FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

インターバル

昨晩帰宅時体重56.0kg。

ロング練の2日後は浮腫で2kg増えるんだけど、まったくそんなことはなく、いつもとおり。良いのか悪いのか。

またもや超絶繁忙に入っており帰宅は22時超えてそこからストレス食いで晩飯食べると1kg増えて朝の体重は57kgくらい。

今朝はインターバル。

20minアップ215w

かかりはじめるまでまだ時間かかりそうなので、SST強度で20min。

録画で見ていたジョジョの奇妙な冒険が終わったところでインターバル開始。

3min-2minを10set

8setくらいからきついきつい。

95minで1350kj TSS122

予定通りの強度で完遂したが少し甘かったかも。

あとは予定通りにトレーニングをこなし、体調管理と、自転車を最高の状態に仕上げるのみ。

自転車は工房ハイランダーに送って最終チェックを依頼。

沖縄のエントリーリストを見た。凄まじい強豪揃いでまさしく最強決定戦。











スポンサーサイト



回復

昨日は150w流し。

今日はエンデュランス走90分。

体重は起床時57.1kg 夜は56.2kg

何も節制してないのに体重が落ちていく。

最近パワーメーターの数字がやたらと低く体感よりも10wくらい低く出ている気がする。

体重2kg変われば5倍で10wなのでそんなもんか。 

日曜の奈良さんの走りが強烈で、平地と下りのスピードが半端なくいつも一緒に走っている時の間合いではなかなか着ききれないスピード。

ご本人はゴキソのお陰と謙遜されてましたが、あの力は私も身につけたいなー。


そういえば、最近STRAVAがいままで存在していた区間が消えたりしている気がして、つまらなくなくなってきたのですが、これはプレミアモードにアップグレードを迫る罠なのかな。

