FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

氷ノ山

朝5時30分起床。家族旅行なので、出発前になすべきことをやる。

20min 252w 147bpm

60min 302w 166bpm

1400kj

最近の暴飲暴食のカーボローディングのせいか体はエネルギーに満ち溢れており最初からかかりまくる。さすがにラスト20分は地獄の苦しみだったが、あと、20分くらいは引っ張れそうな感じもあった。

60分の最高記録を1w更新。

体重は59.8kgで、この1年半くらいで最高体重を記録している。2月は完全にオフだったな。

練習終えて氷ノ山へ。

いつもの民宿たちばなへ。

元々は、両親が蟹を食べたいと言い出し、兄夫婦が雪遊びを子供にさせたいというのを同時に実現することが今回の目的だ。

昼くらいにたちばな到着。宿のおっちゃんにスキー場まで送ってもらって、ソリ遊び。



最後は勢い余ってコースアウト。

今回もかまくら作り。



前回の防空壕からほこらぐらいにはなったか。

夜は蟹コース。

これが相当うまい。



こんなにうまい蟹を食べたのは生まれて初めてだった。かにしゃぶも刺身も焼き蟹も最高だった。



また食べ過ぎてしまったわ。

家族一同大満足の民宿たちばなでしたわ。   
   
           




スポンサーサイト



フラフラローラー

二日酔いによるフラフラローラー

70min 200w 850kj


モチベーション

どうもシクロが終わってからトレーニングのモチベーションが上がらない。

シクロは挑戦者の気持ちでやっていたのでトレーニングも集中してできていたのかな。

次の目指すところがいまいち明確ではないのがよくないな。

足もだるいし、気合いも足りん。

20min 221w

52min 232w

1020kj

息子がついに寝返りできた。

お姉ちゃんは寝返りも、歩くのも異常に早かったけど、弟はのんびりマイペースタイプのようだ。



ソリ

20min 220w

50min 272w 157bpm 92rpm

1100kj

足が重くてなかなかかからず中途半端な強度。
弱虫ペダルで主人公があざみラインでコースアウトするシーンで私も三本ローラーから落ちた。

三本からいきなり落ちるのはビビります。

今週末は氷ノ山に合宿の下見を兼ね遊びに行く。
子ども達もソリでのイメージトレーニングはばっちりなようだ。






ピカピカチェーン

20min 231w 137bpm

20min 284w 162bpm

18min 275w

20min 284w 162bpm

60分走をやるつもりが、どうもしんどくて20分経過時点でギア一枚落として、最後20分頑張るかともう一回踏み直した感じ。

いつもワットしか書いてないけど走っているときはスピードも見ている。ワットとスピードの相関も大事な要素。ワットは目安であって、スピードが一番大事なわけです。

いつも負荷は一定で大体300w=時速40km。

今日は285w=時速40km。

タイヤの空気圧は特にいじってないので、変わった要素とすれば、ピカピカチェーンか。チェーンの抵抗が減ると当たり前ながらスピードもあがる。

やはり自転車は綺麗にというのは速さにも直結するってことか。





洗車

昨日の走行後は自転車が泥だらけになったので、洗車。

チェーンはチェーンクリーナーを使うと驚くほどピカピカになる。まあピカピカになってもすぐに真っ黒になってしまうのだが、、、。

洗車は基本的に車やバイク用品を使うのがお買い得だと思う。マーケット規模が全然違うから同じ用途の製品でも値段が安い。

今朝はピカピカチェーンで一時間。

60min 200W 128bpm 90rpm 50%:50%

725kj

LSD

雨予報と曇り予報が錯綜する天気予報。

