FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

木津川詐欺

昼から仕事のため午前中だけ走る。

カーロス呼びかけの木津川をゆっくり走るというグルメサイクリングに参加。

その言葉に騙されてシクロ車で参加してみたが、、、。

おっさんどもが、野獣のようなスピードであげまくる。

フロント46だとギア回りきるわ。

やはり、詐欺だった。

それにしてもシクロ車って平坦進まないってことを改めて感じた。

帰りはダンディーテリーさんと二人で宇治に紅葉サイクリング。






スポンサーサイト



初心者は基礎が大事

今朝はスラムダンクを見ながらローラー。

20min 220w

45min 263w

1000kj

言わずと知れた、高校からバスケを始めた初心者桜木花道が成長していくバスケ漫画の最高傑作であるが、一貫して伝わってくるものがある。

基礎が大事であることをとにかく伝えている。

基礎のシュート2万本の特訓をやったり、放課後にひたすらドリブルの練習。基礎ができないものがアメリカに挑戦し夢やぶれる話やら。

シクロクロスにおいても、とにかく自転車の基礎力を問われている。

止まる、乗る、降りる、曲がる、登る、下るってごく基本的なことの一つの動作にコンマ数秒ずつの差がうまれていく。

自分がいかにヘタれかよくわかる。私は初心者も良いところ。下手くそすぎる。ロードバイクもまともに乗れないし、シクロクロスは更に下手だ。


ロードバイクは、自転車乗れたら誰でも乗れる。

シクロの上位は小さい頃から自転車の基礎をたたき込まれた選手が上位を占める。特に若い10代の選手が本当に早い。

先日のC2のレースと同時に走ったジュニアの選手が尋常ではない早さでとぎもC1のよりも早いラップタイムを刻んでいる。シケインを超えるスピードがほかの選手が止まっているように見えた。


photo by 関西シクロ様









辻調



今朝は左足重点ペダリング。

50min 193w 55:45 63%:61%

今日のカンブリア宮殿は辻調理師専門学校だ。娘を、将来料理人に育てたい私には素晴らしい内容だった。

学費もびっくりの年間214万円。貧乏な我が家には厳しいな。
でも人を幸せにする夢がある仕事をしてもらいたい。





修行

2日間休んだので今朝は負荷をかける。

メニューは地獄の一時間走。

22min warmup 240w 147bpm

60min 292w 163bpm 88rpm

1480kj、体重58.6kg

きついきつい。シクロの60分を意識してひたすら我慢する苦行。なんとか耐えた。

photo by 前川様

普段は戦えない愛三工業のプロを追いかけ



シエルボのプロツアーライダーと戦う



そして出し切る



おっさんでもやろうと思えばやれるぜ。

体調調整

朝は体調を考えトレーニングを控えておいた。

しかし、目覚める時間はいつもと同じ4時50分。祝日なんかも同じ時間に目が覚めてしまう。やることないので二度寝したがあまり寝られず。

夜はかなり体調戻ったので帰宅後1時間ほど足を回す。

60min 175w 121bpm

最近はカンブリア宮殿の録画を見ている。

今回はシャトレーゼの話。創業者の熱い思いに感動。デパ地下にスイーツ買いに行くくらいならシャトレーゼだぜ。

先日のシクロの写真

photo by 泥山田様

立体交差でどっこらしょっと。







私的には立体交差の階段は全く苦痛ではなく、前との差を縮めるポイントとなった。トレイルランナー舐めたらあかん。

シクロの代償

昨日は夜中の1時30分くらいに猛烈に喉が痛くて起きる。

朝起きると猛烈に左胸が痛い。心臓に負荷かけ過ぎたか?

