FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

山越えた

仕事は超級山岳突破。

明日と明後日は休みにして、熊野遠征。


今朝はジロ最終ステージ見ながらローラーで1100kj。

20分262wを2回。心拍156程。左足が肉離れのような状態のためたぶん全力で踏めば足が潰れそうな感じ。大丈夫とは、言えない状況。

メニューは抑え目だけど熊野はちょいと厳しいか。

まあレースを楽しんで走りたいと思います

スポンサーサイト



肉離れか

足の筋肉が逝ってしまって回復しません。痛みが酷い。

美山

遠路練習がてら応援に来て頂いた皆様ありがとうございました。

私の結果は奇跡のDNSでございました。

これからも記録よりも記憶に残るレースを、目指して頑張ります。

なぜDNSなのに足が攣りまくってるんだろう。

美山C1

今年も行ってきました。美山c1。



レベルは実業団のE1よりもはるかに高く、私の中では非常に重要レース。



しかし、、、公式リザルトはDNS扱い。



実は色々やってたらサイン時間に間に合いませんでした。



審判さんに、聞いたら出場はOKとのことでレース開始。



まあリザルト残らなくても自分の中に残れば何でも良いので気にしない。



展開はシェルボ奈良vs岩井商会の戦い。



そこに学生vs白石君vsその他おっさん達の構図。



主要メンバーはP1登録の選手達。アマチュア以上プロ未満ってところでしょうか。



序盤から完全にレースの主導権はシェルボと岩井商会。単騎参加の白石君が毎年恒例ながらかける。そして去年優勝した明治大学西沢選手や京都産業大学の吉岡選手あたりが強い。



このレース辛いのはアタックがかかったときに追わなければならないこと。チームメートがいれば、、、と何度も思う。岩井商会とシェルボはそれぞれ交代で仕掛けてくるしそこに白石君も加わってくると追わざるを得ない。



逃げ切れる可能性もあるレースなので、主要な動きには反応しにいく。



九鬼が坂は、序盤は余裕な感じ。



しかし、ここ最近の仕事の激務の睡眠不足で3周目にして右足フクロハギが攣る。まったく踏んでないのに意味不明。



5周目の九鬼が坂手前で左足フクロハギが完全に攣ってあまりの痛みで足を止めた。



登りになると痙攣おさまってくれたので違う筋肉使いながらのダンシングで、ごまかす。既に黄色信号が点滅。



全体のペースは決して遅いペースというわけではないが下りと平地で少しまったりするので集団の人数があまり減らないのが、もどかしいしつまらん。



6周目でそろそろ動かねばと微妙に飛び出してみたりするけど集団に吸収される。



最終周回スタートライン越えた辺りでかかったアタックに反応。5名くらいで飛び出す形。集団からは10秒差くらい。



シェルボと岩井商会も入っていたので組織的追走はないだろうから飛び出したまま踏み続ける。どうも思惑が一致せずきれいに回らん。私も一度諦めたけど、思い直して行ける限り行ってみるかと踏み続けて、九鬼が坂まで行く。タイム差は10秒〜15秒くらい。



九鬼が坂直前でまた足が攣る。



九鬼が坂は3番手で登り始めるが、中腹辺りで集団に飲み込まれ、集団の勢いがかなり強烈だったのでちぎれそうになり、更に両脚が攣りまくって万事休す。



幸い7周目の登りのペースは山頂手前で緩んだのと、娘が山頂で待っているのでパパが遅れるわけにはいかんので気合いでなんとか対処。しかし足は激痛で全部攣っている。



ゴール直前はスプリントに備えたけど、前走者の斜行でタイヤが取られそうになったりして、落車回避最優先でなんとも情けない感じのゴールとなりました。どっちみち足が攣りまくっていたので絡むことできなかったでしょうが。



