FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

トレーニング

トレーニング
ジャムおじさんのパン工場に行ってきた娘。アンパンマンは偉大です。

トレーニングは毎日やっています。

1月は自転車1000km ランニング300キロで着々見込み。

毎朝5時に起きることを身体に植え付けることが1月のテーマ。まずはこの習慣があれば大崩れはしない。

しかしまあ、240w20分で心拍が165くらいまであがってしまう状態なので、相当貧弱だな。

スポンサーサイト



大阪ハーフマラソン

昨年に続いて今年も出場。



血尿問題でテンションダウンしてしまったが、キロ4分ペースで1時間24分を目標に走ることが目標だ。



スタート地点は陸連登録者の後ろにつき、スタート地点から100mぐらい後ろからの出発。



そして陸連登録者の壁を突破しないとまともに走れないという障害物競走から始まる。



スタート地点まで40秒ほど歩いたところからガーミンをスタートさせる。



最初の1kmは、忍者のように人の間をすり抜ける。



かなりてこずったが、最初の1kmは4分16秒から入る。ロスは30秒程度かな。



次の1kmは3分50秒。周囲のペースも大体落ち着いてきた。



ペースが合う人を探しながら走っているとちょうどよいペースの人が抜かしていったので、その後ろをはしる。



ずーと3分50秒〜3分55秒のラップを刻む。10km地点までは少し苦しかったが、10km超えてから身体が慣れてきて心臓も足も楽になってきた。15km地点で前を走る人が疲れてきたので、違う集団に入る。



ラスト3kmから4人の集団になり、なぜか心拍MAXでバトルモードに。



私も結構頑張ったけど、トラック入ってからのスプリント勝負には勝てなかった。



最後結構頑張った割には、ラップタイムが3分50秒と同じくらいだったので疲れていたのだろう。



オフィシャル時計は1時間23分4秒。手元時計は1時間22分30秒。



スタートまでの移動時間と最初のロスを除いて考えると1時間22分くらいが実力的なタイムかな。



去年は後半たれまくったけど、今年は最後まで同じペースで走れたので実力的には結構レベルアップしているのかな。



なんとかサブスリーも見えてきた気がする。



レース後も血尿出たけど薄目だった。



血尿の原因も特定できたし、治療のめども立ったし、フルマラソン走ります。



来週の熊野口マラソンはかなりアップダウンが激しそうなのでタイムは望めなさそうだけど、今年中になんとかサブスリーは達成したい。



ランニング

朝の5時30分から闇の中を走る。



いつもの14.5キロコースを走ったが、なぜかベスト記録。



ペース的には4分10秒〜4分20秒ベース。



帰ったらやはり血尿。



本件のことで病院に何件かお世話になった。



同じ診察を受けて、同じ診察結果を聞くのでも、医師の態度、心遣いひとつで病気に対する考え方が変わってくる。



医師は毎日患者を診ているが、患者は毎日医者に行っているわけではない。



それはほかのどの職業でも同じなんだな。



自分が当たり前と思っていることは、人によってはそうではない。



人のふり見て我ふり直せとはよく言ったもんだ。



一人京都マラソン

一人京都マラソン



出場がかなわなかった京都マラソンのコースを一人でトレースしてみる。
 
 
 
朝の嵐山は一面銀世界。
 
広沢の池も全部凍っていた。


Dsc_0187

 
 
京都の北部路面が凍結しまくっていて、まともに走れたもんではない。日陰は特にひどい。
 
20キロくらいでフラフラしはじめて、宝ヶ池の登りで倒れそうだった。
 
国際会館のあたりは真っ白。




Dsc_0192





 
25キロ超えて松ヶ崎、植物園あたりから拷問となる。
 
不撓不屈がテーマにつき維持で走るがキロ6分ペースが辛い。
 
鴨川沿いは雪でグチャグチャ。
 
百万遍の京都大学近辺を走っているときは、肺やら内蔵が痛い。
 
最後は平安神宮に倒れそうになりながら到着。結局3時間50分かかった。


Dsc_0196

 
 
