FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

馬肉を食べる

今朝は5時前からローラー。

リカバリーライドで70分Zwiftライドイベントに参加。かなり登りばっかりでリカバリーになってなかった気もするが、170wくらいでまとめたのでまあよいか。

こののんびり強度で走っても300人中150位だったので結構ゆっくり走ってるヒトもたくさんいるんだなーと感じた。

早めに会社行って業務処理開始。早めにいったお陰でギリギリ京浜東北線の人身事故に巻き込まれずに済んだ。早起きは三文の徳だね。

実は仕事は結構やることたくさんあってヒイヒイ言ってる。

最近毎日ブログ書いてるのは電車の中で本を読んでた時間をこれ書く時間に一部回しているだけで別に生活が楽になってるわけでもなんでもないんです。

さて今日のランチ。

馬肉を食べる。

馬肉バル跳ね馬

あんまり馬肉食べたことないけど常に情報収集は大事なので突撃。

馬肉の漬け丼890円


ローストビーフみたいで普通に美味い。半熟卵とタレも絶妙にマッチ。意外に容器が深くて最後まで楽しめた。

嬉しいのが馬肉たっぷりスープみたいなのが飲み放題。味は洋風出汁に味噌溶かした感じだけど鍋の底に大量の馬肉が眠っていて、これ結構いける。三杯おかわりしてしまった。

定食はご飯もおかわり自由。

店の雰囲気は綺麗で良い感じなのだが、あまりヒトが入ってないのが気になるところ。

馬肉は栄養価も高いので侮れんな。また行っても良いかなー。

5段階評価
味☆☆☆☆
量☆☆☆☆
スピード☆☆☆
値段☆☆☆
雰囲気☆☆☆
接客☆☆☆



スポンサーサイト



チーム練

イシトモさんに主催いただいているZwiftチーム練。

0545から5分間のイージーライドからスタート。

コースはvolcano周回?で初めて走るコース。

みんなが走りやすく集団復帰も可能なコースを選択してくれたイシトモさんの心意気に感謝。主催するヒトは結構苦労してやってくれていて本当に頭あがりません。

せっかくのチーム練なので序盤は集団走行。20分くらいまではみんな元気そう。

一ヶ所20秒くらいの登りがあってここでノーマルローラーとスマートローラーの差が出ている感じ。

周回毎に少しずつ坂の強度を上げるようにしてみたけど、5周目くらいで少し離れてしまった。その後しばらく待ってみたけど7秒差くらいがなかなか詰まってこない。

池ちゃんとイシトモさんがガンガンいくので合わせて走るとまた開く。この追いかけっこ見るのもおもしろい。

残り二周くらいから実験的に単独走に持ち込んで集団走行と一人走行のパワー差がどんなもんかやってみた。

単独300wと集団240wくらいが同じタイムくらいだったかな。

集団効果はリアル以上に大きいような気もするしこんなもんな気もする。

イシトモさんありがとうございます。
今日も楽しかったし、来週も楽しみ。

今日はダブルヘッダーなしでTSS100程度に抑えて仕事へ。

これくらいの練習量がちょうどよくて仕事が捗る。


さて今日のランチ
焼鳥酒場本田商店

最近ランチを始めたようだがまったく流行ってなくて流行らない理由を探るために行ってみた。

11時40分に行くと看板出してるのにまったく準備されてないし、、、。バタバタと若い男女が出てきて準備。

焼鳥店だけに、鳥の網焼き、唐揚、鶏そぼろの三択。

網焼きをチョイス。焼いてるところも見えるが出てくるまで準備が遅すぎてそりゃダメだろ。



鳥は確かにでかい。

肉がかなり柔らかい。

鶏モモ肉で柔らか過ぎるのは好みが別れるところ。

鶏肉の下にご飯があるのだけどご飯が少なすぎてご飯よりも鶏肉が余ってしまった。

値段は1000円。ジュースワンドリンクは無料付。

コーヒーなら飲むけどジュースは不要だわ。

1000円の価値はないなー。

5段階評価
味☆☆☆
量☆☆
スピード☆
値段☆☆
雰囲気☆☆
接客☆☆



JZMR

一度でてみたかった0515からのジャパンズイフトモーニングレースに参加。

参加者は日本人中心に83名?世の中には朝早くからもがき苦しむのが好きなヒトがこんなにいるのかと驚く。変態ばっかりだ。

コースは2kmちょいの10%超のきつい登りを二回。

山頂ゴール設定が男のロマンに溢れている。

一回目の登りで絞られて二回目の登りは8名で入る。最後は相当ガチで追い込んで朝から心拍182を記録して最高負荷となった。

レベルの高いレースに参加させて頂いて感謝。

その後7分のレスト後に約50分のレース。1レース目のダメージがでかすぎて最初からかなりきつい。

