FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

どこに向かう

ブエルタは昨日の個人TTで半分終了。 4強対決が凄まじい。

この先も山頂ゴールだらけで見所たくさん。楽しみだわ。

今朝はパワー計を校正してホアキンの個人TTみながら40分275w。

1070kjで終了。

久しぶりに梅田店に行って週末のイベントお手伝いのためにパンク修理セットを購入。

ハヤシさんやみぞさんやきりさんがいて楽しいお話。

皆さん前向きなエネルギーがあって凄いな。

みぞさんにスイムに誘われそれもやりたいと真剣に思う。トライアスロンもやりたいし。

ハヤシさんとはシクロの話。

先日のアドベンチャーに行きたかったそうな。次回は是非。

シクロ車もなんとかしないといけないけど時間がないな。

そういえば京都マラソンエントリーしなきゃと調べたらもうエントリー始まってる。

東山36峰トレランもエントリーしないと。

やりたいことたくさん。

私はいったいどこに向かっていくんだろう。

スポンサーサイト



ブエルタ

今朝のローラーは60分294w、後半30分は305w。

合計1350kj

CPが347wに更新。

こんなに出るわけないよな。数字の信憑性ないね。



今年のブエルタはかなりおもしろい。見応えあり過ぎる。勝負の分かれ目個人TTが真ん中にあるのが良いね。

素晴らしいコースディレクターですな。

2012-08-27 19:01:06


コウノトリロングライドの下準備



山岳行

やってみたいことがたくさんある。



その一つ。



シクロ車で山の中を走り回り、時に担ぎ、時に押す。



しかしまあ、そんな都合の良いコースがどこにある?



昨晩、「山岳地図」「ツーリングマップル」「道路地図」を並べて考えた。



いろいろ下調べてしてみたけど、道なんて行ってみねえとわかんねえよと、開き直って寝た。



そして本日のスタートリスト。



シクロ界のスーパースーター。世界のシャドマンキャプテン。



エロ界のカリスマ。ピンクロデム氏。



そして、普通のおっさんの私。以上3名。



世間のサイクリストは乗鞍と鈴鹿に殺到中で、取り残されたおっさん3名の真夏のサバイバルデスマッチが京北町で開催された。



出発地点はウッディー京北。京北町は京都一周トレイルや京北一周トレイル等等があり、非常に整備されたトレイルがたくさんあると下調べで分かったので選択。





出発して1キロほどで非常に楽しいダブルトラックに突入し茶?峠を目指す。



久しぶりのダート走行にテンションあがる。



しかし・・・・ダートが段々がれてきてトラクションがかからず乗車不可能に。



そして、峠まで担ぎ&押し!これぞまさしくトレーニング。トレランマンの血が騒ぐ。



茶?峠からの下りもがれがれだが、世界のシャドマンが軽快に乗車で下っていく。やはりニュータイプはラインが見えるらしい。



しばらく舗装林道を下って、今度は薬師峠へ。



激烈な登山道の登りに、獣道のくだり。



想定外に時間がかかる。普通の登山道にシクロ車はでっかすぎる荷物だ。



次に舗装道路を3.5キロほど登ると、本日のメインディッシュに突入。



ずーっと続くダブルトラックのジープロード。シクロで走るにもってこいの道幅と斜度。



シクロマスター世界のシャドマンは、ありえんスピードでぐいぐい登って行って、視界から消える。早すぎるぜ。



林道の中は、驚くほどに涼しい。気づけば標高800m。風が気持ち良い。



ここの林道は感動的にすごかった。こんな素晴らしいパラダイスが世の中にあるなんて・・・。



林道を走り回って、オフロードバイクのお兄さんたちと戯れたりして、なんとか下山。



さらにオプションでもう一発登って、先に担いで進むかどうかのところで、二人は行きたいと言うてましたが、勇気ある撤退。



その後は持越峠やら、旧道走ったりしてあまり余計なことせずにゴール地点へ。



最終的には2000m以上登るハードトレーニング。



おそらく一緒に走っていただいた両先輩は物足りない顔をされていたので、次回はもっと激しいのを期待されているはず。



林道ツーリング。奥が深い。まだまだ探せばいくらでもあるはず。



こんな楽しいこともっとやらないといけない。



そして、MTBほしいなー。





トレランして滝を見に行く。


滝又の滝



2012-08-26 18:30:20




2012-08-26 18:29:21




シクロ車備忘録

久しぶり過ぎて不具合だらけだったのでシクロレース前に作業忘れないようにメモ

1.ギアを46×34に変更 2.チューブラータイヤ交換 3.カンチブレーキ全部交換 4.クリンチャーのホイールとタイヤ購入 5.リアディレイラー調整 6.シューズ購入 7.べダル購入

