FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

ローラー2部練

朝から雨のためZwift。

8時10分から池ちゃんと二人でレース参戦。

60KMのそこそこ長丁場だったのだけど、どんどん人数減っていって、終盤に池ちゃんと私と、いかつい外人さんの3人に。

こりゃ色々試してみるかと思っていた矢先。

工業用扇風機の風でカーテンを止めていた洗濯ばさみが吹っ飛んで、カーテンが盛大に風に煽られて車輪とローラーに絡まり、こげなくなった・・・

3本ローラーは一度止まると復帰まで時間がかかり、結局30秒差くらい着いてしまう。5.3倍くらいで踏んでいけば追いつけそうかと思って、踏んでいったが途中で抜かした3位争いの選手がぴったり後ろについてきて、余計なもの連れて行くことになりそうで、池ちゃんに託すことにした。が、、、いかつい外人さんのパワー見ているとちょっと半端ねえ。

うむ。すまない。二人いれば交代交代でアタックできただろうに。2位、3位とちょっと悔しい結果に。練習的には良かったけどね。

いったん終えて、子供たちと図書館へ。ずっと家にいる娘がやることないので一日2冊くらいのペースで本読んでいる。普通に買うと結構高いので図書館うまくつかいたいと思ったけど、娘が読みたい本はなかなか借りられなくて不発。帰り道本屋に寄って、娘から本買ってくれとせがまれ買ってあげた(おもちゃじゃないから、さすがにダメとは言えない)。

私も娘に負けじと本読まないといけないのだけど、最近すぐ寝落ちしてしまうんだよな。

帰ってきて、晩飯前に1レース。そんなに頑張るつもりもなく、最初はゆっくりスタート。。途中から少し動けるようになってきて少しずつキャッチアップする感じ。

パイオニアとガーミンのダブルログしたところ80分でパイオニアが250wでガーミンが245W。

パワー値は測定環境でかなりずれるので、やっぱDDローラーの数字が一番ブレが少なそう。


鉄棒をリビングの真ん中に置いておくと四六時中ずっと遊んでるもんだから運動不足解消には少なからず良さそう。って、鉄棒をテントにしてスプラトゥーンやる息子だけど。


























スポンサーサイト



野に放たれる

ローラー監禁生活から解放され今日はしっかり外を走る。

6時10分出発で11時30分帰宅。

昨日しっかりグラノーラ食って体内にエネルギー充填していたので道中400kcalくらいの摂取で160km1700up程走行。

最後まで特にパワーダウンもなく、峠も普通に越えてKOMとかみたいなので悪くないのかな。

この5ヶ月ほぼZwiftしかやっていなかったけども、明らかに良い意味で体の使い方が変わったように感じる。

というのは、ダンシングの使い方。

KICKRが非常にダンシングやりやすいのでZWIFTでは結構ダンシングで細かい登りを凌ぐことが増えたのだけど、これが実走でも活かせている感じがするのだ。

これまでの三本ローラーや、タイヤドライブローラーはダンシングなんかまともにできたものではないので座って漕ぐ癖がついてしまうけど、今のローラーはダンシングがやり易くなっている影響は大きい。

ローラーの進化は本当にすごい。

これからは静かとかパワーメーターの正確性とかは当然の標準装備で、どれだけダンシング含めて実走に近くスマートにできるかがポイントだと思う。

ダンシングできるローラーとできないローラーでは天と地ほどの差がある。

帰宅後STRAVAを有料化してみた。

早速どんな機能あるのか調べていじってたら間違って今日のログ消してしまう。再アップロードもなぜかできず、kudos頂いた方申し訳ありません。使いこなすのは少し時間かかりそう。


今日はサイコン二つでガーミンとパイオニアのダブルログを実施。

GARMIN VECTOR3は最近リリースされたバッテリーカバー交換でかなりパワーメーターとして秀逸になった。今日もまったくログぶれなく、パワー値もまったく違和感なし。もっと早くリリースすれば市場の評価も違っただろうに。

室内で使う分にはKICKRとほぼ同じ数値なので、最近私の中の評価はかなり高い。使い勝手はペダル型が一番良くて、どんなバイクでもペダルさえ変えればパワー計測できるんだから。

そういや、今日は息子がようやく初登園。一時間で帰ってきたけど。せっかく引っ越したのにかわいそうだ。
















低調過ぎる一週間

今週はホント力の入らない一週間。

水曜
ITさんMEETUPは250w出せず三秒で千切れinnsbruckで二周ラップされる。

木曜
JZHRに出るも序盤でトラブル終了。その後もレース出るもグダグダでどうもならず

金曜
230wで悶絶。

今日はしっかり集中してテレワークして、晩飯後にグラノーラアタックとアイスクリームアタックを炸裂させたので明日は走れるはず。

子供たちにワンピース見せて少年ジャンプに古来より伝わる「友情」、「努力」、「勝利」の大切さを学ばせようかと思ったがアマゾンプライムで無料で見れるのがシーズン3からだと気づいた。

シーズン1,2を見る方法を模索しているとU-NEXTが1ヶ月無料なのでエントリー。

シーズン1,2だけで228話あるのだが、1ヶ月で何話見れるんやろ。

チョッパー好きなくせに見るのを嫌がっていた息子も面白がって見始めた。

気づいたらアニメのほうはもうすぐ1000話なんだな。日本漫画史上、最高傑作であることは間違いない。尾田先生偉大過ぎるわ。

一方、HUNTER×HUNTERはおもしろいけど話がまったく進まん。







在宅勤務

今週後半は在宅勤務IN京都。

コロナさんのおかげで在宅勤務がMUST化してくれて、働き方が変わった。

東京にいて何が一番無駄で嫌かというと間違いなく満員電車という乗り物に乗ることだ。一日のうちの2時間をあんな密接した環境で過ごすなんて、リスクしかなくホントバカみたい。唯一メリットがあるなら強制的に読書の時間になったり、スマホで所用を済ませるのに使えるくらい。

この2か月間、満員電車から離れた生活をしてみたけど、快適で無駄なストレスがかなり減る。電車の中でつまらない小競り合いしているおっさん見るだけでストレス溜まるし。

今の私の仕事は、どこで仕事しようが成果物さえできれば同じことだから、家でやろうが会社でやろうが結局同じ。

家でやるほうが余計な邪魔が入らないので遥かにはかどる。人から聞かないとわからない情報が欲しいときに困るくらいだけど、それも電話使ったり、出社したときにまとめて情報収集すれば大体片付く。

