一難去る

今朝はモーニング。



Y司令官と二人で淡々と。



26分14秒 268w 163bpm



朝から一時間以上の時間をかけて茨木のモーニングに参加されるその魂に尊敬です。



眠いなどと言ってはいけないですな。



私のストレスの原因のひとつであった家庭の問題が一つ解決。これで少しトレーニングの集中力も上がるかな。



宣言

危機的状況にある実業団Jグランプリ奪還のため、明日から朝練開始します。

5時35分東福井3丁目交差点で上音羽か天狗か銭原登ります。

基本は毎日で体調次第でお休みします。雨天は家でローラーやります。

まずは加東で結果を!

ローラー

朝練行こうと思って着替えて外でた瞬間に大雨。

しょうがないのでローラー80分

170w 122bpm

おかずは2006年ツールドフランス11ステージ。

フランクシュレクがcscでサストレのアシストをしていたのが時代の流れを感ました。

この年は現地まで見に行って、ランディスがマイヨジョーヌを奪われた翌日に一人で独走したステージを生で見れた。けど最終的にそのステージのドーピング疑惑でマイヨジョーヌ剥奪されたおまけがついて一生忘れられないものになりました。



来週は鈴鹿5ステ頑張ります。昨年は悔しい思いをしているのでチーム総合取りたいところです。チームメンバー全員にディスクホイールお貸し頂けると非常にうれしいのですが、どなたかお助け下さい。

魔の46号線

14時から予定があるため、12時までに何があっても帰って来いと命令を受けて朝錬へ



少し早く起きて勝尾寺経由で箕面へ。



勝尾寺 14分 248w 146bpm 今の私にはこれが限界です。



箕面に移動。



第一st 6分30秒 336w 162bpm



第二st 3分23秒 373w 174bpm



第三st 5分25秒 330w 179bpm



その後にてnち殿主催のセミロンに参加。



最初のファミマ休憩でのんびりしていたら置いて行かれて単独追走しているときが、本日一番きつかったかも。



堀越峠 2分57秒 372w 167bpm



大阪峠 3分37秒 370w 169bpm



畑野 5分43秒 323w 170bpm



瑠璃渓 12分38秒 301w 178bpm



終始コミさんが強かったです。



瑠璃渓でキャプテンがニュータイプに覚醒し、驚異の鬼引きで乗鞍チャンプのHらたさんをぶっちぎっていく。



瑠璃渓下って亀岡経由でキャプテンと二人で帰宅。



亀岡から茨木に抜ける46号線が、毎回相当きついです。



ずっと踏み続けなければらならい緩斜面が続き、とにかく足にきます。



キャプテンと二人だと手を抜かせてもらえず、どんどん足が削られていくのがわかります。



クラブ錬に行くと気分も晴れます。



残りレース頑張るぞ。













お座り





ついに娘が座った。今週一番の幸せの瞬間。



なんだかんだと、繁忙とストレスにまみれた日々で、疲れきってますが、一応水曜以外は単独モーニングに行ってきました。



正直、頭の中が練習モードではないのでまったく記憶にないような練習でしたが・・・。



しんどい時こそ、人間の真価が問われますな。





天狗岩

朝から天狗に行ってみた。

どう走ったか覚えてないくらいに頭の中は考え事。

いかん、禿げる。

ドラえもん現る



離乳食を食べ始めたけど、親に似て何でも食べます。



いつもの練習コースにあるドラえもん。



気分はのび太君の「助けてドラえもん状態」です。



日曜は9時から2時間弱。



東福井〜上音羽が35分以上かかった。



今朝は26分270w。



色々のしかかる重圧が相当にきつい。





続く



弱体化





えーなんやかんやとてんやわんやでストレスフルな毎日を過ごしています。



唯一の癒しは娘の笑顔。ほんまにええですわ。平日は娘が起きている時間に帰れないので、朝の3分くらいしか会えませんが、それだけでも十分に元気をくれるので子供の力ってすごい!



トレーニングの絶対量は順調に下落の一途をたどっておりまして、弱体化を日に日に感じております。



とりあえず今日も仕事のストレス発散と健康のためにサイクリング。



朝の6時30分から上音羽登って、高山のぼってから箕面へ。



箕面



第一st 5分55秒 374w 171bpm 過去最高出力?



