FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

どこに向かう

Dsc_0656

朝から変な格好して暴れまわる娘ちゃん。どこに向かう?



土日合わせて300キロも走ってしまったもんだから今週は疲労が抜けず何もできませんでした。



週末は広島で西日本実業団。



いまの状況、体調でやれる限りのことをするだけですな。



スポンサーサイト



両手ぶらり作戦





朝起きた瞬間に昨日の疲労からくるあまりのけだるさにサボる口実を考える。



言いだしっぺが行かないわけにもいかないので、しぶしぶ出発。



箕面が遠いこと。途中で心折れて帰りそうになるが、なんとかギリギリ到着。



第一ステージ コバさんがかっとんでいく。昨日死にかけたメンバーは全員瀕死状態。



私は集団にぶら下がるのも必死。カーロスがしんどいとか言いながら軽やかに追走していったのが印象的。



第二ステージもコバさん独走。カーロスがちらちら後ろを見ながら着いてこいよと誘惑してくるけど・・・、そんな余裕なカーロスに着き切れした私。監督おったら「万死に値する」と言われてたやろな。



第三ステージ カーロスが昨日に続いて独走しようとするが、今日はイカせん。



終盤でシッティングでアタック気味に抜け出しを図ったけど、まったく振り切れず、後ろにはカーロス。またカーロスの誘惑に着き切れしながらゴール。



カーロスが、両手ぶらり作戦でガンガンくるぜ。本気で強すぎる。



そして本日のメインディッシュ20km3周の60kmのノンストップ周回錬。12名くらいでスタート。



一周目の登りから、今日は夜に超級山岳ステージを控えるFJT氏がアタック。



それは追わねばならんのだよと監督自ら追走。着火。



千切れるがな・・・。



下りで一団となりでっかい登りへ。



FJT氏が行く。カーロスが行く。キャプテンが続く。



私はとにかく一定ペースであげていく。平坦になるところでキャプテン、カーロスに追い付き、一気にFJT氏まで追いつく。



その後、FJT氏はとっても楽しい予定があるらしく、ルンルン気分で帰って行った。



2周目に入り、パックはカーロスとキャプテン。



ローテしながら進み、でっかい登りでキャプテンが離れ、カーロスと二人でランデブー。



矢吹ジョーVSカーロスの戦い。



カーロスと二人でノーガードの打ち合いをしながら、進む。




3周目の登りに入ったところで、カーロスがボディーブローの効果が出始めて、力尽きる。



3周完走それぞれにドラマがありなかなか素敵な展開になりました。



BBQ

BBQ
昨日は練習帰って家族でBBQ。

あまりに体が疲れすぎていて、買い出し行く車に乗った瞬間寝てしまった。

その後まともに立っていられず、フラフラ。

お肉食べて娘と遊んで、夜はいつも練習で走る亀岡にホタル見に行ってきました。

周回練

Photo

今日は新しいコースを使っての周回練。



箕面第一〜第三ですでに灰になってしまった。



第三ステージは、カーロスリベラが全員を千切り捨て炎の独走。



追走軍団は全員力尽きました。



周回コースにはいってからも、カーロスが異常な強さで全員を引きちぎっていく。私もまったく着いていけない。



しかしカーロスは2周で星になって消えた。しかし、その走りは尋常ではなく、間違いなく敢闘賞です。



後半はIWOさん合流で私はまったく着いていけませんでした。



FJTマンの強靭な粘りの走りにも脱帽。



追走軍団もしっかり組織されみなさんかなりの高強度で走れたのではないでしょうか。



明日も頑張りましょう。



陽はまた昇る

陽はまた昇る
昨日の熱い練習会をレポートしておこう。



朝5時50分に起き、6時30分くらいに家をでる。7時45分頃に余裕で箕面に到着するはずが、異常な体のしんどさでまったくスピードに乗らず8時ギリギリに到着。



皆さんと一緒に出発して箕面駅の交差点で、まさかのチェーン落ち。ガリガリやっても治らずドクターハイランダーの治療を、受ける。



ハイランダーと二人で集団追走。



ハイランダー君、ブンブンとやらしい音をさせてると思ったらTTバイクやないの。TTバイクに激坂を引っ張ってもらうが、二人して力尽きる。体がおかしい。



2stは、車に阻まれスピードダウン。 3st入るところでブンブンやらしい音をならしながらハイランダー君登場。



またもや轢いてもらう。二人でローテしながら公民館まで。



本隊の強度は過去最強強度だってらしく、全員が灰になっておりました。くっそー絡みたかったな。



セミロンは三田ループまでフルもガキインターバル。



堀越峠はかまやんのアタックで着火し、斜度がきつくなるところからシャカシャカ抜け出る。



余裕こいでたらピーク直前でN脇さん現れ刺し殺される。



続いて大阪峠。



カーロスの打つべし!打つべし!アタックで崩壊し、最後N脇さんアタックを後ろから差し込んでみたり。



続いて杉生変電所は地味な殺し合いの末 かまやんの漢気アタック。