去年と比較しようにも美味しい区間が軒並み消されている気がする。





仕上げトレーニング

沖縄直前の仕上げトレーニング。

前日から奈良さんとゴニョゴニョコースをご相談。

定峰を表1回裏2回。折り返しも作って遅れたヒトも合流できる心意気はさすが奈良さん。

チームメンバーの早川さんも宇都宮から参加、イナーメから高杉さん、佐野さんと強烈JPT選手が集う。

レベルの高い練習会に感謝。

ノンストップなので補給食はしっかり目に。

補給メモ
バランスパワー700kcal
ゼリー200kcal
梅丹120kcal
ボトルの中身はCCD380kcal

今日は少し補給多めで行ったら良い感じで一つ余ったくらい。


序盤のサイクリングロードは15名くらいですが、いつものごとく本当にきつい。

パワーメーター見ても190wくらいなのに。

横松までは大人しく。

横松入ると、皆さんわらわらと前へ。本当に調子悪くて千切れそう。

中盤くらいになってくると皆さんたれてきて佐野さんが少し先行気味。追いついてみると横から早川さんがペースアップして前に。

斜度10%越えの区間で早川さんもたれてきて、逆に私はようやくかかるように。

先も長いので少しペース抑え気味に分岐まで。自己ベストと同じくらいのタイムで悪くない。

7分15秒 329w

松郷下り定峰までローテしてノンストップで定峰峠突入。

佐野さんと二人で牽く時間が長い。
工事ストップなかったら去年よりもはやかったかも。

19分289w

裏定峰降りて曽根坂峠でもがいて折り返し。早川さんが果敢に攻める。

裏定峰は佐野さんと回しながら280wくらいで淡々と。

定峰おりて長瀞対岸。この時点で奈良さん、飯沼さん、早川さん、佐野さん、高杉さんと私の6名。JPT5名、、、。

対岸入口の登りで足が重たくなってきて佐野さんと高杉さんから数秒遅れる。

下りで追いつくかと思ったがイナーメの二人はそのまま逃げに入っていく。

こちらも追うがなかなか一定距離が縮まらない。

こちらは奈良さんと私が主に牽く。

結構足削られ信号ストップで無事合流。

ここから曽根坂峠に向かっていくが、みんなかなり足にきている模様。

曽根坂峠で普通に前に出たら皆さんきつそう。ここからが本番。

そのまま裏定峰二回目。

270wペースで淡々といく。佐野さんが燃え尽きた模様。沖縄組壮行のため序盤から果敢に攻めて頂きありがたいです。

裏定峰は中盤から高杉さんが限界に近い感じて粘っていたがラスト5分で少しだけペース上げさせてもらう。

タイムも下から20分切っているので二回目にしてはそこそこ。

ここからが美味しいところ。

落合におりて裏松郷。

ここはしっかり負荷をかける。

4分330wでタイム的には過去最速。

最後の仕上げに笛吹、清澄。

笛吹向かう途中の奈良さんの牽きが強烈。

笛吹は先頭で突っ込んで下ハンもがき。

90秒440wほど。

皆さん一つ目のピークで昇天してしまい、後ろに誰もいなくなったのでそのまま清澄まで行って更に一人もがき。

養護施設激坂はきつすぎて回避説もありましたが妥協せずに締めに行っておくかと。

一度出し切った後にきついのなんの。

2分360w程。

平坦をローテ回しながら入間大橋まで。

入間大橋から羽根倉橋まで最後の仕上げに20分260wの一人引き。

228km 2600up

今日一番良かったことは最後まで腰が崩壊せずに走れたこと。絶妙のコース設定してくれた奈良さんに感謝。

帰宅時体重56.0kg。

夜になっても56.7kg
















ハロウィン

今日は娘の合唱発表会が10時30分。

朝5時30分に出発すれば白石一本登って戻って来れるかと思っていたが雨。

大人しく寝た。

ローラー一時間だけ回す。

娘の発表会終わって帰宅してハロウィンのイベントが16時からあるらしいのでそれまでの時間を利用して白石峠へ。

毎回317wに収束するこの峠。

今日は10分時点で308wで悶絶。こりゃ駄目だと後半少し諦め気味で303wしかだせず撃沈、、、。

と思っていたが昨年の沖縄直前のベストタイムとほぼ変わらずの21分20秒。10分時点も過去最速だった様子。

しかも今回は練習用機材なのだ。

パワーメーター狂っていたか、体重が落ちすぎたか。良いのか悪いのかよくわからん。


出発前の体重は57.3kg

帰りは流して帰ったが腰痛がやばい。

家に帰って子供達とハロウィンイベントへ。



明日は頑張って走らねば。






取材

昨日の帰宅時体重56.2kg
今朝の起床時体重57.0kg

先週日曜日は練習後にサイスポの取材。

彩湖で様々なポジションの写真撮影。

あたらしいシリーズ企画でポジション機材系のネタのようで私が初回のようです。

11月20日発売です!

どんな内容なのか私もまったくわかりません。










現状

沖縄に向けての調整状態を記録。

体重
起床時57.3kg
仕事帰宅時空腹状態56.5kg
トレーニング後56.2kg

特に何もしてないけど7月のニセコ前日の61kgから順調に下降。ベスト体重よりも軽い。今年もVAAM効果で過去最軽量?

