FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

迷う

水曜は真面目にやる日。

マウンテンバイク乗ろうか迷うが、ブエルタのコパドンガ見たかったのでローラー。

しかし、ホアキンのいないブエルタはあまりおもしろくないな。

20min 228w 141bpm
10min 302w 163bpm
10min 302w 166bpm
10min 302w 169bpm
10min 302w 169bpm
restは5min 200wくらい。

1200kj体重57.6kg

10分走のインターバルを同じ出力でやる。

この体重になると300wがきつい。

さて、今週末は遠征がないので少し休憩。

翌週の舞洲TTでトラブルなければ再びランキングトップに返り咲きイエロージャージ獲得見込み。

問題はその後。

これを守るためには磐城、仙台、前橋、山口、新潟、輪島、大分、幕張と宿泊付きの大型遠征に立て続けにいかなければならない。

無理をすればいけなくはないが、娘の運動会というビッグイベントあり沖縄という戦いもあり、シクロという戦場もある。

10月には大阪からいなくなる可能性も高い。

また相手が普通のサラリーマンならば負ける気はしないが、プロと同じレベルの若者で、真っ向から戦って勝てる相手ではない。平坦、登り、下り、スプリント全てにおいてかつて戦った相手の中で間違いなく最強。

兄ちゃんと戦っているときはスプリントに持ち込めば封じ込めれたけど、弟君はちょいと強すぎる。

逆にリスペクトしてしまい、来年からどういう活躍してくれるかが楽しみだわ。

まあ、まずは舞洲TT頑張ろう。



スポンサーサイト



不調

遠征に行くと食事の量がつい増えてしまい、体重が増える。

ホテルのバイキングなんかはよろしくないな。歯止めが効かん。



昨日と今日と同じ練習。

20min225wのアップまではまったく同じパターンだが、60minのベース走では、

心拍150で昨日は260w。今日は同じ心拍で240w。

20wの差は今日はエアコンなしでやったからか。

今日は途中でやめたくなるほどしんどかったのもある。

昨日が1215kj、今日が1130kj

体重58.1kg





photo by cyclowired


維新山口クリテリウム

山口県庁前の目抜き通りをぶち抜いて開催されたクリテリウム。

朝は雨は降っていなかったが昼前から生憎の雨。

試走がアップかと思っていたが悪天候のためスケジュール遅延で10分くらいしか走れず。コースは180度ターンが2回といやらしいカーブ。

E2のレースを見ていても落車ラッシュで立ち上がりでブチブチ千切れていき最後は15人くらいしか残っていなかった。

こりゃ安全第一だなということで空気圧は6.0bar。

後ろにいると落車に巻き込まれるのは間違いないため序盤から番手は5番以下には下げない作戦。後ろでインターバルかかるくらいなら前を引いたほうが楽で安全。

時折かかるアタックは適当に封じ込める。途中で前走者の落車の煽りで完全ストップさせられたが少し足を使って復帰。


mojyumaさんから写真拝借


シクロクロス的な曲がり方をしたらコケることはほとんどないし空気圧を下げていたおかげでタイヤが滑ることはなかった。ちなみに今日のタイヤはコンペティション。

最後は集団に10人くらいしかいなかったらしい。終盤はかなり余裕だったので単独で仕掛けることもできるけど自爆はしたくないし、確実に勝つための安全策を取る。

最終コーナーを2番手で入り、モジュマの所司さんの番手で入る。この時点でほぼ勝利を確信。

あと250mを気持ち良く踏み抜く。

930wしかでてないけど勝てばなんでも良い。

finishラインを先頭で駆け抜けるのは気持ちが良いもんだ。

今シーズンの実業団7勝目。
2連勝というのは気持ちが良い。



今回の遠征もRYOさんはじめ素晴らしいメンバーと一緒に走れてこの上なく楽しい遠征となりました。

ありがとうございました。

イエロージャージの岡君との差は30ptになったので舞洲TTでイエロー奪還見込み。

