FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

彩湖TT練習最終回

今週末の渡良瀬TTに向けたTTバイクでの練習も最終回。

おはさいでまずは6周。

TTバイク3台とロードバイク5台でローテーション。

250wくらいからはいりじわじわとあげていく。

佐野さん、藤田君、私のTTバイク部隊で主にペース作り。

最終6周目に6分19秒の今月ベストラップを記録。

本気であと二人いれば5分台はいけそうだ。

その後佐野さん高橋さんと追加で6周。

今日は比較的楽に気持ちよく走れて良い感じだと思いたい。







スポンサーサイト



ポジション沼

月曜
TTバイクローラー。
60min200w。

ローラーでTTバイク乗っても正直ポジションとかよくわからない。

火曜
0445起床。
0530彩湖朝練へ。

人数少な目6名スタート。左足のクリート位置が違和感ありで一周目で離脱して調整。

二周目から復帰。高木プロ合流。

気付けば高木プロとTTバイクの佐野さんと私の三人。

快速に回していくが、ノーマルバイクの高木プロがTTバイク二台相手に苦しそう。

牽くときはそこそこしっかり牽いて6周。ポジションが気になってあまり集中できてなかったけど、かなりの出力と心拍ではあった。

高木プロと佐野さんはここで帰られて、私は単独プラス6周。

どうもポジションかしっくりこなくて途中でクリート位置直したりサドル高いじったりでわけがわからなくなってきた。

こんかもんかというところで腹括って最後は単独で1周330w6min40secで回る。

結構良い感触でこれでよいかと思えてきた。

水曜日
佐野さんによるTTバイク嬲り殺し練。
佐野さん、松井さん、戸田さん、私の4名ローテーション。

昨日最後に調整したポジションがなんだかいまいち。

戸田さんと松井さんは5、6周で離脱されるとのこと。それぞれ離脱周回でオールアウトされるように考えてローテーション。
4人ローテだと250wくらいでも6分50秒でまわれる。素晴らしきかなローテーション

1周流して8周回目から佐野さんと二人でTT練。

270wから280wで回っても先程より10秒くらい遅く二人になるとかなり負荷が上がる。

佐野さんの牽きが弱くなっている気がしたらパンク。しかもチューブラーのようでここで離脱。1周回って戻ってきたらスペアタイヤに空気が入らず、私の道具も役にただずお力になれずすいませんでした。

最後は270wで1周。7分17秒。

昨日の同じ出力より10秒以上遅い。天気予報によると北東の風一メートルらしいが風向き一つでここまで変わるのかとおもしろい。

彩湖のデータは結構溜まってきたので、いつしか強者を5名程集めて本気チームTTで5分台を出したい。

子供たちは炎天下でも遊びたい盛り。














彩湖TT練

今朝はサイクルフリーダムの小野タクマ君と二人で彩湖練。

来週末の渡良瀬TTを見据えてTTバイクのポジション煮詰め。

5時に起きて6時過ぎから彩湖をぐるぐる開始。早朝から自転車乗り、ランナー、太極拳のおじさんやらたくさんの人がいるのが彩湖。みんなすごいなー。

一周約4.8kmの土手上と土手下の往復コースを反復。

最初の2周は昨日の疲れもあるため足が回り始めるまで240wほどで入って、その後10周を260w(時速40.5km)のペースを維持して走り続ける。

一周当たりは綺麗に7分5秒前後で刻み続ける。このコースは一か所15mくらいの登りとヘアピンコーナーによる減速があるので、260wの維持は大体時速42kmくらいになりそうだ。

出力はずっと一定ながらも心拍は序盤は150前後から始まり、じわじわと上がっていき、最終周回は平均心拍166まで上昇。

暑さによるパフォーマンス低下もあるけど持久力の無さを露呈。

タクマ君が横からフォーム撮影をしてくれて非常に参考になるデータが取れました。

ガーミンベクターによるペダルを踏む位置調査もすごく役立っており、左足の出力がいまいちなのも少し解析出来てきたかも。

8時くらいには80KMほど走っていたので、プラスで3周ほどゆっくりポジション確認しながら走って、100km2000kjに到達して9時前には帰宅。

これ以上は暑さ的に無理という環境。

家に帰って子供たちがかき氷が食べたいってことで家族でコメダ珈琲へ。


コメダ珈琲のかき氷はなかなかのレベルです。



モーニングトースト食べて(もちろん小倉)、涼む。

その後に北浦和公園の年に一度のふれあい祭りに行くが、炎天下が練習よりもきつい。日陰に座っているだけで汗だくに。
お祭りなのに、あまりの暑さに人もまばら。出し物やっている人たちが気の毒だ。屋台やらも誰も近づかず。