悶絶

朝6時に西田橋へ。



ってことは、4時40分に家を出る。真っ暗やがな。



西田橋時間差TT。



先週出し損ねた10分台を今日は出したい。



しかし、序盤から向かい風強くつい踏みすぎてしまい5分経過時点で375w。



明らかオーバーペース。分岐前で失速が始まり、分岐は7分16秒。



ここから踏んでいかないといけないが、序盤の踏みすぎで後半明らかに失速。



前を走るキャプテンめがけてもがくも、まったく伸びなかった。



11分16秒 362w 180bpm 出力異常に高い。。。



やはり前半抑えて分岐過ぎてからもがくのが正解だな。



もがきすぎてふらふらになり、その後はへなへな。



ファミマ休憩後に銭原3周に決定。



ペース300w以下の抑え目でお願いしてましたが、実は私どうも力が入らず、かなり苦しかったです。



なんとか耐えて、ふらふらになりながら山の中とおって帰宅。



午後からこの暑さでは外にも出れませんわ。







2012-08-25 21:36:43


明日の遠足準備



3本

3本ローラーこそ最高効率。

3日間で4000kj消費したが時間は乗車時間は4時間30分。

実走なら8時間は必要。

苦行ですが。

考える

世間のお盆休みも終わり、いろいろバタバタした一週間。



結局、先週の土曜から今日までの9日間で300キロも走っていないな・・・。



昨日、勝尾寺走って、それなりには走れてたので、ごまかしながら走ってればまあ走れるんかな。



最近よく考えるのはクランク長とギア比で走り方が大幅に変わるってこと。



やはり170ミリと165ミリの差は大きい。



またギア板39と34の差も大きい。



足があるときは明らかに重たいギアに長いクランクが力を発揮する。クリテや、E1くらいのレースなら重たいギアに長いクランクがええんやと思う。



しかし昨日の善峰や先日の砥峰高原みたいに後半に激坂が来ると、もはや回すことなど一切不可能の諸刃の剣。



足がなくなったら、何に乗っても一緒かもしれんが、やはり軽いギアに短いクランクはヒト踏みの力は小さく疲労は小さいはずなので売り切れのタイミングが後ろにずれると思われる。



150キロを超えるようなレースにはやはりコンパクトか。



プロ選手ですらゾンコランはコンパクトを使うという。



私らみたいな人間にそもそも39×25は重たすぎる。34×25でたぶん丁度良いはず。



そう考えて34×25のギア比に165ミリのクランクを導入したのに、どうもかかりが悪くしっくりこずに結局39×25の170ミリを使ってしまう。



羅王殿が考える殺人イベントには間違いなくコンパクトクランクの方がええんやろう((笑))