しかし、その後は関東シリーズが続くので厳しいが。
















山口県庁タイムトライアル

山口県庁の、敷地内をいったりきたりする1.6キロタイムトライアル。

コーナーが15個ありコーナーリング大会でもあり、地下駐車場の中を通り、短い坂を駆け上がったりという要素ありの普通のタイムトライアルではない。

空気圧は6.5barで安全第一作戦。

今日の結果よりも月曜の仕事が大事(笑)。

最終出走で出発。予定通りに攻めすぎず、安全第一をこころがけて走る。



一瞬で終わるので手応えはないが、大きなロスはなく2分25秒でゴール。

放送を聞いていると0.2秒の僅差で優勝の様子。



photobymisako様

ほっと一息。

これでイエロージャージ奪還の可能性が出てきたか。

夕方17時から新山口で寿司を食べる。激旨で食べすぎたわ。








お泊り保育

75min 218w 140bpm
1000kj

無理ない範囲で気持ち良く流す。

前半こそ苦しいが30分くらいすると体の回路が切り替わるのか後半にかけて楽に出力が出るようになってくる。

体重57.4kg

平坦走るには軽過ぎる体重。TT大丈夫か。



娘は今日からお泊り保育。初めての外泊からちゃんと帰って来れるのか、おねしょしないのか心配。先日盛大にやらかしてたしなー。


下り練

朝練はローラーと実走ならローラーのほうが気楽。

帰宅時間気にしなくても良いし、トラブルが起こることもなく、一分一秒余すことなく、かけたい負荷をかけることができる。

もはや、朝起きてご飯食べて歯磨きしてウンコしてローラー乗ることが完全なルーティンとなっているためなんの苦痛もない。

今朝は気楽にローラーに乗っていたい気分だけど太陽が出て明るい季節のうちに走ろうと朝からジャブロー一本。

31分くらいかけてゆっくりと登り下りは練習モードで真剣に。

ダメージとしてはローラーの半分以下だけど単純に下りの練習と割り切る。


水曜練

昨晩は最後の顧客対応の終わりが22:40になり、家に帰ったのが0時。

色々難局だが、困難な局面の方が色々得ることもあり将来のために勉強になる。と前向きに捉える。

御飯食べて、すぐ寝る。寝る直前のご飯は睡眠の質が低下してよくないんだろうな。

案の定、夜中に何度か起きる。

朝はいつも通り起きてローラーへ。

録画番組を流し見ながらローラー回す。今日は10分4set。

21min230w138bpm

10min 302w 162bpm
10min 302w 163bpm
10min 302w 164bpm
10min 303w 164bpm

合間のレスト5minは230w前後で休み過ぎず。


体重58.2kg

子供通し遊べるのも良いなー。

次はキャンプにも行きたい。





疲弊

8月からまた仕事が炎上しており、にっちもさっちも状態。

世の中、権利主張して逃げたもん勝ちだと感じる今日この頃。自分はそのような生き方はしたくないもんだ。

10月になれば、どこに飛ばされるんだろうか。


趣味の自転車くらいは楽しく乗らないとメンタルがもたん。


今朝はのんびりジャブロー。

走りながら仕事のことが頭から離れずネガティブシンキング。
事故するとシャレにならんな。

ポジティブに王滝と沖縄とシクロをモチベーションにして日々積み重ねるしかないか。

仲間の皆さんもと緒に走って頂ける時間が何よりありがたい。




北摂5ステージ

本日は北摂5ステージ(東福井、勝尾寺、妙見、野間、高山)のため0630東福井の予定。

しかし、目覚ましがセットできておらず起きたら0520。

東福井までは一時間かかるので焦る。

言い出しっぺが遅刻やDNSはあり得ん。

着替えて、昨日の余り物のおにぎりポケットに入れて0530出発。


おにぎり食いながら走り、追い風に助けられ、なんとか5分前到着。

スタートリストはサニーサイド古澤さん、モジュマの清水さん、十一さん。そして藤田さん遅刻。

しかし湿度のせいか、昨日のMTBのせいか、体が重すぎる。超絶バットデー。

