FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

JPT西日本ロード広島

仕事の繁忙タイミングに加え、体調不良から回復出来ずに迎えてしまった広島。

朝9時半くらいの飛行機で移動。現地は土砂降りらしいので、中止になったら行かなくて済むのにと思いながら極めてネガティブ。

飛行機遅延もあったけど1130くらいに会場着。

アップは雨の中実走で30分。
体の動きも、ちぐはぐではっきり言ってまったく掛かる気がしない今季最低コンディション。

メンタル面でも体力面もどん底状態。

スタートの並ぶ位置も最後方。

序盤ゆっくりはいってくれたら、途中から体が動いてどうにかなるかと思ったけど、最悪の展開から始まる。

超絶ハイペースで始まり、三段坂どころか金網トンネル以前に中切れオンパレードで後ろに居たために最悪の状況。

いきなり心拍レッドゾーンに入るが、体が思うように動いてくれない。

三段坂の入口でようやく前に出れたが既に30名くらいとは完全に分断されていること確認。

後ろから出遅れたプロ選手が大量にやってきてこれに乗らなければ終了すると思いしばらく堪え忍んだが、いかんせん体が全然動かず腰痛も酷くてついていける気がしない。

二周目の三段坂入口で一緒に居た佐藤さんに今日は無理ですと白旗宣言を告げて千切れた。

一人でヒラヒラ走っていると三段坂ピークでブリジストンの石橋選手とキナンの山本選手がやってきて前からブリジストンの原田選手が降ってきたりとプロ選手に囲まれながらしばらく走る。

更に後ろからビクトワールの井上選手、VENTOS内野選手も合流。

途中は前も見えないような大雨の中なんとか5名ほどのパックで走る。

この中で私の実力が最低なのは明白なのだが、今日のコンディションはまた酷く。

ローテーションを飛ばすことはしなかったけど私が足をひっばっていたのは間違いない。

9周回のレースだが今回は10分足きりのためなんとか完走ポイントはチームに置いて帰りたいところ。

8周目まで辿り着けば、どうにか完走くらいはさせてくれるだろうという淡い期待で我慢しながらひたすら走り続ける。それにしても今日はどうやっても力が入らず千切れて楽になることばかり考えてしまう。

