FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

目標

目標に向かって為すべきことをしているときが一番充実している。

目標-現状=やるべきこと

どのように達成するかを考え、一つずつできないことをクリアすることで成長し経験値を積んでいく。

毎年年初に目標掲げてそれに向かって1年間取り組む。この習慣を何年も続けているけど無為無策に怠惰を貪る生き方にならなくて良い。

結果として競技力は15年間年齢の壁に負けず少しずつ進歩を続けてきた。

拘ることは毎日ぶれずに続けること。

毎日HUNTER×HUNTERのネテロ会長の正拳突きのイメージでローラーに乗る。







続きを読む
スポンサーサイト



大磯クリテリウム

なんとなく沖縄の残りカスで少しは走れるのではないかという淡い期待でウォークライドさん主催の大磯クリテリウムにエントリー。

小学生クラスもあるし娘も出れるかと思ったけど、近所の体操教室行きたいというので結局パパ一人で行くこと

午前中にTTレース。

1周1kmを2周。



無事に優勝。

ポジション的にはDHバーの位置をもっと下げたい。

続きを読む

彩湖朝練

昨晩彩湖で軽く二時間殴り合いをしますと連絡があり、のこのこと出向いて行って朝から二時間殴られて来ました。

結局1時間50分262wくらいで良い感じにきつすぎず楽すぎずで楽しめました。


10時に帰宅して丁度100km。

昨日取ってきた白菜やらブロッコリーを大量に食べて昼から公園へ。



子供達が元気過ぎてなかなか帰らずにパパは空腹に耐えられずママに任せてパンを買いに。

イエローナイフで美味しすぎるパン買って子供達の帰りを待つがなかなか帰ってこず。

待ってる間に明日は久々にTTレースなのでTTバイク準備。

新しいディスクホイールを導入したが、リムが太すぎてブレーキの構造上どうやっても嵌まらず。

ブレーキシューを極限まで削るしかないか。

















家族感謝の日

今日は家族感謝の日。
いつも通りにローラー回してから家族で加須市のみどりの森という小さな遊園地へ。

7歳4歳の子供たちには丁度良い規模で喜んでくれた。

収穫体験もあって特大の大根と白菜を格安ゲット。



重たすぎて持って帰るのに一苦労。


続きを読む

終わってからも



翌朝の新聞に少し登場。



沖縄終わってから大阪出張があったり休んだ分の仕事上のリカバリーがあったりでバタバタ。

沖縄終わったら乗らなくなるひとも多いですが、私は乗ります。

その理由は、、
続きを読む

ツールド沖縄エピローグ

[機材面]
今回の使用機材や体のスペック等については11月20日発売のCycle Sports一月号に詳細に書かれていますのでよろしければご覧下さい。

メカニックは今回も工房ハイランダーの村上社長に一任。毎回完璧に仕上げてくれてこれまで一切機材不具合なし。



現地まで電話で状況確認してくれたりと細かい気遣いをしてくれる心配り。最高のメカニックです。

[落車の影響]
今回は高岡さん、井上さん、森本さんという優勝候補が3名が同時に落車で遅れるというハプニングがありました。

続きを読む

ツールド沖縄2018レース編⑤




羽地ダムは、一度目のピークを越えてからアップダウンが少しあり、最後にもう一度500mほど登る。

一度目のピークで紺野選手との差は10秒ちょいか。

松木、寺崎、白石、田崎の順でピークを越え4名の追走。


©Makoto.AYANO/cyclowired.jp
続きを読む

ツールド沖縄2018レース編④




慶佐次の補給ポイントの登りで紺野選手が単独で抜けて行く。強い。

ここからしばらくは平坦なので集団有利につき追わない。

白石選手辺りが動いたら動くつもりだったけど
全員様子見。というより追えるヒトがいない?



