FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

シクロORトレラン

昨日のトレランでまたもや筋肉崩壊。



先週に比べたら、全然ましなので、少しずつ走る筋肉がついてきている証拠。



普段走っていない皆さまは今日は歩けないレベルの筋肉痛のはずです。これは自転車からランニングに移行し始めるときは、必ず通る道なので、次回はかなり改善されるはずです。



朝起きて、朝錬行こうかとも思わず・・・のんびりしてたら9時過ぎ。シクロでも乗ろうかと思って引っ張り出してきたけど、ブレーキが壊れてたり、チューブラーのセメントが腐っていたりしてとても乗れる状態ではなかったので諦めてロードで京都まで河川敷を走って帰ってくる。



昼から、引っ越しの打ち合わせやら、娘と二人でお散歩。



夕方にシクロ車を直さねばと豊中店へ。



S林さんの適当な診断と、ドクターハイランダーの適切な処理により、シクロ車の欠陥を次々と修理。かなり大がかりな手術になってしまいました。いつもホントありがとうございます。



さて、シクロ車は一応走れる状態になったのですが・・・年内の出場はやっぱ厳しいか。



そんなこと言ってたら、年が明けてあっという間にシクロシーズン終わってしまう。



トレランも本格的にやりたいんですけどな。



トレランは1/22のこれに出てみたい。誰か一緒に行ってみたいかたいません?楽しいですよ〜。







スポンサーサイト



トレランin箕面

今日から闇トレラン部始動。



集まって頂いたのは良識ある大人の方2名、ニュータイプが1名、ま○ねえの夫が1名、そしてピンクの野獣と私。



普段は自転車乗りの6名ですが、そこで鍛えた心臓は伊達ではない。



山の中でも、しっかり集団走行です。



私が前を走る羽目になったのですが、後ろをたびたび振り返ると皆さん涼しい顔して「後ろ詰まってるから、はよ行けや」って雰囲気。いや、皆さん終始余裕ありで強すぎです。



勝尾寺まで一気に登って、下りに入ると、律君パパが家庭を省みない通常の3倍のスピードでストレス発散とばかりに下っていく。



ニュータイプ様は重力がある地球でモビルスーツに乗らない白兵戦になると不利な模様。



終盤でニュータイプに覚醒したピンクの野獣が雄たけびをあげながら、箕面の猿を引き連れて山を下っていく。



良識ある大人の方はさすがの貫禄の走りで、ムラのない走りでした。



きっちり2時間走って、ボロボロになって箕面に帰還。2時間でこれだけボロボロになれるのもなかなかないでしょう。



次回もよろしくお願いします。



(注:参加者、走行内容は少しだけフィクションが入っています)





