FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

一週間

今週月曜には、全日本選手権中止が決まったりして今年はレースがない前提で色々やり始めたものの、突然の群馬開催にきらら浜開催と実業団が本気出し始めた。

各地でも大会は実施され始めてるし潮目が変わってきた感じがする。

やるんなら出ないと機会損失になるので、一応群馬は出る前提で準備はしておかねば。


先週800km以上走ってしまい今週はダメだろうと思っていたが、火曜、水曜、木曜の平日地獄のZwift3連戦で狂った人達に苛められた結果、ローラー上のMMPを結構更新した一週間。レース上のリザルトも現状考えられるベストに近い感じ。

調子に乗って週末走れるかと思ったが、土曜ITさんと二人で走ってたら3時間くらいしてから腰痛が酷くなり走れたもんではなくなってきた。

最後はダラダラ流して帰宅。

おじさんは体の痛みに対して無理することはしてはいけない。疲労が遅れてやってくるのはおっさんの勲章だ。

日曜は朝にZwiftで60kmのレースを一本。画面に集中している限りは体の痛みを感じないのは不思議で、レース終わって流してたら腰痛出てきたので退散。


その後ランニングする奥様を子供と一緒に自転車で追いかけるというサイクリングに出掛ける。

我が家から嵐山までサイクリングロードを使って片道5kmくらいを走っていく。息子はお姉ちゃんのお下がりの小さい自転車なので必死に漕がないと着いていけない。しかもそんなに長時間自転車に乗ったことがない。

嵐山着くまでの小さいサイクリングロードのアップダウンが登れず必死に自転車押したりしてママを追いかける息子。

何度も止まって水飲んで嵐山で完全にグロッキー。



帰り道のコンビニでアイス買ってあげてエネルギー充填。



途中もう無理と弱音を吐いてたけど、なんとか家まで自分の力で帰ってきた。

5歳で約10kmサイクリングできたならよく頑張ったのだろー。

帰宅後ご飯食べたらチョッパーと一緒に寝た。





夕方にマチューが出るグランフォンドがあると聞いたので100km走ってみたがマチューは見つからず。















スポンサーサイト



新・目指すべきもの

今年の目標の一つに掲げていた乗鞍の中止が決定。鈴鹿も中止。ニセコも中止。

沖縄もUCIレースであること考えるとほぼ間違いなくないのだろう。

ってことで、今シーズンのレースはシクロクロスを残すのみとなった。
(競技人口少ないのに今年に限って逆にヒトが殺到したりして・・・)

しかしだ、、、自転車レースなんて数ある楽しいことの一つでしかなく、ほかに楽しいことはいくらでもあるのだ。

これを残念と思うかチャンスと思うかは考え方だ。

優先順位が変わるだけで、いつかはやろうと思っていたことに挑戦できる絶好の機会がやってきた。

いままでのように同じところをぐるぐる回ってフィジカルを鍛えるよりも、行ったことがないところを走ったり、やったことがないことに挑戦するなら今がチャンス。

時間と体力は有限なので、無駄な体力消耗は極力抑えて、今のレベルを落とさない程度にトレーニングしつつこれからは毎週色々なことに挑戦していこう。

まずはやりたいことを考えておく。狙ったチャレンジを確実にやり遂げていくぜ。楽しいこと考えないと勿体ない。

今頭にある狙うチャレンジを書いておく。文字で書くことにより達成する確率は跳ね上がる。冗談で言い始めたことを実現させるのがおもしろいのだよ。共に挑戦する人いればウェルカムです。

・東京から京都への自転車帰省

・京都~乗鞍(一泊)~東京移動

・関東の走ったことがない、栃木、群馬、新潟、福島あたりの峠を走り回る。

・マウンテンバイクで四国スーパー林道制覇へ

・神鍋高原合宿(MTBパーク)

