FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

夏季休暇6日目

朝6時に湯布院の宿を出発。
車で1時間ほどで現地着。

今日の日田の最高気温は37度で日本で一番暑いらしい。

準備して近隣の坂を登ってアップ。

しかし坂を下りて登り返しで、チェーンがインナー側に落ちて噛みこんでしまい、完全にねじれてしまって再起不能。

クランクも回らなくなってしまい、ここまで来てDNSか、、、。

なんとか前川さんに押して頂いて会場に戻りメカニックサポートを受けてチェーン交換をして頂き復活。なんとかレース開始に間に合った。

さて、レースの方はというと出走は18名と少ないものの広島県中心に変態クライマーが数名。いずれも伊吹山で私よりも3分くらい早いタイムで走る面々。

入賞も怪しいのでなんとか着いていく作戦。

コースは9キロ地点まで登りと平坦を繰り返しラスト3キロから激坂となり、最後の1キロが平均斜度15%という悶絶コース。

クライマーではない私はとにかく勉強のため早い選手の後でひたすら耐える。

9キロ地点で7名残っていたが、ここで広島の変態クライマーの真嶋さんがアタック。

ここからばらけはじめ、気付けば白いジャージの人と二人になり、ラスト1.5キロで単独2位になり、激坂で悶絶しながら真嶋さんを追う。やはり力不足で追い付けず2位ゴール。