8周目でベルマーレの才田選手現れ一人で強烈に引き始め着いていくのに必死。

最終周回に無事に入れたところ今日のミッションの完走ポイントは取れそうなので志低く千切れて淡々と走ってゴール。

やはり私のようなその辺にいるポンコツサラリーマンがプロ相手にJPTで走れるレベルではないなーとつくづく感じております。




















スポンサーサイト



体調不良

体調不良から脱出できずまもなく週末。

引き続き鼻水、咳、痰が止まらずで今週は結局まともにトレーニングらしいことできず。

湿度が高すぎてローラーのやる気も減退。

今週からTrainingpeaks導入してみたけどだらだらしてたらTSBがマイナス25からプラス15に。

数字の意味がいまいちよくわからないけどCTLはずっと130から150くらいで推移している模様。

ポンコツの頭ではなんのこっちゃよくわからん。

体調の悪さに加えて夜が全然寝られず睡眠不足。一時間毎に目が覚める。TSBだの全く関係なく週末は走れる気がしない。

何かの病気じゃないだろうか。たぶんストレスが原因ね。

ワールドカップ盛り上がる中、息子くんは僕サッカー行かないといってサッカースクール辞めることに。浦和に来たからやらせてみたけど3歳には無理だったか。









30secインターバル

やけに足が痛いと思ったら、日曜日の運動会でランニングしたものだから筋肉痛。。。

今週土曜日は広島遠征のため少し上げておきたい。

しかし黄色い鼻水が止まらず、体調も今ひとつでしんどいことやりたくないなー。

ローラー回しながら足が重いけど30分かけてアップ。

30min 226w 136bpm

25分SST強度やってみるもきつい。

25min 273w 156bpm

5min restして2set目は厳しそうなので30secインターバルへ変更。


420w基準で20set。半分越えるときつくて最後は鼻が詰まって呼吸がきつくて倒れそう。

鼻水の色が黄色から朱色に変わった。

防災訓練を受ける子供達。









防災運動会

家族と防災運動会なるものに参加するため昼までに帰宅の予定。

朝起きたらなぜか想定外の雨。佐野さんと一緒に走る予定であったが、佐野さんの家近辺は結構降っている様子で見送りに。

こちらはほとんど降ってなかったので、VELOTOZE装着して出発。

体が重い重い。

今日もダンシング使いながら山方面へ。

それにしても腰が痛い。なんとか登れるかと思って白石峠にでも行こうかと思ったがとても踏めそうもないため、やまめの里からグリーンライン登る。

結局10分で腰痛悶絶大会になり、何をやっているのかわからないサイクリングペース。

一人で長い登りを登るのは私には絶対無理。

定峰下って帰るが、帰路もやる気を失って、180wくらいでタラタラと。

これじゃあ広島もニセコもダメなんだろうなと感じながら、これじゃいかんと最後の入間大橋から羽倉橋までは20min283wで走り切ってとりあえず少しばかしはやったつもりに。

家に帰ってぴったり11時30分。

すぐさま運動会会場へ。

到着するや、いきなりリレーを走ってくれと言われて、走ってみたが、練習終わった足ではまともに走れず、足痙攣しそうだった。



その後は、子供たちが遊んでいるの見ながら、全日本選手権のラップタイム速報見て想像を膨らませる。

序盤から32名の集団とその後に8分遅れて60名程のメイン集団。

前の32名に井上さんと高岡さん清宮さんやらの名前が。

終盤に入ると前はばらけてきて、後ろのメイングループから合流を図る選手が現れる中、井上さん、高岡さんの強さが光り、興奮。

どんどん人数減らす中、井上さんが最後は8位でフィニッシュして感動した。

今年はJPTで走ってみて、JPTのトップ級の選手を除いたら井上さんのほうがはるかにプロ選手より強いことは感じていたし、長丁場のタフなレースになれば余計にその強さを発揮するだろうと思っていたので、一桁順位くらいいくかとは想像していたけど本当にいってしまうとそれはそれで驚きだ(笑)。

8位に井上さん、11位に高岡さん、12位に寺崎君やら。

単騎参戦のアマ選手の検討が光り、今日一日タラタラサイクリングして、毎日妥協を繰り返している自分が恥ずかしくなってきた。

それにしても今年は新城選手や別府選手がいなかったけど、ナショナル選手権で海外でもアマが上位に入ることが起こるのだろうか。

ひるさいからパスタ

今週の平日は超絶体調不良でまったく練習にならなかったけどなんとか走れそうな体調に戻ったのでひるさいへ。

久々に永田さんも来ていたりと、たくさんの人数で亀井周回へ。

今日は亀井大周回5周+小周回5周。

大周回は大人数でスタートしたものの3周目のガタガタ登りで佐野さんと二人に。

15秒ほど後ろで奈良さんを中心とした追走集団。二人でえっさほいさと走って最後まで。意外に走れた。5周目で佐野さんがアタックを仕掛けて、本気でのどが痛くて吐血しそうでした。

出力は前回走った時より+10W以上出力が出ており、どうりでしんどかったわけだ。

続いて小周回は、出し切った後なのできつい。

皆さん帰ってしまわれて5名(奈良さん、佐野さん、蓑原君、松井さん)で回して回して、走っていたらようやく4周目くらいで足が回復してきて、5周目は最後の登りで単独で少し抜け出る形に。後ろからの追走から逃げ切るべく途中まで頑張ったが緩斜面の下りの単独は力不足で追いつかれそうなので、ほどほどでやめておいて、一度戻ってから最後のスプリント作戦に変更。しっかり出し切れました。

