FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

低調

低調
昨日は、雨でMTBレースはキャンセル。少しだけローラーに乗る。

今季最低の状態。120wがきつい。

咳が止まらす呼吸が苦しい。かかりが悪いと気分的にも最低だな。

気分転換に京都店へ。

決戦ホイールをとりあえず買ったが、心踊るわけでもなく色々思うところあり帰り道はなんとなく寂しく虚しい気持ちになった。



今朝は4:50起床。

体重58.4キロ。体重も増加してやがる。

20min 268w 162bpm

4minrest

20min 267w 164bpm

呼吸が苦しくて体感的にはかなりきつかった。

舞洲くらいはごまかして走れるかもしれんけどヒルクライムは厳しいな。


年度末終了。

問題山積。

これ書いている今も咳が止まらない。

スポンサーサイト



体の声

体の声
西からの風に乗ってやってくる様々な物質が体を崩壊させていく。



くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、痰、喉の痛み、目のかゆみ、微熱、そしておなら(これは違うか)。



体の異常反応が今週の木曜日から爆発し、とてもトレーニングどころではない。



一応、今日も箕面には行ってみた。



7:36西田橋到着。とりあえず勝尾寺一本登ってみる。



結構真面目に走ったのに、現状の想定タイムかかなり遅れたタイムで正直凹んだ。やはり体がおかしい。



下って、朝練に合流。



2stは最初の坂でダンシングしてもまったく力が入らずいきなり千切れて、真剣に走ったのに最下位だった。



3stはもうまったく走れないので少しはみんなのために活性化して散ろうと前牽いて千切れるつもりで野菜売り場前からアタック気味に走ってみた。



しょぼすぎる牽引になってしまいまったく人数も絞られず、ただの痛い小便アタックだったな。



誰もカウンターをしなかったので、最後まで成行きで行ってしまった。



その後は止めておけばよいのにセミロンへ。



堀越峠も全力で走っているのに最下位だった。なんなのこの体調は。



その後8名ほどで京北方面へ。



今日の8名は非常に良かった。何が良いって走りやすい。



特に今日初めて一緒に走ったみっちーの動きが良い。私が理想とする動きをしてくれる。前に出るときの速度、後ろに下がるときの速度が絶妙にうまい。今日一番の感動だった。集団走行の思いやりを一番よくわかっていると感じた。



