FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

GW2日目

東日本実業団in群馬サイクルスポーツセンター。

ここのコースは車も走るので来る度に路面の割れが酷くなってボコボコになっている気がする。

特にホームストレートの割れとか結構怖いよ。

距離は25周、150キロと長め。レースレイテイングはプラチナと最高クラス。

家族と一緒に0730に家を出て10時過ぎに会場到着。

朝の体重は60.2kgとクソデブ状態。体調面、メンタル面とも完全に調整失敗。

レースは序盤に三名の逃げを容認。

集団はかつてない緩い強度でただ距離を消化していく感じ。

一番きつかったのは、11周目くらいでおしっこが我慢できなくなって止まったら、佐野さん、佐川さんも止まっていてひるさいメンバーで、集団追いかけて復帰するのが一番きつかった。


残り5周からペースが上がり、一気にリストラ進み残り二周で後ろを見たら誰もいない。集団も40人くらいまで減少。集団内に中村、前原の若手が残ってくれているのが心強い。前原君はかなり強くなっている。

前の方ではプロ選手達のドンパチ合戦。足の状態も結構きつい。この状況で高ポイント圏の20位以内は至難だし、最低限の50位以内は固そうなので無理はしないことに。

今回は修善寺、広島に次ぐ三度目のトラブルだけでは絶対回避したい。

集団の後ろをヒラヒラして絶対に事故らないようにゴールして42位。

かなり不吉な順位なのが気になるが。

レース終わって京都へ帰省。

群馬から関西行きは諏訪湖まで下道通る方が早いのだが、まだ19時過ぎなのにガソリンスタンドが全て閉まっているという状態。

ガソリン残量表示が完全にゼロになった状態で、山道に入ってしまい諏訪湖まで残り40km。さすがに焦るわ。

道中色々トラブルありながら1時前に京都帰宅。疲れた。

photobyKensakuSakai様




















スポンサーサイト



GW1日目

明日のレースに備えて軽めのローラー。

今週は広島の落車のダメージなのか、まったくかかる気配すらなく終わってしまい、群馬は最低の状態で臨むことになりそうだわ。

昼から息子の自転車レッスンと娘の鉄棒レッスンのために公園へ。

息子はご機嫌に自転車乗れるようになってきた。娘は鉄棒で連続前回りができずに悩み中。

その後に家族でイオンへ買い物。

家電はJoshinで買うことが多いけど、GWクーポンや楽天ポイントやら、PAYPAYやらでスマホ何回も出して買い物。

色々覚えるのも従業員も大変だなあと。

結果、3000円くらいの買い物が実質300円くらいになり、なんか得した気分にさせるのがうまいのが関西系企業だな。


夜は息子と毎日コツコツ絆を築きながらゴールを目指してきたスーパーマリオワールドを無事にクリアして息子感動。

この二週間毎日早くパパ帰ってきてというのが、仕事を早く終わらせるモチベーションになったり。

次はロックマンでもやるか。





ダメージ


広島から帰宅後、痛みのせいかほぼ一睡も出来ず。

しょうがないので夜中の3時にアムステルゴールドレース見ながらローラー。お陰で凄いレース見れた。


その後特に左肩が痛くて腕がまともに動かない。

振り返ってみるともっと注意を払っていればボトルが転がってくるのにもっと早く気づけていたかもしれない。気づいていれば避けようもあったし、受け身の取り方もできた。

今回はまったく気づかず転がってくるボトルが目に入った次の瞬間の出来事だった。大怪我する落車って予期せぬこんなタイミングで起こることなので、その割には今回は軽傷で済んだし、マシンも無傷。誰も巻き込まなかったのも良かった。

