FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

550kj


レバ刺し食い納め



スポンサーサイト



1100kj

4時15分起床。日曜の疲れがまだ抜けず、何度も夜に目が覚める。

夏場の練習は違う疲労が残るのであんまりやらないほうがよいのかもしれんですな。広島と石川終わったらまた乗りたくなるまでシーズンオフにしようかと考え始めてます。

今日もかかりは悪くインターバルは無理。

20分のメディオを2回。

265wと270w 平均心拍157程

1170kj

流しのみ。

150kj



かまやんファミリーとブリティッシュなひととき。



なんか不思議な空間でした。



律君が、「ゆいちゃん!」って呼んでくれたことに感動したひとときでした。



2814kj

昨日の豆腐錬の豆腐食べ過ぎで朝からどうも腹の調子が悪く、4回トイレへ。



中途半端な強度もよくなかったか、なんか無駄に疲れているような状態。



箕面の朝錬には間に合わないので裏から高山登って合流。



行く道中から足が全然動かず、これはまずいぞと。



9時過ぎにファミマ出発。銭原周回逆回り5周回。



なんか最初20人くらいいたような気がする。



序盤はゆっくり・・・なわけもなく集団は進む。



1周目



総帥が1周で離脱するというので、「ジークジオン」って叫びながらアタックしていたような。



?8分11秒 np286w 151bpm 90rpm



後半の音羽はコミさんまさかのアタックで攻撃に出る。



?8分14秒 np307w 170bpm 90rpm



2周目



集団は人数減らしながら進んでいく。主要メンバーは全員いるか。



キャプテンが強くて実は私この時点で千切れそうでした。ほとんど前を引けてなかったように思います。



?7分49秒 np297w  164bpm 87rpm



音羽区間はまたまたコミさんが強かったような。かまやんの動きも光っていたか。



?8分29秒 np294w 170bpm 95rpm



3周目



私既にやばいです。ケツの筋肉が崩壊し始めてまともに踏めない状態に。そんな中YB様が殺人アタックに動く。



?8分27秒 np276w 161bpm 83rpm



音羽の登りはかまやんがアウターで登ってる!その後ろからコナン君がダンシングでかけてくる。



?8分41秒 np280w 170bpm 91rpm



4周目



ケツの筋肉が分裂して痛すぎるので千切れたい。豆腐屋への登りで既に虫の息。ここでYB様とキャプテンと3人に。



?8分24秒 np277w 166bpm 88rpm



音羽の登りも相当に厳しい。斜度がきついところでキャプテンが瀕死になっており、そのまま息絶えた。



?8分55秒 np269w 172bpm 91rpm



5周目



信号ストップもありキャプテンがファミマで合流・・・が豆腐登りで切れた。YB様と二人。とにかくケツが痛くて力が入らずまともに踏めたもんじゃない。YB様にかじりつきながら、ダンシング使ってなんとか3段坂をクリア。



?8分39秒 np264w 171bpm 89rpm



忍頂寺で嫁からボトルをもらって、最後の音羽の登りへ。ここまで来たら耐えるのみ。YB様の強烈アタックが来たら瞬殺されていたのは間違いなかったけどもなんとか斜度がきついところを耐える。最後は二人で回しながらピークを通過し、コンビニまで下りて終了。YB様ほとんど牽いて頂いてありがとうございました。