朝起きたら路面濡れて少し降っている。天気予報は曇りなのでまあいけるかと思ってロードで出発。

ひとりで走るのもつまらんので誰か一緒に走ってくれる人を探す旅にでる。

余野のファミマも誰もおらず、高山も無人。箕面駅まで下ってきたが、すれ違ったのはF様だけだった。

世界をまたにかけて戦ってきた監督ならば来るはずだともう一回高山にいったが無人。



高山右近も泣いてるで。

下って銭原でも回るかとおもったら、上音羽で師範発見。

少しお話しながらサイクリング。

再び余野ファミマに下りてくるとTOMOさん発見。



二人で堀越峠までなぜだか異常なハイペースでローテ。さすが伝説のダウンヒラー。

TOMOさんと別れて亀岡経由で山の中を走り回って帰宅。

目安としていた3000kj 上昇2000mはクリア。心拍も124で、5時間超。

それにしても単独の外練は辛い。

伝説のダウンヒラー

今日は要塞アバアクーの攻略戦。

社長と、伝説のダウンヒラーTOMOさんの3人で挑む。箕面のボス猿は言い出しっぺながら腰痛に散った。

標高差約500mを登る。サイクリングペースで会話を振りまくり談笑しながら東側に降りるAルートを目指す。



朝は少し凍って微妙に雪あり。最初は目が慣れず、ややビビり気味。

安全に気持ちよいペースで駆け下りると
あっという間にスタート地点に戻ってくる。ここは一番難易度が低いコースかな。2箇所ほど倒木があったのが残念だ。

2本目も登りはひたすら会話モードで登りであることを忘れて山頂を目指す。2本目は南側におりるBルートだ。

山頂から伝説のダウンヒラーに突っ込んでくださいと依頼したところ瞬間で消えていった。

私は社長の華麗なダウンヒルを撮影しながら下りてみたり。



そして獣除けのゲートまで到達したが、伝説のダウンヒラーが行方不明。まさか滑落したかとあせったりしてみたが、我々の想像を絶するスピードで山の麓まで先に下りていた。

さすが、伝説のダウンヒラー。こういうテクニカルな下りはもろに上手い下手が出るんだな。

2本目で二人とお別れして私は3本目。

新ルートを探しに突撃。

ついにDルートを発見。



このルートか間違いなく最難関だ。ダウンヒルバイクならいけるのかもしれないが、私はビビって2回こけた。



後半はほとんど担ぎとなったが、いけるひとならいけるのかもしれない。


結局、水200mlだけで4時間遊んで帰宅。

アバアクー奥が深すぎるぜ。

ちなみにCルートは高槻まで直結の極上ルート。

4本のダウンヒルが楽しめる最強の山だ。






乱れる

20min 220w 137bpm

50min 276w 159bpm ?90rpm

1126kj

途中で高ケイデンスを入れると、右足と左足のバランスが乱れまくる。右足の動きに左足が着いてこれなくなる。


息子は誰もみてないところで寝返りして裏返っているらしい。

タラタラ

昨晩は東京に勤務していた頃の会社の先輩諸氏と飲み会。

あれから12年経ち立場は変われど人間の本質は変わらないなー。

帰宅が遅くなったが、いつも通りに目が覚めたけど胃がもたれて気持ち悪い。

適当にヨーグルトとグラノーラ混ぜたもの食べてローラー。

20min 205w

52min 243w 147bpm

1000kj

とにかくだるい。

出力は無視して、ペダリング効率と左右バランス、コアでこぐことを意識。

今日のおかずはカンブリア宮殿。

鹿児島の旅館の話だったが、色々考えさえられること多く勉強になった。

地元資源の活用、里山開拓してのリゾート開発、やってみたいことのひとつだ。

社長もみた方がええな。











ベース

昨日はひたすら腹が減ったので食べまくった。月曜日に一日中走り回っていたので体がエネルギーを欲していた。

今朝はまた肋骨が痛くて目が覚める。そしていつもどおりローラー。

ベース練

20min 234w 143bpm

52min 266w 157bpm

1126kj