輪島もコンパクトの方がええやろう。沖縄はどっちが良いのかまだわからない。



やっぱコンパクトか。



あーどうでもええ話。



こういうしょうもないこと考えてないと、仕事のストレスで死にそうです。













下関へ

嫁の父親が山口県下関に単身赴任しているため、孫の顔を見せに旅行。



下関の海はきれいだった。

































久しぶりに海に入った。きれいな海はほんと気持ち良い。



水着持ってきてなかったけど、泳ぎたいと思った。やっぱ夏は泳ぐもんじゃないのか。



山の中で汗やよだれ垂れ流してばかりいてはいけない。































旅行の締めは「瓦そば」





瓦の上で茶そばを焼いて、つゆにつけて頂く。これまた美味しい。



B級グルメに出してもいけそうやな。



今回もまた食べ過ぎちまったな〜。



帰ってきて少しだけ懺悔ローラー。気休めとはこのことか。



体調不良も治らず、咳が止まらん。











349.7w

なんとか熱は下がりいけそうな感じ。今週は体調壊して何もしていないし、今日だけでも走っておきたい。

今日の13時の新幹線で義父宅へ帰省予定ため11時まで時間もらって出発。

5時20分くらいに家を出て亀岡経由で北摂方面ぶらり一人旅。途中色々ルート探索。見つけた激坂銭原オプションルート。

15パーセントがかなり続く銭原の途中に出て来る道。今度悪意的に使ってみよう。

余野のファミマで軽量化して、高山経由して西田橋へ。勝尾寺前でアンデッドモンスターが白目で登って来る。浄化せねば。

西田橋で皆さん来るのを待つが、行方不明やら二日酔いやらで現れず、黒王号とアンデッドモンスターの3名で勝尾寺TT。


一応テーマは350w、11分切りが目標。

序盤から風が向かい風。関係ないさと黒王号を引き連れて登る。途中で怪しいゴミ収集車が前をチンタラ走っている。さすがに、自転車よりは早いだろうと思っていたらなかなか視界から消えない。

そして三叉路前の鋭角コーナーでゴミ収集車離合できずまさかの完全ブロック。

追突しかけて自転車おりる。

あとからデータみると8秒間の完全ストップ。ここまで352w。

くっそー。

諦めず再スタート。

三叉路で7分17秒くらいだったのでこれはダメだと思うもなんとか350wだけは出してやろうと最後まで出し切る。

結局349w11分8秒
(ストップ時間含む)

幻の350wの10分台になっちまった。後味悪いなー。

また涼しいときにチャレンジしたいね。

その後、アンデッドFJT氏がただの腐った死体になっているため、高山まで引いていく。

最後にイエロージャージが見えたので、追走するも届かず。

すぐに下って、今朝発見した銭原激坂ルートを下って、善峯様へ。

途中はすね毛攻撃がところどころに炸裂する。

善峯様は逆から下って登りかえすも、門にたどり着くまでに足が終わってしまい、ただ悶絶しただけでした。

やっぱりこのレベルの坂にノーマルクランクは無理。170ミリもやはり無理。

そして蛇行した方が楽だけど、明らかに遅い。

やはりコンパクト欲しいなな。

トータルは122キロ上昇2300m2988KJで、足が終わるまでよく走れたので満足。

無期限活動停止

昨日の昼から悪寒がして、急に手の先が痺れはじめ、発熱。

昨日は21時過ぎに寝たけど今日も改善せず、ただひたすらつらい。

仕事は容赦なくやって来るが、なんとかこなして帰路に着く。

フラフラで歩くのが辛い。

色々やりたいことあるのに何もできん。

心も体も健康が一番だと感じる。

倒れた

親子で仲良く発熱中。

娘よ。親父のために気遣いして疲れたな。すまぬ。

正しいお盆休みの過ごし方

今日は普通に出勤日でしたが、同級生キッズ達の集いが篠山のキャンプ場で開催され、娘のためにも何とか行きたかったのでいろいろ根回ししてなんとか有給を獲得。



嫁はお仕事で来れないため、娘と私の二人で篠山まで二人旅行。



実は、娘と二人きりの遠出は初めて。



嫁は私がぐずった娘に対処できるか心配で心配で夜も眠れなかったそうな。きっちり娘対策グッズを用意してくれていたので、私はニコニコしてるだけ。



v9時30分 自宅出発。



ご機嫌にしている。































到着して、最初のおむつ交換。順調順調。



そしてお昼ごはん。お姉さまに御用意いただいたおにぎりを食べさせていただく。





















































ほっぺに米粒は男の勲章か。海苔巻きおにぎりをがっつりいただく律氏。

































うちも負けてられんと、米粒攻撃。



























腹ごなしに暴れ始める。

































大人たちの肉が焼ける。GOOD JOB!なお肉。最高にうまいっす。



































シャボン玉争奪戦が始まる。娘の腹が爆発しそうな勢いだ。



































女たちの戦い。競争社会は始まっている。































そして、寝た。































そして、また食べた。





























最後に記念撮影。





いやーほんと楽しかった。これぞ休日って感じのお休みでした。



娘がぐずることもなく、終始ご機嫌でいてくれたことが何より。父親らしいことが出来て良かったです。



何から何までご準備いただき本当にありがとうございました。私、突然参加の役立たず親子でホント申し訳ない限りで、皆様のおかげで娘がほとんどぐずることなく無事に帰れました。



ご迷惑おかけしてしまいましたが、ええ経験させてもらえて幸せでした。



次回こそはお役に立てるように全力を尽くす所存であります。



次回は・・・?

