ヒルクライムもちゃんと走れば楽しいもんだと思った。

会場のおもてなしが半端ではなくてゴール後にカレーやらスイカやらおもちやらのおもてなしを受ける。



下りも町が総出で旗を振って見送ってくれる。たぶん村長さんの指示が行き届いているんだろう。心温まる大会でまた行きたいと思える大会だった。



レース終了後は、滝で涼んで水遊び。



別府でとり天食べて夕方のフェリー乗って大阪へ。

子供達はフェリーの2階建てベッドに大興奮。



21時過ぎに寝た。


スポンサーサイト



夏季休暇5日目

今朝は湯布院から北の安心院を目指して走る。

サファリランドの前を通って湯布院に戻る60キロ。



抑え目に走ったけど結構登らされた。

家族は8時半ぐらいに起きてきて家族揃ってパンを買いに行き、 福貴野の滝の滝壺でパンを食べる。




その後耶馬溪をドライブ。

ツーリングマップルで見たほのぼの茶屋というところで昼飯を食べる。 地元の食材を使った野菜料理が食べられ、なんと家族全員で800円という値段。

恐るべし大分。


その後椿ヶ鼻に移動して
受付を済ませる。

コースはラスト1キロが平均斜度が15%の勾配。

カーボローディングで日田焼きそばを食べて帰る 。これはなかなか侮れない B 級グルメ。かなりうまい。



結局体重58.8kg。ヒルクライムには厳しい。

夏季休暇4日目

早朝から長崎県の九十九島から佐世保市内近隣の山を走る60キロ。

長崎県も山や峠が多くて最高だ。



宿に戻って家族揃ってハウステンボスへ移動。

暑い暑すぎる。たまらずプールへ。子どもは遊び足らずまだまだ遊ぶ。





結局ハウステンボスに19時くらいまで滞在。

帰り道にガストで晩御飯食べて湯布院戻ったら22 時30分。

子供はどんなご飯よりもガストのカレーやハンバーグの方が好きだ。



夏季休暇3日目

愛媛県の大洲市の更に山奥の廃校を再利用した宿。



山奥度合いが半端ではない。

宿のおじさんに道を聞いて朝から四国カルスト目指して走りに 。

山奥の道は県道ではなく険道。

県道36号線は、がれまくりで苔が生えまくっており、おまけに道幅が車一台分しか無い。

至る所に龍馬脱藩の道という看板がありまともに車や自転車が走れる道ではない。

なんとか四国カルストの入り口大野ヶ原に到着して折り返し 時間的に来た道を引き返すことにする。



しかし帰り道、危ないと思って走っていたにも関わらず水で濡れた苔に前輪が滑って転倒。

熊野の擦過傷がまた傷口がめくれて血まみれに。

そしてまさかのリアディレーラー破損。ていうかエンドが思い切り曲がった。

なんとか宿まで二山越えて戻ったが下の二段に入れるとスポークに干渉する。さすがにこれは自力では治せない。

レース出場も危ぶまれるため 自転車屋を探す。

愛媛の山奥に治せるような自転車屋は当然見当たらず、とりあえず予定通り三崎港からフェリーで九州入りして大分の自転車屋に行くことに。

エンド金具の在庫自体がどこにもないため、大分の自転車屋でエンド修正をお願いをして直してもらう。

無駄な道草をするハメになったがなんとか自転車は直って長崎県へ向かう。 エンドを無理矢理曲げているので折れるかもしれんけど。

長崎県のつくも島の宿に泊まり今日は鯛しゃぶをいただく。


この宿は和室も洋室もありなかなかあたりの宿だった。飯も美味しかったし。

明日はハウステンボスだ。





続きを読む

夏季休暇2日目

朝からトレーニング。五色台と城山というところを登る。

海からガツンと登る山がたくさんあり香川県おもしろいぞ。



レオマワールドでプール。



長田うどんでたらいで冷やしうどん。

6.5玉で1000円。




廃校になった学校に宿泊。娘が横で怖いと言うてます。

夏季休暇1日目

ローラーしてから出発

90min 228w 136bpm

昼くらいに香川県のレオマワールドに到着予定が、渋滞と子供要因で15時くらいになってしまい、さぬき子供の国に予定変更。

高松空港に隣接で屋内施設も充実しておりなかなか、よかった。








宿は家族4人で朝晩付いて11300円のチャレンジングな民宿。子供に贅沢はさせないが、魚はうまかった。





明日の朝は高松近辺を走ってレオマワールドへ。

楽しい

60min 160w 112bpm 550kj

昨日の練習会は本当に楽しかったし、コースもメンバーも良かった。

この志が高いメンバーが集まればもっと大きなエネルギーを発揮できるんだろうなと思う。

お互いに刺激しあって、より高いレベルを目指す環境が大事。

どうせやるなら真剣に遊ばないとね。


明日から夏期休暇で一週間お休みなんだけど、今日は血尿の原因の結石の診断に病院に。

一センチ程度の石があり、腎臓から尿管につまりかけていてどうやら腎臓が腫れているらしい。背中も鈍痛。

衝撃波で破砕するしかないか。

うまく粉々になってくれたらええんやけど。



関西合同練

KTRさんの人脈により集まった無数の変態。何人いたかはわからない。チームの垣根を超えた集いは大変ありがたい。

桐Pさんはじめ、西脇さんや、設楽さんと走れるのは素直に嬉しいところだ。

まずは東福井ヒルクライムから始まる。

ダンシングをすると体の中の結石が暴れて腎臓内を傷つけて出血し血尿が出るので今日はダンシングなしでやり過ごす作戦。なんか背中に違和感あるのはこれが原因なんだろうか。