多くの有力選手がDNFのなかで、残り5周単独状態からどうにか完走までこぎつけたのでまだ良かったと前向きにとらえることとする。

反省は大事だけど、覆水盆に返らず。

「たら、れば」はなく終わったことはしょうがない。

次に向けてどうするかが大事。

残り数少ないチャンスをどう活かすかに集中。

しかし今週は体が死んでおり、トレーニングがまったくできず。


















西日本ロードクラシック広島

伝統の西日本実業団。

朝6時に家を出て、羽田空港を8時過ぎの飛行機に乗って広島現地着は10時過ぎ。

レースが昼からだとこれで充分。

前日にカーボローディングという名の食べ過ぎで体重が60.5kgまで増量。水も飲みすぎたな。お陰で朝からまったく腹減らず。

レースは12時15分から。

序盤で有力チームが入った逃げが行ってくれて集団はホストチームのビクトワール広島が牽く感じ。

集団のペースは一周18分20秒か40秒くらいなので遅くはなく逃げとの差は1分そこそこを保つ。

そして6周目の三段坂で一気にペースがあがり逃げを吸収。

三段坂の下で前方のプロがガチ踏みで上げられると反応が遅れなかなか追い付けない。

ホームストレートでようやく追い付く。これで集団は一気にリストラが進む。

7周目もそこそこハイペースで進み、補給を取るべく先頭付近で補給のみきさんの方へ。がっちり左手で受け取った直後に今日のその時はやってくる。

ボトルを入れ換えた瞬間に右の選手の脇から突然黄色い3アクションのボトルが私の前輪目掛けて転がってくるのが目に入った。

次の瞬間にボトルに乗り上げそのまま踏み潰していけるのかと思いきや、前輪がボトルに取られて落車。


今回は顔面を地面に打ち付け、肩をぶつける。

なぜだか知らんが足も腕も血まみれ。肩はジンジンするが、骨は大丈夫くさい。

再出発するもチェーンが外れてなかなか手間取る。

集団はさようならー。

高い金払って広島まで来てこの有り様は情けないったらありゃしない。

最悪なことに後ろに集団らしきものはまったくなく完全に単独走。

走っているうちにこんなくだらない落車で諦めてDNFとか何も残らんし最悪この上ないわと思えてきた。

子供達にお父ちゃんは広島までいって転けて帰ってきたとは言えん。

お父ちゃんは諦めずに最後まで戦ったとせめて言わなければ。

と思いはするも、一周一人で走って帰ってくると3分30秒も先頭から開いてるし。落車した直後にまともには走れない。

脳内アナログスーパーコンピューターの試算ではこのまま離されていくと最終周回に入るところでギリギリ足切りにされてしまう。

それだけは惨めすぎるので避けねば。

プロがガチ踏みする集団相手に一人で抗えるわけもない。

後ろに集団はいねえのかと走りながら沿道のヒトに聞き回る。

しばらく走っていると後ろの方に二人の人影。

一人より三人と足を緩めて後ろをまつ。

FIETSの水野選手とエンシェアの河賀選手と合流。

二人ともナチュラルに集団から切れているのできつそうだけど平坦と下りはしっかり牽いてくれる。

登りはまだ余力ある私が牽く。

そして残り二周でタイム差が7分30秒。最終周回入るところで10分空いたら下ろされる。まずい。ギリギリだ。

三人で11周目粘る。

ゴールラインにヒトが立っているのが見えてこりゃまずいかとおもったがどうにか8分30秒遅れで最終周回に突入。

後ろに最後尾車が現れる。後ろは全員切られたらしい。

二人とも力尽きてしまったので三段坂から普通に先に行かせてもらい35位でゴール。

なんとか完走点だけでもチームに貢献することに意義がある。

それにしても突然死角からボトル転がってくるとか何のトラップ?そしてどんな確率で起こる話や。それを気づかず避けれなかった私が下手というのも認めているが、、、。

前回の修善寺の突然チューブラー剥がれ事件といい私の今年のJPTは呪われてるとしか思えん。これはもう止めろという勧告か。

何が辛いって人生の残り少ないレースににつまらないことで全力をぶつけられないのが一番辛いのだよ。

次の群馬もどんな呪いが待っているのか。

photo by KensakuSakai様























海苔納豆ご飯

今朝のひとこま

息子君
朝御飯は海苔納豆ご飯が食べたい。


ママ
ごはんに納豆かけてその上から海苔をまぶして

はいどうぞ。


息子君
違う!僕が食べたいのは海苔納豆ご飯なんだ!

ママ
何が違うの?

息子君
ご飯の上に海苔でその上に納豆じやないとダメなの!

パパ
海原雄山かよ!


ママ
作り直し。

息子君
うん。これでいい。


こやつ、、、。

そして結局二つとも残しやがった。




朝飯抜きローラーの功罪

この冬は朝御飯を食べずに起きて10分後にローラーのうえにいるというのを日課としてきた。

低血糖状態トレーニングもどきをと思ったが、結局いつも帰りが遅すぎて晩御飯食べるのが23時以降になり、朝飯と夜飯が一緒になっただけという感じで低血糖にはならずに特に意味はなかったようにも思われる。