家族で過ごすお盆でした。



















































佐々里峠に向かう途中の川辺で、水遊び。



キャプテン来なかったな〜。



娘と遊んでいる時間以外は、まともに起きてることもできない疲労感。



一日の半分くらい寝ていた気がする。











大雨錬

朝起きたら雨。



2度寝して7時30分くらいに起きる。さらに雨。



娘と遊んで9時過ぎくらいになって止んできたので、ぼちぼち走るかと出発。



雨上がりで蒸し暑い。



単独で京都の山の中を走ろうかと高雄から持越峠を抜けて雲が畑経由で貴船へ。



貴船は川床で有名なところで涼しいだろうと思っていたら、本気でびっくりするくらいの涼しさ。



観光客が多すぎるが面倒やったけどええ所ですわ。



そして貴船の奥にある。酷道「芹生峠」。



いつ以来か忘れたけど、改めてこの道えぐい・・・。



ラスト3キロの平均斜度12%以上。ケイデンス40の悶絶クライム。



こういう道を走るたびに、コンパクトクランクを切望する。



けど、こんな道走ることは羅王殿の変態錬以外はほとんどないんよね。



しかし、芹生は善峰よりきついわ。道幅狭くて蛇行もできんし。



芹生を逆側に下って、京北町方面へ。



ここからポツリポツリと雨が。



下りきるころには、バケツをひっくり返したような大雨。



雨雲レーダーの赤色に突入してしまった。



側溝からは水が噴水状態で路肩は洪水状態。



気温は25℃くらいで走るのには気持ち良い。シャワーと思えばなんのことはない。



しかし前が見えん・・・。



新しいルート開拓する予定を変更して粟尾峠越えて、御経坂超えて帰宅。



嵐山まで大雨だったのに、桂は路面も濡れていない状態。



走るコース間違えたわ。











うーん

体が動かんね。120wも出せない金曜日。

また気分転換に高原行きたいのー。

スカスカ

日曜の高原練の疲労で月、火とスカスカ。

砥峰高原の登りで完全に腰が終わってしまいました。

フラフラ状態であの激坂はキツ過ぎた。

あのときのFJT氏は、涼しい顔して走ってたから脅威だった。恐るべし変態。

コース的にもおもしろかったし、これまでの練習の中でも指おりに心に残りましたな。

やはり氷ノ山未踏の道は行かねばなるまい。

昨日は45分265w 今日は20分287wを2回

高原巡り

私の氷ノ山に行きたいというツイートから、羅王様のアドベンチャースピリッツに火がついて実現した無謀な企画。



おいしそうな道はすべて走りつくしたいという、変態な面々が集まる。



朝の4時集合とかむちゃくちゃな集合時間にも関わらず、集まる変態たち12名。



かくいう私も3時30分に家を出た。





5時45分くらいに朝来エコパークに到着。私が一番乗り。



今日のコースはグランツールの山岳ステージと同じくらいにアップダウンの繰り返し。



各峠には山岳ポイントが設定されており、カテゴリー1級〜3級までポイント付与まである本格的なステージレース形式?



まずは、標高400mカカナベ峠(3級山岳)



最初からキャプテンあげる。コダマ君あげる。FJT氏が白目であげる。



先は長いのに、いきなり全力走行・・・・。



やっぱりこうなるの。



心拍184まであがってしょっぱなから汗大噴出。



適度な斜度のええ道でした。



続いて標高590m加保坂峠(2級山岳)



本日一番斜度がある予定の峠。平均斜度9.6%?