結局10位か11位ってところでしょうか。リザルトはDNSですが、応援頂いた皆さまありがとうございました。



レース終わって白石君のところでしゃべってると右足が全部攣って動けなくなりました。



なんとかコーラもらって復活。ありがとうございました。



睡眠不足が続いていたのが原因でしょうか。



帰りは自走で帰りましたが、足にまったく力が入らず150wくらいしか出ずフラフラでした。



美山c1で勝つのは難しいですな〜。来年はうちもフルメンバーで戦いたいっす。





決戦用


やっぱディープリムつけると引き締まるな。



耐えた

今週月曜から金曜まで7時に家を出て23時〜24時に帰るパターン。 飲み会ではなく残業。

ようやくゴールが見えた気がするので明日は休めそうかな。

なんとか朝練も毎日やって睡眠時間確を4時間から5時間確保して今がギリギリの水準。

ここまでする意味はたぶんないだろうけど、継続は力なりです。

一日の癒しの時間は朝の10分の娘との触れ合いと、夜に読む保育園の日記で娘の成長実感すること。

まっとうな父親になってないよなー。

まっ明日はゆっくり寝るかな。

遅い飯

23時30分ようやく晩御飯にありつける。

この生活なんとかならんかね。

朝は5時30分から65分。流し気味で40分230wでした。

ジロがいまいち盛り上がらんねー。

なんで

4時30分起き。

5時過ぎから3本ローラー開始。ジロ15stをセット。

今日は早く会社に行く予定なので70分くらい。

15分アップ。

10分311w。

5分230w

5分303w

5分180w。

5分308w

5分175w

5分307w

5分175w

5分、、、


ここでローラーから異音。

ついに漕ぎ過ぎてつぶれたかと思ったら、タイヤがパンクしてる。

3本ローラーでパンクって、、、意味不明。

トレーニングの一番大事な部分で、しかもジロ15stの残り1キロがバンクに気を取られてちゃんと見れんっかったわ。盛り上がってるところだっただけに残念。

これも天の声か。

明日からは少し強度落とす予定。

チャレンジしたいな

4時30分に起きて3本ローラー。

トレーニングというよりも溜まっているジロデイタリアを消化するために乗っている気がする。14ステージまで見れたのであと少しで追いつける。

さて今日は、20分アップしてから60分250w以下に下げないようひたすらインターバル。5分とか8分とか10分とか。レストも250w以上。

平均275wくらいかな。データダウンロードしてないので不明です。

1250kjくらいでタイムアップして出勤。

朝の8時から夜の22時までほぼ不休で仕事を続けるが今日もゴールは見えず。病んで行くのがわかりますなー。寝る時間が欲しい。

話変わってニシさんのUTMFのレポート読ませてもらってます。すごく良いです。ドラマがあってたぶん一生忘れられない体験でしょう。羨ましいです。

最近トレーニングする意味とかレースに出る意義を考えます。

私が求めているものは何なのか?

一言で言うと達成感でしょうか。

こんなこと書くと怒られますがレース結果は私は正直どうでも良いと思ってます。勝つともちろん嬉しいのですが、勝つよりも自分が納得できるパフォーマンスが出せたかどうかが一番の評価基準です。

勝ったレースもありますが、勝てなかったけど心に残ったレースは数多くあります。総じて苦しみに耐え抜いたレースはよく記憶に残っていて自分の財産になっていると思います。チャレンジしたレースは勝てなくても清々しいです。

もっとチャレンジしないといけないですな。人生一度きりですから。

同じことを繰り返してもしょうがないし、進歩がない。

来年はUTMFとかいってみたいし新しいことにもチャレンジしたいなー。

まだまだ、限界に挑戦しないといけませんな。

人間その気になれば、何でもできるんだし。一歩踏み出すかどうかだけなんですけどね。


帰り道の電車の中でなんとなく思ったことでした。

堺クリテ

今週毎晩0時前後帰宅で死亡寸前。土曜もしっかりお仕事ですわ。

30代働き盛り辛いね〜。

黄砂もやってきたのか、くしゃみ、鼻水、痰が止まらんです。

過労とアレルギーで金、土、日と体調不良でボロボロ。

今日は堺のクリテ。

レースをやるような精神状態ではないけど、6000円払ってしまってるので渋々参加。

とりあえずいつもの練習用の自転車で自走で堺まで。

体調悪すぎてまったくペースがあがらず160wも出せずに70キロ程。行く意味あるのかとずっと考えながら走って11時過ぎくらいに着いた気がする。

コンビニ弁当食ってダラダラして、鼻水垂れ流しながらレース開始を待つ。

12時45分レース開始。

リーダージャージ持ってるリーダーチームなわけで、その責任果たすために前で牽いて、誰かアタックしたら集団引き連れて追いかける又は追いかけてるふりをするというお仕事をずっとしてました。