©Makoto.AYANO/cyclowired.jp

続きを読む

ツールド沖縄2018レース編③




二回目の普久川ダムもゆっくり登り始める。

高岡さんが毎年遅くなっていくなと呟いていたな。業を煮やした最強系クライマー森本さんが山頂に向けて後半ペースを上げてくる。さすがだ。


©Makoto.AYANO/cyclowired.jp
続きを読む

ツールド沖縄2018レース編②




序盤から逃げるつもりはないので、70km 地点まではとにかく温存サイクリング。


©Makoto.AYANO/cyclowired.jp

落車しないことが一番大事な最初の1時間。

エントリーが430人。ちょっとインフレしすぎでは。。。

参加資格はないので色々な方がエントリーしており、様々なリスクが潜む序盤。

スタートして10分くらいチーム監督の佐藤さんと来シーズンについて話しながら走っていると左前の人がいきなり、、、


続きを読む

ツールド沖縄2018レース編①



今年はFRESH LIVE TVで亀の子束子さんプレゼンツでレース映像が見れるというのが楽しみだったのですが、電波状態が良くなくて結局ほとんど羽地ダムの定点映像になり、一番面白い終盤のドンパチはほとんど写っておらず、音声のみになってしまいましたね。


家で見てくれていた家族に、もう少し父ちゃんの頑張りを見せたかったので残念。市民レースの中継してもらえるだけでもありがたいところですが。



コメント見ていると、高岡さんへのコメントが山のように出ており高岡人気を目の当たりにしたわけですが、私にも励まし、応援のコメント頂いた皆様ありがとうございます。

実際レースを走っていた人間にしか展開や、勝負のアヤ、細かい駆け引きはわからず、ロードレースはリザルトには現れない数多くのドラマやトラブルがあるので私目線でそちらをお伝えしたいと思います。

ではでは以下レポート。

続きを読む

ツールド沖縄食事編

11/13思いだしたものを少し追記。



まずは食事と補給編。

5位の選手の話なんぞ何の参考にもなりませんが、本人の来年以降の備忘メモとして残しておく。

木曜日からカーボロディング開始。
夜はパスタ大盛。

金曜
早朝出発のため朝4時にクリーム玄米ブラン6枚。飛行機の中でおからビスケット少々。
昼ごはんは那覇で沖縄そばとジューシー。
夜は和食系沖縄料理にご飯大盛。

土曜日
朝御飯はヨーグルトミューズリー。塩あんぱん。バナナ。
90分程試走後羊羹とバナナで補給。昼ご飯に東村でテビチ定食。

夜ご飯は、沖縄そばとジューシー。追加でヨーグルトミューズリー。

寝る前にミネラルローディングで2run一包。

当日
朝御飯はヨーグルトミューズリー。塩あんぱん。鮭おにぎり。SUPER VAAM一包。
出発前に2run1包。カロリーメイト一200kcal。アミノバイタルパーフェクトエナジー一つ。

朝はコーヒー飲みたいけど利尿作用があるものは飲まない。

補給食
梅丹クリアプロ赤7つ、金一つ900kcal
バランスパワー一箱400kcal
スポーツ羊羹2つ250kcal
試供品粉飴150kcal
1700kcal

5時間15分のレースなのでもう少し減らせるか。
ハンガーノックでレース終了は避けたいのでお守り的に必要以上に持ってしまう。

ボトルの中身は胃への負担を考え甘いものは回避してさっぱり梅丹電解質パウダー。


続きを読む

前日



のんびり寝て0730から活動開始。

airfitなる貼る心拍計を試してみたりする。

この日も羽地ダムに車を置いてコース確認。後半のレイアウトを体に覚えさせる。

45分で折り返し最後の羽地ダムだけ刺激入れで320wでプッシュ。

全然周囲にヒトの気配がなかったのに、ピークで突然後ろから紺野選手に追いつかれる。一体何秒詰めてきたんだろう。私も320wだからそんなに遅くはないよ。かなり調子良さそう。