できる強度を可能な限り長くという感じ。

次は西チャレにエントリーした。6位以内目指して走る。

検討していた湯船耐久4時間は腰がもたん、、、。

先日家に帰ったら娘が新聞紙でつくった輪っかを体に巻き付けて眠っていた。毎日色々おもしろい。

現実の世界へ

今日から山の中の夢の世界から現実世界へ復帰。

今朝は花燃ゆみながらローラー

50min 162w 125bpm

完全にスカスカだった。

ジャブローの夕陽に輝くマウンテンバイク。




ジャブローの登り斜度は適度で素晴らしい。

たくさんのマウンテンバイクの走行跡があった。すばらしいところだ。

最高の休日後編

古道は、沢が多くてほとんどが押し担ぎ。

本道に戻るルートもあったがメインデイッシュはまだ遠いのでアスファルトで町の中を移動してワープ。

そして今日のメインの要塞アバアクーへ。

舗装路を延々登った果てに現れる極上トレイル。

下りきったところは、誰もが知ってるあの道なのだが、アドベンチャースピリッツに火がついてあえて車道には出ずに山の中を担いで登る。



必死に担いで登る。社長からこんなところに連れて来やがってという軽い殺意を私に向けているが、すべては最高の下りを楽しむためのプロローグだ。

そして再び山頂に。

ここから別ルートの下りを駆け下りる。

一気に500mぐらいの標高差を駆け下りるテクニカルダウンヒル。階段はなく乗車率はほぼ100%。

握力がなくなるまでブレーキを握ってタイヤを滑らせる。

最高に楽しい極上の時間。



あっという間に麓に到着。

これを知ったら遊園地のジェットコースターなんて金払って並んで乗るもんじゃねえぜ。

最後にデザートが残っていたが社長からもう勘弁してくれと泣きが入ったので帰宅。

社長とボス猿と反省会したのちに、あまりに天気が良かったのと、休日最後の時間を無駄にしてはいけないとデザートのジャブローに単独出撃。

登りは辛かったがジャブローの裏道は最高のトレイル。極上の下りを満喫して日没直前まで走って帰宅。

今日感じたことは、明らかにバイクコントロールが上達している。特に倒木や根っ子を越えるのに抜重を体が覚えて来ている気がした。

シクロクロスの練習も効いているし、マウンテンの練習も効果が出ている。

これをロードにつなげないとね。

最高の休日

年に数回しかない、有給の最終日。

今日は社長とボス猿とのアドベンチャーサイクリングだ。

しかし、朝5時に肋骨が痛くて目が覚める。金曜に落下で痛めたところが、昨日の湯船のクラッシュで悪化したみたいで、肺のあたりが痛いったらありゃしねー。DNSのメールしようか葛藤とする。

とりあえず起きて、朝ご飯食べて痛み止めを飲む。

そして体温めたら治るだろうとモルヒネ代わりにローラーを一時間。

65min 208w 137bpm 700kj

なんたか楽になった気がするな。

社長が8時過ぎに到着したので、ボス猿との待ち合わせ場所に30分ほど舗装路をサイクリング。

9時頃に合流し、いざ山の中へ。

最初のトレイルは先日迂回路は下りが全乗りできたので、本線もいけるかと思ったが道が荒れており想像以上にハードな担ぎとなった。

沢渡りを何度も繰り返す。そしてなかなかピークにたどり着かん。

ピーク付近はちょいと走れたがこれはあんまり使えんな。

有名なBCCの前を素通りし、次のトレイルへ。ややテクニカルなシングルトラックで一気に下る。

分岐があり古道があったので、探索へ。ここで、本来予定のルートから完全にロストしてしまった。



後半へ続く




湯船2時間耐久



ついに狸ジャージがトレイルデビュー。

マッドコンディションで泥まみれになっちまったが、このジャージの本望だろう。

湯船MTBランドで建具店の店員ライド。

一周目はコース確認で軽く走って、そこから2時間耐久走。

前回登れなかった登りが余裕で登れるようになっている。

社長の奥座敷での悶絶のお陰?前回の三木の練習で掴んだ感覚がよい感じ?