暑さに耐えられず北浦和公園内の近代美術館で浦沢直樹展を見に行く。


色々「YAWARA」や「20世紀少年」やらの原画など見て楽しむも、子供たちは理解できるはずもなく外で遊びたいと言い再び外で水遊び。

埼玉は38.8度だったようでとてもこれはまともに生活できる気温ではないな。








久々ひるさい

ずっと土日にイベントが続いていたので、久々のひるさい。

20名越えのすごい人数に驚きです。

途中の信号でよい具合に分断されて、8名程で先行し、途中離脱やらで人数減らしながらも5名程で落合までノンストップ。落合で後続合流し、水補給だけで再出発。ダブル藤田さん、ダブル奈良さん、城所さん、VAX安井さん等々かなり良いメンツなので楽しい楽しい。

長瀞対岸のローテーションは皆きつそうな感じで、最後の峠ピークでじわーっと400wで踏んでいくと一人先行してしまい、一人でいくか躊躇していると後ろから追いついてくれたダブル奈良さんと一緒にそのまま裏定峰へ。

先ほどの長瀞対岸が良い感じのアップになったのか序盤から310w超えるペースが楽に維持できる。

10分経過すると暑さも重なりきつくなってきて、305wくらいまで下がったけど後半にかけてじわじわと盛り返し、18min30sec 312wで真夏の100KM超えた状態としては悪くなく、タイム的にはローテして走った昨年の9月のほうが5秒ほど早いけど、出力的にはかなり良い感じかもしれない。

峠で折り返して、後続に合流しようとしたが皆補給ストップしていたようで、結局ほぼ半分くらいリピートすることに。

2本目は250w~270wくらいで淡々と。水がなくなったので先行して白石峠の途中で給水。

白石峠から下りてくると、人間が活動できるレベルの暑さではなく、これはさいたま市内まで戻るのが、今日一番の難所かもしれない。実際36℃くらいの気温。

コンビニで氷をたくさん買って、コンビニ袋に詰めて全員背中に入れて走ってもらう。40分くらいしか効果は続かないが、いくらかは熱中症対策にはなるだろう。実際、氷水が体を冷やしてくれて最高に気持ち良い。

帰り道はTTバイクの藤田君と、タクマ君が頑張ってくれて快速ペースで入間大橋まで。そこからは熱中症気味の城所さんを引き連れて羽根倉橋まで。220wも出ていないが心拍が155くらいまであがっており私も危ない状態だったのかもしれない。体が熱をもつと心拍が異常に上がる。

