FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

熊野一日目

熊野一日目
瞑想するITエンジニア

E2E3と15秒差スタートは、無茶でした。

混走、落車天国、田んぼへのダイブあり、負傷者続出。

私は例年通りの作戦とラインでのこり500mまで進めていたが、左前で起こった落車テロの影響で完全ストップでした。

明日はFJT氏が勝ちます。

スポンサーサイト



熊野

熊野
丸山千枚田。

何回来ても綺麗だな。

堺で、追突を受けて自転車が使えず、出場が危ぶまれたツールド熊野。

我らが村上メカニックの3日3晩の大手術のすえ、見事な復活をとげた。完璧な変速、ワイヤーの取り回し、チェーン洗浄、増締め、プロチーム帯同前の忙しい時間を割いて完璧に仕上げてくれた。

村上メカニックは、選手の気持ちがよくわかる熱いハートを持った男で、そのメカニックスピリッツは誰もが見習わなければならない。

決して奢らず謙虚に調べながらメカニック技術を磨く姿勢は素晴らしい。

どうかこれからも、よろしく。

5000wジェット噴射の開発もよろしく。

SDA王滝

2005年以来の王滝。



年初は今年はMTBだと息巻いて、岡山の師匠様からMTBをお借りして、準備万端整えていただいたのに、色々な荒波にのまれて、結局MTBに乗れたのは、2回のみでした。



実は、MTBに乗ると腰痛がひどくなりすぎて、ロードもランも出来ない状態になるのが怖くてあまり積極的には乗れなかったってのもあります。



まったく準備していなかったのでDNSを覚悟していたところ、箕面でボス猿に拉致されてそのまま王滝まで連れて行かれた感じ。



前日までまったく準備が出来ず、とにかく今回は「ノートラブル、ノー落車、無事完走!」ってのをテーマに参加することに。



遠征準備も何を準備していいのやら全く分からず、とりあえず、ある物入れて、いざ王滝。



朝の7時に大山崎ICまでKMDさんとキャプテンに来ていただき、奈良経由でとらちちさんとまーちゃん様と合流。



私の直前参加表明にも関わらず、便乗させて頂いた皆様には感謝です。ご一緒させて頂いたメンバーは尊敬できる先輩方ばかりで勉強になることも多かったし、何より本当に楽しかった。



14時過ぎに王滝の会場到着。



テント設営して、夜のパスタ祭り。



KMDさんのアウトドア力に驚くばかりでした。本当にすごい!



一度寝てみたかった一人用テントをお借りしての21時過ぎに就寝。



翌朝は3時30分から活動開始。4時に自転車並べてちゃっかり最前列。



一安心して呑気にご飯食べてたら、王滝名物トイレ渋滞。結局30分以上ならんで、着替えるのがギリギリになってしまった。



レース開始前に、ぼけーっとしてたら武井さん発見して、再開の抱擁。



「優勝ですよね?」と聞いたら「コースレコードでぶっちぎりで勝つ!」と相変わらずの力強い言葉。そして、有言実行!この人は本当にすごい。



さて6時にスタートパレード走行開始。



3kmくらい走ったところでダブルトラックに突入してレース開始。



いきなりぐおーっとみんな行くので、キャプテンを「行ってらっしゃい!」と見送る。



私は、安全第一!でゆっくりスタート。



最初は平坦を進んで段々斜度が出てくる。



前にキャプテンが見えてきて、頑張って追いついてみようか〜と思ったところから、今回の地獄の悶絶タイムが始まった。



レース開始か15分くらいで腰痛発生。



しかもまた、最初の登りが10kmくらい続く。



すでに5km地点で腰痛がひどすぎてまともに力が入らず登れない状態でどんどん抜かれていく。辛い、辛すぎる。



なんとか我慢して山頂まで辿り着いて、くだりに入る。



下りに入ったところで気づく。「めっちゃ怖い・・・・」。ダブトラの下りなんて一度も走ってないので、下り方がわからない。下りも最徐行で、50人くらい抜かれる。なんせノー落車が目標だからしょうがない。