出張

昨日の晩から東京出張中で現在帰りの新幹線です。


帰り道に神保町のサカイヤスポーツでトレラングッズのお買い物。

掘り出し物のシューズとソックス買って1万円くらい。

あとはTシャツ短パンでOK。おまけでキャメルバッグがあれば完璧。初期投資が安いのが魅力的ですな。

明日は9時箕面のヴィソラ出発で勝尾寺、政の茶屋園地方面考えてます。

いまのところニュータイプ部隊と男塾!部隊(ふんどし)が走ります。

ちなみに私も今季2回目のランなのでかなりゆっくり走ります。

参加歓迎、冷やかしウェルカム。

ボトルやリュックはたくさんあるので持って行きます。

トレラン

先日の鏑木さんのトレランの話はかなり刺激になりました。

わたしは2009年からトレラン始めた素人ですが、そのきっかけはNHKの鏑木さんの特集を見たところからです。

レースも数レース走りましたが、一つ一つのレースが過酷なアドベンチャーで走り切った達成感は何ものにも替え難いものがあります。

再びトレランのレースに出たいですね。

まずはトレーニング。

土曜日に山に入ります。

9時に箕面のカルフール!目標2時間。

参加者ウェルカム。

イベント3つ

朝起きて、河川敷を1時間強ランニング。まだ筋肉は崩壊中で1時間でもかなり辛かったす。



10時過ぎから、子供が産まれた病院のイベントで今年1年間でその病院で産まれた子供すべてを招待頂いて、交流会みたいなのがあったので嫁と子供と参加。



色々な赤ちゃんや家族が見れて面白かったす。



16時から楽しみにしていたトレラン界のカリスマ鏑木選手の講演会。



いや〜すばらしい話がたくさん聞けて、これまでの講演会の中で一番参考になり、刺激になりました。まだまだ私も頑張らねばと思った次第です。



18時過ぎから我らが英雄、男塾1号生筆頭ピンク太郎氏プレゼンツの実業団の打ち上げ会。



ホント今年一年のなかで最高に楽しい飲み会でした。皆さまありがとうございました。



何歳になっても、頑張り続ける大人たち。輝いてますよね。私、このチームが大好きですわ。











術後経過


プレートが取れて10日目。



手術当日はレントゲン見せてもらったような記憶あるけど麻酔で意識朦朧としていてあまり覚えていない。



改めてみると骨は見事にくっついてました。



鎖骨に埋めこまれていた重さ20キロのプレートは、術前説明では記念に持って帰ると言っていたのに、先生が捨ててしまったのがかなしいところですわ。



事故から1年。あれだけボロボロになった骨がくっつくのは感慨深いですな。



まだ痛みはあるのでもう少し時間かかりそうですが、リュックと子供が背負えるようになるのが嬉しいですな。



ロボット

何が?

私の歩き方。

昨日のトレランで筋肉崩壊で歩行が困難でして、階段が下りれない。

お客さんからロボットみたいですねと、、、。

毎年最初はこんなもんですわ。



最近、仕事も私事も完全にオーバーフロー気味であさから晩まで時間がまったくなくてトレーニングどころではないのですが、やらないことはストレスになるので睡眠時間削っても少しだけでもやろうとはしてます。

仕事をロボットみたいに感情抜きでできたら良いのになー。

始動

朝錬の時間には見事に寝坊したので、9時30分くらいから家族で見山の郷へ。



1時間ほど時間もらって、今シーズン初のトレランへ。



キリシタン自然歩道と東海自然歩道をきっちり1時間ランニング。



トレイルに入った瞬間にアドレナリンが出始める。登り坂を走って心拍数はどんどん上がるけども、しんどいよりも楽しいが先に出る。



山の中を走り回るこのスポーツは、自然と一体になれて本当に気持ちがいいっす。



しかし・・・30分ですでに脚は限界。



コンクリートの下りでは、脚の筋肉が崩壊していくのが痛いほどわかります。



今日は1時間でお腹いっぱい。その後階段の上り下りができませんでした・・・。





慰安旅行

今日は、秋の紅葉サイクリングIN善峰。



のはすが、、、大雨・・・。



3年前の私なら間違いなく、雨が降っても濡れるだけだと言い張って山の中を強行突破していたと思いますが、少しは学習能力があるようで、大人しく車で善峰集合。



いつもは悶絶する善峰坂を車で軽快に登り、いざお寺へ参拝。



Img_1984













腰痛神経痛に効くそうで、キャプテンのためにあるような寺でした。



Img_2009





いつもは寺の前で悶絶するだけですが、境内に入ると、中でシクロクロスができそうなくらい広い境内で驚きでしたな。さすがは西国33ヵ所めぐりのお寺だけあります。



Img_1999













とても自転車チームとは思えない集合写真。どこの会社?