全身を襲う倦怠感。

風邪なのか、疲労なのかわからん状態。

シクロを走り終えると、毎回体がおかしくなる。それだけ過酷ということか。

あまりにしんどくて17時過ぎに会社でる。

家かえって、熱はかったら38.5度。そりゃしんどいわ。

パパは倒れたが子供たちは元気だ。




ウルトラマンにこんな怪獣いたような。



あほなことばっかりやっている。

息子は、バランスボールの上がお好みのようでボヨンボヨンしてたら泣き止む。


関西シクロクロス第4戦 マキノ高原  

朝6時に出発して7時50分くらい到着。

車中で太巻きとみたらし団子の朝ご飯。

今日のC1は、UCIと別開催のためリアルに日本のトップを狙う数名はUCIの方に参加し、やや手薄。初シングル十分狙えそうだ。

先週の日吉はお勉強に徹したため、やや不完全燃焼。今日はやれる限りやる覚悟。



社長にお貸し頂いた、秘密兵器を実戦投入。

スタートは2列目だが、相変わらずスタートと同時に一瞬で飲み込まれて、真ん中より後ろからスタート。

一周目はとにかく前へと思っていたら、焦ってV字の登り返しでこけた。ブラケットが曲がったが、走りながら治す。

2周目の後半辺りでようやく一桁順位に。


今日は、先日マウンテンバイクに乗ったせいか腰痛がひどい。ポジション変えたりしながらひたすら我慢するしかない。

3周目では、5位争いまであがってくる。

シエルボの豊田選手と二人でバトル。

力押しの登りで離され、コーナーやら階段やらで私が追いつくというのを何度か繰り返す。

そうこうしてたら前から3位争いをしていた、愛三工業の中根選手が落ちてきた。

シエルボの豊田選手も、50分くらい時点のシケインの処理で離して、難所のテクニカルな下りで引き離しに成功。豊田選手も相当疲れていたようだ。

私も下りは疲れてきて握力がなくなってヤバかった。

3位の選手まであと10秒まで詰めたが、ここからが詰められない。シクロの10秒は非常に大きな差だ。

最終周回も追いつくどころか数秒離されて、4位でフィニッシュとなった。

平均心拍179だったのでかなり頑張ったんだろう。

表彰台は逃したが第2戦、第3戦では勝てなかったC1の常連メンバーに一矢報いたので、今日は良しとしよう。これも社長のマシンのおかげだな。

シクロは一時間限界強度で走るため、毎回体へのダメージがかなりのもんがある。

次もがんばろう。









晴れ

朝から一時間ほどシクロで実走。

河原の土手の草むらでキャンバー走行を繰り返す。トラクションをかけ続けることが鍵だな。

今日は運転免許の更新やら親戚回りやらで色々ある。

昨日は山から帰って娘と遊ぶ。



ブランコに乗り



すべり台。腹出てるなー。


パパのトレーニングする森へ





人生初のもぐら叩き



ベビーカーも押すようになった。


村上建具錬

オフロード同好会メンバーでのんびり山の中をサイクリング。

私は骨折以来50日ぶりくらいのMTBだ。

かまやんMTBデビューにも関わらず普通に山の中を血を流しながら走っていた。さとちんもFJT氏も飲み込み早く普通に走っている。

TOMOさんはさすがのダウンヒル。。モモさんもアグレッシブだ。

特にトラブルらしいトラブルもなく、ほぼ無傷で帰ってこれたのは、キャプテンのアテンドが良かったからに違いない。

やっぱりMTBは最高に楽しいスポーツだ。そしてEPICは最高の自転車だ。

FJTのスカルぺルに乗らせてもらったが、サスの動きがかなり良かった。LEFTYも侮れん。

冬はシクロとMTBに集中だな。



後続を待ちくたびれて寝ているボス猿。


睡眠時間

昨日は22時45分に寝て6時間睡眠で熟睡。

先日のパスタの会で皆さんの睡眠時間に驚愕。3時間とか4時間とか、、、。

思わずナポレオンですか?と聞いてしまった。特にそれで問題もないとのこと。

バイタリティあるひとは隠れた努力を必ずしている。表に見えない部分のご苦労がたくさんあるんだろうな。

大変なお立場ながら、人間力ある人は誰の悪口も陰口も言わないし話を聞いていても非常に清々しい。

今朝は、ローラー。

20min 234w 139bpm

20min 301w 163bpm

25min 260w 155bpm

暑くなってきて、業務用扇風機つけたら寒くなってきたりでなかなか調節が難しい季節になってきた。

明日はマウンテンバイクだ。

軽いっていいね

朝は実走シクロ練。

寒いし暗いしもう練習になってないな。おとなしくローラーしてた方がええんやろか。

ようやく社長にお借りしたキャノンデールのシクロ車のポジションを調整したので乗ってみる。

軽い!