最初からヘロヘロ状態で全く体が動かず、なんとか迷惑かけないように走るのが精一杯。ブレーキシューがリムに食い込んでるのかと思わず確かめるくらいに体が動かない。

東福井、勝尾寺は全く踏めず結局ゴール前まで集団走行。

妙見の後半くらいから高い負荷に少し耐えれるようになってき。

どれもベストタイムから1分から2分ぐらい遅いタイムしか出せずに無念。

東福井
21:53 267w 157bpm

勝尾寺
12:05 286w 156bpm

妙見山
11:55 285w 160bpm

野間峠
10:40 282w 157bpm

裏高山
6:13 319w 166bpm


帰路も、清水さんと十一さんが一緒で集中して走ることが出来て良かった。

ドリンク補給以外なしで走って帰ったら体重が56.3kg。

夜には57.7kgに戻ったがかなり疲労したな。

息子は既に監督への弟子入りを決めたらしい。


ジャブロー3連発、家飲み

平日と同じく0450起床。

オリンピックのレスリングの決勝見てたら少しスタートが遅れたが、予定通りジャブローを3本。

一本目
気持ち良く程々に追い込む
往路 26:08
復路 15:20

二本目
全力アタック
往路23:37
復路15:07

往路でヘロヘロになり復路の下りがライン外しまくりでかなり危なかった。

三本目
とりあえずちんたら登って下りでアタック

往路35:32
復路14:52
息を整えて冷静にラインを狙って下ると早く走れる。

かなり疲弊して0810帰宅。オフロードの疲れはロードの倍だわ。

村上建具家飲みシリーズのため全力で準備に取り掛かるが、子供がいるとなかなか思うように進まない。

娘をプールに連れて行き、買い物行って、久しぶりに料理をしようと鯛を一匹買って来て格闘しながらアクアパッツァ作る。と言っても、白ワインとオリーブオイルをぶっかけて野菜をぶち込んでオーブンに放り込んだだけだ。



とりあえず人間が食える代物になって良かった。

17時から皆さん来て頂いてあっという間の5時間。

子供達がおもちゃの前にカオス状態。



良い思い出になりました。皆さんありがとうございました。




photo by fjt&マッキー

回転系

回転練

20min 222w 135bpm 96rpm

60min 259w155bpm 100rpm

1200kj

ケイデンスをひたすら100以上キープして回し続ける。

後半疲れてくるとギアをあげたい衝動に駆られるが我慢。


ローラー中にたまたまテレビ付けてたらレスリングがやっていて吉田選手が負ける瞬間を見ることになった。号泣して謝る姿に涙が出そうになる。日本選手団のキャプテンとしてプレッシャーも大きかったろう。

その後川井選手が危なげなく金メダル獲得。強いっていうのは美しいですね。

明日は花火だ。


懲りずにジャブロー

昨日は少しきつめをやったので今日は少し抑え目で走ろうかと。

ローラーやるか外走るか迷ったけど、走れる日は可能な限り外走ろうとジャブローへ。

ペースはゆっくりで、29分くらいで登る。下りは一瞬時計見て油断したところで砂利で前輪がずるっといきそうになり冷や汗。

その後は細心の注意で安全かつ最速を考え下る。王滝対策としてはこれ以上のトレーニングはない。

消費者エネルギーはローラーの半分くらいだろうけどマシンコントロールを身につけるには必要なトレーニング。


体重57.3kg

土曜日は早朝からジャブロー三本やりますが、誰かお付き合い頂ける人ははおらんわな。



体重

04:37自然覚醒

10min195w 129bpm

20min 240w 149bpm

60min 280w 162bpm

1420kj

体重57.4kg

体が重くなかなかかかってこないがじわじわ280wにあげてじーっと維持。ベースの力を高める。

体重が最近ストンと1.5kg落ちた。

夏なので水分の出入りが激しいと思うが、単純に1.5lペットボトル一本の重りがなくなったと思えば登りは楽になるはずだ。

先日の宮田高原ヒルクライムで体重が減ると登れるようになるというのを体感してしまったので、苦手なヒルクライムにも少し光が見えた気もする。今シーズンあと一つくらいはでてみようかな。