下りを走ると腰痛がましになるかと思ったがまったくならず、最初の下り切ったところで、腰のストレッチして悪あがきでサドル高を低くしてみる。



少しましになって次の登りに入るが、500mくらいするとまた腰痛の悶絶が始まり時速5kmくらいで進むのがやっとの状態。



せっかく来たのだから楽しんで走らねばと思い、御嶽見ながら走って最高だぜ〜!とか思う一方、この腰痛とあと80km闘わねばならんのかと思うと、先がおもいやられ絶望感も出てきた。



なんとか第一CPにフラフラと到着。一度止まるとリタイアしてしまいそうだったから第一CPスルーして次の登り。



何度も自転車降りて腰伸ばしたり、サドルポジションを変えたりして腰痛軽減にチャレンジするが、まったくだめだ。



しかし、40km地点くらいで一つの突破口を見つける。



腰を伸ばしてダンシングすればなんとか登れる。



たぶんものすごいかっこ悪いダンシングだけど、、完走目指して、登りはほぼすべてダンシングで乗り切る。



50km前後のダム湖畔の平坦路でようやくアップダウン開放されて平坦マンで一気に踏みまくる。これはなんとかいけるぞ。



その後の登りはひたすらダンシングで我慢。



登りにリズムが出ると、くだりも少しずつ慣れてきてスピードが出せるようになってくる。



腰は痛いけど乗るのが結構楽しくなってきて、「あー、これおもしろいや」と思えるようになってきた。



終始腰が痛くて、心拍も上がっても160くらいで、あまり負荷はかからなかったけど、後半は王滝の大自然の中のサイクリングはなんとか楽しめたのかな。



何の準備もできなかったにも関わらず、落車もなく、トラブルもなく、無事に帰ってこられたのは、マシンのおかげで、最高に楽しませて頂きました。



同行させて頂いた皆様も、無傷で、満喫されて帰りの道中もすでに秋の王滝の話ももちきりで、キャプテンなんかは2周するとかいってましたで。





腰は痛かったけど、皆さんのおかげで楽しませて頂けた。



順位とかはまったく気にせず、単純にゴール目指すのも悪くないな〜と思った次第。



また自転車の楽しみ方が一つ見つかった気がします。



早速9月も挑戦してみようかね〜。



29er買わないとね。















王滝100km

王滝100km
無事に完走。

まずは生きて帰ってこれてよかった。

夜の準備中

夜の準備中
KMDさんのアウトドア力が凄すぎる

自戒

最近本気で思うこと。

人生において一番無駄な時間は何か?