?9分3秒 np269w 179bpm 91rpm



ホンマにきついわ。5周で限界でした。



?31分19秒 NP266w 147bpm 88rpm



?31分56秒 NP261w 149bpm 86rpm



?33分56秒 NP244w 147bpm 81rpm



?31分31秒 NP244w 157bpm 87rpm



?32分35秒 NP239w 160bpm 87rpm



合計 2時間41分 NP251w 152bpm 86rpm



2507kj

今日はどうするかと思いましたが、銭原に豆腐を食べに行こうと思って出発。



いつものコンビニには誰もおらず、素通りすると前から「○ンコ、○ンコ」と叫びながら「俺の○ンコの出力」について語っている男がやってきた。



ふと気付くと、変態な人たちが集まってきて、一部、極悪な人たちは山の中に「悟りの書」を探しに行った。



我々は銭原で豆腐ライド。



?信号から銭原ピークまで(登り)?銭原ピークから消防署まで(下り)?消防署から音羽ピークまで?音羽ピークから信号までの4区間で計測



一周目は私の先頭固定



32min 22sec np 263w 150bpm



?8min29sec 283w 158bpm



?9min 153w139bpm



?8min54sec 298w 167bpm



?5min41sec 102w 128bpm



2周目はステージレーサーの一人引き



34min14sec np232w 137bpm



?8min21sec  240w 154bpm



?9min16sec   107w 126bpm



?8min52sec 266w 159bpm



?6min2sec  62w 105bpm



3周目は○ンコ様の一人引き



32min53sec np246w 140bpm



?7min59sec 253w 153bpm



?8min49sec 113w 130bpm



?9min5sec 263w 159bpm



?6min36sec 70w 107bpm



疲れたので細かい分析は本職の方に任せておいて、とりあえず、今日の完走は豆腐が美味しかったです。



明日も豆腐を求めてぐるぐる回ります。



極悪メンバーによるガチンコ5周回耐久レースらしいです。



9時に余野のファミマ出発















350kj

ふー、自転車はまったくダメです。

今は北アルプスをのんびり縦走したい気分。

940kj

10分アップで250wにかけたら5分しか続かず撃沈。やっぱりアップは20分か。

力が入らず60分220wで終了。

886kj

5時過ぎからローラー。

まったく気分が乗らずただの流し。

200wくらい

1236kj

ツールドスイスはかなりおもしろかった。1分以内に7人がひしめく展開でラスト45キロは珍しく早送りなしで全部見てしまった。ほんとこのスポーツは駆け引きだと感じました。



ツールドフランスが楽しみですな。



朝は4時30分起きで8分4分インターバル。



20min 189w 134bpm warm up



8min 282w 159bpm 90rpm       4min 251w 159bpm 93rpm



8min 282w 164bpm 91rpm       4min 254w 161bpm 90rpm



8min 284w 167bpm 92rpm       4min 251w 162bpm 89rpm



8min 285w 167bpm 87rpm       4min 252w 163bpm 89rpm



12min 283w 168bpm 87rpm



60min 274w164bpm



結構フラフラです。



1370kj

土日あんまり走ってないのでとりあえずエネルギー消費。

2181kj

朝からいろいろ用事があったり、予定がコロコロ変わったり結局走り始めたのが15時30分。



とりあえず、近場の山へということで、ベニーCCへ。



長岡京から1本、高槻から1本、大山崎から1本と3方向から攻めておきました。



その後に善峰様を1本。39×25でしたが、蛇行すれば意外に楽に登れました。



日が暮れそうになってきたので、桂坂を走り回って帰宅。



話題のゴールデンチーターを使ってみようと思って導入。



こいつはすごいなー。クリティカルパワーのボタン押したらエラーが出てしまうんだけどなんでやろうか。







950kj

雨につき朝からローラー。



メニューは15分アップしてから



5分のインターバルを5セット。



305w基準で漕いでたけど、しんどいようなしんどくないような微妙な強度でもっと強度あげないといかんよな〜とか思いながら、これ以上あげたらしんどいからこんなもんでええわ、という妥協感満載な練習。