180km 1700UP TSS331で久々にしっかり走れた。

明日はTTバイクで6時から彩湖を走ろう。ご一緒できる方いらっしゃればよろしくお願いします。

10時以降は33℃超えてくるので走れる気温ではなさそうだ。











データでみる出力

今週のトレーニングデータを見ていると、火曜が40min 295wくらい、木曜は最後の3周20min305wくらいと、とても平坦のローテーションとは思えない負荷。

これもご一緒して頂ける皆様のお陰でありがたや。

ただ左右差が酷くて300w以上の巡航時は右56左44くらい。

過去のMMP時点のデータを見てもこれくらいの左右差なのでこんなもんだと思わないといけないのか。

出力下がると左右差はなくなっていくので、私の場合は絶対片足計測のパワーメーターは使えない。

今朝はTTバイクローラー75min1020kj

ポジション沼にはまってきており、エアロポジションで走ると250wくらいで異常にしんどい。

TTバイクで20min300wを目標に走りたいところだけど、このままだときつそうだ。













平日練

月曜

TTバイクでローラー60min210w

ポジションがまったくしっくりこない。

火曜

おはさい
強烈メンツによるおはさい。
かなりしっかり牽いたので2、4、6周回は313w、330w、309wとなかなかの負荷。

その他の周回もあまり休まずに前牽くときは350wくらいで牽いてアベは270w。

終了後もプラス6周走って最終12周回目に本日ベストラップ。

石田さんの牽きがとてもアマチュア選手の牽きではなく佐野さんと二人で四苦八苦して対応しかなりの高強度で朝からTSS161で疲労感たっぷりでした。

水曜

佐野さんのTTバイクによる嬲り殺し朝練。
私もTTバイクで出撃するも昨日の高強度の後遺症か、TTバイクのポジションのせいなのか、今日はまったく走れない。

300w出すのが一苦労でなんとか280wくらいで巡航してローテーション。序盤はTT部隊4名で回すも後半は皆さん離脱されて、佐野さんと二人ローテ。

私がまったく踏めていないので、今日は無理ですと告げて最低限千切れないようにするので精一杯。佐野さんは調子良さそうで本当に嬲り殺しの刑にあいました。

木曜

ロードでチームTT練。

6名ずつの2班に分けての追いかけチームTT。

私は前組。最初は全員ローテーションで30秒くらいで回っていく。牽くときは380wを維持。

3周目くらいから回れないヒトが出てきたので少し長く牽くことを意識して45秒から一分380wで牽く。

4周目の終盤に普通に牽いていたつもりが後ろが崩壊しており石田さんと早めに着き位置に入ったタクマ君だけに。

石田さんと二人ローテーション。。

休む時間が減るので350wで前牽いて250wで休む感じでラスト2周はアベ310wくらい。

E1の上位選手でもこの出力でローテできる選手はあまりいない。

タイム的にも6分35から40秒で全部回っているのでかなり早めです。

今週もしっかり走れました。







ガーミンベクター

新しいおもちゃのガーミンベクター買いました。

パイオニアは最高に良いのですが、クランク長が変えられなかったり、クランクを外して付け替えるのが面倒だったりするので、ペダルレンチ一つで交換できるペダル計測は魅力的。

実際付けて外すのは誰でもできるのでお手軽なパワーメーターです。

重量は実測320g。カタログ値より8g重い。

デュラエースのペダルが250gなので70g程の重量増。


主にはTTバイクのペースコントロールに使用中。


ペダルのどこを踏んでいるのかがわかる機能があり試してみたかった。

左足は内側を踏む癖があり右足は外側を踏んでいるみたい。カントつけたりして微修正すれば少しは楽に走れるんだろうか。

パワーを少しでもペダルに伝えて推進力に変えれた方が良いので、ペダリング効率のパイオニアとはまた違った観点でのデータが取れて面白い。

パワーの数字はパワータップと誤差なくほとんど一緒。









TTTと八方ヶ原HC

VC FukuokaのTTT練にわざわざ福岡から江川さんが来て下さるということで朝3時に家を出て5時に渡良瀬へ。

グーグルの到着予想時間に騙されて0415くらいに渡良瀬に着いてしまったけど入口ゲートがわからなかったりで結局走り始めは0510くらいに。

約40分間TTT。


結構真面目に走ったけどかなり辛い。

そして皆さん早過ぎて本番は私千切れるんじゃないかと。

0600に渡良瀬出発して矢板の八方ヶ原ヒルクライムへ。時間はギリギリ荷物預けに間に合いセーフな感じ。


昨年は、41m50sec 302w 174bpmで二位。ゴール前で終始着き位置で走ってきた選手に刺され、なんだかなーという感じだったけど、賞品のリンゴはかなり美味しくて子供は大喜び。

エントリーリスト見たら今年は絶好調の大島さんや乗鞍前の強者揃いに、佐川プロや、奈良君などクライマー揃いで私のようなクライマーではない人間が戦える相手ではない。

スタート位置で大島さんのマシンみたら軽量ッぷりがすげーわ。とても戦える気がしないっす。

序盤からクライマーの皆さんがガシガシ。去年はいきなり千切れかけたけど今年は耐えれる。

前半の15分くらいで一気にリストラが進み気づいたら4人になっており、10名くらいいた昨年とはペースが違うようだ。20分経過時点で309wとか。

一緒にいたのは大島さん、福島さん、長島さんの島揃いだったようでクライマー業界に疎い私は存じ上げず失礼しました。

大島さんの牽きが強烈で前に出たら千切れるのは明白。明らかに私よりも登れるクライマーキャラの方の前に、為す術もなく私まもなく千切れますので三人でやり合って下さいと告げて、後ろをヒラヒラ。

私は一人になると途端に集中力が切れて走れなくなるので、ここは一緒に行かせて貰って集中力を維持したい。

後半のきつい部分で大島さんの牽きに着ききれず千切れる。

後ろにいた長島さんを私が切れたのに巻き込んでしまい申し訳ありません。

ここから長島さんと二人で進むが、長島さんの牽きに着いていくので必死。前に福島さんと大島さんがやり合っているのが見える位置ではあるがじわじわ離れていく。

何度か前に出て先頭交代したけど明らかに長島さんが長く前を牽いてくださるので甘えさせて頂きました。これで先にゴールするほうがどうかと思うので最後はどうぞ先に行って下さいと告げて私は4位でゴール。そんな気がなくても離されていたけど。