一周14分くらいでラップを刻む。

かなりきついっす。難しいセクションは何度か足ついたが基本は歩き押しはなく、全乗りでいく。

ちなみに6周目で沢田時選手に下りでぶち抜かれたが、まったく異次元のマシンコントロールだった。

7周目でリアディレイラーが動かなくなりピットイン。

泥を吹き飛ばしたが治らず、しょうがないので激坂区間を回避してアスファルトで大周回。一度止まるとリズムが狂ってうまく走れない。シングルギアだし。

そして、鬼門の狸下りで今回もまたクラッシュ。

あとは、たらたらとスタート地点に戻って終了。

帰りに狸に囲まれ、狸バーガー食って帰りましたとさ。







ビバーク訓練

昨日の落下のダメージで右足の太股が引き続き痛い。加えて肋骨もやられたようだ。

外見たら雪だし、おとなしくローラー。

太股が痛くて力が入らん。
ターミネーター4見ながらただ1000kj消費するためにこいだ。

80min 212w 137bpm

10時から雪遊びに朽木温泉にお出かけ。

かまくらを作ったつもりがこれじゃ防空壕か。



雪山遭難時のビバーク訓練だな。



朽木ええとこやわ。

高島トレイルは一回はしってみたいな。

夜じゃなくて昼間にね。


転落

今日は休暇がとれたので、某トレイルを走りに山の中へ。

雪が降る中細心の注意を払って、無理せず担ぎをいれながらトレイルを探索。


かなりのレベルのトレイルを無数に発見したが、山の中は吹雪のような天気に。

そろそろ帰ろうかと思ったところで、コース間違えて振り出しに戻ったり。

そして、何気ない幅50センチくらいの橋を渡ろうとしたら、何かよくわからないが突然落ちた。

2m下の川に自転車ごと落ちる。

胸から落ちて本当に死ぬと思った。

しばらく、その場にうずくまり動けなかった。

幸い川に水はなく落ちたところが木の枝だったので大事には至らず。

呼吸もできるし、腕も動く。鎖骨も大丈夫。

ただ右足の太股を強打したみたいで激痛で動かない。

何とか、川から這い上がり、片足ペダリングで、自宅まで15キロこいで帰る。

今回は運がよかっただけで場所が場所なら生きて帰れず完全に遭難だわ。
ええおっさんが山で遊んで帰れませんでしたわシャレにならん。

色々考えさせられた。




誕生日

今日は娘の4歳の誕生日。

昨日篠山から帰るが遅くなってしまったが、娘と二人で自転車の練習。

ストライダーもどきでキックして走る練習。



帰ってきて補助輪外した自転車で練習。

中腰で支えるとパパの腰が痛いんだわ。

かなりこげるようになってきたので手を放したら、どかんとこけて、泣きながら走って家の中に入っていった。

その後律君が飛び乗りしている動画を見せてこうやって乗るんだとレッスン。

がんばろうな。

夕方から誕生日パーティー。

ママが頑張って手作りしたケーキとご飯食べて団欒。



たくさんプレゼントもらって一緒に遊んでいたら22時を回ってしまい、一緒に寝てたらそのまま朝まで寝てしまった。

昨日は娘も遊び疲れたのか夜中に一度も起きなかった。

パパも遊び疲れてぐったり爆睡。

今朝は弱虫ペダル見ながらだらだらローラー。
60min 185w 122bpm



社長の奥座敷

社長から林道に行くから来いと呼び出しがあり篠山奥地の林道へ。

参加者はボス猿とランボー様。



本当の作業用林道で王滝のようだ。

いや山が急峻なため王滝以上だ。



斜度25%を超えるような激坂の連続。ケツをサドルに突き刺してインナローでようやく登れるような斜度。

バランス感覚を養うのに最高の訓練だ。

そして現れる雪。滑って登れねー。

登山道を探索するが、人が歩いていないためまともに走れそうなトレイルは見つけられず極上トレイルの発見には至らずだった。

林道は尖った石が多いのでパンクも続出し、私はボス猿が踏んだ大きな浮き石が転がって来て前輪にヒットし落車。

ガーミンが吹っ飛んだのに気付かすにスタート地点まで下山してしまい、またもや山頂まで登って取りに行く修行。