京都マラソンのコースはアップダウンが激しく過酷だ。
とてもタイムが狙えるコースではないし、後半のコース設定が距離稼ぎのために同じところを何度も走らせたり、河川敷走ったりで少し無理があるな。


 
走ってる途中三回トイレに行ったが全部ブドウジュースのような尿が出続けてさすがに精神的に参った。




サブスリーだけ目指してこの3か月走ってきたけど、この2週間で体調的に絶望的状況になってしまった。大阪ハーフを走ってランニングシーズンを終了するかどうか決めます。大阪ハーフで1時間24分切れたら考えもんやけど。


12月にフルマラソンをエントリーできなかったことが最大の失敗やったな。



変態達の生態

今日は変態グルメライドという企画があるらしく、変態達の生態を調べるべく不幸橋へ。
夜もあけないうちから移動してくる15名の変態達。



よっぽどのグルメが待っているに違いない。



15名でサイクリングロードを走り出すが、腹をすかせた野獣どものペースはとてもグルメライドとは思えない、スピードで走る。



そして本日最初の犠牲者が!グルメトラップにつかまったぶーちゃん様が、ペダルをぶつける。



あまりの高速コーナーリングにペダルがひっかったたに違いない。



興奮する変態達は15名だと統率がとれないため4、5名ずつの小グループに分けて走り出す。
私はおとなしく大人なローテーションで進むが、後ろからグルメに飢えた変態が、俺の飯はまだかと抜かしていく。そしてせっかく分離したのに、なぜか合流して大集団で進んでいる。彼らには知性というものがどうもないらしく本能のままに進んでいくようだ。きっとどこかの猿山から下りてきたんだろう。



取り残された我々被害者グループは、先回りして野獣どもに追いつくという知的な行為に出たが、先回りした交差点では、向かってきたメンバーは、白目をむいてあっちの世界に行っておりどうも視界にも入らなかったようだ。もう手が付けられない変態たちだ。



最初のグルメスポットの和束のお茶畑の中にある、なんともおしゃれなローソンというお店に到着。店の中にはグルメのみならずなんでもおいている。



お茶の産地なのでさぞやおいしいお茶が飲めるのかと思ったが、お茶を飲んでいる人間は誰もいない。みな欧米風の横文字ドリンクを飲んでいる。



そしてビジネスマンスタイルで立ち食いだ。一応二足歩行もできるらしい。



和束の抹茶を使った和菓子でも食べようかと思ったが、みんなアンパンをかじっている。きっとここは小豆の産地なんだな。



早々にグルメポイントを立ち去り次のグルメポイントへ。どんどん人里離れた奥地へと進む。変態たちはローテションとかローションとかよくわからない横文字を叫びながら走る。