しかし5セット目で急にガクッときて、300w維持がつらくて、何とか耐えて最後無理やり303wまで上げたら心拍が180まで上がってしまった。



心拍が175を超えるとおかずの録画番組を見ている余裕がなくなってきて、今日何を見たのかいまいち覚えていない。



その後仕事に行くが、とにかく辛い。ふらふらする。電車で席から立つと倒れかけるほどの立ちくらみ。意味不明に疲れてます。



梅雨に入って湿度が上がるとなんかだるくなりますからな。



ちなみに私は暑さと湿度に極めて弱いです。



そのため精神と時の部屋は冷房、業務用扇風機完備。冷房18℃にして業務用扇風機を強で回せば、夏を乗り切れるか。



新居の気密性が高すぎて、朝かけた冷房の効果が夜になっても続いていて、精神と時の部屋の空気は夜になっても高原のようなさわやかさに驚きでした。







1000kj

なんやかんやで相当疲れている。



ゆっくり寝るのもありかと、目覚ましセットせずに寝る。



4時50分くらいに目が覚めて60分だけやる。

40min 224w 140bpm 750kjで終了。



少し早い目に終わって出勤までの時間を娘と絵本読んだりして遊ぶ。



今日は仕事を早い目に切り上げて20時に帰宅。どうせ明日休日出勤するから丸投げしてきただけなんだけど。



お風呂上がりの娘とバランスボールで遊んで家族そろって食事。これだけで幸せ。



21時過ぎから時間あるので少しだけやるかと、ローラー。



25分 250kjで本日1000kjにして終了。



土日は雨ですな。



おとなしく仕事してます。



気分的には自転車トレーニング頑張るよりかは、山登りとかに行って大自然の中で気分転換したい気分。







1050kj

15minアップして60分走

ただ心拍を160以下に抑えて地味に耐えるだけ。

60min 244w 156bpm

今日のおかずは、ツールドスイス。サガン強いなー。

そういえばアンディはツールドフランスに出られないらしいし、ウィギンスの優勝で当確か。

個人的にプロ選手の中で走り方が好きなのは、クネゴとホアキンロドリゲス。体は小さいけどパンチ力あるし、登れるのが最高。

パンチ力ではやっぱヴィノクロフだけど、まったく絞れてなかったなー。

1050kj

4時30分起きる。かなりグッタリで活力なし。



やらないと後悔するのでやる。



5時20分から、20分アップ。低調なスタート。



おかずにクリテリウムドゥーフィネを見る。



優勝したあの選手強いのはわかるけで、まったくおもしろくないレース運び。



まったく盛り上がらず。



このままいけばツールも勝ってしまうんかいな。



練習は10分かけて280wに上げる。



20min 280w 160bpm 93rpm



4min rest



20min 284w 162bpm 91rpm





1250kj

昨晩は0時過ぎ帰宅。4時30分に起きる。先週からサボり過ぎなのでそろそろやらねば。



20分アップしてから、60分。



60min 274w 163bpm



8分282w、4分252wを5回繰り返し。緩急つけると飽きなくて良いですわ。



終盤は寝不足でフラフラして3本ローラーから落ちそうでした。







大正池





キャプテンに脅迫されて、パンク修理をやらされるFJT氏。ええ仕事してました。





昨晩は0時ごろに帰宅して、30分くらい放心状態が続いていた。



疲れてるので明日は練習やめとこうかと・・・。



今朝は5時前に娘が朝飯を出せと暴れまわる。



そんなこんなで6時ごろから行く準備をして、7時ごろに出発。



一人でだらだら新コース開拓行こうと思って老の坂峠を超えてるいると、某京都のチームの面々が抜かしていく。早そうな人から、ご老人まで・・・。



全員抜かれたところで、後ろについて走っていると、足が勝手に動き始めて、意味不明に400wで踏み続けて峠のピークに向かってもがいていた。



少しやる気が出てきたので高山へ。



今日はスネゲラーラ様が大正池へ行くぞと。



FJT氏、キャプテン、サイさんも一緒に5名で、なぜか金蔵寺へ。



途中雨上がりの路面で、最近交換したばかりの私の某社の練習用タイヤがありえないくらいに滑りまくる。コーナーで3回後輪スライドして恐ろし過ぎる。今日のくだりはめちゃくちゃ慎重でした。



長岡京を抜けて、木津川CRに入り、山城大橋まで移動。



そこから大正池への登り。



適当なところでガーミン押してから山頂まで22分くらい。



10分くらいで終わるつもりで踏んでたからとにかく長かった。途中の緩斜面がまたやらしいんだわ。最後はキャプテンが後ろからひたひたと迫ってきてました。



さらにもう一発激坂を登らされて、本日は昇天。2キロくらいほぼ全部ダンシング登ったので腰が痛い。



それにしても和束とか信楽あたりは手ごろなのぼりが多くておもしろいですな〜。



最後は死の木津川CRローテーション。コーラを求めて地味に耐えるローテでした。この道ほんましんどいわ。



久々の150km超えはかなり疲れましたわい。





 



結婚式























































ほんまよかったな〜。ますます仕事も頑張らんとね。



ジャージで暴れてたおじさんたちも良い思い出ですな。



飲み続け、食べ続けの一日でした。



ボーナス


今日はボーナス支給日。



こういう日は贅沢に、一人で「どん兵衛」!