乗り味も、担ぎもすべてが軽い。

やるなキャノンデール。

機材なんてどうせつぶれるからどうでもよいとかとか思ってたけど侮ったらいかんな。軽さは正義だな。

そうやってまた自転車業界の蟻地獄に落とされていく(笑)。


カンチブレーキは効かないので町乗りやグループライドではややリスクが大きい。

シクロのレースでしか使えないのが残念だな。

C1のレースでは終盤になってくるとブレーキを握る握力がなくなってくるのたわ。

軽量化、油圧ディスク、、、。

あーーー置くところが。




あと7戦か。楽しまなきゃね。


いかんいかん



朝からローラー。

20min 223w 137bpm

45min 250w 142bpm

いかん、全然気持ちが乗ってこないな。

先日ふと2年前のC1のリザルトを見ていたら、そのときと今で何の進歩もないことに気づいて凹んだ。

どうやったらレベルアップするんだろうか。

パスタの会

敬愛する先輩諸氏と年に一度のパスタの会。

後ろ向きな話しなど一切ない前向きな役立つ話がたくさん。有意義な時間を過ごさせて頂き輩方に感謝だ。

料理が美味しすぎたので、写真を撮りまくってしまった。



イチジクと生ハムのサラダ


野菜とエビのフリット


アジのカルパッチョ


マルゲリータ



鯛の香草焼



そしてチーズパスタ


とどめにデザート


美味しすぎたので、嫁と子供にお土産に買ってしまったぜ。

ぐったり

今日は暗闇シクロ練。

体が重い、重い、重すぎる。

まったく集中力もなく、グダグダで帰ってきた。

C1の1時間はかなり体に堪える。

アルミフレームというのもよくないのか、40分越えてからの疲れ方が、半端ではない。ラップタイムこそほぼ一定の6分ペースだが、後半はマシンコントロールに実はかなり苦戦していた。体が疲れてくると暴れる自転車を抑え込めないのだ。

たった一時間だが、疲労感はマックス。
体のところどころが痛い。

それでも先週の岬町に比べるとまだましな気がする。

関西シクロの魅力で、こういう集計を、自主的にやっていただける方がいらっしゃる。ほんと、素晴らしいお方達。

ラップタイム

一周で10秒開くのはたかだか10秒だが結構な実力差があるなー。

関西シクロの魅力

出た人すべてがはまってしまう大人の運動会。

競技の側面が強いが、遊びの側面もあり初心者からプロまでが楽しめる運営。

同じところを何周もするので応援しやすく写真も撮りやすい。

間近でたくさんの写真を撮って頂けるのも魅力のひとつだ。

こんな感じで良い写真がとれます。





今朝はローラーで流しを1時間。

65min 204w 121bpm

関西シクロクロス第3戦 日吉スチールの森

第3戦は、近場の日吉だ。

7時30分に家を出て、8時20分くらいに会場に到着。

試走を4周ほど。前回出場時に吹っ飛んだ狸コーナーが鬼門だ。

C3での軍曹の肉弾戦車プレイで幕を開け、続いてC4のFJTの嬲り殺される姿を堪能。

昼の試走を10分ほどやって、C1のレースへ。気温が高くて暑いくらいなので、ワンピはやめて普通のシルベストジャージを着用。

スタート位置は前から3列目だったのに、ペダルキャッチを一度ミスると一瞬で最後尾近くまで落下。

はーーー、またやっちまったぜ。一周目は38位とか・・・。

後ろからえっちらおっちら追い上げるしかないので、ひとつずつ確実にあげていく。

余談だが、ペダルが外れやすいようにゆるゆるのセッティングにしていたら普通にこいでいても外れるくらいの緩さになっていて、さすがにこれはまずいと感じた。


3周目くらいで岩井商会の久保さんまで追いつき、ここからパックで進んでいく。

後半追い上げ型でC1シングル上位常連の久保さんとずっと走れたのは良かった。といっても、私は後ろにべたつきで久保さんも前には出してくれない。私もへたれなので下手に前に出るよりラインを勉強させてもらった方が良いなと、結局45分間くらい一緒に走り勉強させて頂いた。