むしろローラーのパワーダウンが凄まじく逆に弱くなっている感覚すらある。

何よりこの問題点は、、、朝のお通じにある。

朝御飯食べると便通も快調なのだけど、朝御飯食べないと便通が極めて不調。

朝以外のタイミングで出れば良いけど、なぜか結局でないので、体重がまったく落ちないのだ。

先週朝御飯食べることにしたら便通が快調になって、体重が1kg落ちて登りが少し楽になった。

ベスト体重は57.0kgだけど現状はようやく59.0kgくらい。

伸び盛りの20代30代と違って、この年齢になると大人しく体重を落とすことに注力した方が正解な気がする。

2kg減れば相当楽になるはず。

57kgになったらヒルクライムに試しに出てみたい。もちろんチャンピオンクラスとかはすぐに千切れるので年代別で。














鴻巣へ

10時に鴻巣で嫁の所属するバスケチームの試合があるので子供の面倒見るために早め上がりひるさいへ。

奈良さんのご厚情により私が行きやすいコース設定に。ありがたや、ありがたや。

しかし、今日は今年最大の疲労困憊状態。

木曜日、土曜日とやり過ぎたようでどうやっても踏めません。それだけ負荷かけれてたということだ。

アグレッシブに牽く藤田さんとは対照的に、なんとかローテ入るのが精一杯。


さらっと吉見まで走って皆さんとお別れして鴻巣へ。

ちょうど100kmくらいで195wくらいの程よい強度でした。

初めて女子バスケ見たけど結構面白かった。なんかうまいヒトはそういうオーラがあるなーっと見ていて勉強になった。

お昼ご飯は鴻巣らしいものをということで子供二人と荒川名物川幅うどん食べに。

日本最大の川幅を表現したうどん。



うどんなのでハズレはないが、丸亀製麺のほうがバリューなのは間違いない。









170kmと185km

木曜は最繁忙が少し落ち着いたため休日勤務の振替休日。

一人で走るかと思って走り出したものの強烈な北風。

平坦で300wで踏んで時速18kmとか、横風に煽られサイクリングロードから落ちそうになったり。車体を斜めに倒さないと進めないような風。

山に逃げ込もうと白石峠に入ったら今度は雪まみれ。

山頂は一面銀世界で雪融け水の跳ね上げで全身びしょ濡れで寒すぎて死にそうに。

秩父経由で山伏峠越えて飯能から入間川サイクリングロードで、帰宅。帰りは150wで時速45km巡航できる追い風。

一人で走るのはただ辛かった。



金曜は流しで土曜はひるさい。

佐野さんと藤田さんらの特濃面子で定峰。

赤絨毯前から20min306w。

後半一人で牽いた割にはタイム的には自己ベストみたい。

その後は窯伏峠、二本木峠と激坂登って腰痛悶絶。

帰り道の裏松郷も後半上げていって自己ベスト更新。まだ踏める感触はあり。

温かくなると体も動く。

調子に乗って佐野さんと二人で本隊から離脱し萩日吉行ったら最後かなりタレて死んだ。

帰り道は佐野さんと二人ローテで前をいく本隊への合流を目指す。足が終わって辛過ぎる。

なんとか入間大橋で無事に合流。

いつもは一人で牽くことが多いサイクリロードも佐野さんが牽いてくれたので辛さが半分で済んだ。

佐野さんから彩湖二周おかわりいくぞと誘われましたが補給食も足りず着いていけそうもないため帰宅。

185km 4000kj TSS390。

帰宅後子供たち連れて公園へ。眠すぎてかくれんぼしながら隠れたふりして寝ていたら息子に怒られた。



















色々お試し

チャレンジロードでお試しシリーズ。

ソックス
FOOTMAXはチームサポート頂いているものの従来から使っており、サポートの有無に関わらず作りが秀逸なので他の選択肢はない。

今回は自費で購入したROADBIKEモデルを使用。普段はレーシングモデルだけど個人的には靴下は薄いものの方が好きなので試しにこちらを利用。

控え目に言って最高です。適度なフィット感と履き心地がかなり良い感じ。

ちなみにシューズカバーもアームカバーも最高です。

コンプレッションソックスも購入せねば。

FOOTMAX様の職人魂エピソードを聞いて心底惚れ込んでおります。


AIRFIT

胸バンドじゃない貼り付ける心拍計。

昨年の沖縄前に購入して沖縄前日の試走では反応していたものの当日まったく反応せずベルトタイプに付け替え。

その後もまともに使えた試しがなく、逆に心拍センサーが壊れたりして。

今回は心拍センサー買い直したので久々にお試し。着ける位置を少し上の方にしてみた。

最初はいまいち反応しなくてダメ。

なぜだか二周目からはちゃんと拾っていた様子。

しかしここ数年で20分の最大心拍記録していたのだけど、、、。

これはもうちょい使ってみる必要があるか。

着けているの忘れるくらいに快適なので使い続けたいけど。

昨日と今日はヘナチョコトレーニング。

日々出せるパワー数値が落ちていく現実とどう向き合うかだなー。

しかし森本さんのあの異常な強さ見てると年齢言い訳にしたらあかんのやろうな。




ダメージ

チャレンジロードで色々実験。

インソール
有名な堅いやつ入れてみた。ローラーでは問題なさそうだったが、途中から右足が痺れてきてこいつは失敗だったか。

インソール効果かわからんけど左右のパワーバランスは改善。単純に右足の出力が下がっただけかも。


ホイール
チューブラータイヤーが先日死んだのでクリンチャー25cで出場。少々重たさを感じるがコーナーリングの安定感は向上。空気圧は6.7くらいがたぶんちょうどよい。