そして、すき焼きへ。





Img_2042





昼間から、すき焼きつついて酒飲む親父と、すき焼きにありつけず全力で暴れまわる子供を必死であやす親たちの図。









締めは皆の姉様のお祝い。ローソクの本数が実年齢らしいです。



Img_2048_4 















自転車関連イベントながら、最後のケーキの絵にしか自転車が登場しなかったな・・・。





まあいいか

シーズン終了から10日。

トレーニングは完全停止してます。

朝起きて仕事行って体に悪いもの食べて、深夜に帰って来て寝るだけ。

家畜のような生活をしてまして、生きる意味を見失いつつあります。

先日の手術痕も痛くて抜糸するまではあまり汗もかけず、しばらくは我慢するしかないけど、再始動はどうやって始めようか悩み中。

やっぱり楽しくて心踊るようなことしないといけませんな。

まずはトレランで総合的に心臓、筋肉を鍛える。

何が大きな大会があればよいけど関西はあまりないのが残念なところ。


密かに企画しているのが勝尾寺から善峯寺を東海自然歩道でトレランで走り切る計画。断続的には去年ほとんど走っているので、忍耐力があればできると思います。

挑戦してみたい方一緒にやりましょう。

やりきると気持ちいいですからね。

みやたこ


茨木では知る人ぞ知る「みやたこ」。



雨上がり決死隊の宮迫さんのおかんが自宅の駐車場で焼くたこ焼き。



営業時間17時までのところ、17時過ぎに到着したら店先のおばちゃんが今日はもう閉店だと言う。



しかし奥からおかんが出て来て冷めたので良かったらあるよとパックのたこ焼き出してくれた。優しいやん。



少し冷めたたこ焼きを早速頂く。



ほー。



うまいやん。



満足でした。



茨木生活あと1ヶ月でいけるとこいかないとね。



来年は・・・

最終戦が終わって1週間。



今週はサイボーグ化手術もあり、もともと練習は無しの予定でしたが、ホントに一週間何もしないと、罪悪感のようなものが溜まってきますな。すでに顔が丸くなり始めているのを実感しとります。



世の中ではツールド沖縄が終わり、市民210キロは今年は高岡選手の優勝。おめでとうございます。圧倒的な力で圧勝だったようで、今年はどんな展開だったのか気になるところ。



このニュースを聞いて、2009年のツールド沖縄のレースを昨日のことのようにふと思い出し、私はこの二年間何をしてたかのという悔しさがこみあげてきて胸が苦しくなりました。



弱体化する体。下がるモチベーション。トラブルだらけのレース。



家でゴロゴロしていて良いのか・・・。自分が闘うところはどこなのか?いま走っているレベルで満足するのか?



どうせ闘えるのもあと数年なのだから、やれるだけのことはやれよ!と。



高岡さんは、横浜いるときにご一緒させて頂いたこともあり、人柄も尊敬できる方で、私よりもはるかに大変な仕事をこなす、二児のパパ。



何一つ私が言い訳できる理由などありません。



さあ明日からと言いたいところですが、このモチベーションが1年後まで続かないことは私自身よくわかっています。気持ちのみブログに書き残し、トレーニング始めるときの道標にします。



とりあえず、年内はトレランとシクロでお茶を濁そうと思っていたけど、年末の引っ越しに向けて、家を空けることがほとんどできなさそうです。



これまで「Jグランプリ」=「聖戦」のような殺し文句であたかも仕事に行ってきます的に家を空けてましたがこれからはそうはいきません。



ちなみに我が家の、家を空ける言い訳ランキング第一位は「店長に言われたから・・・・」と「キャプテンに言われたから・・・」というのが同率で並んでます。



とりあえず、時間は「ない」のではなく、自分で「作る」ものですね。



もう少し休んだら再開します。





振り返り?

2011年出場レース



4月 波賀ヒルクライム 優勝



5月 美山c1 7位



6月 西日本実業団 優勝



    実業団富士山HC 32位(途中失速)



    比叡山HC 5位



7月 岡山4Hエンデューロ 優勝



8月 鈴鹿5st 1st2位 2st2位 3st3位 4st2位 5st 15位くらい?