そんなことしてたら結構消耗してしまい一番大事なアタックを追いかける時に出遅れてしまい一番大事な仕事ができなかったのが悔やまれます。 結果として所長と遊君の何のアシストにもならず申し訳ないことをしてしまった。

スプリントも危険回避のためまったく参加する気もなく、何をしに行ったのかよくわからんかったです。

まあ無傷で帰れたのが何よりですが。

帰り道は奈良側から80キロほど自走。しかし160wも出ず。

走りながら今後のレース活動について色々考える。

もう限界ちゃうんか。

来週は私にとって一番大事な美山なので頑張ろうかな。

移動中


堺まで170キロLSDして、明日のお仕事のため東京に移動。



お疲れ練

なんとか4時30分起床。



5時過ぎから三本ローラー。



10分アップして冷房入れる。平均160w 116bpm。



10分更にアップして工業用扇風機を回す。208w138bpm。



15分220wから入って270wくらいにあげてみる。250w148bpm。



じわじわ300wに上げて行く。5分経過時点で312w、後半5分333w。



トータル10分322w171bpm



5分210wくらいに落とす。



そこから5分のインターバル。



301w 171bpm



304w 167bpm



307w 168bpm



311w 169bpm



終了。







トータル1290kjで終了



帰って元気があれば詳細追記予定。



2012-05-16 22:35:31

昨晩22時30分帰宅で飯食って風呂入って23時30分に寝た。こんな寝る前に食べる生活してるとまったく体重が減らん。



仕事のストレスで眠り浅いし娘が朝の4時から腹減ったと言っているし起きる。



ってことで、朝からローラー。



20分190w 135bpm 101rpm



20分 278w 162bpm 91rpm



4分 218w 152bpm 90rpm



20分277w 165bpm 91rpm



10分300wなんて私には無理です。



今日も帰宅は23時過ぎ。あしたは起きれないだろうなー。



補給

昨日の練習がハード過ぎて今日は一日歩くのも億劫な倦怠感。

80キロノンストップは結構きつい。

昨日の周回中の補給食は、薄皮つぶあんぱん5個、一口羊羹でした。

もうすこしいるかなー。

銭原〜上音羽ループ錬

久しぶりに箕面に行ってみるかと、6時30分くらいに出発。



山を通らずにひたすら平地を走って、箕面まで。



途中までAV30ペースで巡航してたけど途中から信号が増えてストップ&ゴーの連続でした。



1時間14分35.4キロ NP200W 意外に早かった。



さて久々の箕面



第1st 6分23秒 341w 162bpm ヘアピン抜けてから河野さんの殺人アタックで全員粉砕。河野さん、かわしたけどラストで栂尾プロが後ろからやってくる。



第2st 3分30秒 348w 168bpm 栂尾プロが駐車場からアタック。キャプテンFJT氏追走に乗っかって最後まで。



第3st 5分50秒 327w 緩いペースで進んでいたところ、終盤栂尾プロがかける。それに乗っかって発射するも向かい風で失速。



高山で栂尾プロにご指導を仰ぎ、余野のファミマへ移動。



今日は上音羽〜銭原ループ錬5周回です。



スタートリストは、キャプテン、FJT氏、スネゲ氏、河野さん、K味さん、ヒロさん、ダイスケさんそして栂尾プロ。



?一周目



コース確認でゆっくりとか言いつつ負荷掛かってるがな



上音羽 6分5秒 235w 150bpm



銭原 8分14秒 275w 161bpm



?二周目



栂尾プロの帰宅時刻が近付いているらしく牽いてくださいとお願い。



上音羽 5分5秒 285w 158bpm 93rpm 