昨年より約2分早く40min304wは去年よりも高い数字でパワーウエイトレシオも向上しているので悪くない数字。

下山して売店でご飯食べまくって渡良瀬へ再び移動。

秀和さんも朝に続いて登場して、二人でTT練。

90分程そこそこの強度で走って帰宅。

ヒルクライムとTTというまったく相反する競技で、色々データ取れたり知り合いが増えたりで楽しい1日でした。

帰ってふるさと納税で届いた豚肉4kgを食べ漁る。



































三波渓谷

今日はひるさい途中離脱で、家族とときがわ町でまったり予定。

いつもは豪快に素通りするときがわ町の白石峠に行く途中にある三波渓谷。(さんばけいこくと読むみたい)。

水が凄く綺麗で涼しく、夏の避暑地としてはなかなかのもの。

ひるさいはボチボチ上げすぎずに走って落合から定峰峠登って堂平山登ってから家族と合流。

落合からピークまでは40min 270wくらいで長時間登れる登り。

息子君が起きなかったため、合流が遅れ時間調整で白石峠を30分かけて一本登る。

無事に合流して渓谷へ。




子供達も最初は喜んでたけどあまりに涼しすぎて長くは入っていられず退散。

山田屋かき氷食べて、丘の上のパン屋さん行って、豆腐工房渡辺でたくさん豆腐買って帰宅。

明日はヒルクライムだけど今回もまた食べ過ぎてウェイトコントロール失敗。

夕方食事前で58.3kg

永遠にヒルクライマーにはなれないな。

ひるさい途中で色々クライマー体重問題について話していたけど、食べるために自転車乗っているのに食事を節制するなんて、信じられんという話で盛り上がる。

これは趣味との付き合い方のスタンスの問題だな。

極限まで突き詰めるヒトと、楽しく長く乗るスタンスと。

しかし、早くなりたいと思うのはサイクリストの常。そのためには軽量化は必須。

このあたりのバランス感。

食欲の我慢が一番辛いよね。食べないとスカスカになるし。








クランク長

永遠の悩みであるクランク長。

165mmか170mmか。

長年間を取って167.5ミリを愛用。


短い方が良いというヒトもいれば、同じくらいの身長のキンタナは172.5を使っているとか。足の長さ違うし、同じ生物ではないくらいに身体能力に差があるけど。

結論はよくわからない。

昨日TTバイクで170ミリを使ったけど思いのほかがかりが良かったような気がして、左右バランスも悪くなかった。

今日は165ミリをスコット号に付けて彩湖おはさいへ。

お盆なんで今日は奈良さん、タクマ君、近藤さんと私の4名。

強烈な暴風で土手上は追い風50km巡航、土手下は30km出ないような環境。

昨日TTバイクで走り過ぎたせいか明らかに疲労感満載でまったく踏めない体調で最初から千切れそう。

藻掻いているのにまったく前に進んでいる感じがしない。

きっとこれは165ミリのクランクのせいかと思えてきた。

どうにか6周千切れずに走って、いつもならプラスアルファ行くところがとても行く気になれず帰宅。帰路は92wしか出ていないがしんどすぎた。

家でローラーで足を回そうとしたが、それもしんどくて10分でギブアップ。

こりゃダメだ。

急に慣れない刺激を入れたためいつもにない疲労感。そして昼飯食いながら足を攣って悶絶するという、、、。

早く寝よう。










TTバイク

昨晩は早く帰って渡良瀬に向けてTTバイクを一年ぶりに引っ張り出す。

当然バッテリー切れしているので充電。走れるように色々いじる。

機材実測重量メモ。

ガーミンベクター320g
ルッククリート72g
シマノクリート71g
シマノ7800ペダル280g
シマノ9000ペダル250g
デュラエース7900クランク249g
アルテグラ6800クランク294g

デュラエースは優秀とか思いながらあほなことしてたら23時になったため寝る。

0445起床で佐野さんのTTバイクで引きずり回される練へ。

今日はTTバイクのポジション慣れと新しいルックのペダルに足を馴染ませるのがテーマ。
8名程で走り出すも、ローテは佐野さんと私のTTバイクの二人で。

パワータップとガーミンベクターのダブル使用で色々実験してみたけど40km巡航ペースで先頭と二番手で60wくらいの出力差。更に後ろに下がるともう20wくらい下がる感じ。

後ろを走って頂いた皆さんは物足りなかったのではないかと、、、。

先々週普通のロードで二人ローテで走ったときとペース的には大きく変わらないけど出力的には20wから30wくらいTTバイクの方が楽できる感じ。

今日は先頭はしるときは260から300wくらいを維持して後ろ走っているときは200から240wくらいで平均すると245wくらいの負荷で合計90分くらい。

ルックのクリートは初めてなので、まずは一番前に着けて微調整せずに走ったら最後の方は足の先端が痙攣してきたので要調整。

ガーミンベクターで左右バランスみたら左49右51。ムム、ペダリングモニターとの差は一体なんだろう。

練習しながら色々面白いデータが取れて満足。

恐竜の人形を買ってもらえて満面のにっこりさんの息子君。

















復帰

世間がお盆モードの時は通常時に比べ閑散としており、比較的楽に社会復帰ができる。

昨日は休み明けの溜まった仕事処理。

夏休み期間中の暴飲暴食により体重が60kg台に乗ってしまったので軽くダイエットローラーを160wくらいで。

最近特に左右バランスが悪くなってきて左の出力が出ない。意識して左右バランスを50%に揃えようと努力しても左48%とか。


左足の出力が右足とおなじくらいでたら理論上JPTでも勝ててしまうくらいの総出力になるのだがいかんせんどうにもこうにも改善できない。筋力、骨格、色々な要素があるんだろうな。一度フィッティングを受けてみたいもんだ。