しかし走り出せば脳内アドレナリンが最高の麻薬を引き起こし気にならないか。

序盤は多数のメンバーでローテしていたが三叉路あたりで西脇さん、設楽さんしかいなくなり、桐野さんはパンクで消えた。

斜度があがるところで設楽さんが力尽きて、西脇さんと二人。最期二人で共謀して手を抜いたのは内緒の話。

東福井19分40秒 308w 164bpm

移動区間の峠2つは手を抜こうかと思ったが前でペースがあがるとつい体が反応してしまう。

堀越峠 2分40秒 365w 160bpm

逢坂峠 3分25秒 343w 161bpm

はらがたわ峠は久しぶり過ぎてコース忘れていたが、最期の荒れた九十九折れをシクロクロスのトラクションで突き進む。

はらがたわ峠 14分17秒 311w 168bpm



ローソン休憩後に古坂峠。
ここも道を覚えていない。後半独りになったかと思ったが最後に桐野さんの奇襲を受ける。

古坂峠 6分38秒 321w 167bpm

西峠も桐野さんの奇襲を受けたがカウンターで返す。

西峠 5分42秒 305w 167bpm

最後の野間峠から裏高山は抹殺モードで走る。

野間峠は西脇さんが得意の死んだふりからアタックでトンネル前で息を吹き返す。そして裏高山登らずそのまま離脱。やるな。

最後の裏高山は単独で早い目にゴールしてみんなの悶絶する顔を見に行く。

最後のドラマが色々あっておもしろい。

Lさんがラオウをちぎって来たのが笑た。

野間峠 10分16秒 304w 174bpm

裏高山 6分46秒 302w 171bpm

最高に楽しすぎる練習会だった。コーディネートしてくれたKTRさんに感謝。

こういう練習会はまさしくやりたいことそのものだった。


来年はチームの垣根なんぞなくして関西は一つになって戦わねばならんと思う。




帰り道、動物園前の登りで完全にハンガーノックでぶっ倒れそうになり、慌ててコーラ補給。

清阪峠で石を踏んでいつ以来かわからんパンク。タイヤが一発で貫通してアウトになった。何気に重たいサドルバックの中身は完璧でガムテープで傷口を塞ぎ、Co2カートリッジで5秒で8気圧充填して帰る。

最後の老の坂で足が止まって辛過ぎた。

170km 2700mup

腎臓結石

最近、小便の色がおかしい。

明らかに血尿。

体調悪くて背中が鈍痛。

カーロスアテンドでサイクリングしてサニーサイドパン食って帰宅。

をくだ君と走るのが久しぶりで楽しかった。彼の走り方は好きだ。



血尿が止まらんが明日はいけるのか?




家に帰って子供達と公園へ。息子がひとりでにすべり台で遊べるようになって姉ちゃんは逆上がりグルグルやってる。



昼飯に素麺食ったら顔中素麺まみれ。




最後は京都一の名店オグルニエドールでケーキ食べる。

なんかわからんけど食べ過ぎだわ。




ふらふら

夜になると、本当にフラフラ。

毎日帰りの電車から立ち上がれない。

今朝もフラフラローラー。

80min 226w 1080kj

シクロスフィアにランキング機能なるものがあることを知った。







ツール

ツールドフランスをオンデマンドで一気に見ながらローラー。

ようやく追いついた。

20min 225w 137bpm

60min 253w 146bpm
1200kj

最近心拍計の調子が悪いのか、心拍が低い気がする。

流す

70min 196w 800kj

土曜日から4日連続で朝の5時から8時の3時間で2000kjを消費するトレーニングを実施。

これ以上の時間走るのは暑すぎて無理だし、これで充分過ぎるくらいにお腹いっぱい。

家に帰ったら59.9kgというダイエットを無視した体重。

ダイエットは無理だわ。







金山3本

妻方の葬儀のため葬儀場宿泊。

親族が集まるまでにやることを済ます。

0440に起きて聖地金山へ。

自転車始めてから登り続けている山。

6kmで450m上昇。

一本目 21分55秒 282w 160bpm
アップも兼ねて気持ち良く登る。

二本目 19分35秒 310w 170bpm
ど本気モード。

北摂低山クライマーの私は13分時点のエースセンターで死亡。そこからフォームも何もなく無理矢理踏んで310wを維持。これが私がクライマーになれない理由だろう。

タイム的には自己ベスト。
秋に走ればまだいけるんだろうな。

次は免許センター側に下りでもう一本。腰が痛くて踏めない。

23分230w 242bpm

最後は十谷側から上る予定は腰痛のためパスして代わりに旭川沿い平坦TT。

15分35秒 241w 148bpm

まだ少し時間があったので昔マウンテンバイクでお兄さんと二人で登った高倉山を登る。

斜度がきつすぎ悶絶。12年前はパラグライダーの基地があってすごい景色がきれいだった覚えがあるが、今は道が荒れまくってほとんど未舗装路のような状態。

20分250w 152bpm

3時間 75km 2010kj 1975m上昇。

岡山の練習環境が本当に素晴らしい。
岡山支店の時にいまの練習習慣があればもっと強くなれていたと思う。

岡山メンバーとの合同練習会でも企画したいものだ。





FREESPEED朝練

岡山帰省中につき松田さんにお声掛け頂き10年ぶりにFREESPEED朝練に参加させて頂く。

私に自転車を教えて下さったお兄さんは今も変わらず、いまやスペシャとキヤノンデールを扱う岡山随一のショップに発展。もう15年経つのかと思うと感慨深く
昔二人でマウンテンバイクに乗ってた時代が懐かしい。