9月 実業団加東 85位(スポーク折れ)



    実業団舞洲クリテ4位



    全日本実業団4位



10月 実業団箱根HC 6位



    実業団輪島ロード 11位(途中落車ストップ)



    実業団飯塚クリテ 18位(スプリント落車)



    実業団美浜クリテ 5位



昨年の忘年会では、「今年は忙しいので3レースぐらいしか出れないと思います」なんて言ってたけど、結局かなり無理をして14レースも出てしまった。特に9月以降は実業団だけで7レース。



エントリー費に遠征費、自転車の修理代等大量のお金をはたいて、家庭を犠牲にし、仕事を犠牲にし、自分がやりたいレースを捨ててまで、そこまでしてJグランプリに拘ったのはなぜなのか、あまり答えはありません。



ロードレースは自らの意志で出るにしても、特にクリテやヒルクライムは個人的には嫌いなのであまり出たくないのが正直なところ。



今年はキャプテン、ラオウさん、ロデムさん、いわおさんら私よりもはるかに忙しく、大変な立場の人生の先輩方が、前半に必死に築いてくださった土台があり、それを崩したくなかったのが強い気持ちでした。



いつも切磋琢磨している仲間のため、今までお世話になった皆さんのため、微力ながら貢献できればという気持ちから後半戦は走りました。



分不相応にもエースと言って頂きながら、関ヶ原と言われた加東で勝てたレースを自らのミスでスポークを折って壊してしまい、そこで背負った十字架はおおきく、残りレースは懺悔のために走っていたような感じでした。



また、あまりにJグランプリのポイントを意識するあまり、不本意な走りを続けてしまい結果も中途半端な結果が多く、トラブルも続き自分自身情けないレースが続きストレスが溜まりました。



今年ライバルチームとして競わせて頂いたSPACEBIKEさんは岡選手、遠藤選手、田端選手はじめ素晴らしい選手が多く、シルベストは個の力としては圧倒的に負けており正直まったく歯が立ちませんでした。レース中、うちは真っ向勝負では勝てないためマークさせて頂き、またクリテ等では集団コントロールに徹したため非常に走りにくく嫌な思いをされたかもしれません。それは、そうするしか作戦がなかった苦肉の戦術でした。最後まで正面から戦って頂き大変ありがとうございました。特に圧倒的な力でツアーリーダーになった岡選手には日本を代表するような素晴らしい選手になって欲しいと全員が思っています。



また、シーズン中何度も自転車のメンテをしてくれた、豊中店のハイランダー2号君、かわの君には本当にお世話になりました。いつも忙しい中スペシャルメンテをしてくれたので、我々が気持ちよく走れました。我々、実業団メンバーにとっては豊中店は必要不可欠のメンテ基地のためこれからもよろしくお願いします。



うだうだ書きましたが、すべてが終わってひと段落。 



来年のこともそろそろ考えていかねばなりません。









手術終了

サイボーグ化手術無事に完了。

ロケットも装着したので来年はツールドフランスかな。

全身麻酔手術は、術後がホントしんどいのよね。尿管が痛いし、喉乾いて死にそうになるし。

これで娘をおんぶもだっこが出来るし、重たいリュックも背負えるぞ。

振り返り

今シーズン終わりましたね。美浜クリテからチャリに触ることすらしてません。強く乗りたいと思うまでは封印します。毎年沖縄終わってからリベンジに燃えて火がつくけど1月くらいにはグダグダになるので、来年はスロースタートでいきたいところです。

さて、2011年自転車シーズン振り返ります。

まずは昨年の鎖骨粉々粉砕事件により自転車乗れない状態からのスタート。2月まではトレランでとりあえず運動不足解消。

3月からようやく乗り始めて、まずは美山のc1と西日本実業団広島に目標を明確にさだめて100日間計画で仕上げる予定を立てた。

最初はあまりの走れなさに愕然としていたが、4月下旬くらいから走れるようになり冨田屋合宿でもそこそこ走れていた。

迎えた美山c1。大雨の中でのレース。白石選手と小嶋ファミリー、マッサとの正面からのつぶしあいは正直楽しかった。今年のレースの中で一番自分らしい走りをしたと思います。ここで手応えを掴みレース感を取り戻したのは大きかった。