そんな8名で美しく回り、地味にしんどい強度で京北サンダイコーまで。



再出発したR477ではヒロさんが尋常ではない強さで全員をちぎり捨てていった。



R477は、途中から通行止めになり紅葉峠経由で亀岡へ。



ここでも足がかなりつらかった。



結局173kmも走ってしまった。









異変

異変
昨日は会社の飲み会。

帰り道に娘から電話かかってくる。帰るまで待ってくれていた。

今朝は4時50分にピタリ自然覚醒。

鼻が詰まるが、ブリーズライトつけて寝たので少しはましだったかな。

ローラーを回すが、なぜか異常にしんどくてメニューをこなすような体調ではなかった。頑張って230wが限界だった。

右膝にも違和感あり。

アレルギーが原因か、風邪か、ただの体調不良か、疲労かよくわからない。

体調が、、、

体調が、、、
箕面の山がみえないくらいの空がよどんでいる。

花粉症な私ですが、昨晩は突然3:45に目が覚めて妙な寒気と喉の渇きに襲われる。鼻が詰まって口呼吸になって喉がやられただけかと思うが体調よろしくない。


ローラーもあまり気乗りがせず低調にエンデュランス走。5分に一度ダンシングを1分

45min 220w 144bpm

ブリーズライト鼻につけて寝ないと。

体調か悪化しないことを祈る。

第5回

体重57.8キロ

20min warmup 197w 137bpm

途中1minハイケイデンス2回

5min 320w 170bpm 92rpm rest168w

5min 324w 172bpm 94rpm rest150w

5min 326w 174bpm 89rpm rest141w

5min 329w 176bpm 91rpm rest135w

5min 333w 176bpm 90rpm

約5.65倍

最後の1分は絞り出して平均パワーを326→333まで気合いで引き上げた。

さすがにクラクラします。

高みを目指す

高みを目指す
日曜日に久しぶりにMTBに乗った。

下りの感覚がわからずかなり苦戦したが自転車の楽しさがMTBにはある。

ジャブローも4月以降は整備がされるようたわ。

今年はMTB協会にも登録した。

マラソンに始まりロードバイクでベースを作り、マウンテンバイクでも結果を出したい。

私の今シーズンおそらく9月の王滝までの 予定。

挑戦を止めたら人間終わりや。

つなぐ

合宿等のイベントが終わると少し休みたい気持ちになるが、合宿はゴールではなく通過点だ。

合宿は課題を知るためのチャンス。

課題を克服しよう。

日曜日はMTBで30キロ

月曜日は30min 203w 137bpm

火曜日は45min 255w 157bpm

明日は、、、

猿の惑星2

頑張るヒトはかっこいい!と思った二日目。



積極的に走る姿は、魂を打つ。



軍曹の神風が吹き荒れ、カーロスが軽やかにワンツーを打つ。



そんな中、のい様の粘り強い走りに感動した。



ヒロさんの果敢な走り最高です。



TERRYさんの大人な走り感服です。



あさNさんの力強い牽引、死ぬかと思いました。





みんなそれぞれ課題があって、それを乗り越えようと努力する姿が美しい。

とにかく前に進もうとする人は一緒に頑張りたい。



挑戦する人にはいつか必ず道が開ける。



チームってよいなと思った二日間でした。











続・猿の惑星

少し真面目なレポートも書いておこう。



一日目の後半の部分を少しフォーカスしておく。



基本は平坦なのだが、いやらしい海岸線のアップダウンを繰り返しながら、北上していく区間。



途中色々な展開があり、終盤に入ると大量破壊兵器とIT猿と三人となった。



大量破壊兵器猿は現在は川西の鬼軍曹と呼ばれているらしいが、太平洋戦争のときには、素手で米国の空母を破壊したという伝説を持つ。この男が3人いたら日本は太平洋戦争に勝利していたといわれている伝説の人物だ。(出典:民明書房「実録、真珠湾の悪魔」より)



ちなみにIT猿は、怪しい薬を体に流し込み、たまに白目をむくという特徴を持つ変態の一種だ。最近は多額の所得税の申告漏れで税務署に目を付けられ、怪しい違法物を海外から仕入れることで警察が目を付けている指名手配犯の一人のようだ。



3人のローテーションは休む間隔がほとんどないので一番きつく、まさしく足で会話する状態。



IT猿が今にも千切れそうになりながら必死の形相で踏んでいた。おそらく、常用しているドーピングの効果が切れ普通の状態に戻っていたのだろう。



大量破壊兵器猿は涼しげな顔でペダルを回しながらIT猿を殺したそうにしていた。



ここまで頑張って先頭交代に入って我慢してきたIT猿に敬意を表し、生かさず殺さず、登りではたまにケツを押したりして踏ん張ってもらう。



ここには日本古来の自他共栄の精神がある。俺も頑張るからお前も頑張れと。



もしIT猿がここでしんどいからといって先頭交代拒否を選択していたら、逆に大量破壊兵器猿は全力で抹殺しに行ったに違いない。特に向かい風の時は先頭と後ろでは倍以上のパワー差が出る。ローテーションでしんどいのは自分だけではない。お互い様なのだ。



そして、「花さじき」だったか最後の登りに突撃。



川西の鬼軍曹が牙をむいて襲い掛かってくる。ついに本性を現したな。



序盤から二人のマッチアップとなる。まずはダンシング攻撃の肉弾戦だ。



ノーガードの殴り合いが始まる。まさしく「魁!男塾」状態。



「男とは何ぞや!」と鬼軍曹が叫ぶ。



「男とは男ぞや!」と私が叫ぶ。



二人の極限状態の戦いは山頂までもつれ込む。



後ろに下がるとメンタル的にずるずる後退してしまいそうなので、もうとにかく前だけを見て下がらずに踏み続ける。もし少しでも後ろからペースアップがあれば力尽きていただろうという状態。