ジャブローへ

土日の昼前に一回ずつ王滝対策としてジャブローに行ったが、ロード練で足を潰したあとでかつ気温30℃オーバーの環境下ではもう登るのが精一杯。下りの練習のためだけに登ったようなもの。

一度登ると500mくらい登るので結構キツイ登り。

今朝はサラ足状態で登ると、驚く程よく進む。

気持ち良く1.5本往復して帰宅。

心拍は140前後くらい。

くだりの感覚が少しずつ戻って来て楽しい。

体重57.7kg

ジャブロー奥地に鎮座





PPP

出走リスト
シルベスト :山野井、平田、松木
モジュマ:清水、十一
アネロ:奥田
cloud9e,:金子

合計7名で出発。

東福井 21:20 284w 156bpm

今日は平和なペース。疲れているのがこれでもボチボチしんどい感じ。

堀越 2:12 372w

のいちゃんが頑張ってた。

亀岡 17:02 274w 154bpm

十一君パンクで2回登ることに。最後の民家横の激坂がいやらしい。


善峯寺 16:46 292w156bpm

寺の前の斜度と最後のヘアピンが凶悪の一言。後半10分は305wでまとめる。

124km、2026m上昇

家に帰って飯食ってマウンテンバイクに乗らねばとジャブロー一本。
あまりの暑さに死にかけた。

体重が帰宅時点で56.9kg。

夜の時点で57.3kg


監督練

誰も練習する雰囲気を感じない土曜日。山の日スペシャルでやり過ぎたか。

昔はシルベストの練習会は間違いなく関西最高レベルで猛者が集まってきたが、いまや定期的な練習会すら存在しない。

8時箕面にいけば誰かいるというのは都市伝説となって消えた。

シルベストメンバーも新しい血が入らないためメンバーが次々に消え行き衰退の一途をたどる。

こりゃいかんな。



結局、今日は書き込みに反応頂けたのは監督のみ。ってことで二人。


Zl2を短時間高強度で。Np275wで1時間引き続ける。

監督が時折オラオラとアタックを入れて頂き気が抜けない。

一時間で充分満足してまた山の中を走って帰る。

家に帰ってもう少し時間があったのでMTBでジャブロー一本。

一度家に帰り今度は家族でジャブロー水遊び。




夕方は庭で流し素麺。




水道水が気温高すぎてお湯になっており少々厳しかったが子供たちは楽しそうだった。







休息日

50min172w120bpm
500kj

昨日は1240に帰宅し、1255から出かけて家庭関係のことを。

娘のランドセル購入という一大イベントもあり、家族みんなで買い物へ。

なぜか1歳の息子も背負ってるし。最近のランドセルの機能はすごいなーと思いつつ、30年の時代を経てもベースがまったく変わらない文化もすごいと思う。


娘とかき氷食べて、諸雑務を少しずつ片付ける。

オリンピックで体操の内村選手の金メダル見てたら、子供達がグルグル回り始める。

山の日スペシャルいろり茶屋練

前半戦の慰労でいろり茶屋でランチをしようというグルメライド。

言わずもがな、いつもの通りただのグルメライド詐欺だ。

チャレンジャーが総勢20名が集まった。

コースはカーロスプロデュースの山と平坦が織り交ぜられたキツイコース。

最初の東福井は、前半8分は270wからゆっくり入ったが後半にかけてペースをあげていき、三叉路から散り散りとなる。桐Pと設楽君が最後の斜度が上がるところまで粘るが、ちぎれますと宣言して潔く散っていったのが素敵だった。後半12分は340wでマックスに近いパワー値。