軽いとダンシングが楽なことが最近わかってきて今までもっと真面目にダイエットしてヒルクライム大会に出れば良かったと反省。


体脂肪率
5.0%以下。それ以下は我が家の体脂肪計では測れない。。


総じて去年よりも体のスペックは良い気がする。

しかし、1分から2分のもがきが最初のパワーが出なかったり途中で力が抜ける感じがあったりでパワーダウンしている気がする。年齢から来るものか。

それと腰痛。まったく治らず一度爆発すると走れなくなるのが不安要素。

最後まで過去最強に向けて飽くなき探求。

自転車は特に軽量パーツ使ってないけど6.83kg。




ツールド沖縄事前番組

「ツール・ド・おきなわ事前番組」が10月23日(火)正午から複数回に分けて放送予定です。

【放送媒体】

FRESH LIVE サイクリングチャンネル

https://freshlive.tv/cycling


「市民レース210㎞」の熱いレース模様やこのレースの魅力について語られています。



デトックス

最近は何があろうと5時30分には自然に目覚めてしまう。体内時計は凄い。

今日は昨日少し早く寝たせいか4時40分に起床。

ローラー175wくらいで扇風機無しで90分。

タオル4枚がぐっしょり。靴の中までびしょびしょ。


体重は56.8kg

昨日の練習帰宅時は56.2kg

昨日の補給メモ

バランスパワー500kcal
濃縮CCDフラスコ 100kcal
ミニ羊羹120kcal

ボトル二本 1200cc
VAAM43kcal
CCD170kcal

後半に少し不足を感じたので1200kcalくらいは必要かな。









ひるさい 上げきれず

昨日のジャパンカップは不完全燃焼だったけど、強度はそれなりだったため多少の疲労感はあり。

今日は沖縄に向けてしっかり走らないといけないので奈良さん主催のひるさいへ。

テーマはノンストップでしっかり後半にかけてあげていくこと。

秋ヶ瀬出発して松郷までは8名だったかな。

私は相変わらず序盤から足が動かない。

250wが出なくてサイクリングロードが本当にしんどい。

車道に出てからようやく普通に走れるようになってくる。

松郷峠は後ろを気にしながら一本引き。
遅すぎず早すぎずの強度で越えて落合までノンストップ。落合でトイレ休憩後に陣見山へ。

中盤から一人旅になってしまうがタイムは先週より15秒ほど早い?

長瀞対岸はローテを回しながらピークまで。ここは地味に足がどんどん削られていくんだろうな。

続いてそのまま裏定峰。290wくらいで行きたかったが、どうもハンガーノックなのか何なのか力が入らず270wくらいが精いっぱい。

いつもはそのまま白石峠まで行ってしまうところですが、腰も痛くなってきて無理しないほうが良いかなと定峰の山頂で少し補給して折り返して皆さんと合流。奈良さん以外の皆さんはここで売り切れ完売終了。

白石下って奈良さんと二人。

笛吹、清澄をグリグリ越えていく。最後は奈良さんに無理言ってタンク坂?激坂2分もがき。最後までダンシング続かず。386wでへなへなになった。

帰り道は淡々と220w維持して一定ペース。CR入ってから最後に20分250wをやろうとしたが、230wしか出せずに撃沈。

パワーメーター壊れてるんじゃないかと思うくらいにパワーが出ない。

6時間を信号以外はほぼノンストップで走ったが、総じて去年よりも走れていない。。。

うーむこりゃまずいな。













ジャパンカップ

ジャパンカップは社会人だけなら本気モードで戦いたいところですが、最近は学生の数が多くて正直命大事にが最優先で沖縄への調整レースという意味しかない。

いやなんとなく行かないと損した気分になるから行ってるだけかも。

0815に会場到着して1周試走。古賀志林道の下りは確認しておく。ほぼ完全ドライで滑る感じはなし。

準備の段取りが悪すぎてあまりローラー乗る時間なく、ギリギリサイン。

このレースはいきなり登るのでアップとスタート位置は大事。

始まるとやはり周囲に比べて体が動かず前に上がれない。


さすがに千切れはしないが場所が悪い。二周目も体動かず後ろ走っていると下りで見事に中切れに巻き込まれレースが終わりそうに。

前に戻るのに結構足使う羽目に。

そんなことしてたら知らぬ間に逃げが決まり四周目には集団が死に体になり一分半とか開く。

逃げは佐野君含む四名。集団はインカレチャンプの明治の野本選手が時折強烈にアタックして追いたいモードだが、牽けるヒトが少ない。

走ってるとなんだかつまらないレースになってきた。

古賀志の登りでは中村俊介選手が強い。孤軍奮闘という感じ。

私はなんか登り方がおかしくまったくしっくりこないけど、古賀志は3周目以降は5番手以内では超えるようにして下りを安全に下れるようにしておいた。

気づいたらレースも最終局面で逃げ四名が二分差で完全に勝負あり。あまり練習にもなってないような展開で何しに来たのだか。


最後は学生と一緒にスプリントするのは嫌だなーと思いながらラスト一キロ。

集団は30名くらい?