ラスト2分は350w以上出ていたためイキナリこの時点で崩壊。



銭原 7分21秒 307w 168bpm 91rpm 



FJT氏K味さんが粘るも終盤の栂尾プロのアタックで崩壊。



?三周目



栂尾プロの離脱で、ステージレーサーのFJTプロの独壇場に。



上音羽 5分23秒 267w 155bpm 83rpm



FJTプロと私の二人状態。



銭原 7分48秒 300w 169bpm 86rpm



FJTプロ山頂前で少し離れるも千切れない。山頂ですね毛氏ショートカットで合流。キャプテンもいたがなぜかローテにいない。



?4周目



上音羽 5分19秒 262w 161bpm 87rpm  



FJTプロ途中で消える。河野さんショートカットで合流し、すね毛氏と3人。



銭原 8分28秒 265w 163bpm 83rpm



すね毛氏に後ろから追われながらの単独登坂。私も相当足が厳しくボロボロ状態。



下りきったところでFJT氏ショートカットで合流し信号待ちですね毛氏河野さん合流。



キャプテンがファミマで手を振っている。



?5周目



上音羽 5分34秒 251w 158bpm 85rpm



FJT氏驚異の走りで私にトドメを刺そうとする。



見山の郷の手前で、すね毛氏驚異の追走による復活。河野さんショートカット合流。



銭原 8分0秒 282w 163bpm 80rpm



すね毛氏、河野さん力尽きる。FJT氏驚異の粘りの走りで私の後ろをしっかり着いてくる。



斜度がきついところで少し先行し、そのままピークまで。もう足が止まりそうな極限状態。



最後は平地までしっかり踏みきって、完全に出し切って5周回完了



ループ5周回 80キロ NP242w 147bpm 87rpm 



ファミマでしばし休憩してそのまますね毛氏と帰路へ。帰りはヘナヘナでした。



 















単独錬

日本海ランに行きたいと思いつつ、午前中はお客様があり外に出れず。



13時前くらいから出発。



日本海組は雨で断念して、三田ループに移動したと聞いたので、とりあえずそっち方面に行ってみる。



372号でどかんと西に行けばよいものを、わざわざ山の中を通って移動。



金蔵寺、堀越、大坂、畑野、瑠璃渓、駕籠の坊、後川。



ひたすら泣きたくなる向かい風でこの時点でNP238Wの意味不明の高強度錬。



後川のJAであんパン買ったら驚異的なまずさで、すっかりやる気なくして、三田ループ目前にして帰路に着く。古坂峠から372号に出てひたすら亀岡まで爆走。



途中から追い風に乗って45km巡航。コンパクトクランクは余裕で回りきる。



追い風の中ではパワー維持が難しく、結構頑張って踏んだのにNPはどんどん下がって、亀岡到着時点で228wまで落ちる。亀岡市街は危険なため流して老の坂越えて帰宅。



帰宅してから、シル京に自転車もっていってクランク交換。



7900コンパクトクランクから7800のノーマルクランクへ。



コンパクトクランクは時速30km〜40kmの練習のスピードでは丁度良くて登りも楽に登れて疲れにくいけど、40km〜50kmで巡航するロードレースやクリテでは、ちょいと厳しい。



ロードレースで激坂長時間走ることありませんしね。



ギア比の計算上はアウタートップ50×11にすればいけるような気がするけど前のギア板が大きい方が大きな力が出ているような気がします。理論的根拠はまったくありませんが。



ヒルクライムや登りの厳しいレース(って輪島くらいか)は絶対コンパクトの方がええと思いますけどね。



明日は久々のノーマルクランクを堪能しよう。





今週

GW明けで異常に多忙な一週間。ホンマに疲れました。



朝4時30分に起きてとりあえずローラーこぐ毎日。



ジロデイタリア見ながらですが、平坦ステージはゴール前10km程度だけ(笑)