私プチカウンター、N脇さんクロスカウンター、最後はグダグダへなへな山頂通過で痛み分け。



杉生で、みんな、燃えカス。



三田ループに向かうきつめの峠はこばさんガリガリ行くのを後ろから追走するも届かず、こばさん、強い!最後の激坂はFJT最後の打ち上げ花火。N脇さんが抜け出しかけたところで前に出たけど差しかえしで撃沈。



続いて三田ループ一周レース感覚で。



参加者10名のサバイバルデスマッチ。



平坦は向かい風が強くて省エネモードで幕開け。



激坂区間でどこからともなく現れたイコマさんアタックで集団粉砕。私はペースで追走。山頂手前でイコマさん捕まえるが、N脇さん現れさらに加速していく。強い。



下りでイコマさん、かまやん合流。





交差点を抜けたところでN脇さん平坦アタック。こばさん追走。琴引峠はこばさんが牽いていき、私は前に出れない展開。いよいよ足がきつい。下りきったところで、ひょっこり現れるいのきん主将。さすが世界のいのきんたまん。



志手原の交差点抜けて緩斜面の叩きあい。



全員足が終わっておりペースが上がらない。実は集団粉砕アタックを企てていたが、私に足がなかった・・・。



下りに入って最後のストレート。





かまやん、イコマさん、いのきん主将、私の順。



絶好の番手であったはずが、かまやんの思いがけないはやがけで一瞬踏み遅れたのが命取り。



一度は追いついたものの、その後のイコマさんのアタックに着き切れ。(監督おったら殴られてたやろな)。





最後はいのきん主将が、○ー○○○○○とサプリメントの名前を叫びながら一着フィニッシュ。





みんな燃え尽きたよ・・・・真っ白にな。



ここから京都まで片道70km。地獄だぜ。





TTTの練習をするイコマさん、TERRYさん、ソリボーグさんの後ろに着かせて頂いて平坦を走り、皆さんと別れて一人山道を抜ける。



完全に足が終わって、前に進めない。



後川でコーラ補給。コーラのエネルギーはすさまじい。コバさんもフラフラの姿で現れ、二人して死にかけコーラ補給タイム。



その後、篭の坊温泉、天王、るり渓、加舎の里CC、湯の花、亀岡抜けて帰宅。燃え尽きた。



180km1950mアップでした。



今日の練習会、何かが吹っ切れたような練習会。



みんなこの数か月、苦しい思いをした。



数多くの苦い思いもある。



しかし、陽はまた昇る。





新たな1ページ



昨日の実業団決起会。



さまざまな思いが錯綜していたものに終止符を打ち、新たな一歩を新たな形で生み出す会となったと思います。



私はすっきりとした気持ちでまた、心新たに頑張ろうと思います。



今回実業団チームの監督に苗村さんをお迎えできたことは、非常に喜ばしいことであり、三浦さん(全日本の監督)や安原さん(マトリックスの監督)といった輪界の大御所が監督をされることと同義だと思います。



有力な若手選手が育ち、力ある大人が存分に力を発揮し、全員で称えあいながら本当に勝利の喜びを分かち合えるチームになればと思います。



少し昔話を書きますと





私がシルベストに入ったのも、強いシルベストに憧れて入ってきました。



当時はてっちゃんや、下林さんといったスーパースターがいて、キャプテン、うっし〜♪殿、かまやん、所長といったメンバー一人ひとりが輝きを放ち、チームとしてのオーラがすさまじかった。



初めて練習会行ったのは2006年の4月ですが、ボコボコにされたのを今でもよく覚えています。当時は店長がまだ第3ステージで先頭ぐいぐい牽いてましたからね。



セミロンも毎週ズタボロのぼろ雑巾になるまで引きずり回されました。千切れても千切れても向かっていくことで成長を実感できて楽しかったんです。



2007年の本格的に実業団参戦以降、たくさんのレースに出させて頂きましたが、どのレースもチームメートの皆さんと一緒に勝利を目指してきました。実際たくさんのアシストやサポートを頂きました。シルベストのメンバーの皆さんには感謝しきれないくらいの恩があります。



一緒に練習し、一緒にレースを走る。阿吽の呼吸があり、それが決まった時の爽快感は何事にも代えがたいものがあり、チームスポーツとしての素晴らしさがそこにはあります。



練習を共にするというのはやはり大事だと思います。



積み重ねていくと、気づけばみんなが強くなり、気づけばJグランプリも当たり前のようにとれるレベルになり、、気づけばプロツアーで走るなんてことも可能になる。



自然と強くなってこれたのもみんなの意識が高かったから。どこかで常に勝利を目指す姿があったし、それに向けた不断の努力が当たり前にできるチームだったのです。



勇気を出して一歩を踏み出すことが、強くなる一番の近道なのかもしれませね。





悶絶



Dsc_0610_2



























































































集団から悶絶しながらFJT氏。逃げも決めちゃうよ!