コロナが収束に向かい、せっかく定着しかけた在宅勤務をまた元に戻すとか、アホな考えはホント止めてほしい。
国を挙げて強制し続けるくらいで丁度良い。せっかくできた良い流れを、一部の経営者がもとに戻し始めると、みんな横に習えで元に戻してしまうんだから。

一日2時間通勤時間が無くなると、睡眠時間も増やせるし、トレーニング時間も増やすことができる。心も体も健康になれば、仕事のパフォーマンスも上がる。

東京で働くのが当たり前の時代はもう止めようや。全国どこでも同じように仕事できるわけだし、わざわざ東京に本社置かなくてもよいよね。地方に分散して働いたら地方も活性化するし、家族もみんなハッピーやん。

トレーニング的にも通勤がなくなると朝晩ローラーも普通にできてしまうし、レベルが高い夜のレースも参加できるようになって得るものが多くてなかなか良い。

ただ、朝晩ローラーやると洗濯もの増えて大変。
ジャージも傷みやすいのだけど、サンボルトのレーパンは毎日使っているけど、ホント良い。

毎日使っているのに、伸びてこないし、パッドもへたらない。月間2500KMのローラーを漕いでもオマタのトラブルなしという偉業。

それでいて良心的な値段となると他社製品を選択する余地はない。

これまで色々な国内外のメーカーののレーパン使ってきていますが、ヘタるの早いメーカーが多く、へたったレーパンはオマタのトラブルにつながりやすいので気を付けましょう。

子供が元気に遊んでいる姿が見れるようになったのも在宅勤務の恩恵の一つだね。

ローラーベルト

日曜日にITさんMEETUPで三本ローラー回していたら突然ローラーが動かなくなった。

何が起こったかと思ったら三本ローラーのベルトが切れとるがな。

長年使い続けているELITE e-motion。京都に住んでいるときはほぼ毎日使っていたので何万キロ走ったか。

色々調べてみるとベルトはウレタンでできているようで熱で溶かして再接合できるとか。

早速ライターであぶってみると、発火して焦った。

溶かしすぎて玉ができたが結合には成功。玉を切り取って引っ掛からないようにして使ってみると普通に使える。応急処置としてはいけますな。

とはいえ新しい京都自宅用ローラをそろそろ導入したいので、天から聞こえた声に従って早速導入決定。早くインプレしたいところ。


日曜は昼から子供と一緒に山に冒険へ。

我が家は京都西山の麓なので近所は自然たくさん。少し歩けば山に入り、筍が有名なところでもあり、竹やぶがたくさん。

子供たちが見つけたという山道を歩かされて着いていくので必死。一般人として体力低下を感じる。

子供たちもコロナの影響で明らかに体力落ちており最後はフラフラ。



帰り道の公園で鉄棒。お姉ちゃんが弟に逆上がり教えている光景が微笑ましいね。

Zwift投資への道

Zwiftは始めるまでと慣れるまでがしんどいと思われるのでZwiftはじめようかなとか、始めたけど慣れないなーってヒト向けにバカな私でも使えるようになったという話を。

1.始めるきっかけ

Zwiftは昨年くらいからやりたいと思っていたけど、やらないと困っているわけでもなく色々面倒くさそうでなかなかきっかけなくて始められなかったけど、沖縄後の打ち上げでチャンプと飲みに行ったときに、Zwiftはええぞーって話になって背中を押された。

丁度冬の時期は、いままでと違うことやりたいと思う時期なので、始めるかっと12月の後半ぐらいからスタート。

2.初期

最初はお試しでスマホから。GARMIN VECTORからBLUETOOTHで飛ばす方式でやってみた。

最初はどうやって遊べばよいのかわからなくて、適当にスマホ画面みながらWATOPIAを走っていただけ。

スマホの画面が小さすぎてまったく何が起こっているのかわからず、苦し紛れにスマホの画面をテレビに映したりしたけどいまいち画像が悪くて文字が見えず。

レースの出場方法もよくわからなかったけど、Zwift立ち上げて画面右上のボタン押したら出れることがわかった。でもこれじゃ何のレースかさっぱりわからん。

とりあえず適当にレース出てみるとようやく楽しみ方がわかってきたが、レースのレベルの高さに度肝抜かれた。まったくついていけない。今思えばVOLCANO FLATコースの20Mくらいの登りがとんでもない山岳にしか見えず、毎回瞬間で置いて行かれた。

このあとにZwiftCompanionアプリなるものがあることを知ってこれでレースの内容を確認して走ることがわかりようやく使い方がわかってきた。

これがないとまともに楽しめないのでまずはアプリダウンロードしましょう。

3.パソコン

スマホに限界を感じ、ノートパソコン引っ張り出してきて、ドングル(最初はドングルって何やねんって思ってたけど、ただのANT+受信機だった)つけてやってみると、画面の文字が見えるようになりかなり快適にできるようになった。しかしパソコンの性能が悪すぎて、Zwiftが立ち上がるまでに10分以上かかるポンコツっぷり。

京都の自宅に帰った時に親父のIntelCore i7のパソコンでやってみると、劇的に動きが違うことを知り、こりゃパソコン買わねばと自転車仲間からパソコン購入。

Core i7.メモリ16GB.NVIDIA搭載でサクサク過ぎて感動もんでした。

これで立ち上がりも1分かからず、アバターの動きも滑らかに。

ついでにボタンひとつで録画できることも最近知った。

それなりの大きい画面でやる方が楽しさ倍増するのでここは少し投資した方が良いかと。

4.スマートローラー

ゲーム上の地図の見方もよくわかっていなくてまったくWATOPIAの全体像も把握しておらず、登りがどこにあるかもわからない。ZwiftCompanion見ながら走ればすぐに地図理解できることは最近知った。

毎回登りで知らない間に置いていかれるため、勝手に反応してくれるスマートローラー欲しくなる。

色々見てみたけど、WAHOOとTACXが二強の様子。

はっきりいってどれが良いのかなんて使ってみないとわからない。

悩んでいる時間が勿体ないので私の買い物哲学、

「毎日使うモノは一番よいものを買っておけ。」

に従ってwahoo kickrを始めてから半月で注文。

余談であるが少し廉価版のkickr coreで私ごときの脚力で充分過ぎることを後から知った。機能的に最大再現傾斜(16%か20%)と最大測定パワー(1800wか2200w)が違うだけ。

16%以上の傾斜なんてコース上にほとんど存在しないし、最大パワー2200wなんぞ出せる人間はこの世の中に何人いるんだ。あとは微妙に負荷のかかり方が違いパワーの出方が違うとか聞いたことあるけど真偽のほどは定かではない。