そこそこ良い位置に入れたのでラスト300m最終コーナーに向かって踏み始めたところ、右側真横からガシャンという嫌な音。こけた選手は学生。なんでこんなところで無理するのかまったく理解できん。

そしてそのまま私の後輪に向かって突っ込んできて私の後輪が持って行かれそうになる。

落車だけは何があっても回避せねば。

一瞬踏ん張って後輪にやってきた衝撃に耐える。

フェンスギリギリで立て直し落車は回避。

しかし後輪のスポーク二本折られて走行不能。200mほど弱ペの岩崎君に押してもらい一応ゴールだけはした。

体が無傷なのでまあ良かった。

学生は若気の至りで本当に無茶苦茶するので、一緒に走るレースはやはり出たくないなー。

私のようなスロースターターは行っても勝負に絡めないし危ないだけだから来年は辞めておいたほうが良いかな。

子どもたちが大好きな餃子をたっぷり買って帰る。お片付けをお手伝いしてくれる。




















トレーニングメモ

隙間時間の数分で更新するこのブログですが、最近は極力本を読む時間に充てているので、更新できず。

この3日程は、自転車代理店のホダカ産業の創業者の武田さんを描いた高杉良作品の「勇気凜々」を読む。

バイタリティー溢れる生き様が素晴らし過ぎる。

ホダカ産業が越谷の会社でkhooda bloomの代理店だとは知らなかった。

ブログも書いておかないと記録が残らないので極力書くようにしたい。


トレーニングメモ
日曜
子供の体操教室の送り迎えやら家庭の用事しながら4回に分けてローラー。
トータル3時間くらいで強度は緩め。

月曜
250w一時間で撃沈。

火曜
あさサイ
佐野さん、松井さん、奈良さんと意識高い系の皆さんと。
6周のうちスプリント×3 終了後にプラス6周
スプリントは最後に1000wちょいちょい。
プラス6周は250wから260w心拍150くらいで淡々と。

長時間走ると腰痛が酷くて結構まずい。

水曜
ローラー。
40分くらいアップしてから3分-2分インターバル10set
3分が310w-320wくらいしか出せずに弱すぎる。
日に日に弱くなっていることを実感。こりゃダメだ。

木曜
腰痛が酷いので少しお休み。
汗だくローラー90分184wほど。

木曜の朝ローラー前の体重が57.3kg。


ここ最近の感じだといまの私のFTPはたぶん270wくらいなのでまったく勝負にならんやろうなーというレベルです。

20分300wとかできるひとは凄いなー。

日曜の子供体操教室では疲労困憊で歩くのが精一杯。子供達と走り回る体力が残されておらず疲れきって体育館の脇で寝ていたダメなパパでした。















ひるさいロング

奈良さんはレース前につき、僭越ながらひるさい呼びかけさせて頂きロング練へ。

参加者は17名?