新しい形

新しい形
今日のFJT氏はこんな感じだった。

素直にありがとう。

みんなでより高みを目指す一歩を踏み出そう。

ヒトの力が集まればどんなことだって乗り越えられる。

父の日

父の日
娘からもらった父の日のプレゼント。

パパいつもありがとう。って。

こんなに嬉しいことはない。

パパ心折れそうなことたくさんあるけど、頑張ります。

今はこんな感じです。

Imagescabnf4j8





















































Amuro



シルベスト錬セミロン

昨日も何もできなかったので、朝から嫁に時間をもらって自走で箕面へ。約40km。



8時組で出発。



最初からIT男が上げる。続いてコバさんがガシガシあげる。私もあげる。



6分370wとかいうわけのわからん数字でゴール。



これで今日は終わった・・・・。



第2st、IWOさんがあげていく。普通に足がいっぱいで着き切れした・・・。



第3st、キャプテン合流し、途中からさらにカマチェラーラ合流。



すでに足が逝っているので全く前に進まないんですが・・・



なんとかキャプテンの後ろにへばりつきやり過ごす感じ。最後カマチェラーラのアタックで粉砕し、私の足も粉砕した。



セミロンは、IWOさん、カマチェラーラさん、キャプテン、こばさん、TOMOさん、トライアスリートの方。



堀越からこばさんゴリゴリあげて行くのに着いていけず。



平地はIWOさんの鬼引きに前に出れず・・・



メインディッシュの日吉ダムから紅葉峠の区間は、こばさんが最初の登りで独走。



IWOさんと二人でローテで追いかけるが、追いつかず。こばさん強すぎます。登り前でコバさんがゴールと勘違いしたところで追いついて、そこから地獄のヒルクライム。



マジで足止まるかと思いましたよ。



三大湖方面に向かうはずが、あまりの強度の高さにもう帰るぜって話になり、某キャプテンが帰り道は善峰とか言い出したのが、悲劇の始まり。



亀岡市内走っているときから私の足はすでに終わっており。。。老の坂峠をみんなを引き連れて走ってと、私の体は完全にあっちの世界にいってしまいました。



そして、善峰寺回避の地獄の逢坂峠。



止まりましたよ。完全に。



足を着かないだけで精一杯。



こばさんは颯爽と消えて行かれ、ものすごい強さ。早くE1に上がってきてね〜。



150km走っただけでしたが完全に足が終わって、何も残ってない状態で帰宅。



久しぶりに練習したって感じでしたな。









理想と現実

理想と現実
朝は娘に起こされる。



ご飯食べて娘と二人で公園に行く。



娘は誰に似たのか異常に走る。公園まで手をつないで走った。



公園でブランコ、滑り台、鉄棒で遊んでまた走って帰る。



先週、先々週と家を空けてしまったため少しでも娘といる時間を持たないと。



少し会わないとびっくりするくらいに成長しているのが嬉しい。



9時過ぎから会社に行く。



19時30分まで残務処理。



晴天なのに何をしているのか。。。



シルベストのメンバーと話していると、気持ちが前に向いてもう一度やろうと思える。 会社で、押し寄せる荒波に揉まれると、どうしようもない現実に呑まれ、やりたいことができないもどかしさに打ちひしがれる。