最後まで悶絶する斜度が続くが、最後は二人で固い握手を交わしながら山頂を通過した。



まさしく男の絆だな。



これほど極限の状態で走ったのは久しぶりで感動した。



もうこれで私の猿の惑星の取材は終わった。



猿の中にもとんでもない猿がいるということがよくわかった。。







猿の惑星



全国から変態猿が淡路島という島に集合するらしい。





これはまた取材に行かなければ。



朝6時15分にRYOさんに拾っていただき、いざ淡路島へ。少々渋滞もありながら8時30分淡路島到着。



60匹の猿が駐車場を占拠し、何やら打ち合わせをしている。今日のえさの場所を決めているようだ。



Dsc_0421



猿界の首領、箕面のボス猿様は重役出勤で到着したようだ。





最初は猿の足を温めるべく、ウォーミングアップということらしい。



元気が有り余った猿が「うきゃー」と叫びながらとてもウォーミングアップとは思えないスピードで暴れている。



しばらく走ると、バナナ食い競争というイベントが開催されていた。2.5km先にあるバナナにめがけて全力でダイブして、猿の俊敏性をテストするらしい。



私も参加したところ3分15秒 平均386w 168bpm 最初の30秒は平均614wで入ってしまい、残りの2分45秒は地獄を見ることになりました。肺の中で何かがつぶれた感じ。



その後水仙郷という素敵な楽園に行くらしいが、先ほどのバナナ食い競争で肺が苦しくて身動きが取れず水仙郷での変態猿の生態観察はできなかったが、IT猿が白目をむいていたというリポートが入っている。



その後、猿の聖地「モンキーセンター」というところに行く。



これは、猿の故郷に違いないと思ったが、モンキーセンターでは締め出しを喰らっているではないか。どうも変態猿は、普通の猿とは種類が違うようで相容れないようだ。



その後、猿はバナナ食い競争の順位で3匹ずつ紐で縛られて、海岸線を駆けずり回る。



私は、プロの最強猿と、大量破壊兵器猿のグループに組み込まれた。



3人でグルグル回って、前を行く猿たちを追いかける



平均は297wで少し足が余った感じだな。

モンキーセンターに入れてもらえなかった60匹の猿の大行進のあと、山登りに突入。



5分13秒 339w



その後にエサの時間だということで、港に行く。



港といえば美味しい魚だ!という淡い期待を抱いたが、猿は魚を食べないらしい。



全力で魚を無視して、猿達はLAWSONという店を襲撃している。もうほとんど取り付け騒ぎのような騒ぎ方だ。





Dsc_0432







エサの食い方も「危険」なボス猿を囲み、集団行動をとっている。飲んでいるものは怪しい紫色の液体やらだ。





Dsc_0435





その後は、猿達のモンキーショーを見学した。



海沿いの道を猿がうきゃうきゃ言いながら進んでいく。



ひとりひとりちぎり捨てていく様子は、まさしく弱肉強食。



そして晩御飯は焼肉定食。



コメと肉が主食らしい。







Dsc_0441



猿は集団睡眠する動物のようだ。



二日目やら詳細はまた追って。





























強度

西チャレは距離は短かったが、ところどころで今季最高強度で走っていたため、体へのダメージは結構ある。

総じて集団のペースはけっしては早くなかったが、上げ下げがきつかった。

特に三段坂で毎週ブリッツェンの選手(どうも増田選手だったようだ)がかけて、マトリックスが追いかけて、少し遅れて学生、マッサ、私あたりが 追うという展開になるのだが、とにかく三段坂のピーク直前はフルもがきに近かった。

その後下りで、ゆるんだりするのだが、三段坂の出力は今季マックスだったのは、間違いないだろう。

あの強度に、耐える練習はインターバルしかない。

今日も朝練は継続するが、まだ西チャレの疲れが残っているような感じなのでトロピカルモードで流し気味。

20min warmup 17

40min 193w 137bpm

ゆめぴりか

ななつぼしとゆめぴりかを勘違いしていた。



ななつぼし
糖質制限を行うFJT氏とは真逆に米を食いまくる私。娘は、炊飯器に直接アタックをかける。



先日お米屋さんと話すことがあって、一食あたりお米が一番安いんだからよいお米を食べないとダメだよと言われ、最近結構色々な品種に挑戦している。



魚沼産コシヒカリが美味しいのは当然ながら最近は北海道産が熱いらしい!