その後に高江の登りを見ておきたかったので車で試走。

ただ車走らせたのみであんまり頭に入らず。思いのほか遠くて疲れ果てた。

車での試走はあまり意味が無くてやらないよりはましという程度か。

サイクリング部門の皆さんがたくさん走っておられて車で横を走ると危ないこと。

登りは皆さんフラフラなので接触したらどうしようとまじで怖い。

その後に会場行って受付したりして宿に戻ったら18時過ぎそこからご飯食べに行ってゼッケン付けたり準備してたら22時過ぎ。

結局沖縄に来て観光らしいこと何もせずひたすら道を走っただけという、、、。

朝ホテルの前で海の写真撮ってたら後ろに井上さんが現れてびっくらこいだ。結構絞れているように見えた。



ちなみに今回は格安ツアーで組んだのでホテルは古いこじんまりした台風の被害でテラスが崩壊したホテルだったけどまあ一人なら充分かな。

ドア開けると足下にネコがいて、もの欲しそうな顔をして見つめてくるというなんとも言えない感じでしたが。

今回は気合入れて一人旅行としてみたが、色々寂しさもあったのでやっぱワイワイガヤガヤの方が良かったな。


















沖縄入り

例年よりも一日早い沖縄入り。

4時起きで朝0625のフライトに乗るために家族に羽田空港まで送ってもらう。

家族も一緒に行きたいがレース前はあまり疲れることもできないので遊んであげられないし、レース終わったら時間的に学校もあるのであんまりゆっくりできないし、、、

結局ただ着いてくるだけになるので、今回は単独旅行にした。

いや旅行というよりも、これはもはや仕事だ。

那覇空港着いてレンタカー借りて出発したのが11時過ぎ。

定番の沖縄そばを食べる。このシンプルな味が一番。



14時過ぎくらいに名護市に到着したら小畑さんに遭遇。水曜入りで準備しているそうな。

羽地ダムに車デポして自転車組み立ててコースを30km程逆走して戻ってくる。

まあ意識高い系のライバル勢はしっかり走ってること。

二時間程走って終了。往復で1000m以上登ることになったので普通にきつい。後半のアップダウン本当に難しい。最後はどれだけ足を残せているかだけだな。

暑さ慣れをしておきたかったが今日は風が強かったせいかあまり暑苦しいという感じはなかった。

走り終えて特製チェーンに交換して準備完了。

イオンで買い物した後に晩御飯は本部の和食料理屋にて奮発してたくさん食べる。



久々にのんびりしとります。
































いよいよ

明日から沖縄へ。

何でこのレースだけこんなに真剣なのか。

他のレースは全てこのレースための練習だったかのように思う。

今週のメモ。

月曜、火曜と耐熱ローラー一時間。

160w

水曜は30secインターバル10setと3minインターバル3set。

3minは良いとして、30secは400wが辛い。

木曜は耐熱ローラー70min 175w

本日からカーボローディング開始。

間食が鳥肉から大福に変わる。

夜はパスタとサラダ山盛りにグラノーラローディング。

食べ過ぎか。













あと少し

昨日は大阪出張。一日色々あり疲れ果てて新幹線の中でくたばりながら埼玉に戻ったのが23時。

今朝の起床時体重56.6kg

少しシリアル食べて、ローラー一時間。

まったく負荷かからず162w程で汗だく。

まあ疲労抜くことだけに集中する一週間なので無理に負荷かける必要もないかな。

沖縄のレース展開を色々考えてみる。

実際レースするのは30名くらいなのだが今年のエントリーリスト見る限り過去最高レベルなのは間違いない。

三味線を引き続ける井上さんは間違いなく強いのでブログ内容は8割引で見ておく(笑)として、高岡さん、岩島さん、岡君、寺崎君あたりに抜け出されると厳しい展開になるか。

森本さんの好調さも不気味。

ダークホースのクライマー部隊中村さん、兼松さんらがどういう動き方をするのも面白い。

気候条件にもよるが、全体の実力が拮抗している気がするので最後は12名程度のスプリントのような予感もしている。

私の作戦はある程度出来上がっているし、流れの中で自分の状態を冷静に考えいかに状況判断できるか。それが楽しみ。

沖縄のゴールは1年間のゴールでもある。

悔いなく出し切ったレースをすることが一番。

1年間この一日のためだけに走っているみたいなもんだ。














 