届いてあまりの重たさに度肝抜かれる。箱から出すのに四苦八苦。これをレース会場に持っていくとか絶対無理。レースやる前に腰が崩壊します。


で、KICKRですがかなり良いです。

・静か。TACXのほうが静からしいが、気になるレベルではないかと。
・タイヤドライブ式とは違い漕ぎだしからかなり滑らかで実走に近い。
・パワーメーターの精度がかなり高い。
・CLIMBやWINDと合わせて使うことで究極のスマートローラーに。

パワーメーターの精度は公表値は±2%のようですが、パワーメーター歴12年、8台のパワーメーターを使ってきた私的な感覚で言いますと、これまでのパワーメーターのなかで最もブレが少なく信頼できるものだと思われます。

パワーメーターに関してはタイヤに近い部分(ハブ)で計測するのが実際の推進パワーに近しいと思われます。
ハブにトルクをかける意識を持って漕ぐことはクランクやペダルを意識するよりも実際に進む漕ぎ方につながるというのが、パワータップやら色々パワーメーター使ってみて感じたこと。なので基本はハブ計測のKICKRの数字をすべて使うようにしています。

また継続的に同じ計測機器を使うほうが、計測器ごとの誤差もなくなりますし、現在の状態の把握もやりやすいので、いまのところは可能な限りほかの数字は使わないようにしています。(クランク型は特に個体差が大きく、気温変化等でぶれやすいので絶対値の信頼性は一番低いと思われます。片側クランクは一番危険・・・。)

そして、調子に乗ってさらに半月後にKICKR CLIMBも購入。
これはもうゲームセンター状態ですね。おもしろい。
斜度によって乗車姿勢が変わるので、使う筋肉の分散、腰痛緩和やサドルの圧迫分散にもつながっているかとも思われ長時間ローラーやるにはなかなか最適です。

ってことで楽しむ材料はすべて投資してしまったわけですが、、、

実は本気で走る時は、スマートトレーナーもKICKR CLIMBも使ってません。

ある程度コースがわかって踏むところがわかってくると、スマートローラーはなくても全然問題なし。寧ろ本気で走るときは勝手に重さ変えるなって気分になり、変速が面倒くさいと感じてしまう。回転数とギアで自分で調整するほうが楽。


スマートローラーの負荷最大にすると、ALPEとかラジオタワーとかとてもまともに登れない重たさですし。

スマートローラーはあったほうが良いけど、あったからと言って特別に有利かというと決してそんなことはないというのが今の感想です。

ただ、最初はあまりよくわかってないコースを走るときは油断すると千切れるので、あったほうが良いというのは間違いない。

それとスマートローラーあるほうが色々なシチュエーションが再現できるので練習効果は高いのかなと思われます。

スマートローラー購入に躊躇する人が多いですが、週に3回以上ローラー乗る人は絶対買うことをお勧めします。ローラーとしての品質が昔のものと桁違いに良くなっています。

さて、京都の三本ローラーのベルトが切れたので、次のローラー何買うかと悩み中。

外か中か。

緊急事態宣言解除された京都。

明らかに人が増えた。

第二波が来ないように今後も慎重な対応は必要なものの、自粛だけをしていても経済が崩壊するので適度にお金を回していくことも大事かと。



我が家の最近の買い物は鉄棒。実はGWに庭に鉄柱とコンクリートで自作してみようとしたが、10年後にどう考えても邪魔になりそうなので室内でできるものを購入。これなら布団や洗濯物干しにもなるし、自転車ラックにもなるかもしれない。使わなくなれば誰かにあげてもよいし。




今日は、2か月ぶりくらいに外を走ってみるかと細心の注意を払った装備で一人で走り出す。

風を切って走る感じは何とも気持ち良い。本来この時期は一番良い時期だもんな。

野間峠だけ頑張ろうかと思ってとりあえず下から上まで全部ダンシングで登って帰ってきた。

一人で走ってもつまんないんだよな・・・。沖縄前とかなら一人でインターバルとかやるんだろうけど、そんな大会もないし。
長時間走る気分でもなく80KMほどタラタラ走って帰宅。

かえって休憩して、ZwiftやるかとZWCWeekEndRaceにエントリー。

80KM超なので2時間弱で晩飯前にちょうど良い感じ。京都にスマートローラーはないので、三本ローラーで参加なのでまあ着いていける限り集団についていければええかなくらいで。

結局コースの踏みどころも大体わかっているので普通の三本ローラーでもあまりデメリットなくゴール前まで来てしまった。

我が家の三本ローラーで本気でスプリントなんか今までしたことないけど、大丈夫かと思いながら、試しにラスト300M前から思いっきり踏んでみる。

870Wくらい出たのを確認したが、飛んでいきそうになりふらふら。もう一度踏みなおし、最後は盛大に落車・・・。部屋の中がぐちゃぐちゃに。こえー。

当然アバターは何事もなかったかのようにゴールへ。

うむ、三本ローラースプリントも慣れればいけるかもしれないが、そこまでする必要もないのでもう止めておこう。ただし、体へのダメージは圧倒的に三本ローラーのほうが優しい。体全体使って走れるし、踏むというより回す感覚で乗れるのが良い。ただ、下りでみんな足止めているところも足回し続けないと落車するのでZwift向きではない・・・。

実走3時間のTSSより、ローラー2時間のTSSのほうが1.5倍高かったという結末。

外走るのはもうしばらくなさそうかな。。

鉄棒は二日で子供たちのテントになってしまった。



レース+MEETUP

今週は火曜、水曜、木曜は在宅勤務やらで夜に時間があるのでZwift練。

単身赴任で在宅勤務となると仕事している時間以外は無限にローラーできてしまう。

今週はGWの疲労が噴出しているのか相当足が重たいけど、とりあえずボリューム積んでおきたいのでやれるだけやっておく。

21時以降にEIZOさんMEETUPとITさんMEETUPあるので20時前後にワンレース走ってから参加することでボリュームを積む。


火曜は疲れが抜けきれず足が浮腫みまくりでクソ重たい。
20時からのレースは奇跡的に3位に入れたけど、
MEETUPはロックマンさんに助けてもらいながらどうにかこうにか生き残った感じ。最後まったく踏めずチーン。。