なんとか最後までたどり着いたけど、残り400mでギアかけたら、またチェーン外側に落ちる。

ギアの小さいシクロ車でZWIFTやってるのがよくないのか。

なんだかんだで今日もTSS170超。

平日にここまでやると完全に仕事に差し障りが出てくるレベルの疲労感。歩くたびにフラフラして今日は日課のランニングできず。

さて今日のランチ。

西安刀削麺酒桜

複数お店があるとは知らなかった。

麻婆豆腐と刀削麺と半ライスにゆで卵付きで850円。量、値段は文句のつけようがないレベル。


お味は良い辛さという感じで、ご飯がよく進む。

食べはじめて5分くらいで汗だくになってきて、汗がポタポタと落ちるレベルに体が温まる。

11時45分で既に広い店内が満席。なかなかの人気店で納得できる。

トレーニングの疲労感から胃腸も疲れているのか完食ならず。

5段階評価
味☆☆☆
量☆☆☆☆☆
スピード☆☆☆
値段☆☆☆☆
雰囲気☆☆
接客☆☆☆















安定のランチ

昨晩ITさんに一緒にZWIFTレースに出ようぜと連絡して寝る。

図らずも同じチームから更に二人がエントリーして朝からプチチーム練。

と言っても始まってまもなくの登りで崩壊してしまったが。

ITさんがピストの4本ローラーで、300wオーバーで進むレースにどのように対応していたのか想像すると面白い。

私は先頭でアイルランドの方と二人でバトル。

走りながらずっとアイルランド国旗とインド国旗の違いが気になって考えていた。

なんとか引き離さそうと試みたが失敗に終わり最後は圧倒的なパワーの前に串刺しにされ2位に終わった。

しかしインド国旗は横縞でアイルランドは縦縞だったということを学んだ。

40分290wはかなりきつい。

0615からの二レース目は最初から足動かなくて完全死亡。イケメン武井くんの走りを勉強させて頂いた。

2時間10分でTSSが180までいってしまい、今日は1日足が重たすぎ。やり過ぎた感に溢れている。


さて今日のランチ。

雨だということもあり会社近くのお店へ。

亭久五(テイクファイブ)

ここは日替わりランチ一択で曜日ごとにメニューが決まっている。

今日はハンバーグと牛タンコロッケ。



全て手作りしており、どの曜日に行っても安定のうまさ。
値段も850円と東京都心にしては良心的で大盛りにしなくても普通にお腹一杯になり、味の良さも相成り毎回かなりの満足感を与えてくれる。

会社から近く料理提供も早いので会社の席から離れて25分くらいで戻ってこれるのも嬉しい。

人気店につき11時40分くらいには満席。

夜に行っても美味い料理とお酒を提供してくれて日本酒への拘りがかなりすごいお店です。

困ったらここいっとけと言える安定感ある美味しいお店。

5段階評価
味☆☆☆☆☆
量☆☆☆☆
スピード☆☆☆☆
値段☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆
接客☆☆☆☆

これ書いてて気づいたが
毎日ハンバーグとコロッケ食ってる気がしてきた。


大人のお子様ランチ

月曜はリカバリーローラー程度が日課のはずが、ついいけるんじゃないかとレースにエントリーしてしまい、走り出したら千切れるのもあれなので頑張ってしまう。

40分265wくらいで負荷かけてちょっと反省。

私のような長時間エンデュランス力で勝負してる選手は短時間高強度のZwiftが本当に辛い。

こりゃたぶん弱くなるんじゃないかな。

さて今日のランチ。

最近できたらしい大人のお子様ランチ

ご飯はドライカレー、オムライス、おにぎり、カレーから選択可能。

フライはクリームコロッケかメンチカツから選択。



クリームコロッケは絶品に美味い。
ハンバーグも田町大人のハンバーグよりも美味い。
ナポリタンは少しケチャップ多すぎて私には味が濃すぎたけど、好きなヒトは好きだろう。
ドライカレーはなかなか。

加えてスープ、サラダ、デザートバイキング付き。
おまけでなぜかうまい棒が食べ放題。



値段は1100円。海老フライ付けたらプラス200円か。味もなかなか、量もバイキング形式で調整可能。値段の値打ちはあると感じた。

雰囲気は新しい店だけに、綺麗でかなり良い感じ。女性客が多い。

これはそこそこよしで良い店なんだけど、私的にはなんとなくリピートして頻繁にいきたいという感じではないかな。

段階評価
味☆☆☆☆
量☆☆☆☆
スピード☆☆☆
値段☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆☆
接客☆☆☆☆