翌週の西日本実業団。 シルベストほぼフルメンバーを揃え万全の状態で挑み、メンバーにすべてを助けて頂き予定通りのレース展開で優勝。

100日間計画は予定通りに幕を閉じる。

その後に調子に乗ってエントリーした富士山では、途中でまったく体が動かなくなり、ほとんどDNF状態。

比叡山でも短いヒルクライムなので優勝する予定がヒルクライム職人達の前にあと1分の我慢ができず、5位に沈む。職人の恐ろしさを知りました。

そして夏。

7月、8月中旬までは仕事と家庭行事が多忙極まりレースなし。

この隙にJグランプリがどんどん窮地に追い込まれていることはあまり気付いていなかった。

夏の終わりを告げる鈴鹿5stは今年も2位を3回。 個人TTに開眼しようかと一瞬思った大会でしたな。

そして9月。

続く

サイボーグ化


梅田某所に入院中です。



明日は重さ20キロの鎖骨プレートを取り外し、代わりに足に電動モーターを組み込む予定です。これで登りは無敵になります。



主治医のエロドクターロデム氏に相談したところ、現在開発中のロケットをケツの穴に差し込む手術も同時に勧められています。



ロケットから出るアフターバーナーでアタック成功率は100%になりますが、副作用はバーナーの噴射でリアタイヤが溶けてしまうそうです。



うーん悩ましい。



ドクターのお考えはいつも斬新です。



天才だわ

美浜のE3で6位に入賞した人のレースレポートを読んだら、笑いすぎて腹が痛くなってきた。



この人、天才だわ。



ってことで、今日は寝ます。







最終戦美浜クリテリウム

実業団最終戦。



1年間闘ってきたJグランプリの結果がかかった大事な一戦。



コースは、緩い登りが1か所あるだけで、あとは基本平坦の極めてイージーな1周3.75キロ。ゴール前のド平坦の一直線が1キロ以上あり、ゴール前のあとm表示もないため、スプリントのかけどころが極めて難しそう。路面は雨上がりのウェットコンディション。



チーム作戦は色々ありましたが、最優先はJグランプリの死守。



私の仕事もそのための動き。心強かったのは、不参加の予定のをくだ君が娘さんを連れて駆けつけてくれたこと。キャプテン不在のレースで、をくだ君がいるかいないかで私の心理的、肉体的負担は全然違う。ありがとう。



先に行われたE2、E3のレースでロデムさんが6位入賞を果たしたものの、大きくポイント差を詰められて非常に緊張感ある状態からE1のレーススタート。



序盤で、所長がスペースの遠藤選手とブレッザの若杉選手らとともに逃げに入る。



今回のレースで3大勢力である3チームからの逃げなので、集団は活性化しない。



VC福岡のサトウ選手らが何度か追う動きを見せるが、3大勢力が抑え込みに入る。



その中で、単独で集団から逃げのメンツに追い付いたナカガワの渡邊選手はさすがの独走力。私も本音は一緒に行きたかったのですが・・・今日はチームプレイなので。。。



結局15秒〜40秒くらいの微妙な差を保ってずっと周回を重ねる。後ろはサイクリング状態。



組織的にその気になって追えば一瞬で追いつくが、我々としても逃げの4名に行ってもらう方が都合が良いため容認。



そのままずっと周回を重ねてファイナルラップ。にわかに単独アタックがかかるが、最後の直線が長いためこれも放置。



最後の直線。をくだ君、いわおさんらのメンバーが前に上がっていく。



私には迷いがあった。



先週は絶対に避けたかった落車をしてしまったこともあったり、今年一年の不吉な走りを見ると大きなトラブルが脳裏をよぎる。最後の最後で落車だけは免れたい。



そんな迷いの中、かまやんが横に来て「牽きます」と痺れる男の一言。だまって頷く。



これで吹っ切れた。



かまやんが鬼のように、私を引き連れて集団最前方へ。残り600mくらいか。集団最前方にいたシルベストのメンバーに後ろに入れと声をかけて、私が駄目だった場合の保険をかける。