最終的には15位でゴール。平均心拍175で少し余力ありって感じで、先週の岬町のほうがきつかったな。

シングルフィニッシュもあと一歩だが、これが果てしなく遠そうだ。

しかし、下手は下手なりに確実に成長はしているな。








調整

出勤前にシクロで実走。

出発しようとしたらまたもや、スローパンク。

くそーと思いながら5分で治して再出発。

意味なくキャンバー走行なんかやってみたりして軽く走って40分程で帰宅。

明日は日吉に行ってきます。

流し

MOZU見ながらローラー。

70min 219w 140bpm 900kj

体調悪く、絶不調モード。

MOZUは5話で終わったが、次は映画らしい。

明日も出勤だ。

日吉の試走で三船スクール行きたかったなー。






シーズンオフ



先日「シーズンオフはどうするの?」という話になったとき、あっそういえば沖縄終わったってことを再認識した。

今年は骨折したりして出たいレースを4つほどでれなかったため、なんだかシーズンが終わったという感じがまったくなく、いまシクロシーズンに入ってようやく気持ちが盛り上がってきた。

シーズンオフとか言っている場合ではない。

沖縄出ているときはこの時期は朝練の苦痛から解放されていたが、いまは朝練の
楽しみを感じている状態だ。

目標があれば、朝の寒さや眠気など敵ではない。

一日一時間しか乗らないおっさんにシーズンオフなんざ必要ないぜ。年から年中シーズンオンだぜ。









     

ペダル再び



photo by maekawa様

写真ありがとうございます。

もっと自転車の中心を担がないといかん。


ペダルは結局またシマノに戻す。

「はまらない」でこけることはないが、「外れない」は転倒でのケガのリスクや周囲の方にご迷惑をおかけするかもしれないので止めておいた方がよいなと。

無理できる体ではないので何より安全第一に楽しむことが大事。

今朝は実走シクロ練。

日曜のレース一度で相当コーナーワークや乗り降りが上達した気がする。10時間の練習よりも、1時間の実戦のほうがはるかに得るものが大きい。

何事も真剣にやってみないと得るものはない。

虎穴にいらずんば虎子を得ずということだな。

今週も虎穴に突撃する予定。



水曜練

22min 244w 144bpm

50min 287w 165bpm

1200kj
58kg

高い負荷を体に与え続ける地味にしんどい練習。ローラーではこのあたりが限界。

40minに腰痛の壁があるな。

担ぎが下手くそだわ。






有限会社村上建具


シクロクロスのレースに「有限会社村上建具」で出ているのですが、何人かの方からお問い合わせを頂いたため、不思議に思われないために書いておきます。


有限会社村上建具はマウンテンバイクなどのオフロードを楽しむために自転車工房ハイランダーの村上さんと話をして出来たチームです。

メンバーは、これまで私がクラブシルベストで一緒に走っていたメンバーの中でシクロクロスに参戦しているメンバー、これからMTBに取り組んでいこうかというオフロード度合いの強いメンバーで構成されています。

チームと言ってもあまり重苦しいものではなく、山の中を走りオフロード楽しみながら、MTBのJシリーズ等にも参戦していきます。


シルベストサイクルの山崎店長にも了解を得ていますし、シルベストサイクルではMTBはケアしきれないのでむしろありがたいくらいとの気持ちをもらっています。

山崎店長と自転車工房ハイランダーの村上さんとは今後の連携や分担、協力について建設的に協議していくことになっています。

私含めロードに乗るメンバーは、これまで通りクラブシルベストのメンバーとして活動し、これまで同様に実業団メンバー全員で切磋琢磨して高みを目指します。

MTBレースについては村上建具店のジャージで参戦しますし、シクロクロスに関しては、林メカニックのサポートの元に従来通り「クラブシルベスト」名でも勿論多くの仲間が出ているので、兄弟チームという(気持ちの上では限りなく同一チーム)連携していくことで合意しています。

今後とも何卒よろしくお願い致します。


ペダル

練習用シクロタイヤがまたパンクしてやがる。

この一ヶ月でどれだけ、、、、、

しょうがないので先日のプロローグでパンクしたチューブレスタイヤにシーラントをぶち込んだやつで今日は実走トレーニング。

そして、ペダルをシマノからクランクブラザーに交換。これは由良川の悪夢事件があって、一昨年の由良川のコースでマッドの洗礼を受けてシマノペダルは開始10分で泥詰まりでジエンドになったことがある。順位も最下位だった気がする。