今日のテーマは6時間をあまり止まらずに。後半にしっかり上げていけるように。腰痛が出てきたら無理しない。という感じ。

前半の物見山、松郷峠は途中離脱予定の佐野さんがガリガリ上げていき便乗。

落合でトイレストップ後にルートを陣見山へ変更。

序盤無理せず後半に少しずつ上げていく感じで。

山頂で待つと冷えそうなのでそのまま下る。

16分45秒296w163bpm

下り切ったら見事にパンクしていてチューブ交換。ピレリはグリップ良いけど結構パンクしますな。

長瀞対岸を回れるメンバーでローテして裏定峰へ。

裏定峰は平賀さんと佐川プロと三人ローテ。
平賀さんの走りは果敢で好きだ。

18分45秒 287w 164bpm

落合に下って松郷、萩日吉はきっちり走るのが今日のテーマ。

松郷はほぼベストタイム4分340w。

萩日吉もトラックと離合あったりしたが終盤の割には悪くないタイム。

仕上げに物見山で90秒450wにチャレンジするも407wしかでず撃沈。本日はこれにて終了。

帰り道は明らかにパワーダウンして250w巡航ができないたれっぷりで弱すぎた。このレベルでは話にならんな。

帰ったらぴったり200km。

帰宅後少し休んで家族でお出かけ。

さいたま市の花火大会見て息子とゆっくり温泉へ。

























充実した一日

水曜日は繁忙期の隙間を縫って休日勤務の振替休日。

午前中は茂さん水曜練に参加させて頂く。

0610出発でとにかく止まらないをテーマに。

登りは腰に優しく控え目に後半ジリジリ無理しないように上げていくイメージで。


横松郷 7:43 332w 167bpm

慈光寺 9:34 316w 168bpm

やまめ 5:50 312w 171bpm

萩日吉 7:15 321w 168bpm

松郷×2


皆さんはときがわ町から帰るということで少し走り足りずに松郷へ。

しかし別れたあとは一気に腰が痛くなってきて集中力低下。最後は腰痛悶絶しながら帰宅。一人で走ると痛みが気になるので一番危険かもしれない。

1205帰宅。

帰ってすぐに妻と二人で食事へ。
子供は幼稚園と学校なので、浦和の有名店こもれび食堂で夫婦でゆっくりランチ。

食後のデザート含め美味しいこと。

その後に奈良さん御用達の北本から移転してきたパン屋さんイエローナイフへ。

たくさんパン買って帰宅。これは今まで食べたパンの中で一番美味しい。こりゃはまりそうだわ。

図書館寄って本を十冊借りてくる。

土井選手の「敗北のない競技」も見つけたので二時間ほどで一気読み。凄く読みやすく色々刺激をもらえた。

夕方は息子のサッカー体験の見学。試合では大きい子が多くてボールになかなか触れず走り回っている息子君でした。




何だか盛り沢山の休日で充実して楽しかったー。









再始動

実業団レースが終わるとここ数年はシクロシーズンなのだけど、関東では機材もないし洗車する環境もないので今年は見送り。

あと一ヶ月はとにかく沖縄に向けて仕上げたい。

毎年10月から一気に体調が上がるため今年はどこまで上げることができるのか。この8ヵ月間とは別人の状態を作り上げたい。

インタビュー記事もシクロワイヤードに掲載されています。


ニセコは完全にメンタル崩壊と重なってしまったため同じ失敗はしないように自己管理だけは怠らずに頑張ろう。

さて実業団が終わって月曜からまた走り出す。

月曜はひるさいに参加。

奈良さん、佐川プロ、佐藤さん、藤田さん、高橋さんらとロング。

前日限界超えているため走れるはずもなく、ついていくのが精一杯でただ走っただけだった。

グリーンラインは壊滅的路面に加えて何故か天気予報が外れて本降りの雨に打たれ、パワーメーターがまた溺死するという事態に。。。

157km平均心拍120

火曜日は0530彩湖朝練へ。

祝日翌日なので人数は少ないかと思っていたが、おそらくお初にお目にかかるクニモトさん一人。

私は弱くてあまり走れないのでと告げると、クニモトさんがいきなり私を抹殺するべく激上げしてきて殺されかける笑。

その後は二人で淡々と250wから260wで周回重ねる。6周でクニモトさん帰られた後も単独で255wアベ37kmくらいのペースでプラス6周走り続ける。

少しやり過ぎだったのか、腰痛が出てきて日常生活にも差し障りがあるレベル。

ちょっとまずいかも。

72km246w

魚沼のゴール前。ゾンビのようだ。













経済産業大臣旗

疲弊した中年サラリーマンの最後の挑戦でもあるJPT参戦もいよいよ最終戦。

南魚沼に向けて7時30分に家出るが渋滞祭り。ゆっくり昼飯食って行こうかと思っていたが予定崩れる。

時間短縮のためにSAでおにぎりとパン買ったらコンビニの1.5倍の値段がして、どうやったらこんなまずいおにぎり作れるんだと言うくらいにまずかった。高速道路の食いもんはな、、、。

埼玉県は快晴だったが長さ10kmを超える関越トンネル抜けたら別世界。。

大雨ですがな。

11時30分に到着。

今日のテーマは無事に無傷で完走することのため、ローラー回すよりも試走して少しでも落車リスクを低めることにする。試走中から本降りで下りは相当怖い。
ホイールはクリンチャーを選択して空気圧6.0barくらい。結果として下りはまったく不安がなかった。レインジェル忘れたのが痛恨の失敗で寒い寒い。