結論は何かに悩んでいる時間が一番無駄だ。

悩んで迷って、あーでもない、こーでもないとかいってる時間がもったいない。

やりたいと思ったら、すぐに行動に移せばよい。ダメだったらやめればよい。

欲しかったら迷わず、買えばよい。

ショッピングやらでネット検索してる時間も無駄だし、くだらない悩み事抱えてる時間がもったいない。

時間かけて出した結論と、即断即決で出した結論では、それほど大きく違わない。

なら一つでも多くのことに挑戦した方がましだ。

時間は有限で人間ができることはたかがしれている。


迷わずいけよ、いけばわかるさな精神で突き進む。


やりたいことにやれるだけチャレンジする。

堺クリテリウム

堺クリテリウム
今朝、村上メカニックに、スプリンタースイッチを、押したら5000wでジェット噴射するように、整備を依頼しておいた。



「わかりました」と村上メカニック。



レース開始直前から雨が降り始めて、レース時間には本降り。自転車にほとんど乗ってない私には最悪。



レース開始からコーナーの度に落車祭り。 なかでもS字コーナーの殺傷能力は、群を抜いており、必ず誰かがこける。センターラインの白線に乗るだけでこけるのだ。



2周目までは、後方でイワオさんと一緒にこけたヒトを避ける障害物レース状態。



そんな中FJTマンが前を引き倒していると情報が入る。



これは以上後ろはまずいと、3周目で前にあがる。



10番手くらいまで上がってきて、この辺なら大丈夫だと思っていた矢先。



例のS字コーナーで突然前走者が地面でスライディングを始めた。



スローモーションで逃げるラインを探すが、見つからず。



ヘタにハンドルを切ると私も滑る。急ブレーキはさらに危険。ブレーキあてぎぎ、間一髪すり抜け作戦で切り抜けを図る。



ぶっ飛ぶ前走者の自転車と体が分離をしたその隙間に一縷の望みをかけてすり抜ける。



がはは成功したぜ!と思ったのは束の間。



後ろから別の選手が突っ込んできやがった。



落車だけは免れねばらならんと、自転車から飛び降りて、体は無事に着地。



重症は免れた。



ぶっ飛んだ自転車を拾い上げて、ぼちぼち行くかと拾い上げたら、ブレーキシューがひん曲がっていたので修正。若干ブラケット直してとかやってたら集団は消えた。



走れる状態になったので、必死のパッチで追いかける。



なんとか、コーナー二つで集団に追い付く。



それにしてもなんか集団が小さいような気がするが・・・ヒロさんが同じ集団にいたのでこれは、先頭集団に違いないと錯覚しながら走る。



なんかこの集団遅いなと思いながら走っていたら、タイムギャップ40秒とか聞こえたような。



ははー逃げがいるんか。まあええわいとか思ってたら、最終周回。



もう手遅れか。



しかし、最後は村上メカニック特製スプリンタースイッチジェット噴射で有終の美を飾らねばならん。



最後の上り坂で、ジェット噴射スイッチオン!!!



「・・・」



おかしい。何も噴射しない。



ゴール着前でもう一回スイッチオン。



「ばきっ!がりがりがり!」という異音とともに。ぶら下がるリアディレイラー。



村上メカニックの意気な計らいで、スプリンタースイッチを押すと順番にパーツが外れて軽量化されていく仕組みだったようです。



もう一回スイッチを押すと、次はタイヤが外れる仕組みだったとか。



・・・・



まあ、とにかく無事にゴールできたので良かった。



昨日交換したばかりのエンドが、寿命わずか16時間でお釈迦になりましたとさ。



今日の結論



「ジェット噴射は危険だ!」



いや、ジェット噴射の話はさておき、村上メカニックは完璧に整備してくれており、村上メカニックの力がなければおそらくゴールできていなかったでしょう。ありがとうございます。