やりたいことはたくさんある。



時間は自分で作らねばならない。



タイムマネジメントのスキルの問題か。



しかしながらやることが数年前の数倍に増えている。捨てるものを捨てないと前に進まない。



ここで大事になってくるのが優先順位の問題。



優先順位の一番は何がどうあろうとも家族である。これは鉄の掟である。



優先順位の二番は仕事であることは言うまでもない。収入なくして家庭は成り立たないし、仕事を通した自己実現もまた生きがいのひとつでもある。



さて優先順位の三番は・・・・、本当の自分自身での自己実現であろうか。



なんにせよ現状は優先順位1,2が圧倒的になっており、3にまで手が回らないのが一番の課題なのである。



私の場合はスポーツを通して、何かを残したいと思っている。



続く







道
王滝の帰り道の中山道の妻籠宿場だったかな。 なぜこんな山道に宿場町を作ったんだろう。

過去を振り返り、困難なことにチャレンジし、過酷な道を乗り越えた経験が一番の財産になる。

最近、自らあえて困難な道を選択することの難しさを感じます。色々な重圧のなかで決断する勇気がなくなってきているのか。

誰かに頼ったり判断を誰かに任せることは簡単。それに従うだけで良いんだから。

自ら決めて一度決めたらそれをやり抜く貫徹力を持つ。

積極的に自分で動き、局面を打開しにいく強さを身につける。

自立し、自律する。

そんな、タイミングかなと。

幸福

先々週は、日本で最大のMTBレースSDA王滝に参加させて頂き、先週は日本で最大のロードレースTOURDE熊野に参加させて頂いた。



まず、こころよく参加させてくれた家族に感謝しなければならないし、そういう環境にいま自分がいれることに感謝しなければならない。



仕事は楽ではないが、平日休みを頂けただけでも幸せだ。





贅沢を言えばキリがないけど、今の環境を十分に堪能させて頂けたし、十分に幸せです。



もう少し準備できれば、なお良かったけども、30代の働き盛りで年齢を重ねると自由も利かなくなるし、その中でどのように楽しむのかというのを考えるのもまた楽しい。



TERRYさんとの車中のお話だったか、「幸福度指数」って話が合った。



幸福度ってお金でも、名誉でもないんですよね。



さてさて、6月は少しお休みをして、7月からまた頑張りますか。



次の目標に向けて、色々考えていたらタイミングよく一本の電話があって、少し楽しみなことが出てきた。

















熊野3日目

太地半島周回コース。



レース直前に変速がおかしく、原因不明の迷宮入りしかけたところ、N村さんがチェーンの異変に気づき、チェーンが切れかかっていることが発覚。



急遽てnち殿にチェーンヒトこま外して、応急処置を頂いてレース時間に間に合わせて頂いた。



IWOさんもFディレイラーがおかしいのを応急処置頂いたり、圧巻はNいさんの直前のハンドル交換。



2007年の店長。2008年、2009年のUCI参加時の林メカニック。2012年の村上メカニック。



どの年の熊野も直前に完璧にマシンを整備していただいたし、どの年も体のメンテもしていただいた。



我々は本当に恵まれた環境でレースをさせて頂いていることに感謝しなければならない。



私にできることは結果で答えることだけだが・・・



3日目のコースは一番得意なインターバル系のコース。



しかし、準備不足甚だしく、自分の力が集団内で大した力でないことは走りながら十分に感じている。圧倒的に抜け出す力も、粉砕する力もない。何度か悪あがきを試みたが徒労に終わる。



最後のスプリントも、安全第一を優先し絡むことなく、先頭集団後方でレースを終えた。



レースの結果はないが、今回の遠征で得たものは大きい。



体は、練習をきっちりやれば、また、すぐに戻ることもわかったし、そんな表面上の強さよりももっと大事なものがあるとも感じた。



同じ宿で同じ釜の飯を食うってのは素晴らしい。



今回の遠征は、往路TERRYさん帰路RYOさんと、京都組のお二人とご一緒出来て、車中さまざまなことを教えて頂き、非常に有意義な時間を過ごすことが出来、これもすごく勉強になりました。



店長、きりさん、N村さん、いのきん親分には人生の大先輩方ながら多大なご支援を頂き、感謝の極み。





自転車通じて出会う人々は素晴らしい方ばかりで、このような機会をもっと持たないといけないなと感じました。



幸せな3日間を過ごさせて頂きありがとうございました。

























熊野二日目

熊野二日目
山岳コース。

朝から腰が痛くてDNSが頭をよぎるが、ホットバルムを塗っていただいて、何とか出場。

スタート地点までの、移動でちぎれかけるような状態のため、前半はおとなしく入。

千枚田の登り前から番手を、あげて6番手で、千枚田登りはじめ、去年の地獄メンバーに比べるとペースを緩めで進む。山頂は4番手通過で、下りで何人か合流して13人くらいで、先頭で進むが、なぜかローテが全く回らない。

イライラしながら走ってたらゴール前で第二集団合流。最後の登りは、6番手の絶好位置だったものと、選んだラインが悪く前が詰まって塞がれて全く前にでれず。

グダグダの13位。

しかし、かなり感覚が戻ってきているのは感じています。

明日も頑張ろ。

千枚田

千枚田
登っちゃうよ

熊野古道

熊野古道
歩いちゃうよ

FJTシェフ

FJTシェフ
作っちゃうよ