・家族連れてキャンピングカーで山の中で合宿

・関西圏合同練習会IN佐々里峠

・南アルプス縦走

・八ヶ岳縦走



気候的にこれから10月までがチャンスだ。時間は有限。体は一つ。一つ一つのイベントについて下調べして準備する工程もまた楽しい。

さっそく今日は山登れる体を作るためにランニングを始めている。5KM走って、足パンで死にそうだったけど。


子供との時間も有限だ。


父の日

先々週と同じく小浜へ行くことに。

二日連続ロングに行くとか自分でもやり過ぎじゃないかと思う。よく考えたら水曜も226km走ってるわ。

集合場所に向かってると前から輪界のスター兼松おじさんが現れ目を疑う。奈良からトレーニングを求め現れるこのおじさんも究極の変態だ。この意識の高さが強さのベースなんだろうなー。



さすがに昨日TSS300弱だったのでサラ足からは程遠く、すぐに帰って子供と遊びたい心境である。

美山越えて小浜まで、今日も快速で到着。相変わらずマグロミサイルは一味違う。

ローテはしっかり先頭長牽きで合図出すまでは変わらないスタイルで行くのがペースも維持しやすく走りやすい。負荷あげたいヒトは長く牽いてもらったら良いのだし、その辺は阿吽の呼吸で走れるメンバーなのでスピードが早い。

帰り道は気温も上がってきて全体に疲れも見える。私も段々辛くなってきた。

亀岡前くらいでグリコーゲン完全枯渇した感じの症状が出てきて、今日は最後まで踏めずに最後はゆっくり流して帰ってきた。

二日で400km、今週850kmとか走るとさすがに堪えますわ。

これからは土日どちらかだけ頑張って、一日はもう少し違うことにチャレンジするようにしていこうかと。

夕方からは父の日ってことで、二階のベランダで焼肉大会。

風が心地よすぎてそのままベランダで酒飲みながら食後のグラノーラ食ってる贅沢。






ふらっと美山

シクロクロスの全日本チャンプ沢田時選手、マグロさんと、ITさんという、輪界の有名スーパーマン達と美山に水を汲みに行くことに。

ホントみんな早すぎて、美山まで一瞬で着いてしまうわけです。えっもう着いたのって思ってしまうくらい。
普通に先頭は5倍以上の強度で踏んでるから当然なんですが。

道中は沢田プロとZwiftの話やら機材の話やら。

私みたいなおっさん相手でも、楽しく話してくれて、ホントに強くて爽やかで、好感しか持てない好青年なんですよ。中原プロもそうですが、オフロード系の皆さんはホント爽やかな方が多くて、シクロクロスではボコられ甲斐があります。

亀岡からまっすぐに家に帰ろうとかと思っていましたが、早く戻ってこれたのもあってせっかく沢田プロやマグロさんと走れる機会なので、一緒に最後の野間峠まで。

で、、、野間峠はガチで走る雰囲気になり、こりゃ心して挑まねばと。

150KMくらい走った状態で、結構辛いのに、序盤から悶絶ペース。

2分時点でサイコン見たら、アベ370Wとか見えた気がして沢田プロと二人。

沢田選手と走れるのが楽しくて、生の息遣いを聞きながら、駆け引きしながら登るのが最高。こりゃZwiftにない、リアルの本気やり取りに感動だ。最後はダンシングでプッシュして手元時計9分ジャスト342Wでゴール。いままで10分切ったこともなかった気がするが、やればできるやんと。