クランクブラザーは泥捌けがよいらしいのでプロローグに導入したがペダルが外れずぼてごけしまくったので、こんなもんいるかと廃品箱に突っ込んでいたが、再び出してきて装着。

レース用シューズと練習用シューズにクリートつけてみた。

練習用シューズはなんといっても10年以上の年代物。裏がすり減りまくり凹凸があまりないおかげか、結構はまる。

レース用シューズのマビックは裏がゴツゴツしているのでどうもうまくペダルがはまらない。

やっぱり、クランクブラザー使えないかなー。

最後の砦タイムを試してみたいが、、、。

ペダルの脱着はシクロの命な気がするので妥協なく探さねば。

ペダルが、はずれないと本気で危ないので安全第一で考えないとな。

photo by FJT氏



チューブレスタイヤもシーラントではダメみたいで一時間乗ったらスローパンク状態。今月何本目?


朝ローラー

昨日のシクロはかなり体にダメージを残した。

40分と60分では本当にしんどさとダメージが桁違いだ。

一時間でここまでボロボロになれるシクロクロス最高だ。

昨日C1選手の5位から15位までは大きな差がなく一緒に走る時間が長かったが、うまいと感じたのはナカガワの福田さんのコーナーワーク。素晴らしくきれいで、泥の中を滑るように抜けていく。他の皆さんもうまい。勉強になった。

私が一番ヘタレだったのは、間違いない。

地足なら負けないと思うけどシクロクロスはマシンコントロールのテクニックだな。週3回は外でマシンコントロールの練習を取り入れねば。

今朝はローラーを70分。210w 930kj

燃え尽きてしまった写真


関西シクロクロス第二戦みさき公園 C1編

C4の傑作バトルを見終わってから、雨の中せっせと準備。

今回は初ワンピ着用だ。

結局アップは試走半周とローラー10分くらいだけだった。寒いのでもういいやって感じ。

4列目くらいに並ばせていただいて、スタート。いきなりペダルがはまらず、ありゃーと最後尾。

しかし前で落車があって、みんなが止まっている隙にぎりぎりの隙間のすり抜けに成功して13番くらいに上がれた。マッド区間のコーナー処理が最初はおぼつかず、後ろの方にご迷惑をおかけしながら一周目完了。



2周目は調子に乗ってペース上げて8位くらいまで順位上げたが、心拍が上がりすぎている感じがしたので、後ろのパックに吸収された。12番、13番くらいをうろうろしながら周回を重ねる。



周回を重ねながら段々マッド区間の処理が上達していく。35分経過した時点くらいで周囲が疲れはじめて、私は少しペース抑えていたおかげか余裕があったのでじりじりと前でに出る。10番、9番とひとつずつ上げていく。




残り2周時点で6位争いの3人パック。後ろは20秒くらい離れたか。

一緒に走るのは岩井商会の二人だが、後ろから追いついて来た私のほうが余裕あるように感じたので、マッドセクションが終わったところで前に出る。

6位だ。このまま引き離して・・・・シングルフィニッシュ達成かと甘い考えがよぎったそのときに・・・・。

砂浜区間に突っ込むところでブレーキがロックしジャックナイフ。ブレーキが内側にねじ込んでしまって修理不能。



あーーー。。。。。ヘタレや。

後ろから来た5人パックに抜かれる。

幸いに、ピットが近かったので担いで走って、ハイランダー&林さんコンビでマシン交換。

パックには乗れたが、マシンのポジションがまったく体に合っていない・・・。

マシンが変わるとこうも操作が変わるのかとびびった。担ぎもまったく担げず。



結局パックの最後尾でなんとか耐えて14位フィニッシュ。あー、悔しい、悲しい。

こういう失敗もまた反省だな。次への糧にしよう。



photo by momoka様


村上社長、林さんはじめたくさんのかたにご支援頂いて感謝だ。

シクロクロスやっぱりおもしろいですねー。











激録!男達の悶絶祭り

関西シクロクロス第二戦みさき公園に、いってまいりました。

まずは本日のメインイベントC4の若き獅子達の暴れっぷりを紹介しよう。



まずは身内同士の殺し合いサバイバルデスマッチは、軍曹と呼ばれる男がスタートと同時に真珠湾爆撃のような奇襲作戦で全員を違うコースに案内する作戦から始まった。どうやら失敗に終わったようで、先頭から最下位に落下している。