金山一本登ってからいく予定が時間なくてエースセンターで引き返す。

15分270wくらい。

今日は牛窓までのグルメサイクリング。

牛窓の揚げ立てかまぼこを海辺で食す。





牛窓の綺麗な道をのんびり走るが、とにかく信号がない綺麗な道が延々と続く。サイクリストに最高の環境がここにはある。

ところどころ実業団メンバーが強く着いていくのに必死。

是非一度大阪にも来て頂きたいものです。

108km 2130kj






大山一周

4時40分に起きて家族が起きるまでの時間に走る。

雨があがったばかりの大山レークホテルを出発して、大山環状道路を一周。ツールド大山のコースで道路にしっかり道標がかかれているので迷わない。

約70km 1900m up

鍵掛峠、鏡ヶ成等を周遊。船上山は苔が多過ぎて下りが怖かった。

登りは270wくらいで無理せず下りはウェットなのでゆっくりと走り、8時過ぎにホテルに戻り温泉入って朝食バイキングを頂く。

12年ほど前に同じコースを走った時は死ぬかと思ったが今ではサイクリングにちょうどよい感じ。

大山から皆生の海を見下ろすがちょうど皆生トライアスロンの日ではないか。



子供達も楽しそうで良かった。



息子は牛さんがこわかったみたい。

10周年

昨晩の帰宅が0時になってしまったが、いつも通りに起きて朝練。

今日は8時過ぎには帰宅予定につき、余野ファミマまで集中して踏んでいく。

摂丹街道

柚原交差点まで14min30sec 302w。

最後もがいていてあまり気づかなかったが前を走るLさんを抜かしていたみたい。

時間を無駄にしないように下りもずっと踏み続ける。

堀越峠 2分20秒422w

老の坂 3分20秒355w

家に帰って2000kj

帰ってすぐ着替えて結婚10周年記念旅行で大山へ。

10年ぶりに泊まる大山レークホテルは最高でした。



子供達も大はしゃぎ。





格安SIM

SIMをauからUQモバイルに変えて半月。

月額1680円プラス通話料で、データ通信量3GB。

データ通信量については、現在15日間の使用料0.15GBでほぼ使っていない。

LINEとFBくらいしか使わない私には節約モードという機能で問題なく、このモードだとデータ通信料をまったく食わない。そして通信スピードも全く問題なし。

PDFをダウンロードとかするときだけ高速モードに切り替えれば事足りてしまう。

別に携帯代金が払えないわけじゃないけど、使ってみた感想としてこのSIMでまったく問題なく、わざわざオーバースペックで料金が7000円くらいする大手通信を使う理由がまったくないことがわかった。

日本人の95%は格安SIMで充分だと思う。

今朝はツール見ながら75min 1000kj

ホアキン引退

ホアキンロドリゲスが今年限りで引退。

同年齢で同じくらいの身長、体重。山岳での美しいフォームとダンシングが魅了するものがあった。

激坂ゴールステージをダンシングで制する姿は鳥肌もの。

身長が低いがゆえにTTで毎回やられてしまい、グランツールを征することはできないところが、また応援したくなるひとつの要素だった。

なんだか淋しくなるなー。

今朝はパワータップとペダモニの併用。

数字が上がれば上がるほど誤差はなくなる。

70min 1000kj






ヒルクライム練

ローラー

20min 231w 132bpm
30min 302w 164bpm
7min rest
20min 300w 163bpm

1270kj

15分過ぎたら一気に足が苦しくなってこげなくなるのは脚質なんだろうか?

雨強ジャブロー

降らないかと思ってMTBで出発したが、途中から雨。どろどろになって帰宅。

今日は珍しく先客MTBerあり。

並走して話してみるとと奥に猫が住みついており餌をあげにいくのだとか。リュックの中にイワシが入っているらしい。昔はJシリーズも走っていたらしい。ルパンのジャージ着てたけど何者だったんだろう?