ZL5

久々に大阪を走る。

昨日もTSS300超えのため今日の強度は難しい。

足に余裕があれば勝尾寺TTなんて思ったけど、疲労困憊で走ってもあまり意味なさそうだし、向かい風でタイムも出なさそうなので大人しく池ちゃん主催の東福井へ。

監督、でんかさん、池ちゃん、村井さん、金子さんらとスタート。


金子さんと池ちゃんと三人で回す感じで登る。

275w 152bpm

やっぱ体動かん。

久々に銭原ループへ。今日は5周とな。

最初抑えて後半あげていく感じで。

最初の2周は215w程で流しペースで平均心拍122。

3周目も230w程だが池ちゃんと二人になる。皆さん疲労困憊なのかな。

4周目の銭原から300wにあげていく。

池ちゃん置いていってすまん。

最後の5周目は280wペースを維持して良い感じに足が回ってきて最後の銭原を仕上げに頑張って登るかと思ったら見山の郷前で痛恨のパンク。

針金みたいなの踏んで、一撃貫通。

こりゃもう止めておけという天啓に違いない。

そこからもう一度強度あげる気になれず、余計な疲れを残す意味もないためサイクリング強度でのんびり帰宅。

152km2200up平均心拍123

帰り道は法貴峠が通れるようになっていたが片側交互通行の連続でストレスフルなので通らない方が良いです。

銭原走っていたら村瀬さんやらジョニーさんやら陽平さんやらとすれ違う。

せっかくなら一緒に走った方が楽しくて練習になるのになー。

家に帰って56.8kg。

良質栄養補給。





































スペアバイク

決戦バイクは最終チェックのため工房ハイランダーにピットイン中。

今日はスペアバイクのスコット号。

たまにローラーで使う程度で二年程ノーメンテで。

ちなみに10速で初期の電動デュラエース7970。

これまでまったく問題なく走っているのが凄い。ひとえに工房ハイランダーの村上社長のメンテの賜物か。

そんなバイクでひるさいへ。

最初は快調に走っていたが、段々とペダリングに違和感。

サドル低くないか。

ずり落ちてきている。

工具お借りして直して走り出すもしばらく走るとまたずるずると。

再び直して白石峠突入。

21分52秒と微妙な感じで先週よりも30秒遅くなり特に後半の失速半端無い。

その後の松郷、くぬぎ村、裏松村すべて全然力入らず失速。

帰りのサイクリングロードも抑え目で帰った。

157km

うーん、今日はスペアバイクなのでしょうがないと思いたい。

サドルが落ちてくるので使う筋肉が変わってしまい、右足のハムストリングが攣りそう。これが一番まずい。この時期は変なチャリ乗ってはいけないな。

村上社長から自転車仕上がったとの報告。

明日乗るのが楽しみだわ。



























最後の難関

昨日も帰宅が23時を回り、肉体的にもメンタル的にも満身創痍状態。

沖縄はスタートライン立つまでも、仕事、家庭等をコントロールする力が求められ、どれもいかに全力でやりながらトレーニング時間を捻出し限られた時間の中で負荷をかけていくか。

単純な競技力以外の要素も試される。

まさしくアマチュアレーサー最強決定戦だ。 


昨晩帰宅時は55.85kg

今朝は57.2kg

中学校一年生以来の体重になるなんてまったく想像していなかったが、この体重ならヒルクライムレースも少しは走れるのかなという興味が湧いてくる。

来年は乗鞍か富士山か出てみようかしら。

順位狙いとかではなく、一時間切れたらいいな的な感じて。

今朝も体調回復ローラー。170w程で一時間。






体調

昨日の朝練後からどうも鼻水が出たり咳が出たりくしゃみが出たり。

一番やってはいけない、風邪か。

1年間このレースのためだけに走っているのに、くだらないことでパフォーマンス落とすことは最悪。

病は気から。気合で吹き飛ばすしかない。

今朝は予定変更してデトックスローラー。多少の風邪はローラーで体を温めて治せるを持論に扇風機なしで汗だくでこぎ続ける。

240wで60minほど。扇風機の冷却ないと心拍が上がる。


最後はヘナチョコタバタ。

体重は起床時57.3kg、ローラー後に56.3kg。