かまやん鬼のようにダンシングして引っ張ってくれる。後ろを走っていて最高に走りやすい。



残り400mくらいか。かまやんに少し疲れが見え始め、後ろから他チームにかぶされると厄介だと思い、かまやんロケットから少し早い目に発射。



かなり長いスプリントになり、ダンシングだけでは続かず、最後はシッティングになりながらもなんとか集団の頭を死守してゴール。逃げの4名に続いての5位となりました。



所長も先頭交代に加わらなかったことからスプリントはせずに4位に入る。



最終的になんとかポイント差を守り切り、Jグランプリ獲得。



一緒に戦ってくれたメンバーの皆さま、ありがとうございました。



総括はまた続く















キャプテンへ

Img_14521

やりましたよ。キャプテン。キャプテンの前半の貯金のおかげです。



最終戦

明日でいよいよ最終戦です。

ここに来るまで今年は悩みが多い一年でした。

走りもボロボロで、メンタル的にも辛くてまったく結果が出てませんが、最終戦に出れなかったキャプテンの分もしっかり楽しんで走って来たいと思います。

トラブルなく笑顔で終われることを祈ります。

だべり練

今シーズン最後の朝練へ。

ホイール変えたりしてたら時間なくなり遅刻。

勝尾寺経由で3stから合流。サラ足は気持ちよく足が回りますな。

セミロングはHTBさんとひいらぎ峠超えて、二人茨木までずっとおしゃべりサイクリング。

日本経済の行く末について熱く語りながら帰宅。

今シーズンの練習もこれで終了ですな。

最後のローラー

今シーズンたぶん最後のローラー。



30分のメディオだけ。256w。



先日の落車の影響で左半身が擦過傷だらけでボロボロ。数字もいまいち。



毎年この時期は、沖縄に向けて最終調整時期で体も心も充実しているはずだけども、今年はボロボロの満身創痍状態。



それでも、男は戦いに行くのだ。



迷わず行けよ。行けばわかるさ。



昨日、阿修羅だなどと冗談で書きましたが、うちの奥様は神様であり仏様です。



毎回気持ちよくレースに行かせてもらって、ボロボロになった傷跡にガーゼを張ってもらって、疲労がたまるとマッサージをしてくれて、食事もオーダー通りに作ってくれて、私にはもったいないくらいの出来過ぎた奥様です。感謝をしてもしても足りません。



奥様の力なくして今の私はありえません。



最後は感謝の意味もこめて笑顔で終われるようにしたいですね。



ちっ、ばれたか。

仕事に疲れ果てて家に帰ると、一枚の紙を握った阿修羅が立っていた。



その紙とはクレジットカードの明細。シ○ベス○サイクルって書いてあるやん。身に覚えが・・・。



「ほー、どえらい金額ですな・・・」と。静かに阿修羅は語る。



いかん、ばれた。



「シューズつぶして、ホイール2個つぶして、ジャージ破って、金を一人で使い倒して、週末自分一人だけ遊びに行って、娘の面倒も見ずに、不景気な面して帰ってきやがって、おまえは何さまだ」と。



スポーツをやっていると言えば聞こえはいいが・・・



ただ家庭を省みずに金を浪費して遊びまわっているただのおっさんです。



というわけで、最後の一戦は知多半島に家族旅行で遊びに行くことになりました。



最強の応援団?