戻ってガーミン見つけたけど液晶割れてるし。

そんなこんなで予定を大幅にオーバーしてしまい、慌てて帰宅。

まあ、林道は滑るタイヤをなんとかグリップさせながら曲がらなければならずこれはこれでよい練習。

コース的にもアドベンチャー満載で楽しかったな。

社長、ありがとうございました。




ミドル負荷

娘の横に寝ていると、夜中に「いー!」と奇声を発して隣の私を蹴りまくる。

そして横向きになって寝るので、私の寝る場所がない、、、。

朝方にむくっと起きて布団を蹴り飛ばして極寒の中、布団かぶらず眠ってるし。


私は夜中に喉が痛くて目が覚める。昨日の寒波に負けて風邪ひいたか。

まあ、たぶん気のせいだろう。

今朝は無理せずミドル負荷朝練

20min 210w

60min 268w 154bpm

1270kj



軽く

昨日の100min 257wはかなりダメージありで、足にかなりきていた。

走行中補給をしなかったのもダメージを大きくした原因だな。補給は大事だわ。

今朝は流し。

「花燃ゆ」と「ジョジョの奇妙な冒険」がおかずだ。

65min 181w 123bpm 50:50

3月15日は、西チャレにでるか、湯船のMTBにでるか、いまだ決心つかん。

どちらに出るかで今シーズンの方向性が決まりそうだ。


IMG_95992.jpg

朝起きて、さあ出発するかと思ったら雨・・・。

貴重な日曜日のトレーニング時間が、、、。

気持ちを切り替えてローラー2000kj錬に変更。

20min 207w

100min 257w 152bpm

20min 154w 118bpm

水1リットルも途中でなくなり、1時間50分くらいでめまいがしてきた。

無補給で体が耐えれるのは90分までか。

最後は意地で2000kj完遂。

最近、結構長男が泣くのであまりまとまった時間が取れず、娘のペースで生活していると昨日もブログ途中で22時に寝てしまう。

平日ほとんど一緒に居れないので、土日くらいは・・・と思うが、体がいくつあっても足らんな。



UTYM

北摂山系から西山はトレイルランニングやら登山やらを楽しんできた。

トレイルランニングやっているときは、あまりマウンテンバイク目線って考えてなかったけど、改めて走ると繋ぎようによってはマウンテンバイクが楽しめる道がたくさんあるなと感心する。

今日もボス猿とITWCとトレイル探索ライドへ。

走ってみると極上の道がたくさん


少し気を抜けばぶっ飛ぶスリリングさは最高の遊びだな。これはスキーと同じだな。

近場にこれだけのトレイルがあって遊べる環境は最高だ。

家の近所の山も極上トレイルがたくさん。一日かけても回りきれないくらい。

せっかくの環境を楽しまなければ罰があたるな。

練習終了後は萩谷運動公園でピクニック。















食べる

油断して食べまくっていたら体重が59.4kg。

晩飯食べた後の寝る直前にチョコ一気食いとか、グラノーラ袋食いとか毎晩やってしまう。

まあ今年は体重増やしても良いかとも思っているのでまあ良いか。


そもそも、美味しいもんを食べたいだけ食べたいので、トレーニングを続けているという側面もある。

今朝は、ボチボチ頑張る。

70min 247w 147bpm 60% 1000kj

href="http://ponpoko0716.blog.fc2.com/img/20150206075626160.jpg/" target="_blank">

一生懸命

どんなことでも斜に構えず、真剣に一生懸命やると楽しいもんだ。そこから得るものも多い。

せっかく生きている時間は、つまらないと思わず、常に楽しいと感じながら生きたいものである。

シクロもド本気でやると、本当に苦しかったが楽しかった。

仕事も自ら考え、行動、発信すると楽しいもんだ。

楽しくするも、つまらなくするもすべては自分の考え方、発言次第だ。人の人生はどのように考え、発言するかによって形づくられていく。だから後ろ向きになっている時間はない。