路面凍結をしていても、関係ない様子で突き進む。きっと山奥に素敵なカフェがあるんだろう。



いくつも山を越えてたどり着いたカフェはSEVEN ELEVENというアメリカンなお店。



品ぞろえも豊富だぜ。
ここも小豆の産地のようで、みんなアンパンというものを食べていた。この人たちは脳みそもアンコでできているんじゃないだろうかと疑った。



そして最後に不幸橋に向けて、興奮してぜーぜーはーはーよだれ垂れ流しながら走っていく。きっとまだグルメが足りなかったんだな。



今日は貴重なグルメライドに参加させていただき、特殊な種族の生体分析ができました。



ありがとうございました。



次はもっとすごいグルメが待ってるんだろうな。



弱虫ペダル

弱虫ペダル福富寿一

「 練習はウソをつかない。

日々重ねた努力は必ず形になる。

昨日よりも今日。今日よりも明日の俺をに確実に前に進める。

自転車とはそういう乗り物だ。」

弱虫ペダル相当面白いな。新開君がかっこいい。 シャカリキ以来に胸を打つ。

昨日はゆっくりランニングを10キロ。やはり走った後は血尿が止まらなかった。こうジョバジョバでるとやる気がなくなるわい。

今朝はローラーを60分。

30分223w160bpm

いまは底辺だ。

弱いことを知ることからすべては始まる。

熱が出ても

熱が出ても
どこの誰に似たのかオムツかぶって暴れまわる娘。

日曜日の監督との熱い練習を終えて14時に帰宅し、15時30分からの大阪帝国ホテルの結婚式へ。新婦入場の瞬間ギリギリセーフで滑り込み。

ふーと落ち着いて結婚式を堪能して、いずれ娘にこんな手紙を読まれる日が来るのかと感慨にふけっていたところまでは良かった。

家に帰って気分よく寝ていると、嫁がゴソゴソしている。なんか嫌な感じ。どうももどしているらしい。 そして1時30分。突然吐き気と腹痛に襲われて目が覚める。 リバース開始。

明日も早いので再び寝る。

そして2時間後に再びオートリバース。

朝方には発熱してきて38℃。

完全にグロッキーだ。

朝9時に何か食べねばと布団から這い出るが食欲なし。

娘がみかんを食べていたのを分けてくれとねだる。さんざん渋った挙げ句に半分だけくれた。

解熱剤飲んで寝る。

昼に起きて少しお粥を食べて寝る。次に気づいたのは18時30分だった。

ふらふら状態で夜間診療を受けにいく。

診断はウィルス性の胃腸炎。

そして再び寝る。

1日のうち22時間は、寝ていた。

そして今日会社へいく。気持ち悪すぎて18時40分撤収。

熱が出てもしんどいだけ!