クランク
170ミリに変更。たぶんこっちのほうが早い。いまのところデメリットは感じない。

NP272wで二時間走ると結構疲れる。

2月のウィンターロードは300w近く出てたので1ヶ月で体もメンタルもやられちまった。


photobyKensakuSakai様















最繁忙からチャレンジロード

今週は3月から続く仕事の繁忙がピークに。

皆さんのご協力のお陰で今回もまたなんとか乗り越える。毎回本当に寿命が削られる。

おまけにこの時期は黄砂とヒノキ花粉のダブルパンチで鼻グシュグシュで体調は最悪。

そんなこんなで仕事のTSSが一週間で1000を越え完全に選手としては破綻。どんだけパフォーマンス低下してしまったのだろう。

土曜は久しぶりにゆっくり寝た。昼間も疲れすぎてまともに起きてられない。朝少しローラー回して娘の鉄棒の練習に付き添い、息子のマリオブラザーズをやってあげるくらいが精一杯。

今日はチャレンジロード。

朝から東名でポルシェと軽トラの激しすぎる衝突事故で道が塞がれ90分くらい足止め。イライラしてもしょうがないので、もうレースは出なくてもいいかなと気持ちを切り替えていたけど間に合った。

現地着いたらほぼアップの時間のなし。

疲労困憊の体にノーアップに近い状態で走れる気がまったくしない。

こんなときに限ってメンツはプロばかりだし。

三周目くらいで20名くらいがわらわらと集団作って逃げになりそうな雰囲気。

メイン集団はブリジストンが牽く雰囲気。

後ろの方にいたのでこれ見逃すかどうするか迷って、面子的にこれが勝ち逃げになりそう。

どうせ失うものないしブリッジすることに。

このブリッジで強度上げすぎて死んだ。

どうにか合流したのは良いが、その時点で虫の息状態。おまけに体が動かない前半なので更にしんどさマックス。

前の方では山の神森本さんがゴリゴリ牽いてるし。強すぎねえか。

三周くらい粘ったけどこりゃあかんと千切れて集団に戻る。弱々過ぎて凹んだ。

一分待たずにブリジストンが牽引する集団がやって来てそこに身を任すことに。

あとは流れに身を任せてゴールまで。相変わらず後半のほうが体が楽になる。

最後は全日本の資格も既に持っているので無理せずボチボチとゴールへ

23位だったみたい。






子供たちを春休みの最終日に遊園地で遊ばせてあげるというメインタスクも無事に完了。







時間捻出

昨日は23時と少し早く帰れたので久しぶりに6時間睡眠。

水曜だけは少し負荷かけてトレーニングっぽいことを。

270wレストの360wもがきを16set。

苦しさは最初から最後まで一緒ながら最後のほうが最初より15wくらい高い。

一時間くらいの練習では体が温まった頃に終わってしまう体質。

最初に負荷がどかんと上がるレースは無理だわ。

TSS113



今日も0時過ぎコース。

仕事が本当にできず周りの帝国大学系の方に比べると5倍の時間がかかるので処理できずに帰るのが遅くなりトレーニング時間捻出てきない。

無理矢理時間捻出するために移動時間はすべて走ったり、飯食う時間やら風呂入る時間を削りまくる。

こんな生活していると人生何がやりたいのが本当にわからなくなってくる。











新年度

昨日は低体温状態から復活したあとに家族でお花見。

息子と二人で公園のなかを冒険の旅へ。

タンポポや小さな花を見つけてはうわーっと言っているのが新鮮。




娘とバトミントンしたり昼寝したりして夕方まで公園でのんびり。

夜はスーパーファミコンのマリオブラザーズでクッパ城がクリアできないという子供たちのリクエストに応えムキになってクリアして拍手喝采。父ちゃんの凄さを見せてやったぞ。

家族との時間は本当に大切。


さて今日から新年度。

会社生活18年目。

受け身ではなく能動的に学び、成長する一年にしたい。