19分54秒 309w 166bpm



下って妙見山へ。

なぜか桐Pが最初からアタック。設楽君と追走し後半は単独マイペース。

10分50秒 319w 171bpm

るり渓
序盤から設楽君がペースあげて二人になる。みんなついてこないのが少し寂しい。斜度が上がる前に設楽君も力尽きたか単独になりマイペースで登る。

13分54秒 297w 169bpm

園部までの移動区間は、平坦マン達による高速ローテ。アベレージが47キロとか。

そしてメインディッシュのメグミルクTT。

総勢18名を4班に分けて時間差スタート。

私は桐P、設楽君、西脇さんとの4人で前とは45秒間隔をあけてのスタート。

4人の足が揃いなかなかええ感じのチームTTだったと思う。

前の第2班はクライマー系の編成につきちょいとパワー不足だったか。

Lさんサイさん監督が入る第3班は平坦マン揃いで、なかなか追いつかずにかなり苦戦。

最後は、タケハル君が第3班から飛び出しそれをLさんとさいさんが追いかけるという面白い展開を横目にゴール。

15分16秒 292w 167bpm アベ47km。

最後は亀岡市街を抜けて、激坂山頂フィニッシュ。西脇氏と血のデッドヒート。最後の激坂5分間は320w以上で耐える。
面白すぎたわ。

13分01秒 291w 169bpm


たくさんの殉職者を出しながらも全員がいろり茶屋に到着しめでたしめでたし。



ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

消化

明日はグルメサイクリングにつき、今日は流し。

75min218w1000kj

体重57.4kg

殺される直前の写真。

結石破砕手術

日帰り半日入院で結石破砕へ。

検尿して血液検査してレントゲン撮って、坐薬を尻に突っ込んで破砕マシンに寝っ転がる。


一秒感覚くらいで体に衝撃波を与えて体内の石を破砕する手術。

この衝撃波、結構辛い。

一切身動きがとれずに50分程背中をムチで叩かれ続ける感じ。どんどん強度が上がっていき終盤には油汗をかいて早く終わってくれ状態。

最後は抗生剤と点滴打って終了。

直後の尿は真っ赤な血尿。

コロンと破片でも排出したら気持ちええんやけど、昨日はそんな感じもなく。

石が粉々になって砂状にくれてたらええんやけど、、、。


合計3時間程度で終わったけどかなり疲れたわ。

今朝はフラフラローラー

75min236w141bpm1070kj

昨日
70min 249w146bpm1050kj






宮田クリテリウム

ヒルクライムから一晩あけてクリテリウム。

なかなか良い宿で部屋の窓から花火大会が鑑賞できてよかった。

予選は0940から。昨日のレース中にスポークが一本曲がってしまったので、朝から所長によるフレとり作業。

治ったと思ったら今度はバルブからエア漏れ。

機材に呪われてるなー。いわきさんにホイール借りて出場。

予選は特に足を使うことなく適当に走って、2位で通過。アップにちょうど良い感じ。

予選から決勝まで5時間あるのが辛い。

昼飯はすぐ横の居酒屋で日替わり定食。

暑すぎてとてもアップできるような環境ではないためレース前に5分くらいだけ走って終了。

レース開始前の待ち時間もどう考えても危ない紫外線に体を焼かれる。暑いを通り越して痛い。

1505レース開始

ペダルがはまらないうちに弱虫ペダル長塚含む三名が逃げる。

二周目追いついたところ、きつい登りで弱虫ペダル岡がアタック。

すかさず反応。
下って後半の微妙な登りで再加速され着き切れ。またもや圧倒的な実力差の前に屈服させられる。

後ろからスペードエースの藤田さんが合流してくれたが、メイン集団ははるか後方。

藤田さんは追う意思があるようだが二人で追っても追いつけず自滅の可能性が高いため集団に戻ろうと勇気ある撤退。

集団に戻り追走意思あるメンバーで回す。

5周目くらいで岡を捉える。

次はラスト2周で弱ペの大場がアタック。

気づいたら集団は10名程度しか残っていない。

追走できる足があるメンツが残っていない。そして私の後ろは岡がぴったりマーク。

こうなるともうなす術なし。

追えば潰されるし、足を使うとスプリントでズブズブになるという状態。

チームメンバーがひとりいれば違うこともできるのだが、打つ手がない。