茨城シクロクロス

初の茨城シクロクロスに参戦。

出発しようとしたら結構雨降ってて行くかどうか一瞬迷ったが会場はまったく降らずで助かった。

コースはタイトコーナーとキャンバーと階段という私の一番苦手なタイプ。



特に階段がエグい。100段近くある。

キャンバーもずり落ちていくやつで、私にとってはかなり難易度高い。

まあ練習なので難しい方が良いのだけど。

10時15分から30分試走のあとすぐにレースという理想的なタイムテーブルなのが嬉しい。

しかし私のゼッケンが違うヒトに渡されたり、召集場所間違えたりでスタートまでがバタバタでギリギリスタートに間に合った。

スタート位置がほぼ最後尾なのでいつも通り出遅れ。短い直線使ってジリジリ前に行く。

ジョンさんが少し前にいて追い付きたいところだけど20分経過時点から何か前輪がおかしい気がする。

がだがたと音が出始めまったく挙動が安定しない。

よくみるとスルーアクスル緩んできてる。。。

剛性アップのためのスルーアクスルまったく意味なし。

さすがにこれで前輪外れたらしゃれにならんので安全運転。六角ないと締められないので困った。

そうこうしてたら佐野くんが後ろからやってきて階段を人間とは思えない早さで一段飛ばしで登っている。うむ、さすが変態だ。

ピットに念のためでメリダ号を置いてきたので安全第一で乗り換え。置いといて良かった。

ただしペダルがエッグビーターが着いてて、メインの自転車とはクリートが違うので靴ごと履き替えで一分くらいストップ。

メリダ号はタイヤがircのチューブレスのマッドタイヤを着けているが、キャンバーに意外にグリップしてこっちの方が早く走れていたっぽい。

靴履き替えてる時に何人抜かれたかわからんけど残り周回で挽回して最終的に6位だったみたい。

シクロ終わると凄い倦怠感がやってくる。腕の辺りがかなり辛い。

全身使うし高い心拍で走るので体へのダメージ大きいのだろう。

水戸納豆買って昼飯食って帰宅。

昼飯はインター近くの古潭餃子なるものに行ってみた。

ガッツリ唐揚丼と餃子とラーメンセット。
シクロで胃腸も疲れているのと、味がジャンク過ぎてラーメンは二口くらいしか食べれなかった。


帰宅して子供たちはまだ友達の家にいって不在なので帰ってくるまでローラー。

TOURdeZwift第4ステージを走る。

3km位の登りを二回登る面白いコース。

シクロクロスの後なのでさすがに疲れて無理かと思ったが激熱の面白い展開で頑張ってしまう。

5名で最後の登りに突撃し激しい接戦。最後は日本人三人。ずっと320w位。Zwiftやってるヒトみんな強すぎないか。

42分間のかなりの高強度練となった。

夜は子供たちとお風呂入って迷路遊び。充実した日曜だった。











ひるさいLSD風味。

平日のローラー強度を少し落として土日しっかり走れるようにしてみる。

先週と違い今日はまだ足の状態はまともだった。

明日は一応シクロクロスがあるので抑え目にLSD風で。みんながあげていく登りは体重乗せるだけのダンシングでごまかして大きく遅れないように。

日曜レースなんだけどレース自体大して狙ってるわけでもないので土曜の練習が中途半端になる。

あんまり疲れたくないけど、疲れたら疲れたらまあええか的なのは何の意味があるのだろうか。

かといって家でのんびりできる性分でもないので悩ましい。

結局140キロ走って帰宅。TSS226。

今日は家族が友達のところに遊びにいっていないのでパパの一人ランチ。

北浦和駅前の商店街にボロい洋食屋があったので開拓にいってみる。






日替わりポークソテー900円。

店主と思われる中年男性が一人でやっている。

店内は15席ほど。

オーダーしても返事なく、愛想もヘチマもなし。

料理は残念ながら900円の味ではなかった。米の質が悪すぎ。

食べ終わったらすぐに皿を持っていかれ水飲んでたら、店主から席空けて下さいと誰も並んでるわけではないのに言われ気分悪し。失敗極まれり。

5段階評価
味☆☆
量☆☆☆
スピード☆☆
値段☆
雰囲気
接客

口直しに隣にあった肉屋でコロッケとチキンカツ食って帰った。

昼からは家族もいないので一人で確定申告準備。

家族全員分の医療費集計やら仕事よりも疲れた。














回転練

今朝は4時45分に目か覚めて出勤時間がまでローラー。金曜は短い手軽なレースがあるので出たいところだけど土日に外でしっかり走るためには無理せず高回転で足を回すローラー練。

淡々と210wくらいで始まり最後は270w巡航へ。

Zwiftの平坦コースを走ってたけど外人さんと一緒になって走ったりして、普通に繋いでるだけでも楽しめるようになってきた。


結局100分TSS111までいってしまった。

さて今日のランチは慶応大学近くの梅寿司へ。これはハズレで全く美味しくなく特に書くことなし。

夜は会社の宴会で新橋へ。
昼とは対照的にこちらは最高の店だった。

とんかつ酒菜くら

これはかなり良かった。

料理がすべて美味しく、量も多い。

昼はとんかつやだけに終盤にヒレカツが出て仕上げにカツサンドが出る。これがまた絶品に美味い。



飲み放題付きで4500円は料理のクオリティー考えたら相当なお値打ち価格。

しかも最後は人柄の良い沖縄出身の店主が三線を片手に沖縄民謡を歌ってくれて沖縄好きの私には最高。

これはリピート確定。

段階評価
味☆☆☆☆☆
量☆☆☆☆
スピード☆☆☆
値段☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆
接客☆☆☆☆☆


薬膳カレー

昨晩は自転車関係繋がり飲み会in新橋。

この競技やってるとホント色々な業界の色々なヒトに出会えて、良いお話が色々聞ける。

それだけでも競技やってる価値あるわ。

競技やってる人は前向きで根が真面目なヒトが多い。何の儲けにもならないのに朝からよだれ垂れ流して必死にもがいている親父は向上心の強いリスペクト出来るヒト達ばかりだ。