って、ことで早速取り寄せた[ゆめぴりか]。



偶然、同じ食事の中で他の米と食べ比べることになったのだが、美味しさがまるで違う。米だけで食える。しじみの味噌汁でもあればもはや何も言うことはない。



梅田の安い定食屋の米は食べられなくなる。



良いものは本当に良い!毎日食べるものだからけちってはいけない。



今朝の朝練は沈没。



2セット目までは326,327と踏めたが、3セット目でメンタル的に弱気になりそこから踏み直すことができなくなった。こうなると立て直せない。



レースでちぎれるときの感覚に似ているな。



これもまたひとつのデータだな。



凹むことではない。



淡々

昨晩は20:30の電車で帰宅。少し早く帰れると気持ちの余裕があるな。

今朝もいつも通り。

体重57.6キロ

メニューは予定通りの20分2回。

20min warmup 193w 136bpm

20min 261w 159bpm 94rpm

4min rest 160w

20min 263w 160bpm 95rpm

予定通り完了。

パリニース見終わり、ティレーノなんちゃらを見る。   1ヶ月経過で90%くらいまで戻ってきているのかな。

明日は特殊朝練。

西チャレでインターバル練の有効性を改めて感じた。週に一度やるかやらないかで大違いだ。

この世界

今朝もいつも通りに起きていつも通りにやる。

今日はベースのエンデュランス。

20min warmup

40min 220w 148bpm

昨日の疲れから序盤はきついが後半徐々にあげていく感じ。後半20分が230wくらい。

昨日はひさしぶりのロードレースに出て感じたことを書いておこう。

何よりもまずレース自体が楽しかった。

様々な展開の中で判断し動く。

アタックがかかると反応する。他人の力に頼る。自分の力で動く。などなど色々な考えがレース中に頭の中を駆け巡る。

ひとつひとつの判断の積み重ねの先にゴール順位がある。リザルトには出ない細かい動きがたくさんある。

自分の脚力以外の要素がたくさんある。

レース後、様々な反省がある。展開次第でとか、あそこでアタックしてればなんとかなったかもしれないとか色々な妄想を抱く。

この色々な複合要素が楽しさを何倍にもする。

ロードレースには中毒性があると感じた。

三段坂でプロ選手相手になんとか食い下がろうとする自分もまだまだ捨てたもんじゃない。実力はないが、まだやれるとも感じた。

今回、全日本選手権の出場権を得た。

ひとつ目指してみるのもありかもしれない。

西日本チャレンジ

朝5時に家を出てFJT氏を拾ってから広島に向かっても9時過ぎくらいに到着。思ったよりも近かった。



ローラーないので実走でアップ。



Photo



12時過ぎにスタートラインへ。新ヘルメットなかなかええっしょ。



マトリックス、ブリッツエン、シエルボ、JPマッサ等々はフルメンバーの準プロツアー的なメンツ。



序盤は集団後方からスタート。登り返し等で前に出て、集団前方に上がっていく。



やはりマトリックスとブリッツエンのドンパチ。



Photo_2



集団内でうまくやり過ごして一周目の三段坂も無難に通過。久々の集団走行も思ったよりも走れたかな。



一周目は18分40秒(実際はスタート位置の関係で18分17秒くらい)



