FC2ブログ

釈迦力狸

日々鍛錬する狸の話

ZWIFT WRLに挑む

ZWIFT国内最強チームのZWCに最強ZWIFTERのSTINGERさんからのお誘いもあり加入させていただきました。

ZWIFTは完全な初心者のまま、一年間だらだら走って気づいたらレベル50になっていたような感じで、頭打ちになっている感じもあるので自分よりも強い人がたくさんいる環境に身を置き、鍛えていただくのが一番。ええ歳こいだおっさんでも何かに挑戦するという気持ちを持ち続けるということは大事。

現在WORLD RACING LEAGUEという世界的なレースイベントも開催されており、そちらに挑むというのも新たな挑戦としてやってみたいことの一つ。

毎週火曜の17時45分からRACING LEAGUEのDIVISION1のレースが開催されているのですが、平日がっつり都内で仕事している私には時間的に参加が厳しいのですが、今日は祝日ということもあり、ZWCのメンバーとして参加させていただくことに。

出るからにはチームの皆さんにご迷惑おかけしないように、ちゃんと準備しておこうということで、いろいろ教えていただいて朝からウェイトインの動画撮影。

測定日時がわかるようにして、ジャージ、ソックス着用で体重を図り、体重計に不正がないようにおもりを測る動画も撮影。
裸の体重が56.8kg、ジャージ着用体重が57.15kgで、いつも通りの57kg設定で出場。




帰省中の京都からの参加なので、今日のスマートトレーナーはKICKRではなく、SARIS H3を使用。

クランクにSPECIALIZEDパワメ、ペダルにガーミンVECTORを使用して、トリプルレコード体制。すべてレース前にきっちり校正して使用。

コースはRICHMONDのフラットコース5周での5回のスプリントポイントを争ってからのLIBBYHILLの1分坂のピークゴール。

外人のスプリント力が半端ないため、フラットコースでのポイントは諦め、ゴールの一本に集中してポイントを取りに行くことに。

毎周回のスプリントポイントは取りにいかないものの、ペースアップに千切れると復帰できないため、ほぼ全力で毎周回もがく。これが地味に辛いけどZWCのメンバーの皆さんが周りにいていただけるのが非常に心強い。

3回目のゲートで羽根を引いたので、これは最後の局面のために持っておかねばということで大事に温存。

5周回耐えた後に最後のLIBBY HILL。

ここはとにかく1分を全力でぶち込むしかない。

1分10倍出すことも今回の目標のひとつ。

計測ポイント前から早がけ。先頭付近まで上がるつもりが、一気に先頭まで出てしまい、少し飛び出す形になり一瞬緩めてしまったのを少し後悔。

すぐに吸収されて踏みなおしながら最後の石畳区間で羽根のボタンをアプリで押したつもりが反応せず、とっさにキーボードのスペースタッチに切り替え。この1秒が命取りになったかもしれない。

あとはゴールまで全力で踏み倒すだけ。

残り50Mくらいで先頭に立ったが、一人にぶち抜かれて2位。結構悔しいっす。

最後の1分は564Wで10倍には4W足りなかった・・・。この歳にして生涯ベスト更新しているのでまあ良いか。


トリプルレコードは問題なくしっかりレコードできていてそれぞれの特性で若干の細かいバラつきはあるけどもしっかりデータ取れていて良かった。

走らせていただいたZWCの皆さんに感謝です。ホント良い経験させていただきありがとうございました。

走り終わってからすぐにシャワー浴びて家族団欒に入れるのもzwiftの良いところです。

解放感から子供達の元気な姿見ながら食べまくってしまったわ。








































スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する