今朝は彩湖朝練。

いつもと違うホイール使ったら行く途中から変速の調子がいまいちで気持ち悪い。

お盆なので少な目で8名かな。

かなり疲れているのか、かかりは悪くスプリントできる気はしないので前出たときはしっかり牽くように意識して走る。といってもあまり牽けてる感じはしない。

6周完了後に佐野さんとプラス3周して一人で2周して合計二時間70km走って帰還。

TSS135

夏休み振り返ると一番良かったのは大山からみた星空が一番良かったなー。子供達の心にも残ったに違いない(大人の自己満足か)。

photo by FJT商会



みんなとキャンプすると本当に楽しい。

来年もこれはグレードアップしてやりたいな。










狸の休日9日目

いよいよ夏休みも最終日。

朝は家族の中で一人早起きして愛知県の蒲郡の330m位の山を3回登る。

といっても体がしんどすぎてゆっくりだけど。

最後だけ270wで17minほど。

90分程で帰還し今日は家族で竹島水族館。

お盆のため明らかに水族館のキャパを越えた人数が殺到しとても魚を見るどころではない。

狭い空間でのアシカショーを猛暑の中、汗だくだくで見て、子供は少しは楽しめたかな。



泣きまくる息子に手を焼きながらお昼ご飯食べて解散。


14時過ぎくらいに愛知県出たけど渋滞はまりまくって22時に埼玉帰還。

疲れたわい。

今年の夏休みも終わったなー。子供達とたくさん遊べて、お父さんはたくさん走れて良かった。

移動時間や隙間時間に読もうと思っていた本が睡魔に負けてまったく読めなかったのは反省。



狸の休日8日目

連泊でスキージャム勝山に宿泊しているため今日も勝山周辺ライド。

勝山城見て奥越高原まで約20分の登り一本。

20min 280w 157bpm

戻ったきて宿までの報恩寺山有料道路

15min20sec 317w 164bpm

なぜだか315w維持の全力走。やはり衰えてます。いや疲れているだけか。

体重59.2kgとかで危険水準

今日は福井から移動して兄や両親も一緒に愛知の海へ。

お盆初日の大渋滞で合流がかなり遅れたけど、久々の海水浴を満喫。

海の水温がぬるい温泉みたい。



夜は舟盛りで魚祭り。















狸の休日7日目

0445起床。

朝のスキージャム勝山は雲の中で何も見えない。

6日連続高強度を連発しているのでのんびりサイクリングで良いかと。

スキージャム勝山は6.6kmの報恩寺山有料道路を通らないと入れない。

霧の中、有料道路下って近場の白山に向かう県道を400m程登る。

最初はゆっくりたらたらのぼっていたけと体が温まってくると250wくらいまでパワーが出てきた。

国道下って、宿に向かっての登りを270wペースでリラックスして登る。緩斜面の登りはパワーが安定する。

20分ほどで料金所を追加しそのまま昔実業団レースで走った勝山ヒルクライムのコースへ。

2007年に当時BR2で出場し6位だったか。優勝は寺崎君で当時高校生かな。

有料道路から追加で20分走り、合計40min 277w 154bpm

最後は視界ゼロで雨まで降ってきて寒いくらい。

0730宿に戻り子供達起こして芝政ワールドへ。

芝政ワールドは子供の楽園で迷路にゴーカートにプールに大ハッスル。

10時から18時くらいまで遊び回って、最後は大好きな餃子食べながら寝てしまう息子君でした。







狸の休日6日目

0415起床で京都最終日は東福井朝練へ。

少し早く着いたのでコース脇の物流倉庫見学。矢板ロードみたいなコースレイアウトが作れる場所でおもしろそう。

0545に10名くらいで出発

最初から狂ったように早い。5日連続高強度中で疲労困憊の私には拷問以外何ものでもない。

湿度も高くて最初からゼーゼーハーハーで千切れそう。なんだこの変態野郎どもは、、、。

ローテ飛ばして後ろでヒラヒラ走りたくなるが、どこかで落ち着くだろうと耐えることに。

泉原手前で回れるヒトが金子さんだけになってきて変態どもの最初の勢いは10分でなくなる、、、。

逆に私は体が強度に慣れてきた。

泉原では295wくらいだったか。

泉原からはリラックスしながら320wくらいを淡々と維持。

20min10sec 305w 164bpm

続いて銭原。