月曜



40min 171w 114bpm 91rpmの流し。



火曜



60min 267w 163bpm 91rpm



水曜



20min 272w 164bpm 88rpm



25min 268w 165bpm 90rpm



木曜



55min 187w 129bpm 89rpm



金曜



60min 282w 164bpm 93rpm



金曜日に今季最高強度達成。









白浜合宿総括

このネタ一週間引っ張ってもうた。



1日目 NP245w 141bpm 89rpm 108km



2日目 NP225w 134bpm 86rpm 182km



3日目 NP208w 122bpm 83rpm 119km



どんどん下がる出力、心拍、ケイデンス。疲労と戦うって大変です。







合宿個人的反省点



?企画遅過ぎた。



企画ものは、てnち任せなところがあってギリギリの声掛け失礼しました。



GWは予約早い目に取らないとやはり厳しくて選択肢がほとんどなくなってしまい、姉さんのヘルプのおかげで実現しました。



?コース



どうせ白浜まで行くなら楽しい道をといろいろ考えましたが、準備不足でご迷惑おかけしました。今回は脚力差が思った以上にあって時間的にタイトな感じになってしまいました。



?食事



全員でオークワの売上に貢献し過ぎました。やっぱスーパーの弁当やコンビニ弁当では味気なかったのでみんなで同じ鍋をつつくような食事がええですなー。食事担当が必要です。