第二st 3分19秒 373w 180bpm 



これにて本日の練習終了。と言いますか、やべっち大先生にもんでいただいたら、足がなくなりました。



第三st 6分11秒 304w 178bpm ←この出力の低下すさまじい。



公民館は止まらずそのまま一人でファミマまで行って補給。もう一回高山登って、豪脚メンバーと合流。



私はあまり時間がないので銭原登って、タルミ峠登って、天狗岩で解散。



どれも足がなくてスカスカで段々悲しくなってきましたわ。



まあ、皆と走ると楽しいので、ストレス解消になりますね。



明日ものれるかな。







バタバタ

土日は仕事は休みだったもののきつい予定。



バタバタ色々なことを詰め込むと、相当なストレス。



朝から晩まであっちやこっちやと止まることなく動き続けて休日なのに余計に疲れたわ。



トレーニングは土曜日の隙間の時間に少しだけしか乗れませんでした。











社会的実験

ニュータイプやべっちが朝錬に呼んでいたので、4時45分起床。



睡眠時間4時間。眠い・・・。



5分間の自分自身の格闘の後に起きる。



毎朝、そこまで頑張る必要があるのかという自分との格闘。



ここで1時間寝るよりも、1時間早起きする方が自分自身に得るものは多いはずと言い聞かせて起きる。



5時17分出発。しょっぱなから足が重く出力は150wが出ない。



5時35分ぴったしぐらいに東福井着。やべっちは、やはり待っていた。



出発前に付き位置を宣言。



そしてかねてから試したかった実験を実施する。



パワータップ2台を使って、同じくらいの体重のひとである程度足がそろわないと出来ない実験。



緩斜面を付き位置で走ると先頭と二人目ではどれくらいの出力差があるのかを数値で出す。いわゆるドラフティング効果は具体的に何ワットかを出す。



モーニング東福井のコースプロフィールは距離10.75km 上昇405m 平均勾配3.8% 緩い斜度。



私とやべっちの体重おそらくほぼ同じの58kg前後くらいなので、パワーウェイトレシオはほぼ同じでしょう。



東福井の交差点からやべっちの一本引きに対して私はべったりの付き位置でゴールまで。一度も先頭交代なし。



(今日はやべっちの体調が悪そうでいつものキレがなく、途中から後ろに付きっぱなしが非常に心苦しかったのです。きっちり最後まで走っていただき、レース前の貴重な練習時間にお付き合い頂き感謝です。あと二日ゆっくり休んで万全の体制で松川走ってください!)



先頭固定のやべっち 24分43秒 289w 172bpm



付き位置のまつけん 24分43秒 ???w ???bpm



しっかりデータが取れました。この答えは・・・・モーニング参加者のみにこっそりお教えします。



その後、高山経由で、勝尾寺、泉原回って帰宅。



高山6分30秒 343w 170bpm























新星現る

今朝も元気にモーニング。



今日も盛況で8名?あっ、でもやべっちがいないぞ。



馬場までは私と総帥、大佐、HTさんでローテ。馬場の橋超えてから誰も前にでてくれなくなって先頭固定。



後ろに大佐がいると思ってずーっと前を引き続ける。ちらりと後ろを見ると赤いジャージ。大佐今日は赤だったかな?たしかアスタナグリーンだった気がするなーと思ってたけど、一番きついところで気づいたら一人だったのでそのまま最後まで。



二番手ゴールは本日モーニング初参加の方でした。色々なチームの方が来てくれると楽しくて良いですね。



泉原 13分30秒 307w 164bpm 



タルミ入口20分45秒 307w 168bpm 



ゴール 24分10秒 304w 170bpm





プロテイン

今朝もモーニング。

23分10秒 304w 170bpm

馬場まで全員でローテして中盤以降はやべっちと二人ローテ。

普通にきついです。

帰宅してプロテインを飲む。


熱中症対策にはたんぱく質が良いと、ためしてガッテンでやったので早速実践。

たんぱく質が血液をつくるので疲れ方が違うそうな。

耐久レースの疲れも早く抜きたいしね。

ミッドナイトエンデューロ

この週末は岡山で妻方の祖父の米寿のお祝いがあり、岡山に帰省。



88歳になっても元気いっぱいに畑仕事に精を出す義祖父はたくましく、ステキでした。



このイベントのために、実業団レースは出られませんでしたが、我らがキャプテンが3位に入ったとの速報に思わずガッツポーズ。



岡山帰省のどさくさにまぎれて、何年ぶりかに岡山国際サーキットで行われたミッドナイトエンデューロに単独で参加。夜20時レーススタートで10時間と4時間の部があるのですが、私は4時間ソロでエントリー。徹夜で10時間走り続ける根性は私にはありません。