ほんとプロ選手と走れるなんてこの上ない幸せである。



その後、京都の帰り道で老の坂峠をしっかり踏み切って帰宅。タイムも先々週よりも少し早くてこれまでにない着実なベースアップを感じますなー。

帰宅して子供連れてBMXやりに向日町競輪へ。

子供たち今日も元気にやっとりました。私は疲れてへばってました。




ふらっと柳沢峠

突如水曜は休みとなり、天気も良いのでたまには東京を一人で走ってみようと思い立った。

火曜の晩に鬼のようにきついZwiftレースを走ったあとに、そういえばSTRAVAにルート作成機能ができたというのを思い出して早速試してみることに。

これ、なかなか優秀です。

自転車が走れない陸橋とかは外してくれたり、サイクリングロードも案内してくれたりでルート作成機能としてはルートラボより優秀かも。

で、適当にこんな地図を描いてみた。

3300upってマジか?まあ時間はあるから行けるだろうけど。



一度走ってみたかった山梨との県境柳沢峠に行くのがテーマだ。

久々の外での一人ライドなので、慎重に色々準備してたら0時くらいに。

翌朝5時に起きて5時40分出発。

まずは新青梅街道をひたすら西に。

青梅に着くまで延々と信号に引っ掛かりたぶん30回は止まった気がする。しかも路面が結構悪く最初から心折れそうに。

対称的に青梅から奥多摩、柳沢峠は最高そのもの。これぞロードバイクの醍醐味だ。

今日は強度あげて走るつもりは全くないのでサイクリングペースでゆっくり山頂目指す。気温も20度以下と涼しく気持ちよすぎる。

心拍140以下くらいでゆっくり登って標高1476mのピーク到着。そんなに登ったつもりはないんだけどあっという間に着いた。

山梨側に下る道も最高のワインディングでやっぱ自転車はこの爽快感がたまらんのだよなー。

腹が減ってきたのでセブンイレブンで幕の内弁当買って一人で食う。グルメライダーの私としてはほうとうや地場のウマイものを狙いたいところであるが、世の中がもう少し落ち着いたら利用させてもらおうと今回は我慢。


腹に入れたらすぐに出発して甲州街道に出て、ひたすら東に戻る。

大月、上野原、大垂水峠と進む。10数年前にオーベスト練や、なるしま練に参加させてもらってこの辺りは走ったが、もがき苦しんだ記憶しかなく、道があまり記憶に残っていない笑。

高尾まで戻ってくるとあとは都内に向かうのだがここからが地獄。

ひたすら信号ストップでどうもならん。八王子から荻窪までがなかなか着かない。気温も30度越えていたのでさすがに辛い。真夏なら死んでるわ。


信号ストップの多さに心が折れて最後はサイクリング以下になってどうにか16時前に帰着。

帰ってログ見ると合計一時間くらいは信号ストップで止まらされていたみたい。

都内走行は一度やっておきたかったので、走ってみたが、これは無理だなーというのが結論。

探せば走りやすい道もあるのかもしれないが、リスク多く、抱えるストレス考えるとローラーやってる方が遥かに良い。

外走りたいときは、少し我慢して荒サイに出てひるさいに向かうか大人しく輪行して都内から脱出するかしかないか。少なくとも金輪際一人で都内を走ることはないだろうと思われる。

いま思えば埼玉はホントよかった。

東京にずっと住んでるヒトっててほんと凄いと思う。慣れてしまうんだろうけどよくこの環境で生きてられるなー。

ちなみに獲得標高は2650upだったのでSTRAVAの数値結構ずれてるのかな。サイコンが拾わない細かいのも拾っているのかもしれないけど。距離はほとんど誤差なくバッチリでした。

帰ってきて荻窪の名店光陽桜でうま煮定食を食す。
下町B級グルメなかなかやるではないか。



この隣にサイクリストの方がやられているフランス料理のお店があって行ってみたいのですが、私のような田舎者が入っても大丈夫なのだろうか。








バーチャルニセコクラシック

今日は本来であればニセコクラシックの日。

残念なことに中止になってしまったが、事務局から連絡いただき、恐れ多くも招待選手としてバーチャルミートアップに参加させていただくことに。

10時からWATOPIAを73KMで2時間のコース。

実際のニセコは150KMなので、7時30分からローラー開始して、8時過ぎから60KMのやや長めのレースに出場。

雨の影響か日本人が多くて楽しかったけど、これがまたきつくて、最後はアメリカンパワーとzPOWERの飛び出しを必死に追いすがるも3位に沈む。

トイレ行ってボトル補給しなおしてからニセコMEETUPに参加。

自然体で先頭グループに着いていく感じで走る。
丁度良い強度で非常に走りやすい。新潟のHONDAさんが強い。少しずつ人数減りながら、最後は6名に。

みんなでゴール目指して楽しく連帯感持って走れて、すごい充実したライドだったなー。

トータル4時間40分160KM以上走れてトレーニング的にもよい感じになりました。

今日は、ITさん監修のサンボルトのレーパンを着用しての長時間ローラー。お尻の痛みを感じることすらなく、股ずれも当然まったくなし。これ他社製品に比べ、べたつかず汗でグダグダになることもなし。ホントにストレスなし。こりゃ、買わないと損だわ。