2周目の三段坂でプロ選手達のペースアップに思いっきり反応してフルモガキしたら心拍188まで上昇。いつ以来だ、こんなの見るのわ。



3周目の前半でペースの上げ下げがあった時に、結構きつくて反応できなかったが、てっちゃんに詰めてもらって助けてもらった感じ。



が、、、3周目の三段坂でてっちゃんメカトラで後退。



Photo_3



4周目は牽くチームがいなくなり、集団はまったりペースに。軍曹が日本軍式牽引で前に出る。



4周目の三段坂でまたアタックがかかり、プロ選手数名が先行。これに対しては初速がついていけない。じわじわピークに向けて追いつこうとするがギリギリ追いつけない。



結局半周ぐらいかけて追いついてみて、5周目の前半はドッキングするのにかなり消耗したが、集団は一気に人数を減らした。



5周目の三段坂も、プロ選手の強烈な一撃には反応できない。これが課題だな。一度開いた15mが詰められない。



じわじわ追走するもまたもギリギリ追いつけず、くだりに入って7名程度で回して前を少しずつ捉え、最終ホームストレートへ。



Photo_4





2



ずぶずぶでゴールへ。あと二人抜いてりゃ表彰台だったのか。



PHOTO BY 大谷様



リザルトは12位。



色々課題が見つかり出場して良かったですな。



今日は眠いのでこの辺で。



明日

明日は6年ぶりくらいに西チャレに出場します。10年前に初めて出た自転車レースが西チャレでしたな。一周25分くらいかかった記憶があります(笑)。

自転車レースの開幕戦的位置付けですが、いきなりプロ選手多数と走るというのは少し緊張感ありますな。私はどう考えても練習不足の準備不足なので早々に千切れる可能性大ですが、まあ楽しんで走りましょう。


今日は出勤のため朝からローラー。

20min2回

特に調整はせず。

終電

昨晩は帰宅が23:30になってしまう。

なんとか23時までには寝たいと思っているのだがなかなかそうもいかん。

なんとか21時の電車に乗れたら娘が起きてる時間にギリギリ間に合うのでそれが終電のつもりで仕事する。間に合う確率は50%程度。


今日は目覚ましを5:30にセット。少しだけ足を回す程度にやっておく。

50min 185w 133bpm

話変わって、

個人のただの記録として10年続いているこのブログですが色々あって突然閉まるかもしれません。

25日

4:55起床

5:30から軽めにローラー

40min 202w 137bpm



ランニングから自転車に切り替えて25日。

やはりベースの脆弱さは感じる。 先週の土曜日に行った柳生LSDのような一定ペースで淡々と長時間休まず走り続けるトレーニングが一番体には効くと思う。

本当か。

本当か。
高知のアンパンマンミュージアムにて。こんな気持ちが大事なんだろう。

今朝はやまかつさんと二人でバーチャル悶絶練。

メニューは3週連続同じメニュー。

継続、反復こそがトレーニングの真理にほかならない。

おかずは弱虫ペダルだ。

朝食後の体重58.2kg

20min warmup 190w 1分ケイデンス130以上を2回やって足を回す。

5:50処刑開始。

1, 5min 326w 168bpm 89rpm rest164w

2, 5min 328w 170bpm 90rpm rest152w

3, 5min 329w 171bpm 90rpm rest 137w

4, 5min 325w 171bpm 88rpm rest137w

5, 5min 327w 171bpm 84rpm

終了時体重57.5キロ

最後は完全に視野狭窄。

徐々に

徐々に
娘にオークリー奪われる。

昨晩、到達点を考えようと過去のデータを色々調べてみた。

ローラーで60min285wとか狂った数字が書いてあり自分で吐き気がした。

パワータップはほとんど狂わないので正確な数字だと思う。過去のデータがあると、どれくらいになればいまどのレベルかがわかる。

まずは過去に打ち勝ちそこから更に前に進まなければならない。気が遠くなるが、地道な積み重ねが一番の近道。

今朝も4:50起床。58.3キロ。疲れているときは体重も重い。


5:25ローラー開始。

20min warmup 190w 疲れているのでとにかく回す。

10min 264w 153bpm 96rpm

40min 273w 163bpm 90rpm

(50min 271w 161bpm)