おっさんたちの激闘3日目

3日目は太地半島周回コース。

アップダウンと細かいコーナーが多く私の脚質的には一番得意なコースかな。

5年前BR2で走ってた時とは違い今回は精神的にも肉体的にもかなり余裕があるのは成長の証か。

アップはコースを2周。漁港の距離合わせはなくなり例年通りのコース。

9時30分くらいにレース開始。

序盤から前方で展開し、不穏な動きには反応できるように準備。このコースは足が揃ったメンバーが抜け出すと逃げが決まってしまうのでチェックは必須。

YB様に声かけて若者達の牽制に入ってにげられないように睨みを利かす。

最初からずっと前で展開。 若者以外の抜け出しは放置しても問題ないので放っておく。

2周目には30秒遅れでスタートしたE2.3の選手が追いついて来る。そりゃ30秒で見える距離にゴールまで導いてくれる集団が、あれば誰でも追いつきたくなるだろう。

そんなこんなで10名くらいが潜り込んで混走になってしまい、ややこしい。

まあ前座レースはこんなもんか。

大きな動きもなく4周目。 私の体は周回重ねるごとに体が楽になるような感じ。

KOMがあったらしくエカーズが一人坂で抜け出す。それを追いかけて集団から微妙に抜ける。YB様も援護に来てくれて気づけば二人で集団から抜け出す感じ。

しばらく二人で走るも下った登り返しであえなく吸収。

そして最終周回。ここも攻める。KOMを先頭で超えて更に踏んで集団を絞る。なんとか、スペース岡選手、ボンシャンス小橋選手、エカーズ代選手と私の4人まで絞ることに成功。ここからのガチンコ勝負が楽しいところ。

しかし登り返してしばらく走ると集団に捕まる。これはゴール勝負かと思って先頭付近を走ってるところで、ユーラシアの山崎選手が絶妙のタイミングでアタック。それに反応した小橋選手が強烈に集団から抜けて行く。

2列目くらいにいて少し気が緩んだところだったので反応がかなり遅れて50m位はなされる。絶対に追いつかねば終わると思って追走したが、届かずただ集団を引き連れただけ。そして引き疲れて少し後ろに下がろうとしたところで岡選手かアタックで抜けて行く。

若者達に完全にいいように使われてる。おっさんをいじめやがって。

このクソ野郎と思って追走するも下りに入ると集団の利点はなくむしろ離される。

漁港に出てYB様が前にいてくれたので集団を活性化させるべく引きに入る。しかし、踏めないのが前に出て来て脚を緩めたりするからペースが上がらんそして最終コーナー。

前にトップは見えているが追いつくのは非常に至難の距離。

捨て身で飛び出す選択肢もあったけど集団ゴールを選んでしまう。この辺りは消極的過ぎたと反省。

そんな迷いの中走ってると後ろから所長から引いてくれコールがかかる。

リーダージャージの為ならひきますわい。

ラスト300mくらいから外側から所長と遊を連れてスプリント開始。

残り50mくらいで遊が右側を抜ける。更に別のチームも抜いてきたので所長のことをわすれて自分もついついもがいてゴール。

結局7位でした。

おっさん達の激闘2日目

熊野二日目は山岳ステージ。



序盤からアップダウンがづづいて、メインの千枚田を登り、下り基調のアップダウンを繰り返して最後500mくらいの坂を駆け上がるレース。



一日目を走った感覚では、ボンシャンスの小橋選手、スペース岡選手、わが社からYB様と私とその他1、2名程度が千枚田で抜け出してそのまま逃げが出来るだろうとの予測を立てていた。



10時40分くらいだったかレース開始。



序盤はゆるゆるとレースが進んでいく。決定的な逃げは前半では難しいだろうから、安全にレースを進める。風伝トンネルを越えたところで、スペース岡選手、ボンシャンス小橋選手が図ったかのように抜け出す。



ここは私追走でドッキング。その後の下り基調は、キャットアイを気をつけながら折り返し地点まで進む。折り返してからは前に上がらないと千枚田の登り始めで苦しむことになるため、なんとか前に上がりたいが道幅が狭くて上がれない。