コースレイアウトは2kmの登りとあとは細かいアップダウンで下ってまた登り。
1周12kmを10周回プラス山頂ゴール。

13時スタート。

最初の2kmの登り。前はアタック合戦で最初から辛い。何名か抜けたので決まってくれと思ったが吸収してしまい落ち着かない。

2回目の登りも逃げが決まらずに地獄を見る。

3回目の登りも地獄。やはり走れていないためか体が思うように動いてくれず前20名くらいから少し千切れてしまう。

同じように遅れたクラブチーム系の面々で追走。

登りきってしばらくしてから前方ではシマノレーシングがコントロールを開始し、ようやく落ち着いたところに無事に合流。


逃げは7名。集団の人数は35名くらいか。

集団はシマノ、ブリッツェン、マトリックス、キナン、クラブチームの順。

4周から7周は落ち着いたペース。逃げとの差が最大1分50秒まで広がるが、そこからじわじわと詰めていく。



集団は人数を減ならしながら終盤へ。

どうも昼飯がよくなかったのか補給に失敗したのか明らかに胃腸の調子がおかしく、うまく吸収できていなくて気持ちが悪い。

きついカフェイン系はたぶん私はダメなんだろう。ここは改善を考えないと。

集団内に残ったクラブチーム勢。


ラスト3周からブリッツェンが追走に加わり、ペースが一気にあがりリストラが加速。

8周回目の登りで足が止まり始め、どうにかクビの皮一枚で登りを耐えきったが、その後地獄強度に悶絶。

悶絶の顔マックス。



そして9周回目の登りて完全に足がフリーズして逝った。

ラスト1周は同じく集団からこぼれたマトリックスの向川さんとブリッツェンの飯野さんと三人。

そして最後の登りへ。雨降る中単独てゴールへ。



最後の実業団レースを噛締めながら遅いながらも全力尽くして登る。



photo by Kensaku Sakai様

完走者30名のサバイバルレースとなったがなんとかツールドフランス4位のマンセボから5分遅れの25位。


直前三週間の激務による睡眠時間4時間の体調不良がなければもう少し上にもいけていただろう。

クラブチームの元気な若者には負けてしまったが、マンセボ除けば最高齢完走者だ。


毎日平均12時間以上勤務のハード系フルタイムワーカーの中年親父でも職業自転車乗りのヒト達相手にそこそこやれることは証明できたのではないだろうか。

一年間支えて頂いたVCFukuokaの皆様、機材面を遠方からサポートしてくれた工房ハイランダーの村上社長、チームを離れながらも毎回快くサポートしてくださるVCVELOCEの皆さん本当にありがとうございます!

何より毎回気持ちよく遠征に送り出してくれる妻には最大の感謝です。





運動会

今日は息子の運動会。

朝に一時間ほどローラー回してから出発。極度の疲労でまったくパワーが出なくなっており、まったく走れる気がしない。
パワーメーターは残酷だわ。
インターバル等の高強度をやらなければいけないのはわかっているが、体調的にどうやってもできないものはできない。

8時00くらいから運動会へ。

いつもぐずぐず言っている息子が頑張っている姿は心打たれる。




周りのお父さんを見ていると父親らしいことを何もしてあげられていない自分が恥ずかしい。


と思いつつも、極度の疲労状態で会場で座っているだけで意識が飛ぶことが何度か。なんとか頑張ってカメラマンやりました。

お昼に終わって、息子に食べたいもの聞いたらやっぱりお寿司だという。

今回もはま寿司だ。

安定の穴子コースかと思いきや、今日はいろいろ食べるんだと言ってきた。

どうやら最終的に穴子よりも海老天が好きになったらしい。



昼からかなり疲れているので少し寝かせてもらいたかったが、許してもらえず、娘連れて自転車を買いに。

今乗っている自転車が小さくなってきたので弟に譲って、お姉ちゃんは新車に。

24インチくらいにしたかったけど、22インチくらいが限界だった。

それにしてもお父さんのハンドルよりも安い金額で自転車は買えてしまうのだな。

明日は一応実業団プロツアーの最終戦なのだが、全選手の中で一番トレーニング量が少なく、極限疲労状態に自信はある(笑)。

超級山岳通過

ここ数日は完全に心身ともに崩れてしまい、心配頂いてご連絡を頂いた方々のお気遣いには感謝の至りです。

夜0時前後の帰宅の連続で何もできない毎日でしたが一日たりとも精神安定のためのローラーは欠かしていません。

ここまでして競技やる意味はまったくわかりませんが、何事も逃げたら負けなんだよ。

勝ちたいというよりは己に負けたくないから続けているだけなのかも。

まだ死んではいないので戻していきます。

極度の精神的、肉体的疲労状態でこの2週間で出せる出力が10%くらい下がってしまい、状態的にはあんまりよろしくない。

東京

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請