毎日ローラーやっていると、レーパンの違いによるパフォーマンスの違いもゼロではないと思うのですよ。







落車祭り

朝の7時からのZwiftレースが少しレベル高そうだったので、出場してみたが、開始3KMで通信落車。

パワーが突然表示されなくなる悲しさ。ほんま腹立ちますな。

有限の体力を無駄に使ってもしょうがないので、夕方にある海外のレベル高いやつに出ようと気持ち切り替えて止める。

日中は、雨で特にやることがなく、図書館にこもって読書。

大した本は読んでないけど、猫ひろしのフルマラソンの本読んでたらマラソン走りたくなってきた。結構よいこと書いてて、まずは走り込みがすべてのベースで月間500KMは走るらしい。毎日10kgのリュック背負って走ってインターバルやるとか3時間後半から2時間37分までタイムを縮めたのも相当な努力があってこそなんだな。

色々読んでたら、自宅でウダウダしていたらホントいけないと思えてきた。世界中にはいきたいところはたくさんあるし、国内にも走ったことがないところがたくさんある。

もう人生折り返し地点は過ぎて、元気に走り回れるのもあと何年あるのだ。毎日同じように部屋にこもってローラーばかりやってても、しょうがないんじゃないかと思えてきた。自転車レースも今年はないだろうから、今年はもっとチャレンジなことをした方が良いのじゃないか。

これからは一つずつやりたいことを潰していく人生にしなければと、考えた図書館生活だった。

本は視野を広げてくれるからホント良い。SNSばっかり見てると自分の興味ある範囲の偏った情報しか入ってこないから危ないよー。

帰宅して結局ローラー。
夕方の一番厳しそうなレース参戦。
しかし、、、また序盤で通信落車。まじで切れかけた。その後にもう一つ走ったけど、やる気もいまいちになってしまって、千切れてグダグダに走って終了。

ローラーしてストレスたまるなんて愚かすぎるわ。

終わってから晩飯食いまくってフルグラやけ食いしてやったわ。

あー今年は山の中を走り回ろうか。

地獄の平日3連戦

日曜のロングのダメージが結構深くて、月曜日の夜中に足が盛大に痙攣して悶絶。

体に残るダメージは正直だわ。

平日はレベル高いレースでひたすら武者修行が最近のテーマ。コロナ落ち着いて平常運航に戻るともう出れないかもしれないので時間的に可能な限りチャレンジングなレースに出場。

火曜はJZTR(Japan Zwift Tuesday Race)

インスブルック3周からのLUSTCHER山頂ゴール。足が浮腫みまくりでこりゃどうもならんので、とにかく省エネで耐えるだけ耐えてダメなら止めれば良い的な感じ。

最後の登りまではそれほどペースも上がらず助かり、最後の登りはきつすぎて限界ギリギリ。途中何度も千切れかけたが先頭5名に完全に金魚のふん状態でどうにか着いていき。最後は足掻いてみたら奇跡的に2位だった。。。

水曜はUSA Indoor Specialist Race

現状出れるレースで最高ランクだと思われる。

コースはLONDONのBOXHILLを2回登る。

昨日よりも状態は酷くアップから諦めモード。そんな状態で最高レベルのレースに誤魔化しが効くわけもなくBOXHILLの登りに入った瞬間にどうもならず先頭15名くらいからさようなら。あとは10名くらいのそこそこの強力な面々でゴール目指し、16位とか微妙な順位。前についていけなかった時点で弱すぎたと反省。

最後は下りで集団が突然割れた気がしたのだけど、何かのバグだったのか。


木曜はJZHR (Japan Zwift Hillclimb Race)