水曜も更に足浮腫みぱっなしでさっぱり。
レースはあまりに走れなくてITさんMEETUP開始の一分前にギリギリゴール。間に合わせるためだけに最後踏んだ。

MEETUPは、かなり誤魔化し走行でなんとか生き残り。スプリントはDaiさんに軽く捻られてチーン。

木曜は朝練もやってしまい疲労に疲労を重ねて今週の仕上げ。

朝練で5秒だけ頑張ったら970wのローラー新記録。
私にも1000wの大台が見えるか。

夜はJAPAN Zwiftヒルクライムレースに参加。
ZWCさんが波状攻撃でやりすぎだろうって思えるくらいメチャクチャやっているのに、山頂前でどうにか追い付いたのが今週のハイライト。10minのローラー最高記録を更新。

あとはZWCさんのおもちゃにされてチーン。

そのあとのEIZOさんMEETUPは最初頑張って着いていこうとしたが途中で完全に足止まりチーン。
何度も辞めようかと思ったけど精神修行としてどうにか最下位でゴール。




終わったあとのフルグラがうまいよ。

三日間で10時間以上ローラー。ほぼすべて高負荷。

一年前は平日5日間で5時間乗れれば御の字という感じだったので、考えられん状況。

あと15歳若ければ違う世界見えたかもなー。





Roppongi insight

先日高岡さんとの自転車談義一時間が公開。

私の話はフルグラやらマグロやらジョジョの奇妙な冒険やら訳のわからない話ばかりですが、高岡さんのトレーニング理論や自転車への思い入れは必聴ですよ。

高岡さんvsまつけん

それにしてもお互い12年間凌ぎを削っているってホビーライダーとしてかなり長年やってますよね。

私らより競技歴長いホビーライダーってホント少なくなってしまった。



週末

単身赴任寮に閉じ籠り週末。

せっかく時間あるなら色々自己投資せねばと思いつつダラダラ過ごしてしまう三流人間とは私のことだ。

こういうときに人間の真価を問われるんだよな。これをチャンスと思って動けるヒトと、ダラダラくだらないスマホばかり見てるヒトとの差は果てしなく大きい。私は後者です。

コロナの影響でトレーニング時間は取れるようになったけど体力は有限なので走りたいけど走れない。これまでの会社生活は時間がなくて走れないだったのになんて恵まれた状況だ。

そして走り方がZwiftのイベントに合わせる方式になってきている。

土曜の17時からZwiftの期間イベントがroad to skyに切り替わり、イベント初回はレベルも高いので体力測定で走ってみようとこれ一本に絞る。

スタートのジャングル区間から狂ったペースで300w出しているのに全然前に出れず90番手くらい。

砂煙で前が見えんと思ったら中切れしてて10秒くらい遅れてALPEへ。

遅れを取り戻すべく序盤から320wペースで突っ込む。20min時点で316wとほぼ20分全力の数字。

ここからやはり突っ込みすぎてタレまくる。

完全に悶絶モードに入り、どんどん出力低下しヒルクライムが苦手な理由を思いだした。

どうにか粘るだけ粘って37分24秒(311w、171bpm)でゴール。


セラミックスピードイベント期間中なので数十秒分のタイムアップ効果はあるものの、初めて全力で走ったときから2分以上早く走れているのは力が上がったもんだと思いたい。

翌朝は日曜恒例のITさんMEETUPからGENKIさんMEETUPの連続コンボ。

昨日と同じくALPE登るけど疲れからまったくかかる気配もなく、ITさんと一緒に44分260w150bpm。心拍も上がらずこりゃダメだ状態。

ガチャガチャの今週の運勢占いは大吉だった。




ゴールしてすぐにGENKIさんMEETup。

かなり疲労している感じなので無理せず楽しんで走りたい。

序盤に日本最強Zwift選手のDaiさんアタック炸裂して一人対集団に。どんどん離れていくその強さは化物ですな。どんだけ強いのですか。。。

集団の方はなんとか綺麗に回して追い付きたいところだけどもZwiftのローテは相当難しい。綺麗に一列にならんし、アバターが重なると誰が前牽くのかよくわからなくなる。

また私のようなポンコツWifi使ってるとラグも大きくかなり動きがぶれる。

牽くときは少し強めに牽いて一列に伸ばすような感じにしてみたりしたけど無駄に践んでる感じになったりでなかなか難しい。やっぱ声かけがいるよね。

終了後に追加でマグロさんと回遊して合計4時間強で終了。



マグロさんはそのあとレースに行って5時間コースを堪能されたようです。変態かよ。そろそろ10時間250wやってくれてもええよ。

これがWATOPIAの深海に棲息するマグロです。




ZWIFT5か月

Zwiftはじめてみたいけど、、、とか、パワーメーターやスマートローラー何使ったらよいかとか最近よく聞かれるので、ちょっと参考になればと。

私はZWIFT経験5か月のド素人なので、素人なりにやってみて感じたことなどを徒然と書いておこう。

ちなみに5か月間のZwift上の走行距離は8500KM、獲得上昇112000mとなかなかええ感じに乗り込んでいます。


1、Zwiftのメリットは何か

・いつでも気軽に世界中の人とレースで競い合うことができる。
レースのレベルは自分のレベルに合わせていかようにも選択可能。サイクリングから世界のトッププロとのガチレースまですべて月額1500円(+税)の料金内。普通に実際のレースに行けば、1レースで年間のZwift料くらいかかってしまう。月額1500円で毎日レースに参加できるなんてこんな幸せなことないでしょう。私は1日1レースくらい参加しているので1レース50円で楽しんでいると思えばこんなにお得な遊びはない。

・時間効率の良さ
集合場所やレース会場までの移動時間がゼロ。アップしてからレース開始までの待ち時間もゼロ。朝起きてから10分後にレースなんてこともできてしまい時間効率は最強。冬の重装備をする必要もなく、いつでも身軽にZwift立ち上げてローラーにまたがるだけでスタート。終わってからも即シャワー。マシンのメンテも汗を拭きとりたまにチェーンメンテするくらいで外に走りに行くよりも楽ちん。

・遠く離れた友人達やチームメンバーと一緒に走ることができる。
MEETUP機能を使えば、友人知人といつでも一緒に走ることが可能。千切れても何回でも復帰することが可能なので待たせる心配もない。まとまる機能使えば、千切れる心配もない。千切れたとしてもいつでも止めれるので、山奥に放置されて一人で泣きながら帰る心配もない。

・落車しない
自転車競技の一番の大敵である落車リスクがゼロ。ペダル踏み外して打撲ぐらいはあるかもしれないが、ローラーの上で擦過傷まみれになることも鎖骨が折れることもないでしょう。これは何より家族が安心。