苦労していると、誰が呼んだか、後ろから集団職人いのきんたマンがスルスルとあがってくる。



後ろに入れと。



近くにいた、かまやん、ライターあさのさんを更に引き連れて、私とYB様を千枚田まで引っ張っていきますと。



いのきんたまん、かまやん、あさのさん、私、YB様の美しきトレイン。



山岳前でバッソを引き連れて集団コントロールをするリクイガスのような動き。



細い路地でいのきんたまん力尽き後退、かまやんもお仕事をして後退、あさのさんも下がって、私が牽いてYB様を引き連れていく。



しかしもう一度あさのさんが前に戻ってこられて千枚田の入口まで男の一本引き。



涙が出る豪華アシスト陣。



登り始めてあさのさんが仕事を終えて後退すると、YB様の着火。



背中から燃えさかる炎が出てました。





私きっちり後ろを追走。これで通常のE1レベルのレースなら集団崩壊・・・のはずが、今回の熊野に潜むジュニアの日本代表たち。ボンシャンス小橋選手、スペース岡選手、エカーズの2名が後ろにきっちり着いてくる。先頭交代すると、今度は逆に若い力の逆襲を受ける。エカーズの2名のうち一人が山岳アシスト役として力尽きる覚悟でグイグイ牽いてくる。一番景色がきれいな斜度がきついところで、将来の日本の輪界を背負う若物4名とシルベストの寝不足おっさん2名が闘う構図。



一番最初にギブアップしたのは私。丁度ヘアピンコーナーに差し掛かるところで、「やべっち頼んます・・・」と言い残してじりじりと遅れる。YB様も「こっちもいっぱいいっぱいです」と言いながらの粘りの走り。



斜度が緩むところで15mくらい遅れる。後ろからベルマーレの選手と、アクシオン西脇選手が追い付いてくる。なんとかフラフラになりながら西脇選手のペースにぶら下がって、KOMを越える。KOMはエカーズの代選手がトップ通過し、YB様、小橋選手、岡選手の4名が先頭グループで通過。続いてエカーズのアシスト面手選手、ベルマーレ大森選手、アクシオン西脇選手、私の順で通過。微妙な15秒程度の差か。登り終わってからの平坦で息も絶え絶えながら、全力で前を追う。千枚田のビューポイントを、リミッター解除のギリギリ最短最速ラインで駆け抜ける。



ここで追い付かないとアシストしてくれたメンバーに申し訳が立たない。下りに入るところで追い付くも一緒に追走してたはずのアクシオン西脇選手がいなかった。



そして下りは7名。エカーズ2名、スペース岡選手、ボンシャンス小橋選手、ベルマーレ大森選手の5名の10代の選手と、シルベスト30代の変態おっさん2名。ボンシャンス小橋選手が下りがうまく、ええ感じで牽いてくれる。



そのまま下りきって風伝トンネルを通過。



まずはメイン集団からの逃げを決定づけたいところ。



ベルマーレの大森選手はクライマーなのか力が残っていないのか下りにパワーがなく、かなりしんどそう。



パワー的にはスペース岡選手が一番ある感じ。ボンシャンス小橋選手は冷静に全体の動きを見ながらうまく立ち回っている感じか。エカーズ2名はエース、アシストの関係が明確に出来ている様子で、一人が駆けて、一人が休むという戦略的な動きをしてくる。これも浅田監督の指導か。



それに対しおっさん2名は事前の打ち合わせ無しのノープラン。



薄皮つぶあんパンのあんこで出来た脳味噌で色々考える。



YB様の足の残り具合と最後のスプリント勝負になった時に、どちらが勝つ可能性が高いか。



1km以上の登りならYB様に行ってもらう動きが正解だが、500mの駆け上がりスプリントなら私で行くべきか・・・。私は結構足は残っているつもりで若者どもの動きにも反応できるだけの力は残っていたと思う。



あんこの脳味噌では結論出せぬまま、どんどん距離は進む。集団とのタイムギャップは50秒。後ろはチームメイトがたぶん抑えてくれているだろうからまず追い付かれることはないだろう。



そしていよいよ終盤。金山交差点でエカーズの1名がアタックし、それを私が追走。若干二人で抜ける。ここでカウンターをかませばよかったけど、その思い切りもなく、登りきったところで牽制が入り、再び集団は一つにドッキング。細かい駆け引きを繰り返しながら、最後500mの登りスプリントに入る。