photo by fjt商会




第四回家飲みシリーズ

村上建具のメンバー宅を持ち回りで開催される家飲みシリーズ。参加資格は村上建具のメンバー及び今季のシクロを村上建具ジャージで走るメンバー達だ。

家飲みはホスト役こそ大変だが、時間の制限もなく安価でこころゆくまでホスト役のおもてなし料理を味わうことができる。

そしてお互いの家を知るということは普段は見れない部分を見ることができて人間関係の心理的壁を一つ打ち破るという効果もある。


今回は歴史的建築物と名高い風雲平田城にて開催された。

この夏一番の暑さの中、日本家屋の中庭にて開催されたBBQ。随所にカーロスのおもてなしの心があり、心が癒される。この夏の暑さが逆に良いアクセントになる。

地元産の下茹でされた野菜に、お母様からの差し入れの鯖すしが絶品。

またそれぞれ持ち寄りの料理やらがよい感じに全員の胃袋を満たしていく。

そして庭での花火は子供達が大喜び。



ホスト役は準備こそ大変だが家に客人を招きおもてなしをするということは、何故だか一つの仕事を成し遂げるかのような達成感をもたらし次回はこうしようという反省も促し成長にも繋がるもんた。



昨晩は楽しすぎて帰宅したら0時前。

子供をお風呂に入れようとしたら風呂の前で寝てしまったりして大変だったが、子供達にも良い思い出になった。

次回8月は、いよいよ拙宅にて開催の見込みである。


朝練 70min 173w 115bpm

山岳練

涼しいうちにサクッと走る練。

西田橋~天狗岩 23:23 317w 165bpm

激坂区間で軍曹のシャウトがこだまする。

デカンショ~るり渓 19:28 307w 170bpm
NP323w

西脇氏とサバイバルデスマッチ状態。かなり集中して走れた。何気に前回走った時より1分以上早い。

野間峠 10:12 312w 171bpm

終盤一人になって油断してたらトンネル前で突然西脇氏が現れびっくり。

裏高山 06:39 315W 168bpm
西脇氏に抹殺されそうになるが我慢する。


終始、強い面子が絡んでくれるので非常に集中して走ることができた。

帰り道は暑さと疲労にやられてフラフラ。

149Km 2618mアップ 3350kj
TSS300越えのハード練。腰が逝ってます。






ローラー2000

雨につきローラーデイ。

ローラーで2000kjを消費する練。

40min 232w 139bpm

20min×4set
4min rest

276w 152bpm
277w 154bpm
277w 156bpm
282w 157bpm

10min 流し。

2時間20分 2140kj

ツールドフランスを見て、ガンダムを見る。

宇宙世紀0083アナベルガトーが熱い。

ついにコロニー落としを実行するときが来たか。

起床時は59.5kgだったが、ローラーおりたら58.0kg 。水分は1.5lくらい飲んでるから、3lくらい汗かいたのか。



ローラー

天気が怪しいためローラー。

20min 232w 139bpm

60min 265w 153bpm

1240kj

58.65kg

やはり時間効率でローラーに勝るものなし。朝から乗鞍一本分。


最近、疲労感が半端ではない。電車に乗っている時間は貴重な時間だが、もう起きてることができない。ただの疲れたサラリーマンになってきているぞ。

気合いが足りん。

岡にぼろ雑巾にされた二人。



疲労感

昨日のジャブローのタイムは実は過去最速だったようだ。

そのせいか、今日はダメ。

30分くらいかかって登る。

暑さにまだ体が慣れてないのか、疲労感が半端ではない。

体重59.1kg

若者に因縁ふっかける。


ジャブローアタック

水曜なので少し追い込む。

3日連続ジャブローへ。ここは天然のクーラーで涼しいので夏場は天国。

10号橋 8:40
20号橋 13:36
折り返し23:36

後半かなりたれた。

下りが一頃から考えたら本当に遅くなった。それでも砂利で滑って川に落ち掛けて冷や汗かいたり。

順調にいけば9月のあれ目指してみようかな。

体重がまったく減らずに59.4kg

そんなに暴飲暴食しているつもりはないんだけどなー。



昨晩は姉弟喧嘩。

やっぱり楽しいね

今朝もジャブローへ。

これだけ天気が良いと気持ちが良い。

背筋でこぐことを意識して山頂まで。

心拍もパワーメーターもなし。

10号橋10:00
20号橋16:00
27:16