・最高のトレーニング効率
ローラー活用したトレーニングを最高レベルで実行することが可能。一人では出せない高強度を出すことができ、あっという間に高負荷、高密度なトレーニングできる。また仲間と一緒なら4、5時間ローラー乗るのも普通にできてしまう。

・ロードレースを考えた空気抵抗、重力抵抗
ロードレースの面白さの一つでもある先頭を牽く空気抵抗の大きさ、登りでのパワーウェイトレシオによる差などはかなりの高レベルで再現できており、大きな違和感なく楽しむことができる。完璧かと言われればゲーム特性みたいなのはあるけど許容範囲。

・すべてのデータが見える
一緒に走っている人のパワーウェイトレシオを常に見ることができ、タイム差もリアルタイムで確認することができる。また見学機能を使えば、心拍数や絶対パワーまで見ることができ、データ面を見て楽しむことができる。リザルトからはパワウェイトレシオも見れて面白い。ZwiftPowerに登録すれば自身の詳細なデータや、世界中の選手のデータを見ることができる。

・見て楽しむ
YOUTUBE配信することや見学機能使うことで、見ているほうも楽しむことができる。ロードレースみたいに目の前一瞬通過して終わりではなく、リアルタイムで展開を見ることができる。実際に見ているとデータが見れる分リアルのレースよりも面白かったりする。

2、デメリットは何か
・どこまでいってもバーチャルはバーチャル
ロードバイクの魅力でもある風を切って走る感覚は体験できない。ゲーム内に風と言う概念はなく体感できるのは扇風機とエアコンの風のみ。

・パワーメーターを使ったゲームであること
パワー値が正しいことが前提となるため、パワー値に大きなずれがあると本当の実力以上か実力以下になってしまう。
レースとして正当に成立させるためにはパワーメーターの公平性が必要。

・Zwift特有の走り方
リアルの世界ではあまりやらない、パワーの掛け方とか登り返しの踏み方とかスプリントのやり方等ゲームならでは要素あり。

・マシンコントロール
実際にバイク寝かしたりして曲がるという行為がないためコーナーリング技術等は身につかない.。

・バイクポジション
空気抵抗が大きいフォームでZWIFTやる習慣がつくと、実際のリアル走行ではパワー高いのに周囲の人についていけないなんてこともあるかも。パワー出すために前乗りになりすぎると、落車リスクも高まる可能性。

・費用面
安く始めようと思えば、パワーメーターあればなんとでもなるけれども、本気でやろうとするとスマートローラーや、パソコン、エアコン、扇風機など諸々の投資は必要。それでもロードバイク一台買うことに比べたら安いもんだと思うけども。
お手軽にスピードメーター使ってzpowerで参加するのも入口としてはよいですが、真剣にやっている人の邪魔するのはやめましょう。

・ローラー独特の疲労感
実走の3時間とローラーの3時間だと、ローラーのほうがやはり疲れます。同じ筋肉ばかり使ってしまうのもあるでしょうし、大量の発汗によるものもあるかと思われます。



3、個人的に感じていること
上記の通り、デメリットもあるものの、メリットのほうが圧倒的に大きいと感じています。

私はZwift初めて自転車生活がまた一段と楽しくなっています。また新たな出会いがたくさんあり自転車仲間も増えて、はじめてよかったとホント思います。

またZwift内の強豪選手の取り組みを見ていると本当に尊敬できる選手がたくさんいます。そりゃ何十万もするロードバイクを十数万するスマートローラーに着けてわざわざエアコン、扇風機付けて室内でやるようなちょっと変わった人達なので超越しているとも言えます。

当然にリアルのロードレースのようにはいかない部分もありますが、ここまで高い再現性で走れるのならば、特に不満もないというのが正直なところ。

パワー値の正確性やチートなんかが、ワーワー言われますが、それもZWIFTが社会的に認知されてきて、スポーツとしての成立に向かっている証左だと思うので、悪いことではないかと思います。どう考えてもおかしな出力で走っている人はたくさんいるので公式レースにはパワーメーターの基準を統一したりする必要はあるのかなーとは思います。

5ヶ月やってみてバーチャルレースはシクロクロスやマウンテンバイク、トラック競技があるように自転車競技の新たな1ジャンルとして成立するくらいのものだと思っています。
そういう感覚で見れば、シクロクロスの専門選手とシクロクロスやるとまったく着いていけないのと同じで、ZWIFTの専門選手にまったくついていけないというのも当然感がある話かとも思えてきます。

リアルと同じパワーバランスでないとおかしいと考える人が多そうですが、当然に違うものとして考えるべきでしょう。

先日高岡さんとも話してましたが、ローラーでのパワー低くても早い人はたくさんいますし。(高岡さんの走り方はダンシング中心なので特に顕著ですけどね・・・)

私もローラーでのスプリントはうまくできません。

それぞれが自分の価値観や目的に合ったバーチャルとの付き合い方をするのが良いと思うので、この世界でトップ目指すのもあれば、ロードバイクの練習ツールと割り切って利用するのも、趣味のサイクリングのカロリー消費としてインドアでやるのもよいかと思います。