そんなヒト達との交流は大事にしていて基本自転車関係飲み会は今まで断ったことがない気がするわ。


昨日も有意義な時間ありがとうございました。

今朝は4時30分に目が覚めたので早めにローラー開始。

予定外に5時20分からのレースに出場。
ゴール前の残り距離表示が0.5kmから突然残り50mになる現象は私のパソコンがポンコツだからなのかな。

その後の6時5分からのレースに出るのを当初から予定していた前のレースのゴール後すぐに滑り込んだと思いきや違う世界へと飛ばされる。

このレース毎週出れないのだけど、何かスペックが足りないのかな。

100分TSS115ほど。

さて今日のランチ。

カレーハウス林

油を使っていない薬膳カレーを提供する小さいお店。
カレーハウスだけにメニューにカレーしかないがトッピングやら色々出来る。

サイズがSからLまであり、Mプラスという少し多めに食べたいヒト向けのサイズがあるのが嬉しい

日替わりの茄子とマッシュルームのカレーMプラス750円を注文。



一口目から相当スパイシー。

辛さを感じるがコクのある辛さで後を引く。
全く嫌な辛さではなくはっきりいって美味い。

Mプラスで多すぎるくらいでかなりお腹いっぱい。

そして何より体の温まりかたが半端ではなく食べ終わったら汗だくになるくらい。

小さい店なのでmax15名くらいしか入れないけど店主の拘りを感じる良いお店だった。


かなりの高評価でまたいきたいね。

5段階評価
味☆☆☆☆
量☆☆☆☆
スピード☆☆☆
値段☆☆☆☆
雰囲気☆☆☆☆
接客☆☆☆





初チーム練

初のZwiftでのMeetupチーム練。

主催してくれたISHITOMOさんに感謝。

5名参加かな。

イシトモさん、ヨウヘーさん、池ちゃん、所長、ナナさん。

ナナさんはわざわざお見送りに来てくださって感謝。神的なマネージャーです。

コースはイシトモさんにお任せしてロンドン。私はあんまり、詳しくないのでよくわからない。

0545にスタートしてたくさんのヒトがいたので間違って着いていってしまい、いきなりはぐれるおバカっぷり。

しばらくして全然関係ないヒトだと気づいてISHITOMOさんを待ってから仕切り直し。



池ちゃんとイシトモさん三人になる。

250wくらいで走っていると結構な登りに突入。Boxhillらしい。5倍くらいで踏んでたら7分くらいで山頂通過。

一緒にいた二人がいなくなってしまい、下りでZwiftコンパニオン使って二人の位置を確認。

40秒くらい後ろにISHITOMOさんがいて池ちゃんは完全にダメっぽい。

下りでISHITOMOさん待ってから二人で260wくらいで走る。

終盤でヨーヘイさんが後ろから合流して三人で最後のBoxhillの登り二回目。

300w割らないように牽いていって最後は心拍170まで上げてゴール。


Boxhillが銭原と同じような登りでリアルと同じように登れてバーチャル感がまったくなくて面白い。

ここに山頂ゴール設定したISHITOMOさんの計らいが最高だわ。

Zwiftチーム練はお手軽に高強度練が出来て未来しか感じないぞ。

これは是非続けた方が良いなー。


さて今日のランチ。

レストラン マルヤマ

入口にイタリア国旗とフランス国旗が並ぶ店構え。どっちやねんと突っ込みを入れたくなる。

メニューはパスタ、魚、肉の三種のコースから選択。

昨日ハンバーグ食べたので魚料理選択。

舌平目のソテーブロッコリーソース。

値段は1100円と少々高めで二日連続の1000円越えにやや罪悪感を抱いている。



これにサラダとパンとデザートがつくのでコスパは悪くないかな。

舌平目はソテーではなくこりゃフリットではないか。イギリスのフィッシュアンドチップ感がする。淡白な味なのでソースが決め手になるはずだがソースがいまいち。添えてあるライスも少し味のインパクトが足りない。