店長はじめさまざまなサポートの中でのレース。楽しかった。



雨がなければ、もうちょっと遊べたのだろうけど、まあ何より無事に帰ってこれて良かった。





箕面練

箕面練
朝6時の目覚ましと戦う。



起きなくても良いかと思う自分と戦い、葛藤のすえ、10分後に活動開始。



しかしまあ早起きは三文の得とはよく言ったもんだ。



土曜日の目覚ましは、平日のストレスフルな自分と、もう一人の自分を切り替えるスイッチみたいなもんだ。



スコットが使えないため、ひさしぶりにSL2を引っ張り出して箕面へ。



SL2は本当にすばらしいマシンだ。めちゃくちゃ走りやすい。



しかし、走り出して15分。



サドルが下がってきていることに気づいて、六角を探すが持ってない。



しょうがないのでそのまま箕面へ。3センチぐらいずり落ちた。



それでもAVは30キロを超えていた。



箕面でミスターFJTマンから六角を借りてサドル高をえいやで修正。しかし今度は上げすぎてこれまたおかしなことに。



そのまま1stに突入。



いきなり、米屋で千切れた。まったく着いて行けないです。。。。



最下位でゴール。もうだめだと思った。



続いて2st。



最初の斜度のきついところで、私が着き切れして中切れ。



本当に情けない。



何名かの方が間を埋めてくださって終盤は先頭に。



最後は3st



野菜売り場に向かう平坦でまたもや着き切れで中切れを発生させてしまった。本当に申し訳ない限り。



野菜売り場前でキャプテンが上がってきたので、それに乗る。ギアはインナー。



FJTアタックが炸裂して、キャプテンと二人で追走体制。



合流して3人で進む。最後は久しぶりにもがいたりした。楽しい。やっぱ練習とはこういうもんか。



私的には、第3stで5分370w(体重の6.4倍)とかできるようになったら、完全に復活です。。



本日久しぶりにお会いしたラオウ殿、師範殿、キャプテン、M瀬君と一緒に三大湖に。



序盤からとにかくはやい。一応明日レースなので控えめにローテに入ったりしたが、ローテのスピードは45kmを超える。マジで千切れそう。変態どもめ。



亀岡から八木への登り。



明日レースにつきペースは皆さんに任せて、後ろから着いていく。。



これまた早い。



最初に師範が苦しい。



続いてキャプテンもきつそう。



ラオウ殿とM瀬君のバトル。



M瀬君アタック。ラオウ殿も苦しい。



なぜかM瀬君と二人になって、二人なら引かないと申し訳ないと思って前に出たらM瀬君が力尽きる。



なぜか先頭に・・・。淡々とそのまま踏んでいく感じ。



三大湖前の峠も最初も着き切れして、千切れかけたが、なんとか体が感覚を取り戻してきたような感じでダンシングで踏んでいく。



三大湖で補給して皆さんと別れて、栗尾峠を越えて帰宅。



今季最高強度のトレーニング。充実感がある。一緒に走ってくれる仲間に感謝。





先週よりも走れるようになっていることは実感。もうだめかと思ったけど、まだまだ戦えるような気もする。



今日はたくさんの元気をもらってよかった。



早起きは三文の得ですな



昼からシルベスト京都店に行き、明日の準備をする。



中山店長にはいつも大変お世話になっていて、リスペクトするお方の一人。



何気なくかけてくださった言葉に感動した。



今日も、特別配慮をいただいて自転車を治していただいた。



恩は石に刻む。



京都店で買い物をさせていただいて帰る。



帰宅して娘と甥っ子と遊ぶ。体はふらふらだけど、そんな休日が心地よい。



平日は、完全にダークサイドに心が落ちているので、土日に色々な力をもらうと生きる活力が沸く。

















今日読んだ本の一節

かけた情は水に流せ 受けた恩は石に刻め


人はとかく、受けた恩は水に流し、かけた情を石に刻みがちだ。やれあんなによくしてやったのにとか、あのときの貸しを返してくれとか、何かというと恩着せがましい発想、物言いをしがちである。