もう最初からこりゃ無理と思ってたら、監督のアタックで千切れてしまう。

30m後ろから耐えれるペースで追走し無事に合流。

7min 315w

朝早くから北摂山系で暴れ回る変態どもの恐ろしさを見れて良い勉強になりました。

急いで帰宅して福井旅行へ。

今日は恐竜博物館見学。

子供達には少し難しかったかもしれないけど、大人がみても大満足できるスケールと内容。

46億年の地球の歴史を見ながら生命の奇跡を思い知り、人間という生物も間違いなく絶滅するのだと感じた。

恐竜の時代が1億5000万年。とんでもない長い時代だ。

人類の歴史なんてステゴサウルスの歴史以下。

しかしあんな生物がのしのし歩き回る世界を研究するってすごく意味あることだなー。



晩御飯は勝山市街で越前おろしそばとソースカツ丼。



最近の町興しはソースカツ丼多くねーか。外れないB級グルメだからね。間違い食べたくなるし。











狸の休日5日目

VCFukuokaのチームメンバーの山科君と一緒に練習するため0545に道の駅とうじょうへ。

もう時間感覚がおかしい。

元イナーメの井上さんも一緒で3名で播磨をぐるっと1周コース。

途中、なぜか前原君が単独でコラッジョの合宿に向かって走行しているのに遭遇して驚いた。


さすがに5日目になると疲労困憊だったけど、走りやすい面子に走りやすいコースだったのであっという間に120kmほど走り10時くらいには戻って来れた。

井上さん今は無所属らしいけど、尋常じゃなく強かったな。

色んなヒトと走れるのが楽しい。

山科君と温泉入って昼飯食って、工房ハイランダーへ。

帰省タイミングしかいけないので、必ず顔を出すけどいつもオーダー通り完璧にメンテしてくれて満足。

なかなかここまで細部まで心込めて丁寧にやってくれる自転車屋はないのでどんなに遠かろうが色々相談するようにしてます。





















狸の休日4日目

今日も4時に起きて4時40分出発。

東福井朝錬へ。

監督、のいちゃん、カーロス、前原君、よーへいさんだったかな。

東福井

21分15秒 293w 155bpm

ブヨの影響が強烈過ぎるのか足が重たすぎて、まったくもってかからず。どう考えても10%はパフォーマンス低下中。

カーロスと監督が果敢に仕掛けていくのが素敵だ。前原君もヒルクライムはさすがに強い。

動物園、勝尾寺も序盤足が動かず遅れてしまうが、我慢して無理矢理回してジワジワ詰める感じで。東福井メンバーは毎朝こんなきつい朝錬やっているのかと驚愕してしまう。

チームメイトの高校生前原君引き連れて高山経由して、堀越、野間。

堀越でてっちゃんとすれ違い、なんだかうれしかったな。

野間峠はとりあえず300wで走っておこうと完全にペースコントロールして登る。

10分35秒 300w 158pm 
もう心臓がまったく動かん。

最後に昨日の田能周回を前原君と一周回。

前原君はかなりお疲れモードだったようだけど、がんばって粘ってた。

帰り道に亀岡から老ノ坂峠を3分30秒350w搾り出して帰宅。

帰宅して130km。TSS256。

明日もチームメンバーと走るぜよ。

帰宅して、嫁、子供はお出かけのため、今日は一人で京都の街中をぶらり。

昼飯食ってコーヒー飲んで本読むかと思ったら猛烈な睡魔に襲われ、とても起きてられないのでこりゃいかんと帰宅。

結局なんもできんかった。

お昼ご飯はおばんざい。




狸の休日3日目

大山から無事に帰り荷物を大量に片付け。

翌朝は4時起きで4時40分出発で東福井へ。

関西は日の出が遅く真っ暗だ。

西国街道を走っていくが、パワーが150wすら出ない状態ですっからかん。

今日はVC VELOCEの池ちゃんと、VC Fukuokaの前原君と私の三人。

まず東福井。序盤がとにかく辛くて千切れそう。

泉原越えたあたりからようやく走れるようになってきて、消防署前で池ちゃんが切れて前原君と二人。

21分30秒 289w 155bpm

もう心拍あがりません。

そのままファミマまで下りて、今日のメニューは相談のすえに田能周回。

1周15.5kmで獲得標高は180m。全体的に斜度が緩いため登りはアウターで全部いけるし下りは基本緩斜面なのでローテーションが必要で、多少の脚力差では千切れないコース。そして何より日陰が多いので涼しいのが最高。