といきたいところだが無理だった。

ヒルクライムの極意

男は大見栄とやせ我慢!先頭を走り続けるんや。誰かが並んできても先頭は譲るな。



頭のなかで「負けないこと、投げ出さないこと、逃げ出さないこと、信じぬくこと」(BY大事マンブラザーズバンド)ってエンドレスで流して耐えるんや。





監督と

「この風の中で笑っている奴はいるか」シャカリキより



今日は京都店朝練へ参加。



朝からローラーで30?走ってアップしてから参加する。



人数も10名以上いらっしゃってにぎやかだ。



前を牽いて御幸橋まで行くと、橋の上から後光が差している。



監督様、大阪より来臨。



監督のプレッシャーが後ろからやってきて流れ橋まで少しペースが上がる。



大正池の登りで、監督とノーガードの殴り合いが始まる。



ジャブはこうやって打つんだと監督がペースアップしたりしたが、最後は路面凍結で伝家の宝刀クロスカウンターはお預けとなった。



その後和束〜信楽方面へ。延々と続く道を監督と二人で我慢大会。



湯船の登りでアタックふるもがきが入ったりで、信楽到着時点でほとんど出涸らし状態になっていた。



その後宇治方面へ向かうも吹き荒れる向かい風に前と後ろのパワー差が倍以上でるような状態に。二人の我慢大会は続く。



そして、待っていたものは無情の通行止め。



これにより監督は暴風の中を単独で帰ることに。私は宇治の山を越えていくことに。



私の選んだルートは想定外の激坂が2発待っていて、終わった足では蛇行して登らないと登れなかった。



京都市街に入ってからも、自転車が走れない高架に苦しめられなかなか家に到着できずでした。



監督、京都店メンバーの皆さんありがとうございました。





通院

美味しんぼ海原雄三より



「料理は、人の心を感動させてはじめて芸術たり得る。」



全然自転車と関係ないけど、土曜日は母の誕生祝に先日行ったフレンチレストランに連れて行ってみた。



あまりに料理がおいしすぎて感動したのだ。



おもてなしの心、ひと手間かける苦労。



プロの料理人の仕事に感動したのだ。安い居酒屋行くよりかは、本当に感動できる料理に金を払った方が心が充たされるなと。



ランニングしたけど、ランニング途中で血尿大放出。



体が完全にランニングを拒絶している感じなので、おとなしく病院に行った。



さんざん待たされて、「悪性の可能性も・・・」などと言われ、結局CT受けないとわからないということになった。



筋肉破壊の出血か、結石か、ナットクラッカーか・・・。







大丈夫なのか

某道場主より



「マッサージオイル塗るほどほんまに練習してるんか?マッサージオイル塗ってる暇があったら5kmでも10kmでもええから余分に走ってこい。ほんまに走れなくなってから塗ったら十分や。」



今朝も走った。気温は0度。



四条通の横断歩道の白線が凍結でつるつるだった。



15.5キロを1時間7分くらいで帰ってくる。



そして仕事へ。



会社に着いてトイレに行ったら真っ赤な小便だった。昨日ワインなんて飲んでないけどな。



高校生の時に一度練習で無茶をしすぎて血尿が出て、泌尿器科に行ったら、遊走腎ということで診察を受けた。腎臓が動いて出血していると。



そのときは、一番高いハードルを助走なしで15代連続で飛び越えるとか、曲芸みたいなことをしていた記憶があるけど、今は別に大したことしてないしなー。



確かに身体の不調は感じているのだが。



高性能

日本代表選手より 



「高性能機材は金で買えるけど、高性能な身体は金では買えない。時間をかけて作るしかない。デュラエース買う金があるなら身体に投資しろ。それからデュラエースの性能を引き出してみろ」



今日は朝5時からランニングに行く元気がなく、ローラを65分回す。



200wって結構つらい。



270wで一時間とか普通にやってた時もあったけど、いまのレベルからすると超人の世界だな。



地道に積み上げる。身体が覚えるまで反復。



5時に起きる習慣も身体が習慣として覚えるまで継続する。



何よりこれが一番むずかしい。朝起きた瞬間のあのけだるさは、坂道で悶絶することよりもつらい。



しかし朝早起きしているときが一番人生が充実しているのも事実。競技に限らず強い人間が朝に強いのも事実。



朝の睡魔に勝てないようでは、自分には勝てんのだ。



早起きは三文の得とはよく言ったもんだ





身体が基本

某オリンピック選手の言葉より。



「サプリメントとってたら強くなれるとか勘違いしている人がいるけど大間違い。栄養はすべて食事でとるのが基本や。食事は燃料と思え」







今朝は雨の中走る。



「雨が降っても濡れるだけ」は、もはや世間の常識である。



雨のほうが気温が高い。今日は5℃あった。



しかし、身体はまったく動かなかった。つらいのを我慢して精神力で14.5キロ走りきる。キロ5分切ることすらできなかった。



尿が赤いのだが血尿か。



バイク470km



ラン120km







0℃

69代横綱 白鵬より



「運は努力した人のところにしか来ない」



昨晩はローラー30分。



5時30分からランニングで一時間14キロ走る。



気温は0℃。



この寒さの中でも走っている奴はいるかと思っていたが、−4℃の山の中で自転車に乗る変態達もいた。



雨が降っても

某神様の言葉より



「冬の練習は、外に出るまでが大変や。寒いだの、風邪ひくなどやらない言い訳を作ろうと思えばいくらでも作れる。練習を休む言い訳を作る奴はレースでも言い訳ばかりや。



雪が降っても寒いだけ、雨が降っても濡れるだけ、親が死んでも悲しいだけ、彼女にふられてもへこむだけと言い聞かせて毎日走るんや。



一週間に600キロ走るとして200キロを3回走るより、100キロを6回走るほうがきつい。それができる奴が強くなる。」





ってことで、今日は、寒さに負けず一時間ラン。





信楽錬

某道場主より



「とにかく毎日自転車に乗ること。それはレースで苦しいとき、負けた時に自分に言い訳をつくらないため。さらに練習が終わってからもさらに10km余分に走りに行く。一日たった10kmでも半年続ければ1800km。継続は力なり。」



毎日乗ることが一番大事だ。



今日は、朝5時起床。



ローラーを80分 43? 60分間は213w.