体調的にも鼻水が止まらずしんどいので、帰り道は気持ちよくローテして200w程度でおとなしく帰宅。

今日は登りをほぼ全てダンシングで走ったが、ダンシング率は10%。平日はダンシングゼロなのでこれこそ練習だわ。

170KM NP243w 3450KJ TSS320

家に帰って子供たちと買い物へ。

晩御飯は久々にパスタを作ってみたり。
トマトソースのパスタが美味しすぎて食べ過ぎてしまったわ。




解毒ローラー

喉がやられ、鼻水が止まらず、体がしんどすぎて階段がまともに登れない超絶体調不良が続く。

仕事中も倦怠感で集中力が全く続かず、普段でさえポンコツなのに、完全に使いものにならないポンコツに。

東京来てから一体何回体調崩してるんだろう。

水、木とローラー跨がるも230w出すのが限界で汗かいて解毒に努める。

そんな中でもいかに楽にペダリングしてスピードを出すのかだけに集中。

パワーを出さずにスピード出すトレーニングってのも大事。

もともとしんどいことが大嫌いな私はいかに楽するかしか考えてない。




























そして体調崩す

日曜日に260km走り帰ってきて、半袖短パンでゴロゴロしていたのがよくなかったのか喉に違和感を感じ始め、夜は喉が痛くて何度も目が覚める。

朝も喉が痛くてしんどいながらも、ローラーによる汗出し解毒治療。

70min 160w 120bpm

日中も喉の痛みに耐えれず喉飴で凌ぎ内科にいって薬だけもらう。

今朝もローラーによる解毒治療。

74min 232w 145bpm 1000kj

喉の痛みから鼻水と咳に移行した模様。

良い練習しても体調崩したらなんの意味もないなー。

最近200km走ったら必ず体調崩している気がする。この辺りが生命力の弱さなんだろうな。

さて、日曜日のデータ見てるといつもの倍くらいダンシングを使っておりこれが終盤になっても足がなくならなかった要因かな。

ダンシングのほうが出力も良く出ており左右差がない。

心肺がいっぱいになる前にダンシングに切り替えてリズムで走ることを意識していたのが良かった。

ヒルクライムレースはいつも心肺がやられて苦しすぎてダンシングできなくなり沈没するのでこのあたりはまだ伸びしろがある気がするなー。


























父の日 父走る

第二回 VC Fukuoka関東練をやってみる。

せっかくなので色々なところから集まってくるメンバーが可能な限り一緒に走れるように、真剣に数時間悶絶して集合場所やらいろいろ頭悩まして考えてみる。結局、自走で順次合流プランで行くことに。

そして、前々から行きたかったけどなかなか行けなかった秩父の峠を走ることが今回の目的。

まずは0630秋ヶ瀬公園から蓑原君と合流し出発。蓑原君が早くて千切れそうだ。
昨日頑張って朝練したのが良くなかったのかどうも私の足の調子はいまいち君だ。

0700入間大橋で吉安君合流。理系学生のため勉学があるため11時には帰宅せねばならんと。

0805小川駅の近くのミニストップで早川さんと佐藤さん合流。

0830くらいに落合から定峰峠への登りスタート。今日は先が長いので控え目に足回して。蓑原君が結構攻める走りで調子良さそう?吉安君も頑張っていたけど最後は力尽きたか。