中略

大事なのは受けた恩をこそ忘れないことである。

それさえ忘れなければ、人間、そうそう間違った生き方をすることはない。

腹筋

腹筋
最近は腹筋がマイブームの娘。

日曜日は久しぶりにモーニング東福井に、箕面朝練。

シルベストのメンバーで走るのは何年経っても楽しいなと思った。

フジタ君付き合ってくれて、ありがとう。

4月、5月合計でようやく30 0キロ。

4分の1

今日は、会社で特殊事情があり、19時に撤収命令が下る。その分日曜出勤なのですが。



20時に家について、娘と一緒に晩御飯。。幸せ。



21時過ぎからローラーに乗る。



1200kjやってもまだ23時前。



いつもならまだ電車に揺られている時間。



まともな人間の生活というのはこういうもんだ。



たまった郵便物見てると4月に受けた資格試験の結果が返ってきている。



なんと奇跡のギリギリ突破。



通勤の電車の中だけでしか勉強なんてできなかったが、細かい努力は報われるもんだと改めて感じた。



年初に掲げた目標の4分の1が完了。まだまだ先は長いが、前に進んでいる感じが、充実感を与えてくれる。



やはり目標を定めてそれに向けて準備し、努力するということは尊い。



人間それを辞めると、成長なんかしなくなる。



どんな環境下でもやれるかやれないかは志があるかどうかの問題。



しかし、時間がないのもまた事実。



今日は少しばかし心に余裕が出来た一日でした。





家族旅行

子供と3人でのんびりGW旅行。



まずは、一度行ってみたかった曽爾高原へ。



なんとも雄大な景色。トレイルランナーにはかなり強い刺激です。



ちなみに娘も登りました。



Img_7822
Img_7843















































走ってみたくなる景色です。



Img_7748























































その後にキャンプ場のサンビレッジ奥香落に移動。今日はコテージでのんびり。



Dsc07192

















































BBQやって、やっぱり食べ過ぎて。。。。携帯電話の電波がない環境で、のんびり本を読んで過ごす。



携帯電話なんかない方が良いんじゃないかと真剣に思う。



翌朝、5時に起きてモーニングトレイルランニングへ。



Dsc07196





























国見山(1019m)まで一気に駆け上がる。



なんともいえない爽快感!といいたいところですが、山頂直前では心拍が180を超えて死にそうでした。



5時間くらいかかるハイキングコースを1時間40分で走って帰ってくる。膝と腰が痛い・・。。



帰ってきて、ホットケーキで朝ごはん。カナダ土産のメープルシロップ。



Img_7890























今日は赤目渓谷48滝を歩く。



Img_7919



























何気に2時間くらい歩いて、朝のトレラン含めてかなりぐったり来た。



その後にご飯食べて、さらに宇陀こどもの森へ。



ここはなかなか良かったです。無料でアスレチック遊び放題。キャンプ場もありでかなりきれい。



Img_8035

























2歳にはちょっと早かったか。



Img_8063

























元気いっぱいに駆け回ってくれていたので、満足。



Img_8095



1800kj

5時前に起きてMTBで走ろうと思ったが、、、乗ろうとしたところ痛恨のサイドカットでパンクしてるし。。。



そんなこんなしてたら6時になって、とりあえずロードバイクで亀岡に。



仁科山荘から清阪峠越えて、銭原に。



見山の里からのきついところが真剣に登れないので蛇行しながら登る。



39×25のギア比は今の私には無理。



余野のファミマをスルーして、妙見を登ってみる。とんでもない超級山岳に思えるくらいにきつい。



摂丹を下って、亀岡経由で9時に帰宅し、パパのお勤めに。



娘と二人でお出かけのママのお留守番。



それにしても、腰が痛すぎる。そして、睡魔がすさまじい。平日ほとんど寝てないのだからそうなるのは当然か。



今日は80km



とあることでふっと火が付いて、とりあえず、堺のクリテリウムにエントリーした。



心折れなければ熊野もエントリーしたい。



西日本もどうせなら勝つつもりで走りたい。



何をやれば元に戻るかはわかっているつもり。



しかし・・・、それを実行するだけの時間と体力と気力があるかどうか。



休日はやる気に満ちている。



しかし、平日の荒波に?まれると時間も体力も気力もすべて削り取られ、残るのは腐った死体のみになる。



平日にモチベーションをくれるのは、他人の頑張りだったりする。



心折れなければ6月には元通りになっているだろう。

















琵琶湖

GWの店長の呼びかけイベント琵琶湖一周ランに行ってきました。



天気は快晴。ただ気温は6℃くらいレッグウォーマーなしでは走れないくらいの寒さ。



自転車の4月の走行距離はローラー一回60分30キロのみという奇跡の数字をたたき出してしまい、3月21日にサイクリングで箕面に行って以来の実走。



実質ほぼ2か月、自転車乗ってませんでした(笑)。



ついていけないつもりで走ってましたが、なんとか1周千切れることなく無事完走できて感無量でありました。



145km アベ36.5キロ



2周目にたくさんの方が突入されてましたが、腰がすでに限界になっていたこともあり私は勇気ある撤退。 



走り終わって皆さんとしばし談笑。



色々な方がいらっしゃるなーと改めて感じました。



会社以外でこれだけの方に出会えるのもある意味すごいことですよね。



久々に実業団メンバーや色々な方とお話しできて楽しかった。



ステラやトライアスロンやパッソや実業団やら色々なシルベストジャージがありますが、何かの縁で出会ったメンバーが同じジャージ着て走るのはなんか感慨深いもんがありますね。



こういうイベントに参加するの大事ですよね。



てっちゃんとも久しぶりに走れたし、今日は気分爽快でした。



最後にキャプテンの男のMTB一本引きが素敵でしたわ。一人で話題をかっさらって、たくさんのファンをお作りになられて帰られました。アウター38であのブロックタイヤでアベ35kmって・・・。





最近平均睡眠時間が3時間くらいで、帰りの車は運転しながら何度も落ちてしまい危ない状態のため、今日は寝ます。



明日は娘と10時から遊ぶ約束しているため、朝の5時から9時まで走りたい。



またみんなと一緒に走れるレベルにまでは何とか戻したい。













GW中盤

GW中盤
GWの真ん中3日間。

帰宅が25時、24時、24時30分。

いや、さすがに無理っす。

明日も起きれるわけないっす。