地雷を確認しながら慎重に作戦を遂行する硫黄島帰りの鬼軍曹。


後ろからIT野郎がヘラヘラと追いかけてくる。どうも動きが悪い。彼女がボソッと「おそい!」とツイートしていたのは内緒の話だ。



日本陸軍仕込みの華麗なジャンプで地雷源を、クリアする。



新星のこの男は、最後は人間魚雷のような特攻で見事に昇格を、果たした。丹下段平(苗村監督)の泪橋練の成果が出たのは間違いない。



まだ笑っている。おそらく今日のブログネタを考えているに違いない。



最後は逮捕されて両手をあげていた。

続きを読む

イオンモール桂川



朝は一時間だけ河川敷でシクロ練。

シクロクロスの練習を、レース以外でやったことは今まで年に2回程度しかなかったが、今年はすでに5回もやっている。少しはましになったかな。

家に帰ってきたら娘の待ち伏せ攻撃で早く遊びに連れていけと。

一緒に、自転車洗車して、公園で遊ぶ。

その続きで最近近所にできたイオンモール桂川へ。

スポーツオーソリティががあって全品20%オフになっていたので大量にパワージェルやら補給食を買いまくった。

その後は睡魔と子供との戦いだった。

弟ができて娘は本当に変わった。

慣れる

今朝は、実走シクロ練。

同じコースを走るのでも時計回りと反時計回りではまったく別のコースに変貌する。

後半から逆周りに変えたら一気に乗れなくなった。

シクロは結局レース強度で走らないと練習にはならないので、とにかくレースを走ることが大事なんだろうな。

先日、テニスの錦織選手の活躍を見ていて思ったのだが、世界のトップレベルの選手というのはものすごい技術、体力を持っている。それは小さい頃からのたゆまぬ努力と才能の現れで、自転車のトップ選手もそうなんだろう。

マウンテンバイクもシクロクロスも技術的なところは、テニスや、サッカーと同じで小さい時から積み重ねている選手に、おっさんの下手の横好きでどうこうできるものではない。

ロードバイクは特殊で空力という要素が大きいので、その辺のおっさんでもなんか走れているような気になるが、根本的な自転車に乗る力の差はシクロクロスやマウンテンバイクに乗ると如実にわかる。

ええ歳こいだおっさんが趣味と道楽を真剣にやっているだけのものなのでその差を埋めるのはかなり難しい。

ただ、同じようなおっさん達とのせめぎ合いにはやるからには勝ちたい。



なぜか雨

今朝はジャブローサイクリングのはずが朝起きたらなぜか雨。

しょうがないのでローラーやるかと思ったら、またもや後輪パンクしてるし。

異物も見つからず、なぜローラーでパンクするんだ、、、。

パンク修理してまたもや時間がなくなる。

24min 234w 139bpm

40min 287w 161bpm 78rpm

5min cooldown

1100kj

40minかなりきつい。後半は腰が痛くなり太もも回りの筋肉が逝ってしまい踏めなかった。疲れている。



C1の上位はプロツアーばりのレベルの高さ。

そのC1選手を全員周回遅れにする日本チャンプの竹ノ内選手。

そして、その竹ノ内選手を2周遅れとかににするシクロの神様スヴェンネイスはじめ世界のトップ選手の体は一体どうなっているんだ。

もはや同じ人間にできる芸当とは思えないぞ。














モーニングシクロ

朝からシクロクロス練。

階段駆け上がり、8の字走行、担いでランニング、バイク持ち上げて走る、根っ子セクションギザギザ走行など。

ガーミンが途中で電池切れたので時間がわからなくなって、適当に切り上げて帰ったら10分ほどいつもより遅い時間。
集中できてたってことかな。



週末のみさき公園でのC4の昇格をかけたバトルが熱いぜ!まさしくサバイバルデスマッチだ。

私は今回も後ろからのんびりいく作戦です。
次のページ