25min 280w 156bpm

山頂で吉安君は勉学ために帰路へ。次はフルコースで行こう。

我々は秩父側に下って走ったことのない次の峠へ。秩父華厳の滝の前を通る楽しい峠。峠の名前はわからない。

蓑原君が頑張って、少し遅れて佐藤さん、早川さんの順。

18min 266w 153bpm

続いて一度走ってみたかった志賀坂峠へ。アプローチをローテしてラスト15分ほど頑張る峠。

16min 275w 162bp ここは早川さん、佐藤さん、蓑原君の順。

ここの下り坂は道幅も広く路面も綺麗で走りやすい。

下り基調の462号を4人ローテで快走。

続いて杉の峠。

7分 301w 162bpm ここは早川さん、蓑原君、佐藤さんの順。

補給後に長瀞対岸に渡って、かやの湯へ。

5分 300w 155bpm ここは蓑原君、早川さん、佐藤さんの順。

松郷峠入り口で早川さん、佐藤さんとお別れして蓑原君と裏松郷へ。

この時点で200KMを超えてきたが、足の疲労感はあまりなく普通に動く。

松郷峠は苦しむかと思ったが4分 322w 166bpm と良い感じで越えていく。

ここから蓑原君が膝に違和感とのことで浦和まで、約50KM一人引きで牽いていく。

スピードは大体35KM前後をキープして黙々と走る。

最後の入間大橋から羽根倉橋は24min 253w 151bpmで締める。

TOTAL 264km 2724mup 平均心拍135 NP224w  TSS484

不思議なくらいに最後まで足がよく回った。

おそらく気温20度を下回る気持ち良い気候条件とダンシングを多めに入れて走ったことが要因ではないかと思っている。

父の日に思う存分走らせてもらって父は満足だ。











父親参観から肉まん

今日は息子の父親参観。

目覚ましセットしてなかったので、起きたら0640。

8時過ぎには家出ないとならん。

1時間強しか時間ないが集中してローラー。


20minアップ後に8min303wと4min250wのインターバル。4setで時間切れだったが、かなりきつく一時間強で1050KJ。
強度的には十分頑張ったのでよしとしておこう。

その後、息子の参観に参加して、親子体操やら釣りゲームやらをやって楽しく息子と遊ぶ。息子君も楽しかったみたいで帰ってからもママに楽しそうに報告していた。


家では我儘放題で自分が気に入らないことがあると泣きながら暴れまわる息子に手を焼いているが、幼稚園ではいたっておとなしくしていて意外だった。娘も息子も家では甘え放題で外ではおとなしい。。。

昼からは、娘と二人で肉まん作る約束していたので、二人で買い物に行って食材を調達。
密かに輸入の豚ではなく国産黒豚を仕込む。

息子も交えて親子で生地こねて包む。



餃子つくりもそうだけど、肉まんづくりも子供と一緒にやるのはお勧めです。

挽肉系料理は子供も好きなので、子供も楽しめて工作感覚でかなり楽しくできます。



蒸し器に入れて、蒸しあがった肉まんが美味しいこと。コンビニのものとは比較にならん美味さ。

娘も息子も一人で4つも美味しい、美味しいと連呼しながら食べてくれていた。かなり気に入ってくれてよかった。

中にあんこを入れて、あんまんも作ったけどこれも蒸したてが、また絶品。

レースが続くとなかなかこういう時間が取れないけど、雨降って何もない週末としては、良い時間が過ごせたなー。

明日の朝ご飯のあんまんが楽しみだ。














暑さ

8min 330w 168bpm

20min 310w 174bpm

8min 308w 168bpm

50min 230w 151bpm

暑さにやられた朝練。気温が上がると出力が下がり心拍上がる。

暑さの耐性を持つことがこれからの季節は大事。

今週と来週はレース飛ばして、広島、ニセコ、石川、大田原と真夏のレースが続く。













JPT那須ロード

昨日のレース終了後は早川さんお薦めの中華料理屋で麻婆豆腐食って景気付け。毎回ナイスチョイスに感謝です。

同部屋の若者達は本当によく寝る。私は眠たくなるまで本読んで寝るが、夜中に3度トイレに行き、まったく深い眠りはなし。

ただでさえおっさんの体力なのに睡眠の質と量は若者の半分以下。自分の体が心配になってきた笑。

朝も6時には目が覚めてしまい、朝食にバイキングの高カロリーパンを5個食べて、ひとりで温泉つかりながら本を読む。

昨日脱水のような状態で走り続けたクリテリウムのダメージが大きく、右足のハムストリングが肉離れのような状態で筋繊維がやられているのがわかる。何もしてなくとも痛くて、こりゃ無理じゃないかと毎度の弱気モード。

10時過ぎに家族へのお土産チーズケーキを買って会場に向かうが雨が段々強くなってくる。

雨は好きではないけど、酷暑のレースに比べたら相対的には私には有利なんだと思う。

レインジェルをしっかり塗りたくって準備。

アップはローラー30分。10分200w、10分220w、5分260w、1分330wを3回。

右足は違和感ありありだけど流れに身を任せて走るのみ。

コースは7.2km×15周で107km

緩斜面の高速の下りを下りきったところからレース開始。

毎度のことながら序盤が本当にきつい。一列棒状に伸びるコーナーの立ち上がりの登りが毎回フルもがき。序盤は寒さと足の痛みの影響もあり足の動きがギクシャクして、もがいているのに集団に着いていけず、後方で必死に集団にしがみつく。前では細かいアタック合戦が連発。