番手的には後ろから入って最後はおじさんパワー全開で刺してやろうかと思ったけども。。。



おじさんの夢は儚く破れ、刺すどころか置いてけぼりにあい、完全に力負け。



登りの全開のパワーで若手3名の力に圧倒されました。



YB様と二人悶絶してゴール。全力でぶつかって出し切って負けたという感じでした。



たくさんのアシストを頂きながら表彰台にどちらも送り込めず申し訳ないです。



若い力にもてあそばれた2日目でした。



















おっさん達の激闘1日目

くだらない話ですがレポートしておきます。



木曜の夜19時過ぎに沢良宜駅で師範号に乗せて頂き、いざ川湯温泉へ。



車中でようやくレーサーリストを見て、ビッグネームな若者達の名前が多数あることに気づく。



うーん、これは・・・・おっさんいじめか。



そんな実業を持つおっさん達は寝る間を惜しみトレーニングし、食べたい物を節制し、土日は家族サービスに追われ、平日会社を無理矢理休んで熊野へ向かう。



22時過ぎくらいに到着したので結構早かった。



初日は赤木川清流コース。アップはコース1周をキャプテンと二人でAV35キロで一周。この時点で昇天寸前。その後にスプリントのコーナー確認等々で発射ポイントを決める。



レース内容はと言いますと・・・・。



1周目はYB様に前方展開を任せて、集団内待機。どう考えても優勝最有力のジャパンカップ優勝でアジア選手権2位の小橋選手の動きを見学。他に強いのはナショナル選抜の岡選手。



2周目は少しずつ前に上がろうとするも後ろに追いやられる。前方では引き続きYB様が激闘を展開中。まかせっきりで申し訳ないっす。



3周目になってようやく前に上がれる。折り返し前の登りあたりから最前方に出て牽き始める。このあたりは有力選手はほぼ全員前に出てきているのでしっかりポジション取りをしなければなりません。



決定的な動きはないまま、復路の平坦路も終わり残り2キロでラオウ様が黒王号に乗って現れ集団を蹂躙し、ラスト1キロに入る。このあたりからポジション取りが始まります。するするとポジションをあげていく。



事前のチェックで決めておいたスプリントポイントからかけ始めると、同時にかけてくる小橋選手。こちらが先頭で2連続コーナーを突っ込み、若干流し気味にコーナーのつなぎ区間を先頭で走り、最後の軽い上り坂スプリントへ。



最終コーナー曲がった時点でうまく入ったので勝ったと思った。



しかし・・・最後の坂でギアがかからん。電動デュラエースをいくらシフトアップにカチカチやってもギアが上がったり下がったりしているだけでギアがかからん。。。。



しょうがないので軽いギアで120回転スプリント。どうだ参ったか、この野郎。



現実は儚く、ゴール50m手前でサクッと小橋選手に抜かれ、続けざまに岡選手にも抜かれ3位フィニッシュ。がっくし。



実は私の電動デュラエース、今まで舞洲や堺や美山の時も下ハン握ってもがくと、ギアが誤作動することが多かったのですが、別にどれも真剣にスプリントやったわけではないので実はあんまり気にしてなかったのですが、今回は、さすがにどうかしてると思ったので、某Sベストサイクル豊中店の店員を熊野まで呼びつける。



バイクでわざわざ熊野までやってきたところ説教を1時間。



で、結局・・・。



原因は、スプリンタースイッチ。



右ハンドル下部に着いているシフトアップのスプリンタースイッチは良く使うのですが、左ハンドル下部に着いているシフトダウンのスイッチは今までまったく使ってなかった。っていうかあることする忘れていたほど。



今一度、スプリント時のもがきを再現してみると、ハンドルを横に振って手首を若干返すその瞬間に微妙にスプリンタースイッチに手が触れて勝手にシフトダウンしていることが判明。もっと早く気付けよ、このおバカちゃん・・・・って話です。



右手でシフトアップしても左手でシフトダウンしてるからそりゃギアガチャガチャなるだけだわな。



っていうことで、私のハンドルの振り方と下ハンもつ位置が悪かったこととスプリンタースイッチについて無知すぎたということで一件落着し、電動デュラエースの動作の正確性とsベストサイクルのM店員の名誉は保たれたのであった。熊野までそのためだけに来てくれてありがとう。(ウソです)



電動デュラエースはあの世界のスプリンターが使用する素晴らしい機械ですので、是非皆さん使用されることをお勧めします。素晴らしいマシンですよ。



これにて1件落着ってことで一日目は終了。



夜はいのきんシェフの華麗なフライパンさばきにより、マーボー豆腐と鶏肉の炒め物とサラダが食卓に並び、それを皆で頂きお腹パンパンで就寝するのであった。ホント美味しかったっす。













熊野3日目


無事に3位で走り終えました。



おっさんの奮闘日記に続く。



熊野2日目


日本を代表する若者達に完敗。おっさん頑張った。



熊野1日目


詳細はまた