1060kj

50分メディオ的に回した。おかずはミナミの帝王。萬田金融の取り立て見ながらトロピカル気分に浸る。

娘と

娘と
昨日は帰宅後すぐに娘と二人で公園へ。

娘は補助輪つきの自転車を頑張ってこぐ。途中段差でこけたりして、鼻血を流して泣きながら公園へ。

ジャングルジムの一番上まで一人で上がれるようになった。一歩ずつ成長だな。

パパはジャングルジムにぶらさがり腰を伸ばす。

帰宅後娘と一緒に洗車。

夜は2日間で6200kjくらい消費したため腹が減ってしょうがない。

食べまくる。寝るまでずっと食べていた。BCAAをお茶のように飲む。

体重58.7kgまで増加。

今朝はトロピカルモードで65分回す。

65min 180w 127bpm

クライマー

参考文献で「クライマー」という言葉を調べてみた。



以下のように書かれていた。



山を登ることを生きがいにしており、山の中にヒトを引きずりこみ、ボロボロになるまで追い込んで、最後は登れない人間をちぎり捨てる種族。一定強度で走ることには強いが、弱点はインターバル的な上げ下げに弱い。山の中をよだれを垂らして走る一種の変態で北摂山系に頻繁に出没するが、人に危害は加えないので、見かけたら黙ってやり過ごすこと。



(民明書房「クライマーの生態」より)



ほーそうなのか。今日はクライマーの生態を見るべく西田橋へ。



朝の早くから集まる8名ほどの変態達。ちなみに気温は1度だ。



いきなりTTとかよくわからないことをいいながら30秒間隔で登っていくらしい。



私も真ん中くらいで出発しろと言われ、出発。



訳も分からず走りだし、ゴールは勝尾寺という、いかつい寺の山門前だ。



私は昨日のLSDの被害者につき、しんどすぎてえっちらおっちら登った。



12分14秒 306w 166bpm 最大心拍が174までしか上がらず、まったくダメのずぶずぶだった。



ゴールで上がってくる人を見ていると、皆よだれを垂らしながら登ってくる。ほーこれがクライマーかという生物か。



その後に高山公民館という公共施設めがけて飛び込むイベントに参加した。



6分30秒 303w 164bpm 



そして妙見山という由緒正しき山に向けて悶絶していく。軍曹と呼ばれる人物が、「神風」という謎の日本語を呟きながら、特攻をかけていた。



8分36秒 289w 161bpm



そしてるり渓というきれいな清流に行くのかと思えば、とんでもない山に連れて行かれ、カーロスという人物が「えぐりこむように打つべし」とつぶやきながらアタックをかけてくる。そして私は千切り捨てられた。これがクライマーの生態か。



18分00秒 275w 169bpm



次に加舎の里というゴルフ場に向かうというので、ゴルフクラブ用意せなあかんと思いながら着いて行ってみたら、悶絶させられ、またもや軍曹と呼ばれる人物が「トロピカル〜」と叫びながら消えていった。