いきなり序盤からキャプテンダンシングで攻めまくる。私後ろで付切れ寸前。っていうかみんな切れてるし。中盤でもう一回ダンシング攻撃が炸裂して、殺されかけました。後半を考えないアグレッシブな走り。さすがキャプテン。



私39×25のギアで悶絶クライムとなりました。ギア足りないです。。。



加保坂から杉が沢高原へ。ここはサイクリングペースでまったりと。



氷ノ山を見渡す絶景パノラマで素晴らしいコースでした。



パンクが2発あり、続いて鉢伏高原へ上がる長い登り(1級山岳)



またもやキャプテンが・・・クラッシャー的な動き。ペンション街に入ると斜度がきつくなる。



やっぱ、39×25きついって。



後半は、木立の中を走る気持ちの良い道。



山頂は美しい高原の風景。記念撮影していっきに下って、ローソン補給。



補給といえば、今日のボトルは、医療用の脱水時に飲む水。OS1だったけ。



補給食は、塩分タブレット5つ、アミノバイタルプロ5本、ゼリー3本。羊羹4本。カロリーメイト2本を装備。かなりの重装備です。ローソンでパスタ食って、おにぎり2つと菓子パンを追加で補給。沖縄バリの装備です。おかげでまったく腹減らなかったっす。



さて、続いては若杉峠に行く予定を変更して標高600m冨士野峠へ。(1級山岳)



緩い斜度で登り始め、ローテで登っていく。



斜度がきつくなり始めたあたりから、本日初めてカーロスがフットワーク軽く、打つべし、打つべしとパンチを浴びせてくる。さらに斜度がきつくなるあたりで「ジョー!」と言い残してカーロス散る。



ここも結局ほぼ全開走行できつかった。



またもや一気に下って、最後の1級山岳砥峰高原へ。



約9キロ平均斜度6%で、そんな大した登りじゃないよと事前アナウンスあり。



アクエリアス補給して登り始め。



ここで本日今まで一切目立った走りをしていなかった、FJT氏が白目走法で、攻撃を仕掛け、斜度がきつくなるところで全員をぶっちぎっていく。私と二人になり、私のほうが足的に厳しい状態。斜度がきつくなるところで、39×25では回せず、踏み込んでいくしかないので私が前に出て緩斜面で追いつかれるを繰り返す。



途中ありえん斜度の激坂が現れて、筋肉が限界に達する。もう腰が痛くてかなわん。



最後は、道がわからないという謎の形で1級山岳は終了。



砥峰に向かう道は最後荒れまくっており、とてもまともに走れる道ではございませんでした。



しかし!砥峰高原は最高の絶景。ここはええわー。



その後おおかわち高原ラインという非常に地味にしんどいアップダウンを走って、峰山高原へ移動。



峰山から長すぎる下りを下って、あとは朝来に戻る道。



ここから地味にしんどい緩斜面ローテーション。何気に獲得標高200mくらいあり、ジリジリと足が削られていく展開。最後は4人くらいしかローテに参加できなくなり。集団分裂。最後はキャプテンがアタックしてもっていきました。



生野から朝来まで下り基調をすっ飛ばして、最後の朝来エコパークに向けての登り。



ここもキャプテンクラッシャーアタック。反応は私とFJT氏。



単独アタックしたりして、最後までしっかり踏み倒してゴール。



燃え尽きちまったよ。真っ白にな。



186km 3323m上昇



今日はCINQOの調子が悪く、平均パワー139wって・・・。そんなにしょぼかったけか。

































2012-08-05 20:38:18





2012-08-05 20:37:21




2012-08-05 20:34:25




地獄のステラ練

朝から金蔵寺通って、銭原オプションルートを通ってファミマへ。

今日は、気分を変えてターマックでコンパクトクランク。

マシンを変えて気分変えるつもりが体調悪過ぎてまったく力入らず、ただの苦痛。


ファミマからてnち殿のステラ練に混ぜて頂きましたが、まったく着いて行けず、千切れまくりで最後は中山峠で完全に置いていかれましたわ。

ステラたぶん実業団より強いのでは、、、?

園部で一人燃え尽きて登る気力も起こらず最短ルートの9号線でフラフラで帰宅。

地獄でしたわ。

明日、、、走れんわ。

母校の陸上部がインターハイ総合優勝。



15年前の地獄の練習思い出した。あの時も今も、顧問の先生は同じ。



ついに念願叶ったか。優勝の裏には数々のドラマがあるんでしょう。



オリンピックも重なって、ひたむきにトレーニングするって美しいなって思いました。



目標もって頑張るアスリートかっこいいよね。



おめでとう。



私も負けじと沖縄エントリー。



2009年の雪辱を。今年は一人じゃない。楽しいレースができそうな予感。