?集団走行



下りは慎重に。ローテは優しく思いやり。常に後ろを走る人に気を配る配慮は必要ですね。



?準備



直前忙し過ぎてほとんど準備の時間がなくほぼノープランでした。ホントすいません。



それでも、走るコースもわからないのに15名集まるんだからやはり変態集団です。



?次回



あるのか? 夏にキャノンボールプロジェクトどうでしょう? 車に荷物だけ積んで目的地定めてレベル別に分けて自走とか。



なんやかんや言うてもチームメンバーの合宿はホンマ楽しい時間です。



次回また懲りずにご一緒下さい。



白浜3日目

合宿3日目は最初からあんまり考えてなかったので、前日に皆で協議。

護摩とか色々意見ありましたが、最終的には帰り道の渋滞等も考え南国練コースに決定。

車で移動して有田川温泉からスタート。走り始めると川の土手が超級山岳に感じる疲労感。

平坦をゆっくりローテしながらスタートし、道の駅しらまの里へ登って行く。たいした登りじゃないけど異常に足が重くてしんどい。

心拍は150以上に上がることもなくただひたすらだるい。

下って平坦ローテ。

ブラックデビルやIW王さんがペースあげるような動き。私はひたすらペースをあげないように努める。こういうときに省エネ走法を体得しておかないといけません(笑)。

御坊に着いて昼飯タイム。ナカノ君に油もんはあかんでと言いながらやけくそでカツ丼大盛を喰らう。

ここまで平均心拍121でもう体がまったく動く気がない状態。

海岸線に出てひたすらアップダウン街道へ。

登りの度にプチアタック合戦が始まり、内心勘弁してくれと思いながら反応する悲しい性。



一つ峠を超える度に何故か体は楽になる。

キャプテンが海岸線で水着のお姉さんを見てなぜか着火して爆裂なアタック。そして恒例コースミス、、。

ちなみにエロデム社長は水着ネエちゃんポイントで違うアタックをしてしまい、SMPのサドル穴に挟まって動けなくなっていました。

そんなこんなでアタック繰り返して100キロ過ぎた辺りが本日一番体が軽い状態。

ラストはこれで合宿も終わりかーとしみじみ感じながら有田川沿いを走って練習終了。

続く

合宿2日目続き

忙し過ぎてレポート書く時間がねえっす。ってことで移動時間に更新。

チマコッピ札立峠越えたところまで書いたような。

札立は、ラオウ殿、変態ステージレーサーの強さと、登れるブラックデビルの強さが光っていましたな。ローター効果ですかな。

札立の下りは熊野経験豊富なキャプテンの先導。コケが多くて結構怖いっす。

所長、師範のパンクあったりして、少し集団わけて下る。

下りきって再び千枚田の登り。実はここが私的には一番きつかった。

足が動かなくて、本気で千切れそうでした。

湯の口まで下って311号を熊野川沿いに登って行く。

この辺になるとみんなヘナヘナでYB様と二人あげあげペースで先行して、ゆっくり下りながら後続待ち。

168号に出て、平坦地獄のローテ街道。

平坦が終わると最後は中辺路に向けての登り。ゴールまで約20キロか。

遅れているメンバー待ちながら、少人数ずつの時間差スタート。

私はYB様、FJT氏、ヒロさんの4人パック。

しばらく走ると原付をバイクペーサーにして走るリーダージャージを捉える。ヒロさん脱落し、3人の地味に苦しいローテを繰り返し、ブラックデビル、IW王さんを捉える。

山頂まであと2キロくらいのところで、FJT氏から残る力で引いて千切れます発言あったけど、まあ無理せず着いてきなさいとYB様からやさしい悪魔のささやき。結局斜度があがりFJT氏力尽きる。

YB様と二人先頭交代。お互い心拍もパワーもまったく上がらない、ただ苦しい状態。山頂手前でラオウ氏、ロデムさんの姿を視界に入れるが追いつけないまま山頂通過。その後の信号ストップで合流し、最後はかまやんロードの登りで最後の力の振り絞り、ラオウ殿のダンシングふるもがきが強烈でした。

18時過ぎに駐車場到着し練習終了。

183キロ 上昇2250m

合宿2日目

合宿のメイン日。スタートリストは15名。



当初の構想では、白浜〜熊野〜白浜の280km 上昇3700mの超級レースが予定されており、皆さん楽しみで夜も眠れない状態にする予定でした。



しかし、当日合流組の合流時間等もあり9時に熊野古道の秘密の山の中まで移動(往復約100kmの短縮)したうえでの出発に決定。



出発時は、う○こから出てこないリーダージャージを放っていくかどうかの議論の末、9時30分くらいに出発。



まずは、熊野第一ステージのスタート地点まで移動。



昨日フルで走ったメンバーの足は既に死んでいる。しかし、当日合流のサラ足メンバー5名の足は異常に元気。楕円のリングを積んだブラックデビルがゴリゴリ踏むもんだから、序盤から逃げ集団とグルペットが構成される展開で集団崩壊。



熊野第一ステージに到着して、ほぼレースペースで1周。シチュエーション的に折り返し地点のトンネルへの登りがきついのと最後のKOMは結構ハードな感じ。



24min30sec NP254w 141bpm 94rpm



その後311号から湯の口温泉に移動し第二ステージのコースへ。



千枚田もしっかり登ります。



ここでもラオウ、デビル、リーダーのサラ足組みがアタックして先行し、後ろからYB様と二人でひたひたと追走。



終盤で逃げていたラオウ様を捕まえるが、さすがラオウ様で暗黒闘気を出しながらの驚異の粘り。



8min20sec 330w 173bpm 86rpm 心拍が上がらん。



熊野倶楽部のゴールに向かって一気に下って、ゴール地点を確認。私は初めて走りましたが、なんだか微妙なコースになってしまったってのが印象です。



恒例のキャプテンの道間違いの後に、山崎運動公園で食事。



食事後、本日のチマコッピ。熊野名物の札立峠一本。



もう足が逝ってしまっているので序盤はかなりゆっくりな感じで、斜度がきついところが終わったあたりからYB様がじりじりとペースアップして、中盤の10分間は308w172bpm



そのまま二人でゴールのトンネルまで。



麓からは20min 285w 169bpm 83rpm。



続いてラオウ殿、変態チャレンジャーの順。変態の覚醒が始まっている。









続く。



合宿番外編



























今回体調不良で合宿に来れなかった娘は、なんとか外を歩けるようになり、海亀に乗って白浜に向かおうとしてたそうな。



泣かせる話ですな〜。



白浜合宿1日目(一部追記)