一周目はほぼ私の先頭固定でコース確認。2周目途中から池ちゃんが回れなくなり前原君の牽きがどんどん弱くなってくる。

3周目の一番長い登りで320wくらいで踏んでいたら二人とも切れてしまう。

待つのも良いけど、後ろ二人で協力してもらって追いかけてもらう方がお互いに練習になるかと思いここからは単独に。

単独になると下りの緩斜面が休めないのできつい。

ペースを保って4周目のピークまで走ってゴール。

暑さにやられる前にこの辺で勘弁してやらあって感じで終了。

138km走って0930に帰宅。

京都の暑さはどうもならずに夕方まではぐったり。

夕方から子供達とサッカーの練習。

息子はボールが勝手に転がっていくからうまくできないんだと言い訳。

お姉ちゃんはリフティングが少しできるように。























大山合宿二日目

昨晩ご機嫌でキャンプを満喫していたが、ひとつ事件が起こっていた。

お風呂上りに半そで短パンで駐車場前でだべっていると、足の周りに黒い小さな生物がぶんぶん。

蚊だと思って油断していたら、突如猛烈なかゆみに襲われまともに立っていられないレベル。

ステロイド系の虫さされの薬をすぐに塗ってなんとかおさまったけど、皮膚を食い破り足に赤い点が何個かできて、その周りがぷくっと膨れている。

何か良くわからずあまり対処しなかったけど、翌朝には足が大根のように腫れあがっている。

これが、噂のブヨの仕業。

まさかこんなに強烈とは知らず油断していた。合計15箇所くらいやれていた。色々調べてみると30箇所くらい刺されると命の危険もあるとか。

ちなみにロデムおじさんは片足で22箇所いかれてしまい、病院送りに。

そんな足で二日目のスタートは切られる。



ブヨのせいなのかびっくりするくらいに足が重い重い。。。

この日は津黒高原の絶景ツアーを予定。今日も黙々と引き続けます。

津黒高原の林道は崩落していたがなんとかシクロクロスモードでクリアして、無事に山頂へ。



このあたりの山深さは感動ものです。

帰りは少し違う道から帰還を試みるが、今日もまた自販機がない。。。

命からがら蒜山高原のローソンにたどり着き大量の水と氷を補給して、大山に戻る。

なぜか、蒜山のアップダウンでかまやんの捨て身のアタックがあり列車を引き続けて追いつくというプレイ。

最後の蒜山から大山に登る道は、最初は我慢していたが、二日間牽き続けた疲れなのかブヨにやられたせいなのかどんどんパワーダウンしてきて腰痛地獄になり後半はFJTに牽いてもらって山頂まで。

ゴールして食べたスイカがうまいこと。スイカ一体何切れ食ったのかわからんくらいに食いまくった。



せっかく大山まで来たので日本海の海鮮だと、最後はFJT夫妻と米子で寿司食って京都帰還。

帰り道はバンバンに腫れあがった足がこれは大丈夫なのかと不安になってきて色々ブヨの恐怖を調べてたら、結構長引くらしくしかも安静にしておくべしと。思いもよらぬ伏兵だったな。


なんだかかんだとありましたが、大山合宿は楽しすぎて私個人的には遥々埼玉から遠征してきて良かったと大満足でした。

唯一ブヨ対策不足だけが悔やまれるが次回への反省点。

こういう楽しいことが人生で何回できるかが重要だ。来年も絶対やるぞ。

大山合宿一日目

構想3年、準備1年の期間を経てようやく実現したキャンプ合宿。

奥様と子供たちはキャンプと避暑地の観光を楽しみ、大人たちは灰になるまで走って夜はBBQを楽しみながらで涼しい環境で自転車談義と子育て談義。子供は子供同士で遊び回る。そんな緩い企画。

大阪は酷暑で地獄のような環境だが、それを回避するべく、今回は男のロマンが詰まった西日本最高峰の大山を選択。

大山は走りごたえもありツールド大山のコースも練習には最高。標高も高いのでそれなりに涼しいはず。。

集合場所の蒜山ジョイフルパークに集まるおっさんたち。
蒜山焼きそばを食べてスタートラインへ。
初日スタートリスト:監督、FJT、カーロス、タク、をくだ、かまやん、岡山から築山さんとお友達二名。
途中合流;みぞさん、ロデムさん。

いきなり大山鏡ヶ成まで標高差400mくらいを登る。

私のほぼ先頭固定で260w~270wくらいの(私的に)快適ペース。

かまやん、監督、たくさんが少し遅れて山頂通過。ここから豪快なくだり。気持ち良すぎる。

あまりに気持ちよすぎて、私が曲がるところをまっすぐと指示。ツールド大山のコースは道に案内がペイントされているので迷わないのだが一箇所道案内をスルーして街中まで降りるコースレイアウトを設定していたが、そのスルー場所を間違えた。