下りの感覚が少し掴めてくるとやはり楽しい。マウンテンバイクは自転車にのる楽しみがあるなー。

体重が60.2kgまで増えてしまった。

今週末土曜日はロードでしっかり走ってダイエットだ。暑いので早朝からかな。




また次へ

朝からマウンテンバイクに乗ってジャブローへ。

早朝の山の中は涼しくて気持ちよい。色々考え事しながら山頂まで。

次はどこに向かおうかな。

下りを軽く流して帰宅。

疲れがどっと出たのか相当体調が悪い。

しばらく体を休めよう。

体重がまた逆戻りして59.8kg。

タニタの体脂肪計が届いたが、体脂肪率は5.5%前後をいったりきたり。

そんなに低いわけないだろう。



西日本実業団二日目

昨晩の宿が弱虫ペダルと同じ宿だったので、岡君と一時間ほどじっくり話し込む。今後の移籍先やチームの目指す方向出場予定レースなど。

私ごときが相手になるレベルの選手ではないし、昨年海外で受けた精神的ダメージから現在癒えてきて最強状態に入っているようだ。

レース中、93分のNPは336wだったらしい。同じ人間の出力ではない。

チームとしても明確に年間チャンプを取りに来るらしい。からみさんも横で「うちだけ盛り上がっちゃってごめんね。まだ、たくさん出るから」と笑っていた。

もう好きにして下さいな。


さて、レースの方は昨日の疲れも引きずり、昨日ボコボコにやられた精神的ダメージでまったく闘志がわいてこず。

今日も2周目に抹殺された。

岡のアタックの時に駄目もとで着いていく選択肢もあったが、昨日やられたのがトラウマになり、すぐに諦めてレース終了となった。

あとはグルペットで緩いペースで流す。とにかく楽することだけ考えて走っている自分がいた。

この緩いペースで走っても追いつくわけないし、私一人がローテに入ったところでどうなるわけでもなく、完全にレースとして終了していた。

E1のレベルってこんなもんだったかなとか考えながら最終周回もほとんどもがくことなく終わった。

もはや順位などどうでもよいが、最後もマディソンの日本チャンプの寺崎君の圧倒的なスプリント力にぶっ殺された。

一応5位だったようだが表彰台というよりも終了告げる処刑台に乗らされているような感覚だった。

あまりの実力差に手も足も出ず、なぶり殺しにされる感覚。

趣味で走っている自転車がただの苦痛でしかなくなりはじめたので、しばらく充電してまたやる気が湧いてくれば復帰します。今シーズンは無理な関東遠征はもうなさそうかな。

二日間サポート頂いたななさんはじめチームメンバーの皆様にスペシャルサンクスです。

今回の収穫は宿の裏のお好み焼き屋さん。かなりよい感じの店だった。















西日本実業団

桂川駅から輪行で新大阪に。監督と合流させて頂き、広島まで3時間強。

気候はとにかく暑い。

マトリックスの永良さんとゆっくり話していたが、職場が変わり相当疲れておられた。いやいや、そもそもその年齢と仕事内容でそのパフォーマンスおかしいですから。

ライセンス忘れて罰金6000円払わされる。

更にロバール前輪の空気入れてたらプシューと空気抜け。どうやらバルブの根っこくらいが破れたのか。

やる気が、、、

岩城さんがホイール貸してくださりなんとか出走。

アップは少しだけ公園内を走るだけ。



岡君としゃべりながら待つ。


一周目の三段坂で岡がアタック。

これは反応する。まず二人になる。

ジュニアの日本チャンプの大町君と湾岸のサイガさんが追いついてくる。

4人の逃げはあっというまに20秒に広がる。

しかしサイガさんこける。

牽く理由がない私はずっと着き位置。

岡ひとりで引きまくる。大町君も切れていく。

そして2周目の三段坂の頂上で引きちぎられる。

わすかな差が下りで詰められず、抹殺された。圧倒的な力の差に打ちひしがれながら、もうレースが終わったことを悟る。

一分以上後ろの集団に戻る。かなり消耗しており、駄目だ。もう降りようかと思った。

集団のペースは岡のペースに比べたらサイクリングレベルなのでなんとか踏みとどまる。

しかし、走るモチベーションがない。もう走る意味がない。

そうだせめて賞金で先程取られたペナルティーの6000円をJBCFから取り返そうと思い立つ。


集団内をひらひら走り、最後の三段坂で5人に絞り最後のスプリントで頭を取り2位。



表彰台は若いもんばっかり。おっさんの出る幕なしだが、賞金6000円で無事回収。




本日でイエロー狸終了となりました。圧倒的な力の差を前にしてどうしようもないです。







次のページ