自転車を趣味とするなら、一つのツールとして活用しない手はないし、その金額が月額1500円程度ならフルグラ3袋我慢すればよいのです(する気ないけど)。

たぶん機材的な話とかに続く



チャンプ訪問

水曜は高岡チャンプのお店訪問。

すっごく良いお店で、相当楽しそうにされていて、40代からの第二の人生を勉強させていただきました。

品ぞろえもチャンプ厳選品って感じで買い物するのも間違いないかと。私的には2階のトレーニングルームが最強、完璧すぎてこれだけでも一見の価値あり。

チャンプとトレーニングの話やら、機材の話やら、フルグラの話やらを1時間した様子は、福田さん監修で配信されるかと思われます。

色々楽しい時間ありがとうございました。

木曜は夜のJZHCで5分のローラーMMP更新。

5分狙ったわけではなく結果として出ていたという感じ。


金曜は朝レベル高いレースに行こうとしたけど、160wが辛く感じるようや絶対無理な感じだったので撤退。夕方の築山さんMEETUPで脂肪燃焼ローラー。

3倍出せずにまとまる機能のお荷物状態。最近走れない日はとことん走れないぞ。






EMU

京都から東京に戻り、また単身生活。

今日は少し時間できたので初めてEIZOさんMEETUPに参加。

19時から2レースwarmupしてみたが、どうやってもまったくかからず5.0倍が出ずにこりゃダメだ状態。

疲れてるのもあるんだけど、東京の自転車のボジションがまったくダメで全然力が入らん。

そして楽しみにしていたEIZOさんMEETUPは最初の8分間の2.5倍のパレード走行に着いていけずに千切れ、終了となってしまいました。

その後少し追い付こうと頑張ったけどまったくダメで諦めて池ちゃん見学。

おっさんになるとこんな日ばっかりですわ。

また懲りずに参加させてもらおう。

妙にアバターの反応が悪いと思って調べてみるとクソWifiの問題もある様子。



さすがにこのping値とジッターはやばい。ITさんに言わせたらゴミと言われてしまう。

こういう環境でやると、少し踏むとかなり遅れて反応し一気に先頭まであがってしまい、踏みやめると取り返しのつかないところまで落下する減少が顕著になる気がします。

ちなみに5GHZに変えるとping値もジッターも劇的に改善します。

色々面倒なのでNURO光導入したい。

月曜の朝に京都から帰る前に子供見てみたら二人でマッスルドッキングして寝ておったわ。





GW最終日

いよいよ今日でGW最終日。

結局外出は一切せずにZwiftして子供と遊んだだけだった。

Zwiftなければ相当苦しい時間だったのだろうな。スマートローラーもわざわざ自宅に宅急便で送ったけど正解だった。クソ重いけども集荷してもらえば大した手間でもないし。

今日は朝からITさんMEETUPでALPE登頂。

回転系で300w強を維持して山頂目指す。

TOYの高強度に慣らされたお陰で最後までタレずに尻上がりに走れ自己ベスト1分くらい更新。

といってもアイテム強化されているのでどこまで実力かは不明。

その後に連続してGENKIさんMEETUP。

100km走。ALPEでかなり負荷かけたのでこりゃきついわ。

30分くらいヒラヒラ走っているとアタックタイムが。。。とりあえず着いていってみると糸川さんアフロさん池ちゃんとの4名。

糸川さんとアフロさんが下がってしまい、池ちゃんと二人に。

これしんどいやつやん。

途中回遊中のマグロ合流して3名で淡々と回しながら先頭牽くときは5.0で走る感じ。

合計4時間越えてくるとちょっと疲れが出てきたけどどうにか100km完遂。バナナ4本とボトル4本で乗り切った。

4時間25分でtss325まで行っていたので結構ええ強度でした。

昼から子供たちとゆっくり。












TOY team battle

今日はTOY team battle。

今回のレースは若手に託し、私は監督としてdiscord参加して選手5名にレース中に指示を出す役割。

朝練を2レースさらっと走って、12時過ぎからスマホ1台目をyoutube用、スマホ2台目discord用、パソコンにZwift画面を表示して見学モードで選手全員の状況をチェックする。

今回のteam battleは各人毎に指定体重が設定されており、全参加者の力の均衡が計られているため、まったく展開が読めない。

チーム内のエースを最もポテンシャルが高いタケハルに託しと第二の若手吉安をセカンドエースとすることを事前に決めて、他の三名には鉄砲玉として死んでもらうことも辞さないように打ち合わせ。

チームとしては前半は枚数を残しながら、展開的にスプリンターを脱落させて終盤に攻撃を仕掛けられるように考える。

Zwiftの画面で集団内の状況、遅れたヒトの情報を送りながら集団ペースの上げ下げをdiscordで伝達。みんなきっちりやってくれて序盤から中盤までほぼ思惑通りに進む。