日本からも海外からも異常なハイレベルな面々で恐怖しかない。これ普通にプロレース並にレベル高くないか。

コースはSURRY HILLSで、5分~7分くらいの登りを5回登り、獲得標高1000mの激キツな凶悪コース。

疲労に疲労を重ねて大腿痛くてまともに踏める気がまったくしないぞ。最初の登りからキツすぎて瀕死。二つの目の登りで強力なペースアップで失神寸前。

途中何度も千切れそうになりながら、どうにかこうにか集団からは切れないようにギリギリぶら下がり、最後まで耐え続けたが、最後の登りでは完全に力尽きて11位。

3日間連続でかなり追い込んで辛かったが、パワーデータ見てみるとベストからは程遠い出力しか出ておらず、体か確実に疲労している。

とはいえ梅雨に入るとそうロングも走れないだろうし、平日は可能な限りこの武者修行系を続けよう。

Zwiftは世界中のトップレベルの選手と走れるのだからホントありがたいツールだ。別に千切れても失うものはないし、可能な限りレベルの高いレース走らないと損だわ。一人では絶対あきらめるようなところも、なんとか耐えようともがくことができるので、自然とインターバルがかかって、ありがたい。

にしても、三日連続でTSS150くらいだとさすがにきつい。金曜はお休みだ。




息子は四六時中チョッパーのぬいぐるみを離さず持っており自転車にも乗っけておる。


どうせなら何でも治せる万能薬みたいな医者になってくれたらええんやけど。








ようやくロングライド

日曜は225KMのロングライド。

そんな距離走るのは沖縄以来ですが、、、あっという間に終わった。

私の脳裏には、2m前を走る原動機付マグロの尾ひれの幻しか残っていませんが。

正味区間200KMのアベレージは37Km/hとか狂ったスピード。もちろん信号はすべて完全遵守、給水3回ストップ挟んでのスピードなので実質的にはほぼアベ40Km/h。しかも1400Mくらい登ってるし。

バーチャル富士ヒルの世界では、パンターニやアームストロングを超えるものすごい日本人がたくさん現れ度肝を抜かれたが、リアルの世界にはそれを凌駕する化物、、、いや魚がいるんだなー。

そんなこんなで久々のロングは、幻をみながらロングと感じることなく一瞬で終わりました。

昨日の私的ハイライトは、210km越えて自宅まで残り7KMくらいの老の坂峠まで緩めずしっかり踏み切れたこと。200km越えてからの状態としては過去最高だったかも。

バーチャルのなかにいる強者相手に走ってたら、自分の殻が知らない間に破れているのかもしれない。世界中のZWIFTユーザーに感謝申し上げねばなりません。


帰宅後子供たちと一緒にワンピース観賞。
ちょうどチョッパーとヒルルクのエピソードで毒キノコのくだりは涙なしには見られんかったわ。息子もようやくチョッパーが何者か理解してくれた。

それにしても9日間で90話以上見ている子供たち。このペースでいけば年内には最新話まで追い付いてしまうのか。

バーチャル富士ヒルからBMX

大会が軒並み中止になるので、少し緊張感あるイベントに出るかと思って、バーチャル富士ヒルレースにエントリー。
(土日で8時、16時、20時の計6回開催。)

一番早い回の8時スタートでALPEをガチンコで一本。

エントリーリストを直前に見ると結構すごいメンツ。

ALPE登り口までのジャングル区間で中切れしかけたけど、どうにか先頭付近でALPE突入。

序盤みんな元気で早い。無理しすぎないように着いていくと、皆さんどんどんタレていく。

10分経過時点くらいで、私とZWCのTanakaさんと外人さん二名になる展開。zPOWERと思われる外人さんがグリグリ牽いていく。15分くらいで外人さんが一人千切れて、その後に私もこのペースはちょっと無理かと弱気になって千切れる。そこから前を行く二人からジリジリ離されていく展開。20分経過時点で313Wだったかな。そこからはパワーダウンしないようにひたらすら310Wを基準にマイペースを刻み続ける。大崩れすることなく最後は先頭の田中さんから22秒遅れの2位でゴール。