夜の20時からレース開始。



いつものごとく、この手のトレーニングレースはデータ取りがメインなのでしっかりパワータップ装着。



夜のサーキット走行は一応ライトを付いているものの、目が慣れるまでは前方が見えづらく非常に怖い。前半で前走者の陰から突然現れた周回遅れの選手に絡んで危うく落車仕掛けて万事休すが一回あったけど、それ以外はまあ事故なく無難に走行。子供やママチャリやら色々な方が走っているので、このあたりはしょうがないか。



耐久レースの方は、後ろに下がると危険なので最前列でずっと展開。



CIERVO奈良サイクリングチームが主催のホストチームなので、安全のために集団をばらけさせようと鬼のようにひきまくって下さったお陰で知らぬ間に、集団の人数が減っていく。



CIERVOの中でも美しいフォームで強烈な引きをする方がいらっしゃって、このヒトただものではないと後ろで見ていて思ったのですが、気づけばその方の牽きで集団は大崩壊し1時間くらいで私と二人状態。



1時間経過時点 248w 158bpm 105rpm 



走っていて薄々感じていたのですが、私よりもはるかに強い・・・。アマチュアの走りではない。



走りながらお名前をお伺いすると「松村です」と。



「はっ、愛三工業の松村選手ですか」



そりゃ強いわけだ。プロとしての走りは引退されたとのことですが、いやいやどう考えてもプロの走りじゃないですか。2時間までは、たまにチームで参加しているフレッシュな足なヒトがローテに入ってくれますが、ほぼ二人のローテ状態。



2時間経過時点  245w 161bpm 106rpm



1時間〜2時間平均 242w 164bpm 107rpm



2時間経過時点から、私の足が止まり始める。体を触ってみるとものすごい発汗量。ボトルの水も補給食も予定より早いペースで消化しており、二人のローテが相当きつい。走っていて少しフラフラとし始めていたので軽い脱水症状だったかと思う。2時間30分ぐらいから私が牽くときのペースは相当にダウン。松村選手にまだ足はあるかと聞くと、まだ足はあるとの回答。これまたまずい。



千切れるのも癪なので、ごまかしながら前を牽いてもらう時間を調整しつつ走り3時間経過。



3時間経過時点 236w 160bpm 104rpm



2時間〜3時間 213w 157bpm 100rpm



明らかにペースダウンしてるがな。



この時点で松村さんから足攣りそうですと神様からのヒトこと。私のドリンクも底を着いており、ギリギリ状態のためピットインに決定。



私耐久レースのときはいつも走りながら色々な人からボトルもらったりしてましたけど今回初めてピットインしましたわ。仲間のありがたさに改めて感謝。



ピットインして、喉がからからだったためボトル一本を一気飲み。続いてゼリー2本を一気食い。



ストップ時間1分程度で再出発。



この1分の補給がかなりまずかった。一気に飲み物を腹の中に押し込んだため、腹の中がタポタポで吐きそう。



走りながら何度も、口の中が酸っぱくなるのを我慢しながらの走行。松村選手はいなくなったので、走っていたら追いついた大きな集団にぶら下がって、吐き気に耐えるサイクリング1時間。



1時間気持ち悪さに耐えてなんとかゴール。



トータル 227w 157bpm 101rpm



最後の1時間 190w 148bpm 93rpm グダグダです。



ゴールしてあまりの気持ち悪さに座り込んで、落ち着いたらトイレで思いっきりリバース。



吐いた水分の量は1リットルぐらいあったのではないだろうか。まったく吸収してないやん。



熱中症とか脱水症状になると、体の浸透圧がおかしくなって水分を吸収しなくなるというのを聞いたことがありますが、まさしくその状態だったのか。



一応結果的には優勝ですが、最後の1時間は殆ど拷問サイクリングだったのでちょいと後味が悪いです。



あ・・・でもちなみに去年10月に出場した天満屋ハピータウンカップより平均出力高いんですよ。やっぱ今回は松村選手のおかげでペース的にきつかったんです。



ちゃんとデータを記録として残してあると比較ができてよいです。



ちなみに優勝賞品は・・・・、サイクルハンターとEASTONが主催なだけに・・・・



アサヒスーパードライ!←なんでやねん!!!