何周目かには佐藤さんも逃げに参加している模様。しかし私は千切れかけ寸前のため援護にもいけず大変申し訳ない。

前半は、必死にもがいている私の横をチームメイトの前原君や森下くん、加納さんが余裕ありげに走っている姿を見ると、私は今日はDNFでも良いかなとか思えてきた。

そんな矢先に8周目くらいだったか下りコーナーで後ろから激しい落車音。チームメイトがほぼ全員巻き込まれ集団内には私と佐藤さんだけに。こりゃ完走しないといかん。

9周目くらいで3名の逃げがようやく出来た様子で少し集団は落ち着く。

集団の人数が40名くらいまで減って走りやすくなりようやく後半になって余裕が出てきた。

終盤はブリッツェンがペースを上げて逃げを吸収しそして最終周へ。

結構余裕があり佐藤さんと二人で前々に行くが私は遠慮がちにプロチームの後ろまで。最後の下りも安全にご迷惑お掛けしないように曲がり、最後の登りのフルもがきゾーン。

集団が伸びる伸びる。

迂闊にも1メートルくらい車間あけてしまう。

ここでの中切れは万死過ぎるので、ぬおっ!っともがいてなんとか追いつき最終局面。ラスト1kmくらいで30名くらい。なんとか前に行きたいが、ここから前に上がるのはなかなか至難。

クラブチームでは弱ペの織田君が1名前に見える。強いなー。

前方はプロ選手ばかりでとても届く位置ではない。

流れに身を任せ、落ちてくる選手を交わしながら、もがけるだけもがいてゴールへ。

結果14位。

AAAレーティングなので50ptは大きい。

結果的にはJPTでは自己最高順位。睡眠不足の疲弊したおっさんでもそれなりに走れるもんだ。



那須塩原クリテリウム

那須塩原駅の目の前で開催される那須塩原クリテリウム。

T字型のコースで180度ターンが3回ありほぼゼロスピードからのダッシュになるため後ろにいると即死するレイアウト。昨年はE1で2位だったが、うまく走ればいけるかなという甘い期待。

レースは2.6km27周回の60km。湿度が高い割に日差しも強く気温も30度越えの苦手な気候条件。


序盤から前に前にを意識して、プロ選手のすぐ後ろで走る。折り返しこそは踏まされるが、なんとかダメージを抑えながらの序盤。

足は動いているがやたらと呼吸がきつい。

10周くらいで暑さも重なり異常な発汗。

なんか苦しいなーと思ってメーターみたら心拍180。

うっ!極限状態じゃないかと弱気になり始め余計に苦しさが増す。よくよく考えたらシクロクロスの一時間の平均心拍は180前後なので弱気になる必要はなかったのかも。とはいえ苦しさが尋常ではない。

脱水なのか熱中症みたいな感覚もあり苦しさが極限に達して14周回目くらいの180度ターンで完全に力が入らなくなり着いていけずに千切れる。

この時点で集団に残っていたクラブチームは弱虫ペダルの織田君だけだったが、おっさんとしてはやはり生き残りたかった。

万死に値する中切れで後ろにいたヒト2名くらいを私の力尽きに巻き添えにしてしまうという最悪のパターン。
後ろに下がってから千切れるべきだったとこの所業には本当に凹む

その後は海で溺れてるような苦しさが続くが、前から落ちてくるメンツも含めて18位集団5名で回す。

残り10周位の時点では瀕死寸前だったか段々体力が回復してきて呼吸も整ってきた。地元のブラーゼン二名も含まれていて、前の17名もブチブチになっているようなので完走させてくれるかと淡い期待を抱いたがラスト3周というところで無念の赤旗。