パンもおかわり自由なのだけどたくさん食べたい味ではなかった。

周りは女性だらけで12時に満席。雰囲気は悪くないけどね。

うむ、今日も厳しい評価だ。

5段階評価
味☆☆☆
量☆☆☆
スピード☆☆
値段☆☆
雰囲気☆☆☆☆
接客☆☆




朝からやり過ぎる

5時からのZwiftイベントに参加したかったので4時15分に起きて4時40分からローラー開始。

5時から無理しないように抑えて走ったつもりが65分268wと結構な強度。


少し休憩して6時15分からのレースもついでに参加。終盤で微妙に数秒だけ通信切れる現象が頻発し千切れて追いかけてを繰り返して辛い。

最後はシフトアップしたらチェーンが外側に落ちてこげなくなるアクシデント。惰性でゴールまで届くかと思ったが数メートル届かず手で回してゴール。

朝から2時間20分TSS200越えるハードトレーニングとなっちまった。。


さて今日のランチ。

田町大人のハンバーグ

地下にある店なので入りにくいのだが新規開拓にいってみる。

一番のレギュラー商品が1500円とランチ相場の鉄壁の1000円を余裕で越えてきてびびった。

大人と名を打つことはある。1000円を遥かに越える1500円を出す価値はあるのかが問題だ。

そしてなぜか席上前会計で1500円を前払い。



待ち時間は長め。

見た目はハンバーグのうえに卵とチーズがトッピングされておりファミレスでも見れそうな光景だ。

さて、肝心の味は、、、びっくりするほどの美味さは感じられず。

気になったのが真ん中が何かねっとりしている感じがするが、これはこういう工夫なのだろうかと一緒に行った先輩と頭をひねる。

工夫だとしても1500円の価値は感じられず。

周囲は女性客が多くて雰囲気は女性受けは良いようだ。


5段階評価
味☆☆☆
量☆☆
スピード☆☆
値段
雰囲気☆☆☆
接客☆☆

コスパは零点です。

食事メモ 開始

今朝はZwiftでJAPAN morning group rideに参加。

こういう使い方もあるのかと大変勉強になりました。世界記録が出たらしい。

私は疲労困憊だったので180w 120bpmくらいで後ろでのんびり見学メインでした。



さて今年は単身赴任が始まり食事内容も変わらざるを得ない環境へと変わる。

なのであまり変なものを食べないように食事に緊張感を与えるためと、作ったものや行った店のメモは後から結構財産になるので備忘的に書いていこうと。

いつまで続くか知らんけど。

早速今日のランチから


田町 慶珍楼

日本語があまり通じない中国人がやってる中華料理店。

メニューは10種類の中からチョイスして番号で注文。中国人のおばちゃんが片言対応。

鶏肉の唐辛子炒め定食を食べる。
見た目からして男のランチという感じ。


かなりのボリュームで鶏肉の量が半端ねえ。たんぱく質20gは楽勝クリアだろう。ただし女性の完食は結構きついレベルだ。おまけに杏仁豆腐付き。

唐辛子だけに辛めの味を予想したが少し辛いと感じる程度でやや味にパンチが足りない。

800円はまあ普通かな。

腹一杯にしたいときならありだね。

雰囲気はおっさんか学生向き。

5段階評価
味☆☆☆
量☆☆☆☆☆
スピード☆☆☆
値段☆☆☆
雰囲気☆☆

ひるさいまったく走れず

昨日の雪の影響が気になるところだけど天気良いのでひるさいへ。

参加者はふじさん、とみさん、福岡さん、高橋さん。

朝は路面が微妙に凍っており安全第一。こりゃ山の方は絶対無理な路面でした。

土曜日のZwift3レースのダメージが凄まじく足がスカスカ。最初のサイクリングロードから千切れかけて物見山でまったく力が入らず、さようならー。

今日はこりゃ無理だというところで車連ショートをお願い申し上げ短めにさくっと切り上げることに。

ローテで250w出すのが本当に辛い。帰り道もただひたすら我慢。せっかく天気良いのに走ってても辛いだけ。いつもなら少しプルスアルファしたりするけど、そんな気も起こらず真っ直ぐ帰宅。

トータルで190wにも満たず4時間弱走ってもTSSが150もいかなかった。

バーチャルで頑張ってリアルで走れないとか本末転倒だわな。

Zwift1ヶ月やってみて、日に日に弱くなってるような気がするのは気のせいか。まあおもちゃとしてはおもしろいのでもうしばらくやってみよう。使いようだとは思うのでうまく使えるようになりたい。