実業団メンバーで合宿行ってきました。



今回は直前の思いつき強硬計画にも関わらずたくさんの方にご参加頂き大変うれしゅうございました。



また鎌谷家の皆さまはじめたくさんの皆さまにご迷惑おかけして申し訳ございませんでした。



鎌谷家のご協力なしには今回は成立しませんでしたので、豊中に向かって3回お礼、白浜に向かって3回土下座を寝る前に必ずしておいてください。



次回の夏合宿はもう少し段取り良くさせて頂きます。





さて、内容など。



一日目。



12時白浜のお宿集合の予定が・・・・いきなり渋滞で遅刻。東大阪PAで遊君と変態記録に挑戦中のFJT氏を拾って、9時過ぎに出発するも、印南手前で13km渋滞。最後は下道で集合場所へ。同じく遅刻した変態おじさん達は、優雅にとれとれ市場でバイキングをして3日分のエネルギーを充填していたそうな。



我々は到着してコンビニおにぎりでご飯食べて13時30分くらいから走り始め。



「本日は観光サイクリングなので、たのしく行きましょうね。」と言ってスタートしたはずなのに、



道案内のカマチェラーラの牽きに集団後方は立ち上がりダッシュ地獄に陥り、序盤から千切れるピンチ。なぜか開始30分NP228w。しんどいがな。



そして今回の観光サイクリングの目玉「奇絶峡」を通過。



ちゃんと観光案内をしているのに、全員「気絶」寸前で前走者のハブしか見えていない様子。なかなか美しい岩が並ぶ名所だったのになー。



綺麗な景色を一切見ずに、ひたすらハブとお尻をにらめっこしながら虎が峰に向かって登っていく。



途中YB様の殺人アタックで集団崩壊し、気づいたら一人になっていて、延々と続く登りをえっちらおっちら登っていく。コーナー曲がるとはるか向こうまで道が続いているのが見える中々やらしい道でした。



40min np281w 165bpm 91rpm



虎が峰からトンネル下って、311号まで一気に下って、国道371号に入ってローテを繰り返し地蔵峠突入。狭い道をゴリゴリ登る感じ。



8min40sec  310w 173bpm 92rpm



県道219号に出てトンネルまで名もなき峠



7min16sec 308w 173bpm 92rpm



豪快な下りをバシッと下って、最後は川沿いの道を延々とローテーションし、三段壁に向かってゴール



ゴール直前



10min 280w 165bpm 89rpm





三段壁のプチ登りゴールは・・・・



キャプテンの豪快スプリントにより奪っていかれました。さすが最速列伝。



1日目トータル



走行距離 107.63km



上昇1215m



NP245w HR141bpm 89rpm 2321kj



一日目から強度高過ぎ・・・。サイクリングはどこいった?



恒例の長生の湯にほっこり入って、晩御飯はなんと!クエ鍋!



のはずが・・・、恒例オークワ弁当祭り。



白浜に何度も行っているのにまともに地の魚食べてないぞ。



 



3日目無事終了

Img_14961



合宿2日目

Img_14701



一日目終了




GW前半

GW前半戦終わってしまった。

28日、29日と両親兄夫婦と大山〜蒜山旅行。

この辺りは岡山在住時に自転車で走っていたけど改めて素晴らしい道だと思う。
関西圏では一番環境がよいところでしょう。

29日の朝の5時から朝食まで2時間30分一人で黙々と走る、

NP240W



犬挟峠 20min 288w 167bpm



大谷峠 25min 253w 156bpm



30日は岡山に移動して私に自転車を教えてくれたお兄さんとマコトさんと走行。



いやーすべてが懐かしく最高に楽しい時間でした。お忙しい中お付き合い頂き本当にありがとうございました。

コースは金山登って旭川ダムコース。



金山は、

20分41秒 311w 172bpm



いまいち心拍上がらず追い込めてないけど、前回は19分37秒だっただけに 1分のタイム落ち。。。

弱体化は防げませんな。



その後空港方面走って、旭川ぐるっと回って141km



メインは4時間 NP232w 144bpm 89