5分 264w 151bpm



そして、グルメスポットのセブンイレブンというカフェで休憩。



そして亀岡カントリークラブというゴルフ場に向かう。ゴルフ場に向かうのに、ゴルフクラブの一本ももっていかないとはいい根性してやがる。



ゴルフ場の冷やかしのような連中が、悶絶しながら登っている。



私は殉職者リストに登録となり、本日の取材は終了となりました。



13分42秒 227w 151bpm



変態クライマーたちはその後も茨城高原CCにゴルフクラブも持たずに冷やかしに行ったらしい。



今日も貴重な生態研究データありがとうございました。



148? 3021kj 上昇2311m 平均心拍130





柳生LSD

民明書房より発行されている「シルベスト語録」という本でLSDという言葉を調べてみた。



第三章第三節に以下のように書かれている。



「ゆっくり走るから」という甘い文句で無数の人間を誘い出して、実際は鬼のようなちぎり合いを行い多数の殉職者を出す冬場の恒例イベント。



long speed distance



long spart dash



の略と書いてある。



別冊付録には、多数の殉職者のリストが載っている。恐ろしいイベントだ。



今日はLSDの名のもとに不幸橋に集合。



私もおびえながら参加した。



本当のLSDなので心拍150を超えたらダメよという合意のもと出発。



そんな合意も開始10分で破られる。さすが悪魔たちによる極悪イベント。



加茂から岩船寺を経由し、柳生を目指す。



登りも当然心拍は150を超える。



40を超えたおじさんも。20代の若者も楽しそうに走っている。



かの剣聖の地として名高い柳生の地を一枚の写真を撮ることもなく全力でスルーしていく。



そして月ヶ瀬の梅林も全速力でスルー。





20140308



PHOTO BY さとちん





最後は木津川サイクリングロードを悶絶しながら帰ってきた。



これが噂のLSDか。。。







153km 3179kj







弱さ

5時に起きる。金曜日になると疲れてくる。

トレーニングは欠かさない。毎朝歯を磨くことと同じようにトレーニングをする。習慣的なルーティンワークの一部に組み込む。

昨日できなかった20分2回。

1. 20min 274w 166bpm 90rpm

4min rest

2. 20min 262w 166bpm 90rpm

不可解な現象が起こった。

一本目と二本目の出力が12w違うのだが、平均速度、平均ケイデンス、走行距離は一緒なのだ。

一本目の方がはるかにしんどかったのだが、踏み方の問題か。

それはまあよいが、とにかく弱い。

特に心臓が。

今の私に必要なことは、長時間のLSDなのだと思う。

なかなか

今朝も4:45自然覚醒。



朝起きるのが苦ではない。



5:25からローラー開始。



20min アップ



52min 228w 155bpm



20min 2回の予定が、220wが異常にしんどくて、身体を慣らそうと思っていたら、そのまま52min こいでしまった。



心拍が高すぎる。おかしいな〜。



そして眠い・・・。



第2回ゴーゴー練

ローラーの上でも仲間とつながることができる便利な時代。



今日も、みんなでもがき苦しむ。



朝はなぜだか4:30に目が覚める。緊張感あるね。



ゆっくりご飯食べて、5:15に精神と時の部屋に入る。



今日の映画は特攻野郎Aチーム。まさしくぴったりだ。



早い目にアップ開始。



途中でケイデンス120以上を1分2回。



扇風機を回して、5:50からメニュー開始





1.  5min 306w 168bpm rest175w



2.  5min 311w 173bpm rest166w



3.  5min 315w 174bpm rest145w



4.  5min 312w 174bpm rest136W



5.  5min 309w 174bpm rest142w




ゴールデンチーターにデータ取り込むと微妙に数字がガーミンとずれるな。



平均310.6w 5.38倍(先週5.31倍) 体重57.7キロ



今は体重を増やして絶対ワットをあげるほうが大事だと思う。



なので、昨日も、今日も食べまくる。



あまり軽くなると平坦が走れなくなる。



先週より着実に一歩前に進む。継続こそ力なり。



LT値を上げるには5分が一番良いと思っている。



この先に3分というのがあるが、これはまた違うトレーニング。今よりもハードなのだ。













ゴワゴワ

自分自身のモードを一つ進化させる。

といっても、目覚ましの時間を10分を早くするだけ。

10分寝ることで得ることよりも、10分ペダルを回すことで得ることの方がきっと多い。

体重57.8キロ

今朝はトロピカルモードで45分走。