結局、集団はペースが上がらず大場逃げ切りで岡が最後スプリントで発射して、私は競ることもできずズブズブの3位。

ここまでやられると完全に白旗ですわ。

結論弱ペには、全チームが束になってもなす術なし。

今シーズンの実業団は弱ペが来ない西のレースだけ出ることにしよう。




宮田高原ヒルクライム

結果は4位。

展開的には最初集団で進み、弱ペダ岡のアタックで崩壊。2位グループ4人になり、昨年優勝の宮津選手、弱ペダの長塚選手とグランペールのヒトと私。

宮津選手がやや先行しグランペールのヒトが千切れる。

長塚選手の二人になるが、岡選手が前にいるから牽けないという。結局半分以上ずっと牽かされ続けてラスト1キロでアタックをされて撃沈し4位でゴール。

しかし、なぜかよくわからんが相対的にはかなり走れた。

4位は微妙だが伊吹山やら八ヶ岳やらを優勝する人たちになぜか先着してしまった。

ほとんどのヒトがうだるような暑さで昨年より一分以上タイムを落とす中、私は昨年から一分以上短縮。

暑さが私にとっては良かったのかもしれないが、ついにヒルクライマーに目覚めてしまったか。

宿に着いた時の体重が57.3kgだったのでたぶんレース時の体重は58.0kg。体重はやっぱり大事ってことか。

38分16秒 292w176bpm

ちなみに途中で、前輪が前走者にはすってスポークが完全に曲がってしまい、ふれまくり状態になりブレーキシューに完全ひっかかりながら走っていたのが悔やまれる。





軽く

明日がレースにつき軽い流し。

70in 172w 113bpm

体重は58.5kg

今日バカ食いはやめておこう。

苦手のヒルクライムだが、一度は戦略的に全力を尽くす走りがしてみたい。

せめて去年より早く走りたいなー。

足の感じはこんなでとてもクライマーの足ではない、、、。




最近は色々やアプリがあるのね。

耐熱訓練

昨日少し頑張ったので足が重い。

汗かいて体重を落とそうと悪あがき。

冷房無しで80min 210w135bpm

58.8kg


結局体重は何をやっても変わらない。





ツールド沖縄

久しぶりにツールド沖縄にエントリーした。

10月に抹殺されたら出れるかどうかわからないが、出る権利は持っておかないと始まらない。

脚質的に最も向いているコースにつき、やるからには勝つ気で走る。

あとは9月の王滝と何個かマウンテンバイクとシクロクロスで行こうかと。

20min 225w 136bpm

60min 284w 157bpm

1334kj 59.3kg



社会復帰

今日から社会復帰。

18min 223w
40min 283w 156bpm

910kj 59.1kg


あと残り二ヶ月頑張ろう。


移動時間が長い旅行だったけど子ども達は旅行中トムとジ
ェリーのDVDを50回くらい見ていたが全く飽きることなし。



夏季休暇7日目

休暇も今日で最終日。

いつも通りに0450に起きてフェリーのテーブルで朝食。



到着までのんびり本読んで過ごす。

休暇中に本を3冊くらい読もうと思ったが、子供といると読めないし、走るルート考えたりするのにツーリングマップル見るのに必死だったりで結局ほとんど読めなかった。



0635大阪到着し、娘の幼稚園があるので0800に帰宅。

午前中は旅の荷物の片付け。

1130から少し走りに。

殺人的な暑さのため、山の中へ避難。

小塩山、善峯寺、金蔵寺をロードで登る。約1400アップ。

この時期涼しい道は、日が当たらない道なので苔だらけ。

四国カルストの下り落車で苔恐怖症になっているので、下りのほうが登りより遅かったかもしれない。地元のトシヤさんに聞いても四国カルストは危険なので行かないらしい。

苔と白線と水の組み合わせはアイスバーン並に滑るということを覚えておこう。コレの前ではロードタイヤなんてコケるしかない。

ちなみに熊野の試走落車もこれが原因。

フルームとニーバリが雨の下りの白線で前輪がチュルンと滑ってなすすべなく落車していたがロードバイクは本当に簡単に滑る。タイヤの、グリップを過信せずに路面を読んで走ることが大事だわ。



昼からは発注していた自転車のエンド交換、車の1年点検、エンジンオイル交換、洗車などなどできることを一気に片付ける。


2年連続九州旅行に行ったが、会う人すべて良く、 景色も最高で 走る道もたくさんあり本当に良いところだ。