常に次に向けて前向きに歩みを進める。

今朝はベース作りの60分走。

20min 234w

60min 282w 161bpm

1300kj

節分の豆撒きは子供達と一緒にできなかったが、楽しんでやってくれたみたいだ。







寝坊

不覚にも目覚ましをかけ忘れてしまった。

起きたら6時だったのでやってしまった感あり。

あと30分寝るか、30分ローラー乗るか迷ってみる。

迷ってる時間があほくさい時間であり、どうせ後悔するんたからやっておこうと思って起きてローラー。

6時20分から6時50分までの30分一本勝負。

13min 264w

17min 310w 173bpm

total289w 540kj

あー、しんど。短時間でやれるだけやって終了。

シャワー浴びて7時には家を出発。

シクロ終わってなんだか寂しいね。




photo by kurano様



次の目的地



photo by 親父


次の目的地は全日本選手権か。

何の?



シクロ終わって


家族で打ち上げ。久々にステーキを食べた。

戦いが終わって余韻に浸れるくらいに今年は真剣に頑張った。

まだまだ改善、向上の余地はたくさんある。

来年は新車を導入して、モチベーションあげて一つ上のレベルを目指したい。

20150202210019720.jpg

関西シクロクロス第10戦 桂川

いよいよ迎えた千秋楽桂川。

家から自転車で15分の立地のため、嫁も子供も両親も応援に参加だ。

いつも泥を家中に巻き散らかしているので少しでも理解を高める狙いもある(笑)。

昨日も試走に行ったが朝一の試走にも行っておく。朝から雪が降り最悪のマッドコンディションが完成しており、激萎えだ。
私にとってはドライのスピードコースになればなるほど相対的に有利なのだが、テクニカルなマッドになるとMTB系の選手たちに太刀打ちできない。

ローラーで心拍182まで一発あげておいて、昼の試走はせずにスタートラインへ。



スタート位置がイン側になってしまったのは良くなかった。

路面が泥になっており、タイヤを取られていきなり出遅れる。

最初のコーナーは真ん中よりも下の位置。

まずいぞ。

シマノステップやらで何人か抜いて、少しでも前へ。



一番奥の折り返し前の大きい水たまり横のマッドセクションでバランス崩して、水たまりに落下し左足と左足が30センチくらい浸水。あせったらこうなる。言わんこっちゃない。

ここからずぶ濡れのグローブと靴下で走る羽目に。まじで寒い、冷たい。手が凍傷になるかと思った。

階段担ぎを超えたところに娘がいる。ランニング区間で娘から「パパ!がんばれー」の声。

何よりの励まし。



気を取り直して、周回完了前の180度ターンのマッド区間。

ここがなぜだか、自分にとって相当有利区間となった。周りの人が止まって見えるくらいにごぼう抜き。



一気に10位くらいに浮上。この後も、テクニカル区間でMTB系選手に離されても、コース前半部分で追いつくという感じでレースを進める。



途中でスペアバイクに交換したが、サドル高が1センチくらい違っていて一気に大失速という場面もあったが、林さん、ハイランダー村上社長、KMDさんのトリプルサポート体制でなんとか乗り切った。
ピットでサポートいただく皆様には毎回感謝してもしきれない。

終盤は5位争いを大渕選手とデッドヒート。



一回コースアウトして派手にこけたりしたのが響いて、最後は追いつけなかった。

結果は堺と同じく6位。堺の方が価値ある6位かもしれないが、マッドコンディションの中での6位なので、自分的には大きな進歩だと思っている。

関西シクロはこれにて終了。

初戦のマイアミのC2優勝に始まり、C1で8戦。うち4戦が10位以内に入った。

最終ランキングは12位だったが、少し前からすると相当に大きく進歩することが出来たので自分なりには目標は達成できたのではないかと思う。

次のシーズンは表彰台を狙えるようにトレーニングを積みたい。

photo by まっきー様