帰宅後に息子のサッカーを少し見て家の片付け。引越準備をボチボチと。

この料理も旨かった。肉かと思いきやパンだった。










Zwiftにて死亡

朝から雪予報の天気。

おとなしくZwiftローラーやることを決意して前日から3レースエントリーして挑む。

6時45分からアップ。

7時から1レース目。

Tour de Zwift第2ステージ37km 57分 269w

途中まであまり早くなかったので最後の登りまでは一団で行くかと思ってたら短い登りでアメリカ人6名のペースアップに千切れる。

最後の長い登りを300wオーバーで巻き返したけど4位。

ゴール後5分のレスト。

8時から2レース目。。

インスブルック周回 18km 24分 274w

ゴール前で7人程度まで絞られる厳しい展開。

ゴール前の距離がよくバグるので勝たなくても良いからもがくべしと思ってもがいたら残り距離が長すぎて昇天して3位。

これで完全にオールアウトして休憩挟んでもまったく回復しない。

9時から3レース目。

1レース目と同じコースをもう一本。

37km 58分 263w

もう完全に足が動かない。どうにか最後の長い登りの入口までは我慢してみようと耐える。

30km地点の長い登りの入口に到達したところで足痙攣してもう無理。

Zwiftナショナルchampのイナーメの高杉さんがグイグイ行ってたのでついていきたい気持ちはあるもののどうやっても無理。

気持ち切らさず耐えれる範囲で耐えて5位。

10時には完全に足が終わって終了。

3時間20分で2750kj tss270と、かなりの高負荷になってしまった。

これやり過ぎると強くなるというか体壊すような気がする。


昼から子供達とお出かけ。図書館に寄ってサイスポパラパラ見てたら沖縄のページ発見。プロよりアマの注目度の高さを感じる記事でした。



家に帰ってから腹減り暴走が止まらない。

夜飯腹一杯食ってから何かつまみたくなって冷蔵庫の周りを何度も徘徊する習慣もなんとかしないといけないわ。

食欲を唯一抑える方法は他に集中できることをやるしかない。





昨晩は自転車談義飲み会。

神田のイタリア料理店でトレーニングの話やらレースの話やら。

すごく美味しい料理と楽しい時間をありがとうございました。



ホント美味しいものは気分が良くなって活力がわく。


せっかくお金と時間を使うなら本当に美味しいものを求めたい。

食べるというのは人生最大の楽しみでもあり、貴重な食事の機会は最大限楽しまないと人生の楽しみを一つ失うことになる

1日三回の食事は最大限楽しむというのも最近のテーマのひとつ。死ぬまでに楽しめる食事の回数は有限だろうし。

コンビニやチェーン店には子供といくとき以外はまずいかない。

個人経営で本当に美味しいものを提供しようとするお店を探すのが楽しい。

丸の内に勤務しているときは、でっかいビルの中の美味しくもないのに無駄に高い店のオンパレードだったけど、今の勤務地あたりはそういう店はほとんどなく、こじんまりとしているけど美味しい店が結構多く食べる楽しみがある。

そういうグルメブログに変えていこうかと思ったり。。。

食と言えばもう一つの今年のテーマは徳用グラノーラからの引退。

グラノーラ800gの袋食いが完全に習慣化してしまっているが、徳用は止まらなくなるので危ない。

徳用はグラムあたり単価はお得感あるけど、結局食べる量が増えるのでトータルの出費は大して変わらんのではないか。

そしてその数十円のお得感のために暴食して体重増やしてしまいトレーニング効果を打ち消して何をやっているかわからんことになってないか。

なのでもうお徳用は買わずに多少高くても小分けに体によさそうなものを食べるということを考えている。

本気でできたらクライマーになれるかもしれない。

まあ、夜になると止められねえんだよなー。

いまもグラノーラ食いながらこれ書いてる。

グラノーラとの戦いが今年の一番の決戦かもしれない。なあ井上さん。








疲労感

昨日は朝から人身事故で電車が止まり1時間以上駅で待たされる。ホームに人が溢れ足の踏み場もないくらいになり駅に入場制限がかかる。

ようやく電車が来たと思ったらどうやっても乗れない電車に無理矢理乗ろうとする人間の地獄絵図。皆苦しそうな顔してすし詰めの電車にのっている。結局二本見送ってようやく乗れたけど窒息死するレベルでかなりの拷問だった。

定期的に起こるこの人身事故ってのがホントよくわからん。このイベントが一番精神的にも肉体的にも疲弊するわ。

東京生活三年経ったけど東京の電車乗るのはいまだに練習より辛い。

在宅勤務とかもっと推奨するとかしないとこの時間ロスは経済全体の生産性落としてるよな。

そんな疲労と週末のシクロとTTの疲労も重なってかなりお疲れモード。眠りが浅く朝の4時に目か覚めてしまったのでZWIFT開始。

TOUR de ZWIFTなるイベントがあったことを思い出して5時から参加。グループライドで皆で楽しく完走目指すのかと思いきや、普通に辛いペースでこれレースじゃないか。