7時45分に家を出て、京都店朝練へ。



家から10分くらいで集合場所に到着。木津川CRを走って、流れ橋まで。



そこからRYOさんに御一緒させていただいて、大正池、和束、信楽、石山通って1号線



で京都まで117km。RYOさん素晴らしいコース教えていただきありがとうございました。



平均心拍130



今月のバイク352キロ















努力



2





努力した物が全て報われるとは限らん
しかし
成功した物は皆すべからく努力しておる



最後はキサマが積み上げたモノがペダルに宿る



はじめの一歩



鴨川会長





今日は朝の6時から23キロ走った。キロ6分ペースが限界だった。



ランニング82キロ



家に帰ってローラー80分 45?



バイク192キロ





少しずつ前に進む。





闘魂

現代の最高の経営者、稲盛和夫さんの言葉より



「勝つためには何が何でもという気迫で、なりふり構わず突き進んでいくガッツ、闘魂が必要である。燃える闘魂をたぎらせ、誰にも負けない努力をしたものが生き残り、闘魂なきもの、努力なきものは絶えるしかないのである。」



闘魂無き者は戦う資格あらず。





今日は朝の6時から42.195キロ走った。



ひたすら辛い精神修行だった。



明日も20キロ走る。



読む人に元気を

今年のテーマのひとつ。



自分自身に気合を入れると同時にメンバー全員を元気にしていこうと。



いろいろな本やら、偉人たちの言葉から、胸に残った言葉を紹介して行こう。



初回は某道場主より自転車乗りへのメッセージ



「今の選手はレースに負けて本当に悔しいと思っているのか?とりあえず表彰台に立てたら、最悪でも入賞したらまあよしとか、甘っちょろいこと考えてるんちゃうやろか?ロードレースはtチャンピオンスポーツなんだから入賞などとたたえることがおかしい。2位以下は敗者やと思って走れ。」



「今の自分が一番若い。今これを読んでいる瞬間にどんどん歳をとっていく、残された時間は決して多くない。さっさと練習に行きなさい。冬の走り込みが必ず来季の糧となるから」



そんな気持ちもって走ってますか?負けてもええとか思ってませんか?明日やればよいとか思ってませんか?



今日は、暗闇の中、寝る間を惜しんでキャプテン主催の大阪城朝練まで。



スタートには間に合わなかったが、途中合流。体はまったくもがけない体になっていた。



115キロ。



1月ラン17キロ、バイク147キロ



明日は42キロランニングする。精神修行だ。







2014目標

?フルマラソンサブスリー



?実業団チーム優勝



?実業団個人2勝



?王滝100? 5月6位入賞、9月優勝



?沖縄表彰台



ここに向けて突き進みます。



1年は365日、一日は24時間、一時間は60分、一分は60秒。



毎秒が生きるチャンス。無駄な時間を持たずに、常に前に進む。



不撓不屈、切磋琢磨、自他共栄を心にやり抜く。



そのためには毎日5時に起きての継続あるのみ。






初日の出

一年の計は元旦にあり。

朝4時40分に起きて、初日の出を拝むために暗闇の善峯寺へ走っていく。

6時20分くらいについたけど、天気は曇り。

7時20分くらいまで待ったけど、結局厚い雲に覆われて、太陽が見えなかった。

あきらめて帰る途中で、後ろを振り返るとようやく太陽が顔を出した。





Dsc_0047







Dsc_0070





まずは1月バイク1000?。ラン350キロから始めます。

今日は、バイク32キロ、ラン17キロでした。

一つ一つの積み重ねしかない。