20min 180w 130bpm 45min 223w 155bpm 96rpm

足がゴワゴワで力が入らずエンデュランスペースが精一杯。低調なパワーに弱い心臓。

明日はきっちり5時30分から負荷をかけたいが体が回復するか。

ゴーゴー練参加者募集。

沈没の予感

フルマラソンから二週間経過。

この2週間は結構体調が良かったように思う。 フルマラソン走るとしばらく身動きとれないと思ってたけど意外に走れている。

ただこれはおそらくフルマラソン前に体に注入した数々のサプリが持続的に効いているだけの気がする。

そろそろ大沈没がきてもおかしくない。昨日の練習中に予感は感じていたが今朝は一応ローラー回したが、最低の体調だった。

ここが正念場かな。


昨日は、実業団総会。総勢57名のメンバーと一緒に戦える。

実業団チーム優勝はみんなが意識しないと達成できない。そんな簡単なものではない。

一つでも、前へ。

恐れずに挑戦あるのみ。

周回錬3周

今日は今年初の箕面錬へ。



5:30に起きて6:30出発。



行く道中からどうも力が入らない。今週平日に5minやら10minのインターバルやったせいか体がお疲れモードか。150w台の低調な巡航で箕面まで。



余裕で到着する予定がギリギリに到着。



今は疲れていても負荷をかけなければならない時期につき、ちゃんと展開に絡むことが課題。せっかくの練習を後ろで流しては何の意味もない。



第一st



6:42 322w 162bpm 90rpm 



FJTが信号まで頑張っていたが、浄水場から淡々と回して登る。



第二st



3:43 327w 171bpm 97rpm



かまやんとカーロスが牽いている時間が多かった。



最後するすると抜け出したが、監督がしっかり着いてきて差し込まれる。監督強し。



第3st



6:47 297w 174bpm 95rpm



FJTがトンネル前から単独アタック。



最後カーロスと二人になり、辛いローテ。もうこの時点で足は乳酸地獄。



久々の箕面3本とも頑張ると十分に燃え尽きることができるな。



さて、速攻で余野に下りて本日のメインディッシュメニューへ。



コンビニで補給している時点からうすうす気づいていたが、すでに足がやばい。



やはり練習不足甚だしい。



そこに現れた、本日のメインシュッシュの主催者。サラ足のボス猿いやキャプテン。



呼びかけ者ながら遅れてきて、このあと全員を地獄に引きずり込む。



20?の周回コースへ移動し、9名でスタート。



最初はトロピカルモードで路面を確認しながら全員で移動。本格登りの前にかまやんパンクで登りから一斉スタート。



序盤のカーロスショーからはじまり、キャプテンが先頭を牽く。続いて私。。。この時点で足がやばい。



斜度が緩くなり、ローテは加速するがこの緩斜面の登りが一番つらい。足中乳酸まみれ。たまらず後ろに下がったが千切れそうだった。そしてキャプテンが異常に強い。一周目の終盤の緩斜面で全員死にそうな顔をしていた。



2周目の裏の緩斜面もかまやんがゴリゴリあげていっており、本気で千切れかけた。まずい、まずい足の状態。いつ千切れてもおかしくない感じ。千切れては練習に来た意味がないのでギリギリのところで走る。



2周目の大きい登りの最初で一人絶好調のキャプテンが、単独でダンシングで抜けていく。全員すでに死亡状態。私も足がいっぱい状態で完全に独走を許す状態。さとちんとヒロさんが追う構えを見せる。刺激されて私も悪あがき。



乳酸の苦しみに耐えて、1?ぐらいかけてキャプテンに追い付く。ここから二人で行く。



追いついたはいいが、前に出れない。完全にキャプテンの方が踏めている。私は足がいっぱいでまったく踏めていない。千切れないようにごまかしながら乳酸を散らして走る。



まさしく着きの一手。キャプテン強い。



2周目の裏の緩斜面、3周目の緩斜面もギリギリのところで耐える。もうほとんど前に出れない。一人ならとっくにやめている足の状態。



最後のきつい登りで、ダンシング攻撃を仕掛けてくるが耐える耐える。斜度のきついヘアピンで起死回生のアタックを仕掛けるが、斜度が緩くなると追いつかれる。



最後の緩斜面を頑張って踏んだがあっさり追いつかれ、某コーポレーションのピークから下り、最後の緩斜面に入ったところでキャプテンに着いていけずに力尽きた。



もう完全に足が終了でした。



帰り道も完全にフラフラ状態。何とか帰れてよかった。



152? 3000kj帰宅時体重56.6キロ。もうスカスカや。



















冷却

土曜日出勤のためいつも通り朝からローラー。

体重57.4キロ 一晩で一キロ増えた。

明日は強度高いため今日は強度低めのエンデュランス走40分。

扇風機を付けずにトロピカルモードで挑戦。汗が滝のように出る。そして心拍があがりまくる。

40min 224w 156bpm

出力低いな。体の体温調整のために無駄なエネルギーをたくさん使っているのだろう。ローラーで出力が出にくい理由の一つだな。