今日は250wがかなり辛い。足が動かん。

千切れるのも勿体無いので我慢してラスト4km位で、もうすぐ終わるわとおもってたら最後にきっつい登りが現れて無駄に踏むことに。予習してなかったのが悪かった。

一時間結構な強度で走ってしまいまったくリカバリーにならず。

昼飯に激熱スンドゥブ食べて回復を。

汗だくになっただけだった。










湘南シクロクロス


年明けからシクロクロス再開して今日は湘南シクロ開成中央公園。

河川敷のグランド回りの芝を使ったコーナーたくさんのコース。

踏める区間は長い直線の芝のところぐらいかな。コース的には桂川みたいな感じ。

空気圧は前1.6bar、後1.7bar。

このコースはコーナーが多くコーナーリングの練習には最適なんだろう。

序盤は相変わらず後ろから追いかけて、一周目で30秒くらいの遅れ。

二周目以降で少しずつ挽回していく展開。

15分くらいから4名くらいのパックになり私がずっと先頭走る感じになってしまい、ヘタレな私ではペース上がらんと思って先頭を秋山ゴローさんに交代。

二人が離れてゴローさんと二人。

後半に入るとゴローさんが少し離れたので5秒くらいの差で4周くらい頑張る感じ。

ワンミスで追い付かれるので気を抜かずにコーナーひとつひとつに集中して走る。へたれなりに後半になるにしたがって少しずつコーナーリングも上達したような気がする。

最終的に4位でフィニッシュ。

平均心拍は170となかなかの高強度のトレーニングとなった。

改めてシクロクロスは最高のトレーニングだと思う。

心拍が最大まで上がりその状態で連続するコーナーやシケインをクリアしていく過酷な競技。

一時間走ればクタクタになる。

自転車競技で一段上を目指すなら間違いなくやった方が良いと思う。

自転車汚れるとか、機材にお金がかかるとかそんなこと言ってたら何も得られないしただ衰えていくのみだ。

お金は持って死ねないのだからやりたいと思うなら今すぐやろう。得られる経験値から言えば充分にペイする。

photo by Takasugiさん





三連休はロード、ZWIFT、TT、シクロと色々満喫して家族との時間も取れて良かったな。

パインヒルズTTからZWIFT

三連休は自転車盛りだくさん。

土曜日ひるさいはロードで100kmほど。終始4倍ペースで快速帰宅。

日曜は朝からパインヒルズさんの彩湖TT記録会に昨年に続き参加させて頂く。

コースはいつもの土手上を4往復の18.3km

TTバイクの機材を少しいじったので、昨年よりも少しは早く走りたい。

ぶっつけ本番ではTTバイクに体がなじまないので、早めに行って体に慣らしてから出走。

後ろからTTスペシャリストの加納さんとザイコーさんに追い掛けられるという緊張感あるタイムトライアル。

序盤は乗り方に慣れないせいかまったくスピードが乗ってこず。パワーも上がらず一周目は286w。こりゃいかんと二周目から色々走り方変えて力が入る位置を探してたら少しずつパワーが出てきてタイムも上がってきた。

最終的に294wまで上がって昨年よりも15秒早かったのでまあ良いか。
リザルト的にはザイコーさんに完敗でした。

しかしエアロポジションかいまいちだし、もっと研究しないとね。

中沢さんはじめ皆様ありがとうございました。



TT終わってから家族で彩湖道満公園で遊ぶ。

娘は一輪車の練習。息子は自転車の練習。サッカーやったりしてクタクタになって帰宅。

夜に少しリカバリーライドするかとローラー適当に回しながらZWIFTつないでたらISHITOMOさんが合流してくれて一緒に走る。

20分くらいだけだったけど楽しくて少し強度上がりあっという間に時間が過ぎた。

これはチーム練習会とかやったら楽しいのは間違いないだろうな。


一日一時間

年末年始の長期休暇が明けて一週間。

朝起きてローラーして、仕事して、隙間時間で本読んでを繰り返す。

仕事をしている方が時間を大事にする心理が働き、有意義な1日になる。

無駄なことをしなくなり無駄な暴飲暴食も減る。

時間は無いと感じるくらいでちょうど良いと思う。

そのなかで作り出した時間でやりたいことやるのが楽しい。

時間に追われているヒトの方が良い仕事をする。短い時間で判断して動く習慣がついている。

特に育児しななら働くママは強い。時間を短縮する道筋を常に考えているので時間あたりの生産性が鬼のように高い。会社を支えているのは実はこういう人達が産み出すプログラムだったりする。

ホビーライダーも忙しい選手の方が強い。たぶん。毎日5時間も走るようなことは体力的にできないのだから時間の有無はあまり強さとは関係ない気はしている。

平日は一日一時間自分の時間が取れたらそれで充分。

逆にそれも恒常的に出来ない仕事環境でやりがいもないのなら辞めたほうが良いと思う。

さて朝の貴重な一時間はローラー漕いで鍛錬を繰り返すのだが、年末から導入したZWIFTの効果で練習量が3割増くらいになった。

その環境整備にローラー台とパソコンの買い換えに色々情報収集。

何が良いのかよくわからん。悩んだらとりあえず買っておくか。

今日はひるさい行って家族で大道芸祭り見学。









関西シクロクロス希望ヶ丘

今年のレース第一戦は関西帰省に合わせてシクロクロス参戦。

やっぱシクロは関クロが一番盛り上がる。

今年は一度もオフロード走ってないので土曜日の岡山戻りに希望ヶ丘に寄ってちょいちょい試走。三船スクールにも何年かぶりに参加。

まずはシクロクロスの感覚を思い出すために試走はゆっくり走ってポジションを何度もいじる。

調子に乗りはじめると案の定スッ転んだり。

日曜は朝から予定外の雨でこりゃマッドコンディション確定じゃないか。

朝の8時に会場入り。

村上社長も来てくれて年末年始で保有自転車の一斉総点検。シクロ車、ロード、TTバイクの整備を同時平行で進めてくれる。おまけにピットも入ってくれて万全の体制。


昼の試走も4周念入りに。前日に比べかなりマッドになり難易度が少し上がったかな。

空気圧を1.5barに下げたらトラクションのかかりが格段に良くなった。タイヤはFMBを使用。かなり柔らかく乗り心地がかなり良い。デュガスよりもこっちのほうが良いかも。シクロクロスに関してはタイヤは一番大事でチューブラーの一択だと思われる。

ランキング順のスタートなので今期初参戦の私は最後尾。

目標は怪我せずに真ん中よりちょい上くらいまで挽回できたら良いかなと。

最初の二周は大渋滞でレースにならず無理な抜かし方をして機材トラブルにならないように慎重に。

ジグザグ区間で担いで走ってたら後ろから突っ込まれてタイヤのイボイボが腕を切り裂いて血まみれになってもうた。


三周目ぐらいからようやくまともに走れるように。

ここからは登りをインターバル的に頑張って下りを休むという感じ。

中盤以降はペダルとシューズの泥づまりが厳しくなってきてペダルがはまらない時間が長くなってきて苦戦したが、オフロードの練習がてら気持ちよく走ってたらあっという間に最終周回。もっと長く走っていたい感覚だった。