ALPE 37分48秒 311w 173bpm 86rpm

タイム的には5月のベストタイムより24秒遅れだけど、今回とまったく同じ出力。5月はセラミックスピードのイベント効果が入っているので、それを差し引いたらほぼ同じタイム。

こういうデータが簡単に表示されるのがありがたい。



2月くらいに39分30秒くらいで登っていたときよりも今回のほうが楽に登れている感じがしており、着実に力は着いてきている気がする。出力的にも10W程度高く、体重は1kg減っている。

今日のトレーニングはこれくらいで止めておいて、昼ごはん食べてから子供たち連れて向日町競輪場へBMXをやりに行く。

向日町競輪場までは家から3kmもないくらいで家から一本道で着いてしまう。なんでいままで一度も来なかったのか・・・。

BMXパーク利用料子供200円、大人500円、レンタルバイク500円。子供と私がフル装備で借りても2400円で時間無制限。最高かよ。

今日はなんとワールドカップ王者の中村輪夢選手も練習中で、その技を堪能。空中高く舞い上がり、グルングルンと・・・すごすぎでしょ・・・。



それを見てから自分も少しくらいは真似事ができるのかと思いきや、前輪もまともに上がらんわい。

私の横を同じ人間とは思えない動きですり抜けていく中村選手や若者たち。この自転車を手足のように操るスキルって絶対シクロクロスとかに生きてくるよね。。。

子供たちとひたすらバンプ(波みたいな凸凹)はしって、荷重移動の訓練。いかに足を使わずに、荷重移動で自転車を進ませるか。Zwiftと真逆のことをやっているのがまたおもしろい。

息子も苦戦しながら頑張って走っていたが、見事にバンプから転落して顔面着地。鼻から血を流しながら、泣かずにその後も走っていて少しはたくましくなっておった。




小さいこどもたちがアグレッシブに走り回っていたので、子供たちにももっと早くからやらせたらよかったか。家からこんなに近いのに今まで一度も行ってなかったことを反省しているのである。

一週間

暑くなりはじめた影響か体調が下降気味になると書くこともなくて更新が滞ってしまう。

一週間プレイバック。

月曜
完全レスト。

火曜日
前日レストにしたら走れそうな気にもなるけど、土日の疲れが一番噴出する日で足も浮腫んでフクロハギの太さがチェーンにするんじゃないかと思うほど半端ない。

Zwiftやる前は火曜は大体250w~270wくらいを20分2setできたら良いかなくらいだったけども、火曜20時10分のJZTRに出場するとそれどころではない。

45分でNP288wなんだけど、パワーが出にくい火曜なもんだから体感的にはそれ以上にきつい。若い人達が元気すぎて合わせて走るので精一杯。

しんどかった割にデータ見たらまったくパワー出てなくてがっかりというのが火曜のお決まりパターン。人間の体は正直だ。


水曜

週の半ばで追い込みたいところ。
在宅勤務ということもあって、早めの時間でアメリカの最強レベルのレースにエントリー。

昨日に疲労の上に疲労を重ねてしまったのか、しんど過ぎる。コース的に序盤平坦だったのでまだ耐えれた。

最後はリッチモンドの石畳の登りゴール。

最後の登りもクレイジーなペースに引っ張られて1分で終わった。

クレイジーな海外トップ選手からは最後の1分で8秒くらい差が開くのだからその差はかなり大きい。

木曜

JZHRにエントリーするも機材トラブルもあったり、体調的に180wがきついレベルでどうにもならずすぐに止めた。
ここまでの不調は年間通してそう何度もないレベル。暑さにまだ体が慣れてないのもあるだろう。

金曜

レースは出ずに原点回帰のベース練。くそ暑い中、暑熱順化で冷房つけずに修行したらそれだけで辛すぎた。70分220wほど。

Zwiftイベントなしでテレビだけで長時間ローラー乗るのがとにかく辛い。Zwiftによるパラダイムシフトは大きいぞ。



子供たちは毎日鉄棒ぶら下がりまくりで上達してきて鉄棒ホント買って良かった。そんなに高くもなかったし、もう既に投資は回収したと思えるくらい使ってくれている。