完走16名というサバイバルレースでギリギリ走らせてもらえず無念。1番体力を消費して成果ゼロという虚しさ。

最大出力がスプリントしてないのに1000w越えていた。

自転車競技の適性がまったくないことに凹む一日でした。













一週間

低調な毎日が続くと書くことなくて更新頻度が落ちてしまう。

最近は、睡眠の質が異常に低い。

寝てから60分から90分で必ず目が覚めて夜中の3時くらいかと思いきやまだ0時だったりということが毎日。

そして4時前くらいにもう一度トイレに行きたくなり目が覚める。

そしてもう一回寝るというルーティン。

腎臓弱っているのかハルンケアのお世話にならんと。快眠を得られる良い方法はないのかな。

眠りもいまいちだとどうもやる気が起こらず、朝は低調ローラーを繰り返す。

暑さ湿度も重なり300w維持が夢の世界。

今週まともにこげたのは水曜に40min 280w 157bpmをやったくらい。

あとはひたすら260w前後で暑さに耐える感じ。

今週末は那須でJPTのレースなので程々でたぶん丁度良いんだと思い込む。






こんにゃくパーク

お父さんは群馬の山の中に消えている間、子供達は公園で遊び自然史博物館というところで恐竜見学をしていました。



そしてお父さんが山から下りて来る時間でこんにゃくパークで待ち合わせです。

まさしくこんにゃくのテーマパークで、敷地内こんにゃくだらけで、色々なものを食べて買えます。

体験コース予約していたので、練習直後に娘と二人でフルーツこんにゃくゼリー作りに挑戦。といっても、こんにゃくゼリーの粉を温めてフルーツ入れて冷やして固めるだけなんですが娘とやると面白い。

その後はこんにゃく食べ放題バイキングが無料。

こんにゃくラーメン、こんにゃくフライ、味噌田楽、寒天ゼリなんかが食べ放題。

チキンカツ二枚が腹の中庭溜まっており苦しくてあまり食べれなかったのが残念。

子どもはこんにゃくの工場見学もできて大喜び。



群馬県楽しむツアーは最高でした。


遊び過ぎて疲労がひどくて足の浮腫が半端ない。

月曜日、火曜日は疲労感との戦い。

45min 262 160bpm


群馬山岳練

今日は VCFukuoka関東組のJPTライダー3名で群馬山岳練。

富岡製糸場の近くの道の駅甘楽をスタートして塩沢峠、十石峠、田口峠の1000m級の峠を3つ越えるグランツールのようなコース。

スタートして一時間で塩沢峠に向けていきなり1000m登る。

ペースは序盤なのと昨日の疲労が結構あるので一定を意識して無茶な踏み方はしない。

続いて299号をひたすら長めのローテーションで西に向かい、十石峠に向かうが十石峠は通行止めのため迂回路の林道へ案内される。

この林道の斜度が極悪で、悶絶する羽目になり三人とも死亡。

十石峠を越えてドリンクなくなり腹も減ったので長野県側にコンビニくらいあるかと思っていたが、コンビニはおろか自販機すらない。

そのまま走り続けていたら田口峠の入口に来てしまい、このまま突入したら死亡しそうなので、道端のおばあちゃんに何かないと聞いたらラーメン屋があると。

とりあえず突撃。

ラーメン屋さんというより地元の定食屋みたいで結構人がたくさん。早川さんとチキンカツ定食頼んだら、特大のチキンカツが二枚で一枚は醤油ダレに浸してあり、一枚はソースで食えと。

半端ないボリュームに今日1番の超級山岳。走ったあとならこころおきなく食べれるけど走ってる途中は、、、。




なんとか完食したけど、こんなに食ったら走れねえ。

次の田口峠は腹がパンパンで全く力入らず。

そういえば田口峠は10年前にツールド八ヶ岳のあとに長野側から来たような。

田口峠の下りはうねりまくりでかなり面白く、次はこれを登ってみたい。


最後は下仁田から峠を一つのぼって道の駅に帰還。

143km2860up

暑くて死にそうでした。



















ひるさい亀井周回

最近イベント続きで参加出来ていなかったひさいへ。

今日は那須ロードレース対策で短めの坂を意識した亀井周回を大周回5周プラス小周回4周の二時間コース。


前半の5周回の後半は半分くらい引き続けたので灰になる。

NPと心拍。1周は13分前後。

266w 144bpm
282w 155bpm
298w 161bpm
295w 163bpm
300w 165bpm

後半は最後の登りで少し抜けたので逃げ切り狙って踏み続けたがあえなくつかまり逃げ切れず。

31min NP282w 154bpm

ふー、しんどい。

帰り道は入間大橋までは200w程でローテーション。

入間大橋から秋ヶ瀬までは250w巡航を意識して30min 252w。

165km TSS320でダメージありありでした。

明日は群馬でグランツールの山岳ステージのようなコース。走れるんかいな。


美山のおっさん部門上位三名。