終盤に入ると有利な展開に持ち込むために各人が仕掛けエースに足を温存させる常套手段に。

ラスト周回のヒムロックの逃げは熱かったな。ホント素晴らしかった。

最後の一分坂で人数絞られ池ちゃんとタケハルに最後託す。

相手チームの早めの飛び出しを池ちゃんが魂の牽引で詰めてもらい、最後はタケハルのスプリント発射。

チーム内の最若手のタケハルに託すために全員がきっちり仕事してくれたのでタケハルは足を残すことができた。

ゴールライン通過見て涙出そうになったわ。

ロードレースのチームで走る醍醐味をすべて味わえてこれは面白すぎた。

チームメンバー全員がそれぞれのローラーのうえで万歳してた。

監督としては普通のレースでは見れない色々なオンラインならではの情報を見ながら選手に指示を出せるのでこれまた面白い。

体重設定効果により全員にチャンスがあるのも盛り上る要素だろう。

次回も監督として参加しよう。

EIZOさん、ARKSTRONGさん、参加された皆さん楽しい時間をありがとうございました。



夜はZoomでオンライン打ち上げでした。



修羅の国へ2

朝少しだけローラー。

金曜日は疲労困憊なので休養なんだけど昨日の続きで海外のレベル高めの狂ったゴリラが集まるレースに参戦。

開始直後のZwiftkomで抹殺されて無理して追い付いたら10分で昇天。見事にぶっちぎれた。

さすがに疲労がたまっていて踏んだ瞬間にこりゃダメだと感じたが、ボコボコにされるとまた挑戦したくなるので良いですな。

今日も在宅勤務して仕事終えてから子供連れて、息子が飼育しているアマガエルの餌を探しに田んぼの畦道へ。



虫捕まえて帰る途中の公園で息子が

「パパーなんか幼虫がたくさん落ちてるよー。なんの幼虫かなー。」

「そりゃ、ただのかっぱえびせんだよ。」

「えっ、カッパの幼虫なの」

息子君、かっぱえびせんは食べたことがなかったか。よく考えたらとんでもないロングセラー商品だよな。



帰宅してからご飯食べて子供たちとファイナルファンタジーを進め、まもなく最後というところまで来た。

そして今更ながら重要なことに気づいた。

FF4だと思っていたこのゲームはどうもFF6のようだ。

「Ⅳ」と「Ⅵ」を読み間違える40歳のおっさん。

最近、脳細胞の死滅が止まらないんだよなー。






修羅の国へ

今日は久々に在宅勤務。

私のような貧乏性はどうも程々に仕事している方が落ち着く。

休みなのに外に出れず無駄に時間があると結局ダラダラ過ごしてしまう。

適度に仕事をして頭に刺激いれて、自分のスキルをブラッシュアップしながら世のため人のためになることをやるのは大事だ。

仕事していると前に進んでいる感じがあって、少しは閉塞感から解放される。

仕事一段落して、夕方からレベル高いレース探して
オーストラリア人満載の平坦レースにエントリー。

アベレージ50kmオーバーの殺人的スピードで進み、40分間常時5.0キープから50人くらいでスプリント。

ラスト400mでゴリラ系重戦車に囲まれ一瞬でもみくちゃにされて19位。

平坦はやはり絶対パワーが高い方が優位のようで私のような中途半端なキャラはまったく歯が立たず。

リザルト見ると180cm68kg以上が最低条件のようでチビッ子クラブは門前払い状態。

これも経験。

しばらくは虎穴に入ってボコボコにされることを繰り返そう。せっかく課金されてるならモンスターと走って殺された方が面白い。


子供たちにモスバーガー買ってきてあげたら、こんな食べにくいハンバーガーが食べれるかー!
納豆ご飯を出せ!といってハンバーガー食べずに納豆ご飯食べておった。

子供にはやはりマクドナルドなのか。














子供の日

TOY疲労が結構きつくて火曜は流しでレース一本。

ほとんど画面見ずにアマゾンプライム見ながら三本ローラーしてたら二回落車。

じわじわ240wくらいで巡航可能となったところで維持して1000kjほどで終了。


夜はZoomにてオンライン飲み会。

おっさんたちが集まってグラノーラについて熱く語る飲み会。赤グラ800g500円台は高いらしい。

Zwiftの話してたら明日はZwiftロング走ろうとなり、急遽MEETUP作成。

翌朝にWATOPIA最長コースを12名くらいで出発。

120km走ってきて最後にALPEを登る男のロマン的コース。

あまりの過酷さ?に脱落者続出したけど無事に7名は完走したのかな。

私は序盤ケツの筋肉がゴリゴリで痛かったけど最後はほぐれてきて最後のALPEは高回転維持して39分55秒とまあまあええ感じ。

トータル4時間ほどでゴール。補給はバナナ4本とボトル三本。トイレ休憩5分一回。3000kjTSS270

走り終わったあとは子供と遊んで夜のITさんMEETUPに参加。

さすがに全力ゴリゴリでは走れないけど先頭集団7名くらいを観戦しながら、脚回して程よい強度で走れて満足。

我が家のこどもの日

鯉のぼり出して



兜出して



ママ特製の鯉のぼりカレー食べながら、
スプラトゥーンをオンラインで従兄弟とつないで遊ばせてあげる。




TOY stage3

14時からリッチモンドの世界選手権コースでのロードレースの第3ステージ。

3位、4位と来てここまで総合2位につけている。

1位のDaiさんはどう考えても他の選手よりも頭2つくらい抜けてしまっている感じがしており、スプリントも登りも平地巡行もまったく歯が立たず、どうこうできるレベルではなさそう。

私的にはGWのイベントを皆で楽しむというのがコンセプトなので自分の順位云々よりも状況的にチーム総合で上位に入れそうというのが皆の士気があがって嬉しい。

最後のロードレースは、1分強と30秒と2分の登りのコンビネーションでパンチ力ある選手向きのコース。加齢とともにパンチ力低下している私的には登りの距離がもう少し欲しいところ。

足の状態的には、ツールド沖縄のラスト30K時点と比べると遥かにましと言えるけど、ローラーでの追い込みすぎによる脱水なのか攣りそうな感じもする。

レースは予想通り登りのたびに人数を減らす展開。一つ登りを超えるごとに確実に人数が減っていく。一つ一つ冷静に対処し後手を踏まないように心がける。

チームからは池ちゃんと、ヒムロックが良いところまで残ってくれたのが心づよい。

一緒に走ってくれていたヒムロックが2周目最後の登りで力尽き、discord内で後生を託され、最終局面は7名。

Daiさん、Stingerさん、tanakaさん、usamiさん、yamaさん、takasugiさん

リアルのロードレースなら理想的な展開なんだけど、私のZwift歴が明らかに一番短いし、私が一番弱そうであることは明白。上記メンバーにZwift内のレースで先着したことはたぶん一度もない。

そしてチーム人数的にもZWCが3名に、ARCCが2名となり、私の単独の無駄な平坦区間での仕掛けは誰か一人にチェックされて終わるというのが日の目を見るよりも明らかなので、完全に手詰まり状態。

それならば最後の登りのワンチャンスにかけるしかないかと。

最後の平坦区間走っているときには、やはり少し脱水っぽくなり左足の指が攣るような感覚になってきて、あまりよろしくない状態で最後の登りに突入。

ここまでくると四の五の言わず全力で踏むしかないのだけど、登りの中腹で圧倒的なパワー差で置いて行かれる。

完全な力負け。最後の一撃をぶちかます足が残っていなかった。

最終5位でゴール。

個人的には力不足を感じたけど、5位までのポイントはぎりぎりゲットしてチーム順位3位に貢献できてチームメンバーの頑張りに報いることができたことが何より嬉しい。

チームメンバー全員がこの冬からZwiftを使い始めた素人ばかりのメンバー。それでもそれなりに国内トップZwifterの皆様と走れることが証明できてよかった。

ホント楽しかった。
クリテリウム、ヒルクライム、ロードレースを一日でやるという何とも素晴らしい演出。

3DAY熊野を一日に凝縮して開催されている感じで、それを自宅で落車リスクなしで楽しむことができて、遠征費が一円もかかっていないってもう何も言うことないでしょう。レース期間に家庭を空けることもしなくて良いし。