下まで降りてくると、どうも想定していた地名が出てこないので、携帯見たらコースアウト。皆さんすまぬ。。。

そこからコースまで復帰は大きなロスなく出来たが、想定外だったのがコンビにはおろか自販機がない。

標高900mから一気に下界に下りてきたら時間も13時過ぎだったこともあり灼熱の環境。

全員が枯れかけていたところ農家の用水路からドバドバ流れ出る水を頭からかぶって命拾い。

本コースに復帰し、ようやく自販機発見。

あまりにのどが渇いていて、アクエリアス500mlを一気飲み。もう一本買って次の補給まで耐える。

全員で20本以上購入してこの自販機の過去最高売り上げを記録したのではないだろうか。

そこから船上山の登り。

築山さんと、をくだ君と三人。

山頂に向けて斜度が上がるところで少し上げていき、山頂の展望ポイントで後続待ち。監督が来ないが、水が危ういので次の自販機目指して下る。

しかし、下りきると自販機どころか登り返しが始まり、炎天下の直登。

これはきつい。

水を求めて水が流れ落ちるポイントで止まる。




奇跡の水道水が雪解け水という極上の冷たさに生き返る。


ここからゴールまでノンストップ。
普通にペース作りながら抑えて漕いでいるつもりが皆さんが辛そうで先行してしまう。過酷な暑さに後半のダメージはかなりきつい。


みぞさんも逆走合流し、桝水高原に向けてのアップダウンでかまやんがアタック。

鍵掛峠の入口でかまやん討ち死に。続けざまにカーロスが侠気アタック。着いていったらカーロスも討ち死に。

ここから一人で鍵掛峠越えて最後の鏡ヶ成への登り。

完全に一人になってしまったので300w維持して終えようと九十九折りに突入。


しかし勾配の変化と暑さに対応てきずどんどん出力下がる。

ゴールして一服。



大山の天然水のお風呂に入って、さっぱり。


18時30分くらいからBBQ。

今回はお手軽プランにしたので、食材準備やテント張りはお任せ。

自分達で用意する必要もなくこりゃ走り終わったあとには楽ちんだ。

夜は気温が20度前後と涼しく最高の環境。

BBQパパさんが大活躍で、お肉に蒜山焼きそばに美味しかったな。

空を見上げると満点の星空。

天の川がうっすら見える。こんなに綺麗な星空を子供らに見せれて良かった。

キャンプ場全体的に静かでゆっくり楽しめて良かったな。

夜はテントの中で毛布にくるまり就寝。快適すぎる気温で朝方は寒いくらい。熱帯夜なんて無縁な環境に大満足でしたな。























パワーメーター依存

今朝は平日3日連続彩湖練。

木曜日はチームTT練。

今回は誕生月で二分割。

私は前組5名で昨日処刑された佐野さんと一緒。

一分差の後ろは6名で強力な平坦マン揃い。
 
どうなることやら。

前牽くときはパワーメーターで350wから380wを固定して30秒から45秒牽く。

しかし3周目でパワータップが電池切れで突然死。

しばらくパワーメーターによる速度コントロールに慣れてしまっているから前に出たときのペースが早いのか遅いのがよくわからなくなる。
まあレース中はいっさいパワー見ないので体感がすべてなんだけど。

4周目で後ろ組にあっさり追いつかれる。

一緒になると負荷が落ちるので前にいってもらって少し離れてラスト3周。

初めて後ろから前を追いかけてみたけど、後ろ組の方が明らかに前のペース見ながら走れる分ペースコントロールがやりやすい。

最終周回で再び追いついてラストは全員。

しかし、終盤なんだか異常にきつくなってきて脱水かなんのなのか。

佐野さんがもう1周というので着いていったが、しばらくして過呼吸みたいになってきたので、無理せず千切れてゆっくり帰宅。

帰り道にパワータップの電池買って帰宅後電池交換作業。

いつから変えてないのかわからないが、蓋が固着して専用の引っかけるだけの工具ではなかなか蓋が外せず四苦八苦。

30分くらい悪戦苦闘してようやく回せた。

新型パワーメーター購入したいのですが、GARMIN VECTORとかペダル型狙ってます。

誰かインプレやらやめた方が良いとかありましたら教えて下さい。

色々考えるとペダモニが最強なんだけどTTバイクで使ったりすること考えたら脱着簡単なものがええかなと。










水曜練

昨晩はTTバイク準備したり、クランク交換しようと思ってたけど帰りが遅くなり御飯食べてたら0時が近づいてきたので諦めて寝ることに。

今朝は水曜練。

富元さん主催の綺麗にローテーション朝練から佐野さん主催の90分なぶり殺し朝練へ。

佐野さんのTTバイクの後ろに着いてただひたすら悶絶する処刑に近い朝練。

最初はミスミさんと小松さんもご一緒してローテ回ってましたが、終盤5周くらいになると佐野さんと二人に。

4人から二人になると負荷上がってしんどいしんどい。

1周回7分程度、270w前後でひたすら走り続け最終周回はTTバイクの鬼引きが入り前に出ることができずに死亡。最終周回は290w。

朝から2時間でTSS140。

次回は私もTTバイクで行かないとしんどすぎる!来週は帰省のためお休みしますが。

今日はボトル一本で行ったのが失敗で水が足らずに足が攣りそう。

帰ったら体重が56.8kg。脱水危険信号。

子供たちは夏休み満喫中。