最後は下りで凡ミスして脚ついて大きくタイムロスしてちょい悔しい。それもまた楽しい。

結局19位で上位25%には入れたみたい。

久々に走るとうまく走れないところだらけでいかに自分がヘタクソなのかがよくわかり得るものが非常に多かった。

ローラーやっててもこの技術を学ぶことができないのでロード選手は絶対シクロクロスはやるべきだと思います。

準備と片付けが大変だけど何より楽しいし。













岡山練

岡山のグランプッチの築山さんに年末に正月走りますかと聞いたら人集めておきますと。

集合場所行ってみるとこれまた豪華なメンバーが。ビクトワールの白川君も参加。

昨日の北摂練で疲労のうえに疲労を重ねてしまい脚的にかなり厳しめ。おまけに自転車がすべて入院中のためシクロ車しかない無謀な状況

築山さんから先頭4倍一定ペースで淡々と130kmとご指示を頂く。それならなんとかなるかもと淡い期待。

いきなり笠井山から金山を登る。4倍ペースとはいえ最初から死にそうだ。なんとか耐えて下りにはいると下りが皆はえー。

うむ、序盤から千切れそうだ。

その後も岡山の山のなかをいくつも丘を越えていく。

相変わらず道路が綺麗で交通量も少なく最高に走りやすい。

しかし、私の体がポンコツ過ぎて腰が痛いわ、必死に漕いでるのにまったく進まんわで往路は相当メンタル的にきつかった。

折り返し地点の醍醐の里に到達したときに80kmで1600mくらい登ってるし。この環境すごいわ。

そして皆さん、タフだわ。

私は相変わらず後半になればなるほど体力は回復して来るような感じで最後は最初よりも元気になって無事に帰宅。




夜は私の自転車ライフの原点でもある岡山のFREEDOMつながりの皆さんと新年会。17年前にお兄さんに出会わなかったら全然違う人生になってたんだろうな。

お店がどんどん大きくなっていくのも何だか嬉しいこと。

岡山県のポテンシャルがあればもっと大きなことができる気がするなー。

盛り上げるのに私にできることは何でもしたいところです。

また次回もやりましょー。

北摂練

元旦の夜にまどろんでいると某ITさんから北摂に来いと連絡が。

新年のご挨拶のためにマイナス二度の暗闇の山中をシクロ車に乗ってファミマを目指す。

それにしても疲労困憊が原因なのか乗り慣れないシクロ車が原因なのかさっぱり進まずいつもより余計に時間かかり最後必死で追い込んだが一分間に合わず微妙に遅刻。

ななさんに敬礼してこれで用事は済んだので帰ろうかと思ったが、そのまま拉致されタケハル君やら中原プロに引きずり回される。正月からローテに入れずるり渓の最初で置いていかれびっくりするくらいに走れない正月。

一緒に走ってる方々は私よりも遥かに強い人達ばかり。ホント邪魔して申し訳ない限り。




110km走って1500mup。

帰宅してすぐに岡山に移動。










2020年スタート

元旦は初日の出を見に行くわけでもなく実家の三本ローラーでシクロクロス車で6時過ぎからZWIFT。

2レース走ったが元旦から集団からぶっちぎれるのもあれなので相当頑張ってしまった。

何度も反応が遅れて置いていかれて30秒から1分450~500wで追うことを繰り返し一人自爆インターバル。元旦から機械に遊ばれてるわ笑。

ゴールスプリントは残り距離表示が500mからいきなり50mになってしまったりでよくわからずズブズブだったけど、平均出力は相変わらず一人だけ4.8倍とか異常に高い数字で皆どうやって走ってるのかわからんなー。

2時間30分でTSSが200近くまで行ってしまい死亡。

その後子供たちとお年玉握りしめて買い物してから初詣。

今年は本厄らしい。

厄年は色々あるよと周りから言われるものの、結局毎年良いことも悪いこともあるし、悪いことを厄年のせいにしているだけな気もする。

神も仏も宗教も信じない主義なのでご祈祷とか神頼みのことはしたくない(子供や家族の祭事はしょうがないと思うけど)。

神や仏に祈ってる暇があればやるべきことやろうぜって思ってしまうのは罰当たりなのか。

そんなこと言ってながら年の途中でやっぱり厄年だったと思うのかどうなのか。

そんなこんなで今年も目標に向かってやるべきことをやっていく。

今年の競技目標

1.ニセコ、沖縄優勝。

2.カナダ世界戦への挑戦

3.実業団E1でチームに何かを残せる走りを。

4.王滝への再挑戦

5.ヒルクライムへの挑戦
現実的には乗鞍60分または栂池53分くらいで走りたい。

6.水泳とランニングの土台作り


家庭目標
子供と一緒に熱中できることに取り組む。
家族との時間を最大限大切に。

今年も一歩ずつ頑張っていきましょう。

本年もよろしくお願いします。