一晩明けて、YOUtube放送全部見たけど、完成度高すぎる。

身近な人が走っているレースをリアルタイムで自宅で完全生中継で見れるのは絶対面白い。

運営いただいた、EMUのEIZOさん、ARKSTRONGさんはじめ皆様本当にありがとうございます。

参加者の皆さん熱い走りありがとうございました。

最高のSTAYHOMEの大人の時間を過ごさせていただき感謝しかありません。

レベル高いレース走らせて頂き経験値も積めて勉強になりました。


TOY stage2

12時からstage2

EPICKOMを通過しラジオタワーを登るヒルクライムコース。

圧倒的クライマー向けコースだけど所々現れる勾配の緩い区間や下りを集団効果でうまく切り抜けられるかがポイントかな。

8分のパレード走行終わった直後が、ちょうど登りのピーク手前でいきなりきつい時間から幕を開ける。

その後の下りも飛び出しあったりで集団伸び縮んでしんどいやん。

橋を渡りEPICKOMの登りに入ったところから予想通りのハイペース。

極力前との間を空けないように早めに対処することを心掛ける。Nakagawaさんが豪快に牽いていてまったく緩む気配なし。

パワーメーターは常時310~330wで時折前を詰めるのに380wくらいで踏むという感じ。

EPIC KOM山頂までなんとか食らいついて自己ベスト30秒以上大幅更新。

ラジオタワー入り口で生き残りは6名か。私も相当厳しい状況。

ラジオタワーの激坂突入。

330w維持をターゲットに漕げるギリギリ限界でゴール目指す。

Daiさんとtanakaさんがスルスル離れていく。

少し前にNakagawaさんとwatanabeさん。

umechuさんがすぐ後ろかな。

watanabeさんを後半でキャッチしてそのままNakagawaさんに追い付きたいがあと少しが詰まらない。

最後はwatanabeさんともつれながらゴールして同着4位。

心拍が今年の最高記録を更新しまくり、かなり限界に追い込んだ。

パワー的に25分317wは25分MMP更新だと思われる。白石20分台で走ってるときよりもパワー出てるんじゃないのか。

足をくるくる回して下山するものの、ほぼオールアウトまで追い込んでしまったので、持久系長距離ミサイルの私も結構深いダメージを負ってしまった感はある。

これは回復するのか。。。そして足攣りそうだ。

補給はマグオン2発注入してバナナを2本食っておく。


TOY stage1

10時からリッチモンドのフラットコースを使ったクリテリウム。

8分間のパレード走行の後にリアルスタート。

スタート後の出力ヤバイです。

これでおそらく半分以上の参加者が抹殺されてしまったのではないだろうか。

6~7倍で踏み続けないと集団に残れないというカオスな時間が結構続く。辛いっす。


その後もあまり緩むことなくレースが進み辛い辛い。チームメンバー全員が集団内に居てくれるのが心強いし千切れられない。

最後の一周に入りヒムロックの敢闘賞ナイスアタックと池ちゃんの最後の飛び出しでペースが緩まず私的には全員が高負荷状態でスプリントに入る良い展開。何気に良い連携だったと思う。

緩い状態からスプリントだと1000wを出すモンスターに歯が立たないけど、全員がきつい状態からのスプリントならまだ可能性はある。

少し早めに腰あげて長めのスプリントで挑む。

最大は750wくらいしかでてないけどもそれを長めに維持してギリギリ3位滑り込み。

1000wを出す選手がたくさんいるなかで私的にはまあ上出来っす。




第一レースから楽しかった。

少しダウンしてリビングに戻ってひたすらバナナ食ってスポーツドリンクで補給。

子供たちが元気に遊び回ってる横でお父さんは少し休憩して次のレースに備える。

TOY 準備

今回のGWの最重要イベントTOY(TOUR of YOURHOME)

1日で3レースを走り最強Zwifterを決めるイベント。

たくさんのスポンサーが協賛しながらもエントリー費はなく、Zwiftユーザーでチームを組めば誰でも走れるというオーガナイザーのEIZOさんやarkstrongさんの善意の塊のようなイベントに感謝しかありません。

我がチームVC VELOCEの参加者は以下

1#
いまや自転車界最強のインフルエンサーになってしまったITさん。その昔は橋の下で夜中に三本ローラー乗っていたことを誰も知るまい。

2#
ジュニアの日本代表としてフランスで連戦し入賞して帰ってきたTAKEHARU

3#
朝から晩までZwiftしかやってないけど、使用機材はiphoneと普通のローラーという廃人ikegawaさん

4#
人数の関係でVC福岡から合コンのスペシャリスト、ヒムロックさんを誘致

5#
ポンコツサラリーマン まつけん

6#
そして予備選手としてVC福岡の隠し兵器で就職活動中のyoshiyasuを加えた6名でエントリー。


オンラインレースは特にレギュレーション遵守が肝なので前日から全員の体重確認、使用機材確認を実施。

当日朝に全員の体重を再度チェックしキャリブレーション実施も確認。

ちなみに私は今朝の起床時体重57.2kg。


パワーソースはkickrを使用。


レギュレーション遵守は自己申告なものだけど、趣味の世界で嘘ついたりして得たリザルトなんてたとえ何位であれ自分のなかで気持ち悪いだけなので正々堂々と言える状態で挑むに限ります。

チーム内でdiscordつないで苗村監督とマネージャーのナナさんもご参加頂き一体感持ってスタート時間を待つ。

今年の初レースみたいなものなのでこの適度な緊張感や、レースに向けて徐々に仕上げる感じもまた楽しいですね。

続く









久々に調整

明日はEMUさん主催のオンラインレースにチームエントリー。

実際のレースと変わらぬ緊張感がある。寧ろ勝手がわかってないぶんこっちの方が緊張するかも。

前回のJMCはコースもろくに知らずに走っていて、いま思えば無謀だった。。。


コロナの影響で時間ができるようになり、ローラーオンリーだけどしっかり走れているので二月よりも体重2kg減って沖縄とニセコの年二回しか作らない状態とそんなに遜色ない水準には仕上がってしまっている。

私のZwift力はそんなに高くないけど冬から4ヶ月それなりに鍛練してきたし楽しめて走れたらええなー。

オンラインレースはレース前日の移動もなけりゃ、当日の段取りもほとんど不要で同じような緊張感で走れるなら、これはこれでありだわ。

通信障害とか、ローラー壊れるとかどうしようもないことはあるかもしれんけど。それはパンクやメカトラと同じか。

何よりこの環境下、最高に楽しんで走れる環境を提供してくれているオーガナイザーの方に感謝だ。

今日は朝に流しローラーやって家で1日のんびりしてた。

Nintendo Switchのオンラインお試し期間でスプラトゥーンができるの発見してお父さんはそれをやるために子供たちのために色々調べたり、帰省したくてもできない従兄弟につないだり苦労したわい。

朝晩二回

朝起きて少しローラー。

volcanoフラットのレースに参加。

どんなシチュエーションで5.5倍からまったく動かず走り続ける海外のヒトがいたのだけどこれはそういうペースメーカーが入ったレースだったのだろうか。明らかにモーター。

後ろでドラフティング実験とかできてありがたかったけど。。。

昼から子供とゆっくりパン作ったり、ゲームやったり。

夕方にパン焼いてる間にワンレース。

NTTproチーム主催っぽいEPIC登って下るレース。

異常なレベルの高さでスタートからEPIC KOMまで30分5.4倍で踏み続けたけど山頂通過70位くらいだったような。

NTTproの選手もほとんど遅れてたんだけど、これどんな無理ゲーなんだ笑。

限界近くで30分走ってしまいちょっとやり過ぎたか。

スマートローラーの自動負荷設定を走りながら何度もいじってたけど、ある程度コースわかってるならそんなもんないほうがパワー抜けしないので一番早いのではというのが今日の結論。


レース終わって焼き上がったパン食べて子供たちとFF4をひたすら進める。